ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

浅野ゴールで日本!ワールドカップのチケット予約!!ドイツ紙《ドイツの反応》



Sport1】


日本、2018年ワールドカップロシア大会出場決定!



entry_img_1815.jpg



日本が、シュトゥットガルト浅野のおかげもあり、ワールドカップロシア大会の出場を決めた!2022年のワールドカップホスト国であるカタールは敗退が決まっている。


日本が喜びに酔いしれた!そしてカタールでは嘆き!日本は埼玉で行われた、グループB対オーストラリア戦で2:0で勝利し、ワールドカップロシア大会出場を決めた。それに対して、2022年のホスト国であるカタールはマレーシアで行われた対シリア戦で1:3で敗れ敗退が決まった。

スポンサーリンク



他にはワールドカップ開催国のロシア、そして最多優勝国のブラジル、イランの出場が決まっている。日本代表はこれでワールドカップ本選6回目の出場となる。


試合ではシュトゥットガルトのミッドフィルダー浅野が41分に内容にふさわしいゴールをあげた。さらに82分には、井手口がゴールを決めて試合を決定している。日本代表には浅野以外にもフランクフルト長谷部誠。ケルンの大迫勇也、そしてベルリンの原口元気らが出場した。ボルシアドルトムントの香川真司は出場しなかった。


カタール対シリア戦ではアリ・アサダラが36分に同点ゴールをあげたが、すでに8分にも得点を挙げていたシリアのクリビンが55分に勝ち越し、そして95分にはアル・マワスがゴールをしてシリアが勝利している。それによって、シリアにはまだワールドカップ出場の望みがある。



日本はこれでワールドカップ出場が6度目となるが、グループリーグを突破したのはまだ2回だけとなっている。







以上です。
ワールドカップ出場が決まりましたね。途中少し見ましたが長友選手のクロスは素晴らしかったですね。

ドイツでは、やはりブンデスリーガ所属の浅野選手のゴールが大きく取り上げられていました。

次のサウジアラビア戦では、選手にあまり無理させないで欲しいですね。とにかく怪我はやめてほしいです・・。

昨日の日本の戦術は、ドルトムントみたいなゲーゲンプレスと縦に速いカウンターサッカーでした。ハリルが常々ドルトムントを手本にしていると言っていたようですが、嵌まりましたね。後は香川が復帰して、中盤でのチャンスメークや起点が出来たら本番も期待出来ます❗

浅野、動きはキレてました。後1年、出続けてもう少しテクニック上げてくればスタメンでしょう。大迫も、怪我開け感じないプレー、香川も温存できて、怪我再発無く、勝って最高でした。
[ 2017/09/01 07:52 ] [ 編集 ]
見れなかったけど勝って良かった。
若い選手が活躍してチームに刺激を与えましたね。
スタメン見たときに、負けたらハリル辞めろコール、勝ったら本田香川不要論が踊ると思ってましたが案の定。
なんでそうなるのか意味不明でとても気持ち悪さを感じました。
本田の状態はよく分かりませんが、香川はまだ可動域が完全完治ではなく予防のためのテーピングもしてる状態。
チームでの出場も時間を区切って段階を踏んでいて45分も出ていない。
いくら試合には出れる状態でもスタメンはありえないでしょう。
むしろスタメンにしてたら驚きます。
それを考慮せず、記事にも書かず相変わらずの報道の仕方でうんざりです。
ゴールを決めた2人はおめでとう!
[ 2017/09/01 08:09 ] [ 編集 ]
サウジが負けたことで無理してまで
怪我明けの香川選手を出場させる必要がなくなり
選択に余裕が出来たことで今回のスタメンや戦術や結果につながりました。

香川選手にはまだまだ無理して怪我を再発されるのが一番怖いので
サウジ戦出るとしたら前後半のどちらかだけに出て
リーグ戦へのコンデションを整えるのがベストだと思うのですが
ハリルはどうするでしょう?
とにかく今回はほんとUAEに感謝です。
[ 2017/09/01 08:30 ] [ 編集 ]
浅野のゴールも井手口のゴールもよかったですが何と言っても大迫の体を張ったポストプレーが素晴らしかったです
今の日本代表には不可欠な選手に成長しましたね
[ 2017/09/01 08:43 ] [ 編集 ]
香川には、サウジアラビア戦には絶対に!出ないようにしてもらいたい。
監督が無理をさせないかと心配でたまりません。
サウジアラビアはもう後がない状況です。
ラフプレーから怪我を再発したら終わりです。

誰か彼に伝えて下さい!
お願いします!!
[ 2017/09/01 08:51 ] [ 編集 ]
消化試合負けてもオッケーとは言わないけど、これから海外クラブで自分の地位を築く選手とか病み上がりの選手は使わないでほしいね
それこそまた井手口が観てみたい。体も精神的にもタフで中田英にみんな重ねてるように、期待してしまう
[ 2017/09/01 08:53 ] [ 編集 ]
怪我を抱えた選手や所属クラブ次の試合までの間隔が狭い選手は出なくてもいいですね。それよりもハリルがプライベートな事情で辞任するかもしれないという状況なのがね…。格上相手を想定し、強さは相対的なものだと割り切った戦術・戦略のハリル。協会・スポンサー・広告代理店等の外圧(?)を無視し始めた選手選考も含めて、本大会での日本代表がうっすらと見えつつあるだけに心配ですね。
[ 2017/09/01 09:22 ] [ 編集 ]
ストライカーは得点だから浅野選手は見事やってのけた。
ただあんなにケツの重たい走りをする選手じゃなかったのになという印象は試合中ずっとあったのも確か。なんというか持ち味の加速感がぜんぜん見受けられないノソノソとした鈍い動きばかりが目について本来の恐さが消えていた。シュトゥットに行ってから全般的にこうだから懸念はしてしまう。
[ 2017/09/01 09:42 ] [ 編集 ]
 井手口は素晴らしかった。

 次戦も調整中の香川は使わない方針でお願いしたいですね。チームとしては若い選手にチャンスを与えつつW杯に向けての実践的な守備練習をのんびりしてやって欲しいところ。引き分けで良いのですから。
[ 2017/09/01 10:08 ] [ 編集 ]
いつも思うのですが、シリアは国の有様とサッカーのイメージが乖離し過ぎてて、よくも頑張って国際大会にそれなりの選手を送り続けていられるものだと感心しまする;
[ 2017/09/01 11:16 ] [ 編集 ]
ほっとしましたね

サウジアラビアはワールドカップかかってて
ラフプレイありそうなので怪我人がでそうで
怖いのは解ります
[ 2017/09/01 11:41 ] [ 編集 ]
選手起用の采配がズバリ当たって圧勝。若い浅野選手と井手口選手のゴールもチームに勢いをもたらし、見ていて楽しい代表戦でした。大迫選手強いし、長友選手の絶妙なクロス、乾選手が奔放なドリブル、酒井選手の身体を張った守備も、クラブでの好調な活躍があってこそですね。w杯出場決定して本当に良かったです。
[ 2017/09/01 15:00 ] [ 編集 ]
日本は勝ちましたが嬉しい半面、複雑です。

走れて守備のできる選手が優先されるハリルのネガトラ戦術は、強者ばかりの世界相手には弱者のサッカーとして勝つ戦術としては最適ですが、創造性が必要ないので面白くないサッカーになってしまいます。

ハリルの戦術では創造性は必要なく、走れること守備のできることが最優先されます。
したがって、香川や本田は必要ありませんし、もしロナウジーニョやメッシのような選手がいてもハリルの戦術ではベンチになってしまいます。

日本が世界と戦い勝つためには弱者のサッカーとしてハリルの戦術しかないのはわかっています。
しかし、それによって創造性のない守って走りきれる選手が出場しつまらないサッカーになってしまうのが非常に残念です。
また、日本の世代交代も行われていません。
アンチフットボール戦術なので香川のようなサッカーインテリジェンスやテクニックはひつようありません。
したがって、ボールを持って組み立てから行う場合、スイッチを入れる人もいなければ、しびれるようなアイデアやパス、試合を作れる選手も昨日の試合にいませんでしたし、実際に後ろから作る場合にまったくできておらずどうしてよいかもわかっておらずチャンスをつくれていませんでした。

しかし、ハリルの戦術ではそんなことできなくても成り立つんです。
相手からボールを奪えば既に崩せている状態ですから。
重要なことは全員が走りきれて守れる選手です。
メッシも日本の戦術では足手まといになります。

さて、アンチフットボール戦術ではなく普通のサッカーをした場合、昨日のスタメンでは何もできません。
ハリルの戦術では一流の選手は必要ありません。
軍隊のようにとにかく走りきれてとにかく身体をはって守れる選手です。
創造性も必要ありません。
ボールを奪った瞬間に労せず既に崩せている状態ですから。

世代交代しているようにみえますが、実際のサッカーとしてはつまらないものになっていますしサッカーのレベルも低下しています。
しかし、アンチフットボール戦術はボールを持ってくれる強者には通用しますし結果として勝利する可能性も上がります。

サッカーのレベルは下がっていますので、ボールを持ってくれる相手にのみ通用する戦術で、ボールを持たせられると何もできません。
戦術として機能しなくなり、純粋なサッカーの質で勝負することになります。
しかし、創造性のある選手を排除して、走れて守れる選手を起用し続けることのつけがここででます。
このとき初めてサッカーの質が低下しており、うまく世代交代できていないことに気がつきます。

日本代表の今のつまらんし戦術には香川や本田は必要ありませんので、今後は代表に呼ばないでクラブに専念させてあげたいですね。
特に香川は今非常に大事なときですから。
日本の
[ 2017/09/01 16:08 ] [ 編集 ]
インサイドハーフのポジションでは正直井手口の方が香川より利いてた気がします。
ハリルのサッカーだと香川の場所が中々見つからない感じなのが悲しいです。

本当なら大迫と縦に並べたのが見たいんですけど・・・昨日の試合はハリルの戦術としては完璧でしたけど正直見ていて面白くはなかったです、ザックが懐かしい。
[ 2017/09/01 16:57 ] [ 編集 ]
つならないサッカーと分析されている人がいますがこれもテクニックや走力、センスがなければ成り立ちません。一流の選手が必要ないって一流の選手がいますか?どの戦術も一流の選手が必要なんです。全くレベルが下がったとは感じませんね。つならないといったら以前のやり方でもモタモタしてる方がつまらないと感じますけどね、
でもつまらないと感じるのもわかります。浅野もゴール以外はちょっと・・・という感じでしたし、中盤が安定せずバックパスを奪われるのもありましたしね、ポゼッションが下がった?そんなの必要ですか?
香川は怪我もあり、先発は無理だと思ってましたが、万全ならうまく機能してたと思います。
[ 2017/09/01 17:39 ] [ 編集 ]
アルジェリア時代の試合やフォーメーションスタメン戦術選考や、日本での彼のスタメン選考やこれまでの予選の戦いの戦術やスタッツを見れば、振り返れば、サッカーの質が低いだのアンチフットボールしかしないだの決め付けが過ぎると分かりますよ 戦術は一つではないですしスタメン選考もやるサッカー、戦術によって変わるだけです そしてこれまで体調悪かろうが香川を使ってきた事実を見れば彼があのOZ戦の戦術一つという物に拘ってない事は明白ですよ

さて、次はサウジ戦ですが勝ちに行くか試しに行くかで色々と変わるでしょうね 僕は勝ちに行って欲しいですが 負けて欲しくないので 怪我なんか試合に出てなくてもするものですから









[ 2017/09/01 17:48 ] [ 編集 ]
香川はずっとアップしてたから同点とか負けてる時に即投入できるように
してましたね。その中で無理に使わなくて済んだから本当によかったです。
怪我の再発でまたシーズン前半を棒に振ってほしくない
[ 2017/09/01 18:01 ] [ 編集 ]
相手のファイナルサードの出来がかなり悪かったですね。
本戦では通用しないと思いますよ。
前線のプレスに連動性はなく釣られがちの両インサイドハーフ。
長谷部の両脇がかなり危険でした。
相手の拙攻に助けられましたね。
本戦で勝つことを考えたらまだまだやることはありますしスタメン争いもこれからです。
[ 2017/09/01 18:11 ] [ 編集 ]
アンチフットボールでつまらない、、全く同意できません(笑)
逆に本田なんかが言っていた横後パスコネコネのサッカー、本当にイライラするしつまらなかった。
今の、スピード感溢れるサッカー、クロップ時代のドルトムントに近いサッカー、本当なワクワクして楽しいです。
なんといってもスピード早いのが、爽快。
バルサのようなサッカーはメッシやイニエスタのような、突出した能力のある人がいるチームしかできないし、私自身は個人的にはバルサのようなサッカーは、つまらなくてイライラします。
井手口の二点目、とても爽快でしたよ。
浅野の技術はまだまだひどいですが、オバメヤンもドルトムントに来たくらいの時は、スピードだけで技術はひどかった。でもブンデスリーガ得点王に成長しました。楽しみです。
ドルトムントに香川の居場所があるように、代表にも香川の居場所はある、というか、むしろ昨日の代表戦のようなスタイルのほうが、香川が輝く気がします。いままでは代表の回りのメンバー、ドルトムントとはレベルが違いすぎて香川は代表ではドルトムントのような活躍皆無でしたから。
[ 2017/09/01 18:12 ] [ 編集 ]
何をもってつまらないサッカーなのかわかりませんね。コメント読んでいて驚いて投稿してしまいました。日本は相手にボール持たせてましたが、引いて守っていたわけでもなく、積極的にボール奪取してショートカウンターを狙っていたのに。近代サッカーが日本でも出来るようになったんですよ、私はスピーディーでインテンシティの高い試合で楽しかったです。それから、香川選手が不要とかもっと意味がわかりませんね、香川選手と井手口選手はストロングポイントが違う選手ですよ、相手がもっとボールをまわして球際強くあたってくるチームだと、香川選手のようなAMFが必要となってくるんです。香川選手が体調万全であれば普通に今回でも使われてますよ。
もっと多くの欧州サッカーを見ることをおすすめします。ハリルのやりたいサッカーと香川選手は非常に相性が良いのですから。
思い込みは危険ですよ。
[ 2017/09/01 18:22 ] [ 編集 ]
香川は別にあのサッカーやれるから別に心配はないよね

コンディション悪くても別の選手が出てきて勝てるチームは強いチームという
証拠で、香川も怪我のところを無理して出場する必要がなくてよかった、
ワールドカップ行けてよかった、としか思わなかったな
[ 2017/09/01 18:50 ] [ 編集 ]
勝てて良かったですね。
選手の皆さん本当にがんばってくれましたね。
特に大迫は、ケガ明けなのに、すごかったですね。
できれば、点取らせてあげたかった。
香川がいたら、大迫もう少し楽だったかなと思いながら見てました。
日本のワイドショーでは、秋田さんが、「香川選手ではディフェンスが心配だったからベンチだったのだろう」と
解説してましたが、概ねこんな感じでいまだに守備できないと思われてるのがファンとしては悔しいですね。
とにかく、決まって良かった!
選手の皆さん、ケガには気を付けてがんばってほしいです。
[ 2017/09/01 19:24 ] [ 編集 ]
ドルの試合見ても、アウェイのOz戦見ても、香川は走れない守備できないっていうの?
対人だって結構勝ってるし、プレスも弱いとか何を見てるのかと不思議に思う。
もちろん、守備がDM並みに良いだとか言うつもりはないし玉際だって他により強い選手はいますよ。
でもハリルに合わないとか、居場所がないとかわざと言ってるのかと勘ぐってしまう。
だって他のサイトで香川いらないとか言う人達と同じこと言ってる。

ちなみに、現地観戦した人によるは香川は途中出場した選手と一緒にアップ始めていてユニフォームに着替えまでしていたらしい。
展開によっては出る予定だったんだよ。
まぁ、怪我を完治させてほしいので出なくて良かったと思うけどね。
[ 2017/09/01 19:32 ] [ 編集 ]
サッカーの質とは何なのだろう。
メッシの様なファンタジスタがいる事が質の高いサッカーの条件なのかな?
現日本代表はクロップドルを目標としてるんだと思うけど、ハイプレスカウンターサッカーは質の低いサッカーということ?
例えばゲーゲン、ティキタカ、カテナチオ、それぞれが一斉を風靡したけど、どれがハイレベルかと問われると好みの問題が多少あれど全部としか言いようがないと思う。
ハリルホジッチの戦術はボールを持たせてくれる相手にしか通用しないというけど、現にドン引きしてくるアジア予選通過したわけだしどうだろう。
ヨーロッパの強豪はそもそもボール持たせてくれないし関係ないだろうし。
だとしたら見栄えの事を言ってるのかもしれないけど、それはスタイルであってレベルや質とは関係ないと思う。
[ 2017/09/01 20:06 ] [ 編集 ]
無事予選突破よかったです。
世代交代ではなく若手の台頭、層が厚くなり選択肢が増えるのはとてもいいことですね。
それから香川は離脱しましたね、よかったです。
OZ戦で決まればクラブに戻ると召集時から決まってたような気がします。
相手は突破の可能性ある大事な試合ですから、肩が万全でないという離脱理由は表向きだけではないでしょうか。





[ 2017/09/01 20:38 ] [ 編集 ]
ハリル秋田に対して怒りの緊急会見。ますますハリルが気に入りました♥
香川も代表離脱してドイツに戻るそうで、安心しました。負けても関係ない試合、40度のサウジアラビアで酷使されて再発とか最悪ですから…
香川に関しては、ハリルの会見でも凄く信頼を感じたので、大丈夫ですよ。怪我だけは気をつけて❗
[ 2017/09/01 20:45 ] [ 編集 ]
ハリルさんやめへんで会見も面白かった!本大会はまた出てくる国のクオリティがあがってきますから昨日のサッカーもクオリティ上げて面白いものを見せてもらえるようにどの選手も頑張ってほしいですね。自分達のサッカーブラジルでは通用しませんでしたよね…理想は試合しながらどっちも織り交ぜられるようになれればいいのかなと思います。昨日も見ててつまらなくなかったですし、香川も柴崎も必ず必要な場面が出てくると思いますよ。
香川も離脱してドルトムントに戻りますね。じゃあ何で合流したとか何でベンチ入ったとか言われてますけど、それはハリルさんの判断。そもそもクラブでは出遅れてますし、まずは完治してコンディションをあげて90分出られるようになってもらいたい。9月の日程見てまた過密日程がはじまるなと思ったので、ボシュさん的にはよく帰してくれたと思ってくれてると有難いなと思いました。サウジは荒くきそうですしね。
[ 2017/09/01 20:56 ] [ 編集 ]
秋田さんのやってるお仕事を調べてみたら、ああって納得しますよ。
怪我とか事実を言うと自分のお仕事なくすんでしょう

ハリルが批判してましたが、日本はおつきあいが多い人が
たくさんいて自分のお仕事大事で事実を言えず、強豪国になるのを
阻んでいる気がします
[ 2017/09/01 21:02 ] [ 編集 ]
ドイツの反応ありがとうございます。浅野のゴールは素晴らしかったし、先制点ですからね。ベテランの長友のアシストも昔の代表のようでした。井手口のスーパーゴールは本当に眼福でした。そしてそれをアシストしたのは予選でずっと闘魂を見せつけてくれた原口、途中出場で見せ場と結果を出すところは流石でした。大迫も頼もしいし、最近の代表は久保を筆頭にリオ世代が頭角を現してくれて、楽しみになりました。

ハリルさんは家族?が危篤らしいのでサウジ戦は手倉森さんに任せて一時帰国させてあげてほしいです。昨日初めてハリルさんが名将だと思いましたので続投で良かったです。サウジ戦はテストマッチでいいです。若手ばかりでやってみてほしい。ないでしょうけど。(笑) 私は昨日のサッカー楽しませてもらいました。ポゼッションはOZの方が2倍近いのにシュートは日本が上回っていて、面白いスタッツでした。何だかまとまりのない文ですみません。
[ 2017/09/01 23:22 ] [ 編集 ]
井手口の活躍は嬉しかった、走れて守れる選手は使いやすい、大きな相手を抑えてのミドルや囲まれても繋げる冷静さは頼もしいかったですね。

香川が守備頑張ってるとは言え本職に劣るのは事実、長友もそうですが走れて守れる選手は最低限計算できるので大一番でも選ばれる
香川のパスが楽しいのは事実だが周りの選手が奪って走ってるから成り立つもの、寄せるだけでなく奪う事の大切さを改めて感じた一戦でした。

ドルトムントでもゲッツェは聖域で主力組スタメンになるには他の2人以上の守備が求められますが今度こそレアル戦に出場して欲しいものです。
[ 2017/09/01 23:47 ] [ 編集 ]
なんでそんなに守備守備言われるのかわからない。
監督が本当に守備を求めてるかなんてわからないと思うんだけど、、。
むしろファイナルサードでの違いじゃないのかな、この間言われたみたいだし。
彼には他の選手にない特徴があるわけで、それを期待してる可能性もある。
もちろん守備を頑張る必要はあるけど、毎回お経のように安易に守備守備と言われてなんかなぁと思う。
今後の試合後のコメントでわかっていくと思うでしょう。
[ 2017/09/02 08:17 ] [ 編集 ]
前に寄せる人がいるから奪えるって側面もある。
役割があるから。
前から思ってたけどちょっと日本は寄せる守備を軽視しすぎだと思う。
守備=奪うしか頭にないような。
もちろん奪う守備も大事!
[ 2017/09/02 08:21 ] [ 編集 ]
いわゆる「弱者のサッカー」だね。
労働者のような泥臭いサッカー。
選手がイマイチな時の方がなぜか日本代表は強い。
それは不器用ゆえに、皆がハッキリとした1つの目的を共有できるからだろう。
しかし2ゴール決めた事は褒めたいが、相手のオーストラリアも粗末だった。
染み込んでいない、慣れないパスサッカーに、あれだけガチガチの守備をやられたら、やはりそこはオーストラリアなのだと。
根本的にパスサッカーが合わないのだと改めて感じた。

逆に日本。
あれが、この先も強い相手に成功するかは怪しいが、確かに大崩れする事はなく効率的なサッカーだ。
しかし一方で、本当にあそこまでボールを放棄するサッカーで良いのかという気持ちもある。
果たしてあのようなサッカーを子供たちがやりたいと思うのだろうか?
私は小さい時から、テクニカルな選手に見惚れて、スター選手に魅了されながらサッカーを見続けてきた。
日本代表では中田、名波、中村、小野、本田、香川と、いつの時代も華やかなテクニシャン&スターが中心にいることが当たり前だった。
しかし今のような、誰が主役か分からない(地味な)サッカーで、もしグループリーグを敗退してしまったら?
その時、日本サッカーはどうなるのだろうか…

私はベスト8よりも、まずはベスト16を目指し、現実的ではあるが過度な主導権放棄ではなく、ある程度のボール保持くらいはできるサッカーを目指して欲しいと思ってしまう。
やはり基本はボールを大切にする気持ちを失っては欲しくないからだ。

日本は弱小国だ。
だからこそ過度に急進的な方向へ進むことを不安に思う。
弱小国だと認めて、ある程度のボール保持もできる方向のサッカーで、ベスト16に行けたら「万歳!」くらいでいる方が日本サッカー界にとって良いのではないかという思いがある。
[ 2017/09/02 09:17 ] [ 編集 ]
>香川が守備頑張ってるとは言え本職に劣るのは事実、長友もそうですが走れて守れる選手は最低限計算できるので大一番でも選ばれる
香川のパスが楽しいのは事実だが周りの選手が奪って走ってるから成り立つもの、寄せるだけでなく奪う事の大切さを改めて感じた一戦でした。

本職のDMFに劣ると言いますが、トゥヘル体制でIHになってからはボール奪取や1対1の競り合いなど体を張る対人守備力は著しく上達していますよ。トゥヘルにも香川は運動量が豊富で攻守で走り回り、守備で重要だと何度か会見で絶賛されています。実際にトゥヘル1シーズン目前半戦のIH起用の際、走行距離はチーム1、2位でボール奪取や1対1の競り合いも良く、何度もCBやSBのカバーをしてカウンターを防いでいました。トゥヘル2シーズン目の後半戦で復調してからは、ボランチやアンカーのようになっていたこともありました。今シーズンの開幕戦やヘルタ戦でも、肩の状態が万全でないにもかかわらず、1対1の競り合いで屈強な相手選手にびくともせずに勝っています。ヘルタ戦では自陣でヴァイザーからボール奪取をしヘルタのチャンスを潰していました。そして前線でのプレス守備は昔から高評価されています。賢固な組織的守備に長けたブンデスで、屈強な選手相手でも体を張った守備が上達しているので、代表でも十分に対応できると思います。
[ 2017/09/02 09:41 ] [ 編集 ]
香川の創造性が生きる部分も勿論あるとは思うが
香川の為に代表があるのではなく、代表の為に香川が居る。
むしろ切り札的に相手に合わせて有効なら出すべきと思います。

前線の選手は特にその傾向が強いのではないかと。

ハリルさんの戦術は引きこもりサッカーでもありませんし
狙いどころがはっきりしていて、攻めがスピーディで面白い。

ロシアにも期待が高まります。
[ 2017/09/02 13:12 ] [ 編集 ]
私は逆に井手口の様なスター候補が出てきて守備にも脚光が当たる事は日本にとってプラスだと思います
サッカーはそのほとんどを守備に費やします守備が出来た上で攻撃センスもある選手が求められています
宇佐美が苦労してるのもそこであり香川もそれを向上すれば少なくともカストロに後れを取る事もないはず。

ヘルタ戦で良い所があったのも事実ですが簡単に飛び込んでかわされたりクロス上げられる場面もありました
井手口の終始安定した走りと守備を見ると、例え怪我が万全でも今回の戦術では彼や山口が適任だったと思います。

あとは前から物足りなく思っていたのが香川はカウンターで運んでる際パス以外の選択肢を選ぶ事が極端に少ない
前節もプリシッチにグラウンダーで2本狙いましたが相手DFは香川が裏狙う事を知ってるので対応が間に合ってました
ヴァイザーにカットされたパスなんかはバレバレで思いっきり腰落として対応しパスコースを消して狙われてました
井手口の様に手で押しのけてミドル叩き込んだりドリブルで抜いたり何やるか分からない怖さを与えて欲しいです。

とは言え、一番の難敵はドイツが連覇を狙うワールドカップイヤーって事じゃないでしょうか
ドラマチックな復活劇を歩むアイドルゲッツェを筆頭にロイス・ヴァイグル・シュールレ・フィリップ・トルヤン・ダフード
今回は招集0人でしたがクラブは総力をあげてシュールレ→ゲッツェの歓喜再びを狙い盛り上げたい所でしょう。

代表ではフンメルスとギンターが頑張ってましたねピシュチェクとプリシッチも健闘してましたウクライナvsトルコも楽しみです。
[ 2017/09/02 16:02 ] [ 編集 ]
2017/09/02 09:17
あなたはレスター優勝の時の試合をみたことはありますか?
レスターのプレミア優勝は、プレミアリーグに大変革をもたらし、多くの中堅クラブに勢いをもたらしました。アトレチコの監督や選手にも多くの自信を与えたんですよ。Jリーグの鹿島の試合は見たことありますか? 海外クラブとの対戦では支配率下がりますよね、でも普通に勝ってますし面白い試合してますよ。サッカーは時代とともにスタイルが変わっていくものです。
3バックが流行ってるのもそうです、でもあれは誰もができるスタイルじゃないんですよ。よく代表も3バックやろうと言う声ききますが、あれは適正のある選手を使わないと滅茶苦茶弱いチームになってしまうんです。
弱者のサッカーとずいぶん蔑みますが、欧州サッカークラブの殆どが弱者のサッカーになりますし、欧州の代表サッカーもほとんどの国が弱者のサッカーになりますね。もっとサッカーを楽しんでみてはいかがでしょうか。
[ 2017/09/02 22:16 ] [ 編集 ]
テクニシャンしかスターがいなかったから、それもスターがひとりふたりしかいなかったから、日本は弱かったのでは?

スピードとクロスで勝負する両サイドバック、屈強なセンターバック、守備力と攻撃力を備えたボランチ、スピードスターやドリブラーのウイング、ポストのできるフォワード、もちろん香川のようにスピードはないけど卓越したテクニックをもつ選手も含め、すべてがスターと言えるのでは。目指すホジションといっぱいあって、子供の夢も膨らむのでは?
中田のローマを除けば、当時と今の選手のいるクラブの格も全然違いますし。
セルティックでスターとなった俊輔が全く通用しなかったリーガで、レギュラー張ってる選手がふたり!インテルやマルセイユ、セインツでレギュラー張っているひとがいて!
いまでも十分、スター集団❇です!
[ 2017/09/02 22:43 ] [ 編集 ]
たった一試合で井出口より劣るとか言う方は何なんでしょうか。
片方が得意な方だけ比較の対象に上げるなんて結論ありきでよね。
守備守備って印象操作はうんざり。
たらればもうんざり。
香川が万全だったら違う戦術にしたかもね。
怪我人が多くてプランを変えざるえなかったと言ってたから。
[ 2017/09/02 23:18 ] [ 編集 ]
今シーズンのヘルタ戦の例は今のコンディションが悪い状態でも、あのようなプレーが出来たという意味です。香川は脱臼で調整が遅れPSMにも参加出来ませんでしたし、練習でのボール奪取や1対1の競り合い等は3週間前にやっと出来るようになったばかりです。ヘルタ戦では体のキレがまだ戻ってませんでしたし、パスの精度やタイミングのズレもあり、守備や運動量に於いてもまだまだ本調子ではなかったです。それでもヘルタという賢固な組織的守備のチームにあのようなプレーが出来ていますので、守備力は着実に向上しています。賢固な組織的守備のブンデスでボール奪取や1対1など守備面で上達していますので、オーストラリア戦の戦術でも十分対応出来ると思います。それから好調時の香川はカウンターの際のパス以外に自分で持ち込む色々な選択肢があります。トゥヘル1シーズン目や2シーズン目の後半戦の好調時にみられたようなドリブル、ルーレットやターンで相手を交わしたり、腕や体を使って相手を強引に抜いたり等々。香川自身も言ってますが、若手の台頭は良い刺激になったでしょう。これからコンディションを上げればクラブでも代表でも競争に打ち勝てると思います。
[ 2017/09/02 23:23 ] [ 編集 ]
走って守れる選手の試合はとても面白かった。
サッカーで面白いのは技術だと勘違いしている人がいるのか。

どんなスポーツでも相手との戦いが面白いのであって技術ではない。
相手と戦って勝つこと、その勇気や姿勢に感動する。
[ 2017/09/02 23:30 ] [ 編集 ]
今シーズンのヘルタ戦の例は今のコンディションが悪い状態でも、あのようなプレーが出来たという意味です。香川は脱臼で調整が遅れPSMにも参加出来ませんでしたし、練習でのボール奪取や1対1の競り合い等は3週間前にやっと出来るようになったばかりです。ヘルタ戦では体のキレがまだ戻ってませんでしたし、パスの精度やタイミングのズレもあり、守備や運動量に於いてもまだまだ本調子ではなかったです。それでもヘルタという賢固な組織的守備のチームにあのようなプレーが出来ていますので、守備力は着実に向上しています。賢固な組織的守備のブンデスでボール奪取や1対1など守備面で上達していますので、オーストラリア戦の戦術でも十分対応出来ると思います。それから香川はカウンターの際のパス以外に自分で持ち込む色々な選択肢があります。トゥヘル1シーズン目、2シーズン目後半戦にみられたようなドリブル、ルーレットやターンで相手を交わしたり、腕や体を使って相手を強引に抜いたり等々。香川自身も言ってますが、若手の台頭は良い刺激になったでしょう。これからコンディションを上げればクラブでも代表でも競争に打ち勝てると思います。
[ 2017/09/02 23:31 ] [ 編集 ]
2017/09/02 16:02
私はドルトムントの試合は全て見てますが、香川の守備がカストロより劣るとは思いません。スタッツでも明らかです。トゥヘルの戦術は凄く細かい決まり事があり、香川のパス選択もその決まり事のひとつでは無いかと思っていました。
トゥヘルは決まり事から外れるプレーにはキレますからね。
香川はまだ肩が万全ではなく、練習再開しましたがこれからですよね。脱臼前のプレーが戻ればスタメンは硬いでしょう。
[ 2017/09/03 07:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。