ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アウグスブルク宇佐美!フォルトゥーナ・デュッセルドルフに移籍!ドイツ紙《ドイツの反応》




【RPオンライン】



ACアウグスブルクからローン移籍!


フォルトゥーナ、宇佐美貴史を獲得!



entry_img_1814.jpg


フォルトゥーナ・デュッセルドルフが、FCアウグスブルクの宇佐美貴史をローン移籍で獲得した。この25歳の攻撃的選手は、これまでブンデスリーガのバイエルンとホッフェンハイムでもプレーしている。そして、今度は1シーズン、フォルトゥーナに移籍した。

スポンサーリンク




“宇佐美貴史は、素晴らしいテクニックとドリブルを兼ね備えている。彼は25歳でもあるにかかわらず、すでに日本とドイツ合わせて200試合でプレーしている。しかし定期的なプレー時間になれるためには、彼に時間を与えなければならないだろう。”とデュッセルドルフの監督フリードヘルム・フンケルは語った。



この新加入の選手は、すでに新しい雇用者に良い印象を与えたようだ。“フォルトゥーナへの移籍が決まって嬉しいです。ホッフェンハイムの一員として、このスタジアムでプレーした時の事をまだ覚えています。その当時は、ファンとスタジアムの雰囲気に感銘を受けました。これが、フォルトゥーナ行きを決めた理由の一つです。新しいチームを知る事とフィールドに立つことを楽しみにしています。”


アウグスブルクはいずれにせよ、宇佐美を評価している。“我々は彼のクオリティーを信じているし、彼が成長するためにデュッセルドルフでプレーする機会を得ると確信している。”とアウグスブルクのロイター会長は語った。


宇佐美は、非常に才能豊かなサイドの選手であるが、シャドーストライカーもこなすことができる。デュッセルドルフはこのような選手を長い間探していた。宇佐美は2011年に日本からドイツにやってきた。バイエルン・ミュンヘン、そしてホッフェンハイムで力を発揮することができず、2013年に故郷のガンバ大阪に戻っていた。2016年の夏にアウグスブルクに移籍し、そこで昨シーズン11試合でプレーしている。ディッセルドルフには日本人が沢山いるので、適応するのに役立つかもしれない。






以上です。

宇佐美選手、デュッセルドルフへのローン移籍が決まったようですね。

それにしてもアウグスブルクでプレー時間がもらえなかったのは、本当に謎ですね。アウグスブルクは昨シーズン不調でしたが、それでも起用されることがほとんどありませんでした。

やはりこのままではもったいないので、ディッセルドルフではとにかく継続してプレーできるようになると良いですね。



[ 2017/08/31 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(6)
デュッセルドルフの公式サイトに東洋タイヤが支援を増資することで移籍が実現しましたと書いてありましたが、こういう移籍はモヤモヤしますわ…日本のスポンサーの力とかに頼らず移籍してほしかった
[ 2017/08/31 09:19 ] [ 編集 ]
誰からも、素晴らしいテクニックとドリブルを持ち〜〜と言われ続けた結果が現在の宇佐美です。コレが海外での最後のチャンスかも知れません。
勘違いを自戒して、先ずは走れ!からだと思います。
[ 2017/08/31 16:24 ] [ 編集 ]
本人も奥様も、インマーマン通りのあるデュッセルドルフなら日本が寂しくなることはないかもしれませんね。香川ともすぐ会える距離ですね。
[ 2017/08/31 16:32 ] [ 編集 ]
実際テクニックもドリブル突破も視野も日本選手でトップクラスだと思うのですが何故か海外では恵まれませんね
なんでだろう
嫁がかわいいから運をそこで使い切ったのかなとかネタで言われますけどほんとうに不思議ですわ
[ 2017/08/31 21:47 ] [ 編集 ]
アウグスブルグに行ったのが運の尽きでしたね
モヤモヤはするけど、再起のチャンスを作ってくれた東洋タイヤには感謝してます
これで上手くいかなかったら何かの呪いなんだと思います
[ 2017/09/02 08:33 ] [ 編集 ]
頑張れ、宇佐美。
頑張れ!
[ 2017/09/02 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。