ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!若き至宝サンチョを獲得で補強完了!今シーズン補強おさらい《ドイツの反応》




ビルト

ドルトムントの新たな至宝

バイエルンもサンチョ獲得に動いていた!



entry_img_1816.jpg



この新加入を知っている人はほとんどいない。しかしそれもすぐに変わるだろう。


マンチェスター・シティの至宝、ジェイドン・サンチョがドルトムントとの3年契約にサインした。

スポンサーリンク



ミヒャエル・ツォルク、マネージャーはすでに数週間前からこのイングランドのサイドアタッカーの獲得に動いていたが、昨日の午後交渉がまとまった。ドルトムントは800万ユーロの移籍金で、元バイエルン監督ペップ・グアルディオラのクラブからサンチョを獲得したのだ。


20170901184015967.jpg



BVBサンチョを獲得!



ドルトムントはアンドレイ・ヤルモレンコに次いでもう一人デンベレーの後継者を獲得した。



サンチョにはすでにヨーロッパのトップクラブの多くが興味を示していた。何よりU17ヨーロッパ大会で最優秀選手に選ばれて以来だ。しかしサンチョはマンチェスター・シティのスター・メンバーの中では居場所がないと悟り、クラブから出たがったのである。




ビルトの情報ではバイエルンもサンチョ獲得を熱望していたようだ。



そして若き至宝をめぐる争いでバイエルンがドルトムントに敗れるのはこれが初めてではない。



バイエルンは昨シーズンもデンベレー獲得を狙っていたが、当時19歳だったデンベレーはBVBに決めた。そして140MユーロでFCバルセロナへ移籍したのだ・・。




ビルト:ドルトムント移籍査定


加入:サンチョ(マン・シティ/8Mユーロ)、ヤルモレンコ(キエフ/25Mユーロ)。フィリップ(フライブルク/20M)、トプラク(レヴァークーゼン/12M)、ダフード(グラートバッハ/12M)、ザガドゥ(パリ/フリー)。トルヤン(ホッフェンハイム/5M)


放出:デンベレー(バルセロナ/105M)、ギンター(グラートバッハ/17)、モア(セルタ・ヴィーゴ/14M)、べンダ―(レヴァークーゼン/12.5)、メリーノ(ニューキャッスル/ローン)、パスラク(ホッフェンハイム/ローン)



ビルト採点:1-

ポテンシャルに溢れた三人のU21ユーロチャンピオン、それに加えてものすごいタレント、サンチョ。これらは将来を見据えての移籍だ。だからドラクスラーも必要ない。デンベレーの移籍も移籍金を考えると良い物だと言えるだろう。しかしドゥルム、ズボティッチ、パクが残ることになった・・・。







以上です。


最後にサンチョの獲得でドルトムントの補強も終わりましたね。サンチョに出番があるかどうかはまだ分かりませんが、ドルトムントがこうした若手にとっては移籍したいクラブとなっている事は確かなようですね。

それにしても今年のドルトムントの補強はここ数年の中では素晴らしい補強ですね。個人的にはドゥルムの移籍が無くなってしまったようなのが残念な所です・・。

このメンバーでどのようなチームに仕上がるのか非常に楽しみですね。





[ 2017/09/01 18:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(12)
 ユースストライカーの補強ですね。U23のストライカーが空いたので、そこで様子をみながら育てて、必用に応じてトップチームでチャンスを与える感じでしょうか。
[ 2017/09/01 19:08 ] [ 編集 ]
放出が予定通り進まずスカッド増えたんじゃないんですかね?
[ 2017/09/01 19:11 ] [ 編集 ]
youtubeで見た限りだと捏ねるタイプだな
[ 2017/09/01 19:12 ] [ 編集 ]
モナコ、ドルトムント、ベンフィカ
この3つはフロントやスカウトが相当優秀なんでしょう
クラブの実績もそこそこあるクラブばかりだけど、それなら似たようなクラブはいくらでもありますが
これだけ継続して安く買って育成しながら結果をある程度残しながら高く売ることに長けたクラブってこの3つが飛びぬけてますね
[ 2017/09/01 19:24 ] [ 編集 ]
口では優勝しなくていいみたいこと言ってるけど、近い将来デカいこと狙ってる感じがする補強だね。フィットしたらモンスターになりそうなの2人にドイツのU-21の主力が3人。2年後がかなり楽しみなのが1人。トプラクもストッパーやらせるとかなりいい。
ここ当分楽しませてもらえそうだね。
[ 2017/09/01 19:51 ] [ 編集 ]
ズボティッチ残るのそんなにダメか?
むしろもっとディフェンス強化した方が良いと思うからもっと使えばいいと思う
[ 2017/09/01 19:52 ] [ 編集 ]
正直レバークーゼンからの移籍は
高い割に当たりが少ない気がするので、
トプラクには是非ジンクスを壊して欲しいところです。。
何故か毎度レバークーゼンからの移籍は引っかかるんですよね。元々ドイツ人の為のクラブとして成り立っているので他クラブよりスカウトがいまいちというか玉石混淆のイメージがあります。もっと言うと70点の選手が多いというか。劇的にハマる選手が少ない。
この印象を持っているのは自分だけでしょうか?
[ 2017/09/01 20:50 ] [ 編集 ]
今年のドルトムントは、補強もさることながら、放出の方も上手だったなと思います。
ビジネス的な意味でもスカッド整理という意味でも。
トゥヘル政権下に加入してきた若手がごっそりいなくなってしまい。選手の入れ替えが激しいクラブだなと改めて思いました。
[ 2017/09/01 21:42 ] [ 編集 ]
選手の闘志に水を差すような弱気発言の目立つヴァッケですがなかなかどうして
この補強は野心に溢れてて素晴らしいですね
今シーズン以降のドルの躍進が約束されたような気がしますよ
[ 2017/09/01 23:36 ] [ 編集 ]
ドルトムントは南米の選手取らない方針なんですかね、プリシッチと香川は日米の10番で遠くても広告塔としても期待できますが
南米は遠いし高いしと言う事なんでしょうかね・・・ パリ・サンジェルマンが南米過ぎて、ふと考えてしまいました。
[ 2017/09/01 23:54 ] [ 編集 ]
ドルベリの情報もドイツでは出てるんでしょうか?
[ 2017/09/02 01:28 ] [ 編集 ]
U23ではなくトップチームに所属させるという事は試合に出すんのかな
才能のある若者の取得は喜ばしいですが、トップチームの出場が早く増長したり、または出場機会が訪れず腐ったりしなければいいんですが
[ 2017/09/02 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。