ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「悪いのはデンベレーだ!」バイエルン会長もデンベレー批判し、BVBには賛辞!《ドイツの反応》




ビルト

悪いのはBVBスターの方だ!

へネス、デンベレーを批判



entry_img_1781.jpg


ウスマン・デンベレーはトレーニングをボイコットしていらい制裁措置を受けている。そして今度は最も高い所から批判を聞くことになった。


バイエルン会長ウリ・ヘーネスはスカイの番組に出演し、BVBのスターを批判している。“悪いのは選手の方だね。トレーニングに来なかった責任は、選手個人のものだよ。代理人に責任を押し付けることはできないね。彼は自立した一人の人間なんだから。”

スポンサーリンク



さらにへーネスは続ける。“もし代理人が嫌だったら首にしてしまえばいいんだ。電話をして、‘もうお前はいらない’って言えば良いんだからね。彼らの間の契約はこれで解消さ。”



デンベレーを批判、そしてBVBへは賛辞だ。“これまでのドルトムントの対応は非常に賢いものだと言わなければならないね。ビッククラブとしては、―もちろんドルトムントのことだがー、その力を示すことも大事なんだ。きちんと想定した移籍金をもらうか、そうでなければ選手は残留しなければならない。”



“もうすぐ8月31日が迫っているね。それまでは、チームとは別に個別にトレーニングさせればよいと思うよ。結局売らないという事になったら、選手は9月1日から全力を出さなければならないだろうね。自分の市場価値は保ちたいだろうからね。”

20170814060308aca.png


バイエルンだったらどのように対処しただろうか、という質問に対しては、ヘーネスは“まったくドルトムントと同じだよ。”と答えている。








以上です。

ヘーネスだけでなく、ナーゲルスマンもデンベレーを批判しています。

今回のヘーネスの発言は個人的にはなかなか興味深かったです。やはりビッククラブとしては、一時的な移籍金よりも大事なものがある、という事でしょうね。

もし移籍も決まらず、デンベレーがこのまま来なかったとした場合ですが、クラブは彼を解雇はしないのではないかと思います。仕事に来なければ給料は支払う必要がないですし、解雇するまではほかのクラブに獲得される事はありませんからね。

まあそうなったら本人次第という事になりますね。ヘーネスは市場価値を落としたくなければ、クラブのいう事を聞いてやるしかない、という見方ですね。やはりバイエルンの会長は、そういうところは腹が座っているなと感じました。

[ 2017/08/14 06:04 ] バイエルン | TB(-) | CM(13)
ビッグクラブには矜持が必要で、選手とは親密な関係であるものの、イニシアチブは絶対にクラブが握らないといけない。と考えてそうですね。
それが正解だと思うし、でもときには選手のキャリアを尊重してほしいとも思う。留めておくには報酬(と名誉)が必要になるし難しい。BVBでいうともうちょっとオバには年俸をあげてほしいとも思うところだし。
とりあえずデンベレの行為は許されない。でも金額が良いものだったら迅速に切り離すべきかな、と。
[ 2017/08/14 07:44 ] [ 編集 ]
強奪繰り返すお前が言うなと言いたいところですが、あまりにもデンベレの振る舞いが最低なので、ヘーネスの言ってる事に今回は同調します。
[ 2017/08/14 08:18 ] [ 編集 ]
いやー怖いですねぇ。
飼い殺しですか、それは厳しい。

しかし、飼い殺しはチームへの負荷も同時に負う危険も含んでいると思いますよ。
下手したら人権侵害だと訴えられる可能性だってある。
世論は勝手だから、始めはBVB側の肩を持つ擁護派が多いでしょうが、飼い殺し状態が続けば世論は黙っていられなくなる。
特に人権問題に敏感な欧州なら尚更メディアの格好のネタになり騒ぎ立てられるコトになるんじゃないいでしょうか。
そうなれば、BVB側も無傷では済まなくなると思いますよ。
ましてや、在籍する選手やBVBに憧れてる若手有望株が敬遠する事態に陥るコトになりはしないでしょうか。
長引けば損をするのはBVB側のような気がしますが。
だったら、失格の烙印を押す解雇を言い渡す方がチームへのダメージは少ないように思いますが果たしてどういう手段を取るでしょうね。
見せ締めも度を越すと脅迫でしかなくなるコトも理解しておくべきです。
やはり移籍の仕組みを考え直す時期に到達しているのではないでしょうか。
[ 2017/08/14 08:36 ] [ 編集 ]
一言一句へーネスさんの言うとおり!
[ 2017/08/14 08:54 ] [ 編集 ]
コウチーニョにしろデンベレにしろ好きだった選手が、今回の騒動のせいでいろいろガッカリだなぁ
今後ピッチに出てきても、今までと同じように応援できるか自信が無いよ
[ 2017/08/14 09:07 ] [ 編集 ]
BVB側としては活動停止処分を継続することでデンベレを守る事にもなってると思いますね。
[ 2017/08/14 09:09 ] [ 編集 ]
最近は減ってきているけど
昔の日本のプロ野球の助っ人達も
こんなトラブルはちょくちょくありましたからね。
多国籍が当たり前なサッカーだと余計起こり得るトラブルですね。
それにしても動いてる金額が巨大すぎて
それに群がるイナゴが自分の利益を追及し過ぎていて
この先も様々なトラブルが増える一方でしょうね。
[ 2017/08/14 12:38 ] [ 編集 ]
そらそうだわ。子供みたいにごねて何でも通るなら契約なんて必要無いし、仲間内でやってる草サッカーチームじゃないんだから、変な前例を作るべきじゃない。
[ 2017/08/14 14:44 ] [ 編集 ]
彼らバイエルンにとって、クラブランキング世界一を争うバルサには移籍にまつわる牽制を、そして一方、有望な選手の身近なショーウインドーであるドルトムントには取引先として良好な関係を保ちたいということでしょうか。バイエルンも賢いですね。
[ 2017/08/14 15:24 ] [ 編集 ]
   
ってことはBVBは譲歩してでもデンベレを引き戻した方がいいな
少なくともこの状況はライバルが喜んでるんだからな
[ 2017/08/14 18:58 ] [ 編集 ]
この移籍金バブルで、一番不利になるのは、間違いなく健全経営を余儀なくされているバイエルンですよね。
パリやプレミア勢の乱獲ぶりを見て、おそらく危機感をかなり持っているはずです。
プレシーズンマッチの大敗っぷりがそれを加速させています。
今後、セリエなども復活し、メガクラブの中でバイエルンが負け組になり、世界に取り残されていくのではないかと…
[ 2017/08/14 19:51 ] [ 編集 ]
移籍金をしっかり払って選手を獲得することを強奪と呼ぶのはいい加減やめたほうがいい。
[ 2017/08/14 23:08 ] [ 編集 ]
これで将来バイエルンがデンベレにバルサと同じようなことしてドルトムントからかっさらったら笑う。
いや笑えないか。
[ 2017/08/15 06:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。