ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

脅迫!これがデンベレーの手口だ!過去にも同様の行為!ドイツ紙《ドイツの反応》




【Welt】



脅迫!これがデンベレーの手口だ!


entry_img_1777.jpg


ウスマン・デンベレーは、バルセロナの移籍を絶対的なものとしたい。彼は若いにも関わらず、これを繰り返し行っている。彼は本来だったら、BVBではなくレッド・ブルでプレーしたがっていた。


ウスマン・デンベレーはストライキによって移籍を強行しようとしている。木曜日のトレーニングを無断で休んだのだ。BVBは絶対にバルセロナに行きたがっているデンベレーに制裁を加えた。当初ペーター・ボシュ監督は、連絡の取れない彼の安否を心配してさえいた。しかしデンベレーの歴史に目を向けていると、これが彼の手口であることが分かる。彼は20歳にして繰り返しこの手口を利用しているのだ。

スポンサーリンク



デンベレーは2015年にはレンヌのU18でプレーしていた。すでに当時から彼の才能は有名で、レッド・ブル・ザルツブルクの目に留まったのだ。当時のザルツブルクはフランス人の、ジェラール・ウリエがスポーツ・ディレクターを務めており、フランスの事を知り尽くしていた。



このようにしてウリエはマネー、ウパメカノ、そしてケイタをフランスからザルツブルクに獲得している。当時ザルツブルクは、この飲料会社の中で最も強いチームだったのだ。今ではマネーはリヴァプールでプレーしており、ウパメカノとケイタは姉妹クラブのライプツィヒに移籍している。


ウリエは当時デンベレーのために60万ユーロを支払おうとしていた。それにはレンヌも合意せず、レキップ紙の情報によると、ウリエは160万ユーロまで値を上げたようだ。しかしレンヌは、この若き才能を手放すことがなかった。


しかしウリエの力強い誘いによって、デンベレーの移籍への興味は強まった。デンベレーは何度もザルツブルクに行き、その場の環境をチェックしている。さらに当時すでにザルツブルクでプレーしていたウパネマコの誘いもあったようだ。


レッド・ブルのこの行いはデンベレーの頭をおかしくさせてしまったことで、レンヌは激しく怒っていた。“いったいこれに何の意味があるんだ?まだ育成中の選手に億単位の金をだして、そして我々の育成機関を吸い尽くすつもりかね。ウリエがこのクラブに対して行ったことには絶句するばかりだ。ウリエは彼を買うつもりだとメールしてきたけど、断ったよ。デンベレーは後2年契約を残しているし、残留のために戦わなければね。ウリエもそれには敬意を払うべきだ。”とレンヌの会長は語っている。



デンベレー、引退をちらつかせて脅す


デンベレーはクラブが移籍を拒否したことを、現在のドルトムントと同じように受け入れることができなかった。



レンヌのSDジルヴェスターは、移籍市場の最終日に起こったことをレキップ紙に語っている。

“彼はもうトレーニングをしたくなかった。彼は8月31日にSMSを送ってきたんだ。‘セネガルに行くよ。もうサッカーは沢山だ。お前らには吐き気がするよ。’とね。”



彼がその脅しを実行に移さなかったのは皆が知るところだ。2015年の10月に彼はレンヌでの契約を3年間延長している。しかし彼はこの契約を実行することはなかった。2016年にはドルトムントに移籍している。



そしてドルトムントは同じ問題を抱えることになった。彼らはこうなる事を予測する事も出来ただろう、


しかし、このストライキにもかかわらず、BVB会長にとってはバルセロナ行はまだなくなってもいないようだ。しかしもちろんさらに金額が高くなる。



“500Mユーロのオファーをすれば、そのクラブは誰でも好きな選手を獲得できるよ。移籍市場が閉まるまでは(交渉は)終わらない。”とヴァツケは語っている。







以上です。

Erpressung-脅迫、恐喝、脅し、ゆすりなどと訳される言葉ですが、ドイツでは良く使われる言葉です。特に暴力的な言い回しのニュアンスは含みませんので、日本語とは少し違うかもしれませんが、今回のデンベレーのように、移籍を認めるまで、練習に参加しない、という行為はドイツではErpressung脅迫行為とみなされます。

今回の事を踏まえてバルセロナは9000万ユーロ即決+4000万ユーロのボーナスで第2のオファーを提示しているようですね。しかしドルトムントは最低でも1億3000万ユーロの一括支払いを要求しているようです。

このような記事はバルサの指示だったという記事もありましたが、過去にもやっていた事実が明らかになってしまい、デンベレーの信頼も一気に落ちてしまった感じですね。



【おまけ今日のドイツ】

201708120356155fa.jpg

自宅の徒歩圏内にイタリア食品店がオープンしました。
気軽お手頃価格でパルマハムが手に入るので足繁く通っています。
[ 2017/08/12 06:00 ] デンベレ | TB(-) | CM(26)
ここで前のシーズン初めの頃にデンベレのことをメンタルコントロールできないなら使うなといった覚えがあるけど、今は使い続けたツケが一気に回って来たなと思ってる。
クロップがいるころは性格的な面もちゃんと考慮に入れて選手取るとかいってたけど今はどうなってんだろね?
[ 2017/08/12 06:37 ] [ 編集 ]
ん?ドルトムントに来るときに割と話題になったから皆知ってたと思ってました。
[ 2017/08/12 07:15 ] [ 編集 ]
一晩にして、まるで犯罪者のようだ・・・
[ 2017/08/12 08:22 ] [ 編集 ]
フロントはデンベレのバルサ移籍を拒否してるような言い分ですが
結局お金ですよね
確かバルサは130億を提示でドルトムントは190億出せと
巨額のネイマール資金290億をそのままぶっこんで来たら即移籍させると思いますよ
デンベレ自体いい時と悪い時の波がありすぎてボシュの連携重視のプレスにはあわないと思うし
さっさと移籍金得てボシュのサッカーに合うプリシッチタイプを獲得したほうがいいと思います
夏の移籍市場もわずかでなかなか難しいとは思いますが冬にでもね
[ 2017/08/12 08:53 ] [ 編集 ]
デンベレは確かにポテンシャルは高い。これだけの才能ならまわりも特別扱いするし本人も、恐いもの知らずになるのかもしれない。しかしこんな事を繰り返していたらいつか痛い目に合いそうですね。サポにも愛されない。近寄って来るのは金目当ての人ばかりになるのは寂しいのにね。
[ 2017/08/12 09:07 ] [ 編集 ]
しかしスター性のある選手だなと思う。
彼のプレーを見れば、優等生ではできないですもん。
過去の大スターたちも、規格外の問題児がたくさんいた。
批判も決して本気で嫌いなのではなく「愛すべきバカ野郎」なんですよね。
プレーは凄いし、見惚れるし、自分勝手で世話は焼けるが、可愛くて憎めない存在。
スターの要素満点。
[ 2017/08/12 09:10 ] [ 編集 ]
こいつはほんとに過大評価
支持してるやつはゴールとアシストしか見てないんじゃないかと思ってしまう。パス出さずにこねて奪われたり、宇宙開発シュート打ったり。パス出したかと思えば強すぎたり。
プレーから性格のくずさがにじみ出てるわ
[ 2017/08/12 09:12 ] [ 編集 ]
コウチーニョが移籍志願をしましたね。
裏切られたクロップは悲惨な状況になってしまいました。
でもデンベレの気持ちも分かります。
やはりバルセロナはそれだけ別格ですから。
バルセロナから本気で欲しいと言われて、断れるわけがないです。
香川も憧れのクラブですからね。
そのクラブから100億も出させるデンベレは凄いですよね。
[ 2017/08/12 09:37 ] [ 編集 ]
いくら良い選手でも、人としてプロとしては軽蔑する
もう見たくないから、売却してほしい
それに比べて、ダイクやコウチーニョは常識ある対応だよね
[ 2017/08/12 10:11 ] [ 編集 ]
金銭的にはまとまりそうだな。にしてもデンベレも馬鹿なことしたなぁ・・・
[ 2017/08/12 11:39 ] [ 編集 ]
BVBに愛される子になってほしかったが・・・  ここまでか; 
[ 2017/08/12 13:06 ] [ 編集 ]
これがプリシッチでなくてよかった。
でも彼も市場に狙われてるだろうな。
[ 2017/08/12 16:49 ] [ 編集 ]
ここまでメディアに言われたら、お高くお買い上げいただくしかないですね。20歳で、この態度は家族や代理人がそうさせちゃったんだろうか?
[ 2017/08/12 17:00 ] [ 編集 ]
本人が反省しないなら、本気で嫌いだわ
「愛せざるべきバカ野郎」だよ
バルサに憧れない選手なんていないだろうが、それは練習を無断でボイコットしていい理由にならない
やっぱり周りがちやほやし過ぎると、こんな人間になるんだな
バロテッリみたいにならなきゃいいがね


[ 2017/08/12 17:34 ] [ 編集 ]
才能があろうと、スター性があろうと、ポテンシャルがあろうと、ビッグクラブから桁外れの引き出せる選手てあろうと、所属クラブに敬意をはらわなければいけない。
移籍したいなら正々堂々とやるべき。
[ 2017/08/12 18:51 ] [ 編集 ]
コウチーニョが常識ある対応???
え!????

今、サポーターから叩かれまくりなんですけど、リバプールの公式声明からのトンデモな流れをしっかり把握されてますか?
開幕前日の大事件ですよ?
さらにコウチーニョは移籍志願の理由としてクロップ監督批判をしています。
[ 2017/08/12 19:16 ] [ 編集 ]
デンベレのポテンシャルについて、私は将来のバロンドール候補だと思いますよ。まだまだこれからな部分も有りますが、20歳にしてあのテクニックとスピード、体の大きさや完全な両利き等目を見張るものが有る。例え290億全てを今積まれても、代わりを来週の開幕までに連れてくるのは不可能です。

だから売ってはいけないし、わがままを許してはいけない。彼の将来の為にも、強い姿勢で罰を与え、しばらくは干すくらいの事はして欲しい。しっかりと教育して心身ともに大人な選手にしてからでも今以上の値段で売れるよ。
例えひと月位拗ねていたって、ずっとサッカーをしないなんて事はデンベレが出来っこないよ、必ず折れてくる。市場が閉まればそれまでだしね。
[ 2017/08/12 21:51 ] [ 編集 ]
他にも言っている人がいるけど、バロテッリみたいになるんじゃないかと思ったことはあるね。才能あるし若いんだから見守ろうとか言って自由にやらせたらああなる選手もいるだろう
[ 2017/08/12 21:51 ] [ 編集 ]
売らないならドルは干すしかない
だがドルはそこまで非情な扱いをするクラブじゃないような気がする
[ 2017/08/13 00:50 ] [ 編集 ]
デンベレが心を入れ替える機会はあるんでしょうかね?
このまま突き進んでしまいそうで、人としてはちょっとかわいそうな気がします。
[ 2017/08/13 03:48 ] [ 編集 ]
バルセロナ史上最高額のオファーをドルトムントが拒否。
もともとドルトムントにはスケールが大きすぎるスター候補選手でした。
来てくれただけありがたいと思う事にします。
[ 2017/08/13 06:37 ] [ 編集 ]
バルセロナは殿様商売をしてしまった気がしますね。バルセロナであれば、どんなことをしても選手が移籍志願すると考えているようです。そのための外堀を埋めることを恥も外聞もなく公にやっていますね。例えば、バルセロナ応援団のマスコミに選手との契約は済んでおり、あと数時間でクラブ間契約がなされるとか、何と連日、喧伝させていますね。バルセロナのいつものやり方です。また、選手には移籍志願しろと公に言っていますからね。バルセロナは今、ネイマールを失ってパニックに陥っていますね。いい気味だと思いますよ。

ウエファロナと揶揄されるようにUEFAは何の制裁もバルセロナに加えることはしないでしょうし、かといって、PSGに対してもFFPを理由に制裁を加えることもできないでしょう。それをするような能力も権威もない。オイル中東の王様たちには勝てません。マンチェスターオイルシティとPSGオイルクラブにはリアルマドリッドやバルセロナも対抗できません。何しろ金が無尽蔵にありますからね。FFPを厳密にやったら、この2クラブは一発でアウトでしょうに。「フットボール」もつまらなくなりましたね。マンチェスターシティなどハートがダメだから、バルセロナからゴールキーパーを大金で移籍させ、そのゴールキーパーがダメだと、次はゴールキーパーとしては世界最高額でゴールキーパーをまた移籍させた。こんな無駄なことができるのは、オイルクラブだけでしょう。
[ 2017/08/13 10:39 ] [ 編集 ]
19:16さん
コウチーニョがリクエストを出したのは選手としての権利であり、サポの感情は別の話です
一方、無断で練習をボイコットすることは、クラブに属する一選手として非常識なことです 
これらは、全然違うんですよ
[ 2017/08/13 12:10 ] [ 編集 ]
トゥヘルとデンベレは人間性がまったく同じだから意気投合したということがよくわかりますね。

トゥヘルもマインツでしたことをドルトムントで行い、デンベレも前クラブでしでかした脅しをドルトムントで行った。

トゥヘル同様にドルトムントから出て行くところまで同じになるでしょうか。
[ 2017/08/13 13:42 ] [ 編集 ]
まだ20歳なのに…
[ 2017/08/13 17:52 ] [ 編集 ]
こんな問題児をバルサは必死になってとる必要がはたしてあるのか
ネイマールで嫌な思いしたなら尚更こういう選手をとるべきではないと思うが
[ 2017/08/15 15:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。