ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!デンベレーの代わりにウクライナのヤルモレンコを獲得か!?《ドイツの反応》


【ビルト】



ヤルモレンコ、BVB移籍目前!


ウクライナスター!ドルトムントの新たなデンベレーに!


entry_img_1808.jpg


今日、元BVBスターのウスマン・デンベレーがFCバルセロナでお披露目となる。ドルトムントは、148Mユーロ移籍の後継者をすでに見つけたようだ。

スポンサーリンク



どうやら、アンドリイ・ヤルモレンコが新たなデンベレーになるようだ。


このウクライナ代表の選手はまだ2020年までディナモ・キエフと契約している。ウクライナのメディアによるとこのサイドアタッカーはすでにドルトムントにいるようで、今日メディカルチェックを受けるようだ。移籍金は3000万ユーロとみられている。




いったいヤルモレンコとはだれだろうか?

ヤルモレンコは素早く、ゴール前でも脅威になり、さらに頑丈だ。彼はデンベレーのようにドリブルが得意なタイプというより、187センチの体を生かしてサイドから駆け上がる、彼はキエフ339試合で139ゴールをあげている、さらに彼は2009年以来ウクライナ代表でプレーしており、69試合で29ゴールをあげている。


ドルトムントは2015年、そして2016年もヤルモレンコを獲得したがっていた、しかしどちらも交渉がまとまることはなかった。しかし、どうやらこのウクライナのスターが初めて故郷を離れるとみられている。そして、彼が新たなデンベレーになるのだ!

もちろんこれが実現するためには、デンベレーがバルセロナの契約書にサインしなければならない。もちろんそれは月曜日になされることになるわけだが・・。






以上です。

ヤルモレンコの名前は何度も上がっていましたが、どうやら今回は本当に獲得となりそうですね。27歳というところがドルトムントの補強政策に合うかどうかが微妙な所ですが、やはりロイスが復帰するまでの即戦力確保という目的での補強でしょうか。

実際の所フィリップとプリシチという若手を起用している状態ですし、チャンピオンズリーグ予選を勝ち抜くためにもサイドの選手はもう一人必要ですね。

ヤルモレンコはフィジカルを生かしたプレーが特徴とのことですが、中盤はあまり大きな選手がいないので以外とバランスが良いかもしれないですね。





[ 2017/08/28 18:05 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(18)
何年も前から4大リーグで見たかった選手ですね。
ただドルトムントじゃなくても良いかな〜。
プレースタイルが違うけど体格からレヴァの再来を期待されるでしょうか。
誰がどこのポジションをやるのか...楽しみですね。
[ 2017/08/28 18:14 ] [ 編集 ]
獲れるものなら絶対獲ってもらいたい。この選手ならデンベレの後釜というよりオーバが出て行ってもOK。今のドルの弱点の1つは前線にボールを納めてくれる人がいないからデカくてキープ力があるこの人ならピッタシだよ。前の補強の候補にはドルベリも上がってるようだしなんなら2人取らないかな?楽しみになって来た。
[ 2017/08/28 19:34 ] [ 編集 ]
 ストライカーのようですし、オバメヤンの怪我や移籍への対応できる選手として考えているのかもしれません。信頼できるゴールハンターを二人は欲しいですから。それにボシュ監督の戦術では、守備も大きな評価対象かと思われます。
[ 2017/08/28 19:34 ] [ 編集 ]
モルは結局どうするのか
もう一人とってもいいけど、怪我人戻ったら戦力余る気がする
[ 2017/08/28 20:10 ] [ 編集 ]
3000万ユーロでそんなもんかーと思ってしまえる程、
この夏の市場の移籍金は麻痺しちゃってますね
[ 2017/08/28 20:11 ] [ 編集 ]
オバがサイドからトップに移ったように、トップでも活躍できることに期待したいですね。
オバが怪我しちゃった場合、イサク、シュールレ、怪我がちのロイスとあまり心許ないので、いい補強なのではないでしょうか。
[ 2017/08/28 21:18 ] [ 編集 ]
この移籍は…むしろシュールレが危機なのでは?
[ 2017/08/28 21:28 ] [ 編集 ]
■ヘルタ戦のベンチメンバー 7人
ヴァイデンフェラー、香川、ダフード、トプラク、イサク、パスラック(→ローン)、スボティッチ

■怪我
シュメルツァー、ヴァイグル、シュールレ、ローデ、ゲレイロ、ロイス

■獲得
ヤルモレンコ、トリアン




これ、怪我人が戻ってきたら、ベンチ外多発しません…?
[ 2017/08/28 21:31 ] [ 編集 ]
フィリップが得点、アシストこそ無いが守備面での規律や強度の点でこの二試合もの凄く良かったので、もしヤルモレンコ獲得となるとスタメンがどうなるのか興味深いですね。ヤルモレンコにボシュが求めるようなプレッシングが出来るのか? ただ彼はCFも出来るので現状イサクしかいないオバメヤンの控えも同時に確保出来るという点ではいい補強かも知れません。こうなるとシュールレがますます存在感が薄くなりますね。3000万€も投資したのに……。 いい意味で期待を裏切って欲しいですが怪我ばっかりだしどうなるか。全員起用できる状態ならばロイス、シュールレ、フィリップ、プリシッチ、ヤルモレンコ、モルでまずウインガーとしてシュールレとモルはベンチメンバーから外れるでしょう。モル、イサクに関しては個人的にはレンタルに出した方がいい様な気がします。
[ 2017/08/28 21:45 ] [ 編集 ]
もう決まりましたねヤルモレンコ。9番で。ほんとにドルトムントのフロントは仕事が早いと思います。
[ 2017/08/28 22:08 ] [ 編集 ]
サイド?MF?この身長とガタイならどう考えてもCFで使いたいよ。
ポストプレーできたらいいのだけど。
オバだとメインが裏狙いで戦術が限られちゃうしね
[ 2017/08/28 22:15 ] [ 編集 ]
獲得しましたね!
背番号9
楽しみです!
[ 2017/08/28 22:18 ] [ 編集 ]
必要なのはDFだと思うんだけど・・・
[ 2017/08/28 22:23 ] [ 編集 ]
2500万ユーロで決まったみたいですね
楽しみだな!
[ 2017/08/28 22:32 ] [ 編集 ]
27歳に3000万は高過ぎる
ドルトムントは移籍金に2500万以上使うべきじゃない
移籍金に使うより選手のサラリーに使って欲しい
[ 2017/08/28 22:37 ] [ 編集 ]
コノプリャンカと双璧と言われているウクライナの有名なサッカー選手ですね。ユーロや欧州予選で見てましたが、結構コネコネしますね(^^;。
しかしながら、左足シュートは強力で、高さの足りないドルトムントの助けになるでしょう!1989年生まれなので、香川選手やオバメヤンやロイスと同じ年で溶け込みやすいと思います。
プリシッチもとても良いけれど、リーグ戦、カップ戦、CLの連戦では十代の若者には過酷ですし、プリシッチは小柄なので、パフォーマンス低下のリスクの懸念もあって獲得したのかもしれませんね。
187cmの大柄な体格はボシュの好みなのではないでしょうか。9番をつけるようですので、CFを試すかもしれませんね。楽しみです。
[ 2017/08/29 00:01 ] [ 編集 ]
こいつはいい移籍だ。
3000万は妥当かな
常に結果出してるし、スター性もある、
デンベレはドルトムントのお得意の安く買って高く売る戦法でとても良い商品だった。さらば、デンベレ。
そして、ヤルモレンコ、カモン。
[ 2017/08/29 03:15 ] [ 編集 ]
実は名前すら知らない選手でしたが、残してきた数字は立派なものですね。
獲得が決まったようですが、層の厚さに貢献し、あわよくばリーグを席巻して欲しいです。
[ 2017/08/29 06:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。