ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハンブルガー酒井!トルコからオファーも残留へ!「我々はキャプテンを失いたくはない。」契約延長か!《ドイツの反応》





【ビルト】


ハンブルガー、キャプテンをベシクタスに売らず!


酒井!残留、そして契約延長だ!


entry_img_1778.jpg


トルガイ・アルスラーンはベシクタスでの契約を2022年まで延長した。この元ハンブルガーはこの契約によって、どのハンブルクの選手よりも大金を稼ぐことになる。

そしてこのトルコ優勝チームはハンブルクのディフェンダー酒井高徳の獲得も狙っている。しかし、それは失敗に終わったようだ。クラブはキャプテンをベシクタスに渡す気はないようだ。


スポンサーリンク




スポーツ・ボス、イェンス・トート:“我々はこの夏キャプテンを失いたくはないし、そうするつもりもないよ。”



むしろその反対だ。この日本人は秋にも契約延長する予定だ。トート“高徳はハンブルクに貢献した選手だ。近いうちに話し合いをするだろう。”


酒井は何度もドイツでの生活、特にハンブルクが彼に合っていると答えている。そして彼は引退後もそこに留まる可能性について語っている。



酒井の代理人ギード・ヴァルター、“ハンブルクに残るのは高徳の希望だよ。彼は今シーズンもキャプテンができる事をすごく誇りに思っているんだ。”








以上です。

昨シーズン途中からキャプテンになり、残留にも貢献した酒井選手。今シーズンは最初からキャプテンとしてのスタートとなりますね。

ゴールやアシストなどの活躍ばかりがニュースになる事が多いですが、このようなキャプテンとして活躍、もっと注目されても良いですね。

日本人がブンデスリーガ、しかも伝統のあるハンブルクのようなクラブでキャプテンをするような時代になったと考えると胸が熱くなりますね。

たしかキャプテン翼が連載していた時代のハンブルガーはまさに強豪として描かれていたような気がします・・・。



【おまけ今日のドイツ】

201708121855075f4.jpg


最近よくやる自家焙煎
[ 2017/08/12 19:10 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(2)
20代の選手が、お金や今後をかけて契約を考える。よく考えてみるとすごくシビアな世界ですね。
それでも淡々と自分の仕事をこなす。できそうでできないことです。

デンベレの件で少し食傷ぎみだったので、違う記事で一服できました。
[ 2017/08/12 19:40 ] [ 編集 ]
酒井のHSV主将就任といい、もう一人の酒井のマルセイユでの活躍と言い、柴崎のリーガ進出と言い、最近はようやく日本サッカーが順序良くステップアップし始めたという印象
ザックジャパンの頃はいきなりインテルとかCL決勝Tでの日本人対決とかマンU移籍とか、それ以前と比べていきなり三段飛ばしくらいで飛躍しすぎな感があった
[ 2017/08/12 20:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。