ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBボシュ監督!このようにしてトゥヘル色を払拭!!!《ドイツの反応》



ビルト】



BVBボシュ監督!このようにしてトゥヘル色を払拭!!!



entry_img_1823.jpg



土曜日10時半、BVBのトレーニングにおいて。約20か月ぶりにスカウト・ボスのスヴァン・ミスリンタートが顔を見せた。


元監督トーマス・トゥヘルの下では、このミヒャエル・ツォルクの右腕は、トレーニング場に顔を見せることができなかった。

これをみるだけでもドルトムントが変っている事が分かる。なによりペーター・ボシュ監督のおかげで。彼はつまるところ、トゥヘル色を払拭したのだ。

スポンサーリンク




▶選手たちは今となっては好きなものを食べることが許されている。
トゥヘルはスペルト小麦のパンや麺類を重視しており、選手たちの炭水化物の摂取をコントロールしていた。砂糖もそうだ。ボシュになってから料理人はそのままだが、オランダ人の下では緩やかになっている。その結果、選手たちは自分が食べたピザやバーガーを誇らしげにインターネットにアップしている。




▶瞑想の終了!
トゥヘルは瞑想を導入したが、ボシュはそれを重視していない。



▶計画性!
トゥヘル時代は一つのトレーニングが終わらないと、次のトレーニングの時間が分からなかった。ボシュは一週間ごとに計画表を作っており、選手たちは、いつフリーの時間があるか分かっている。彼は金曜日に次の週の計画を発表している。



▶明確なライン!
トゥヘルは試合中に何度もシステムを変え、それによって選手を混乱させた。ボシュはオランダ式433で統一している。



▶トレーニングはより良い雰囲気!
コンディショントレーナーのライナー・シュライは選手に好かれていなかったが、彼もトゥヘルとともに去ることになった。ボシュの下ではこれまでのアスレチック・コーチだったアンドレア・ベックがその役割を引き継いでいる。彼の人柄はチームでも好評価だ。



▶新たなやり方!
トゥヘルはチームみんなの前で選手を批判していた。ボシュは個人批評をするときは自分の事務所に呼んでいる。







以上です。

ボシュ監督になってから最高のスタートに成功しましたね。少しずつ彼のカラーも現れてきつつあるようです。個人的にはゲーゲン・プレスが復活したところが好ましいですね。やっぱりこのサッカーは見ていて面白いです。

彼はデンベレーがトレーニングに来なかった時も、非常に冷静な発言をしていましたし、事故を可能性を気遣う発言もしていました。

補強もうまく行きましたし、良いシーズンになる事を期待します。





[ 2017/09/05 19:20 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(17)
トゥヘルはすっかり悪者扱いですね
まあ経緯からして当然なんでしょうが…
[ 2017/09/05 19:39 ] [ 編集 ]
雰囲気良くなって喜ばしい限りですね。でも食事には気を使った方がいいと思うけど。香川みたくシェフを雇えとは言いませんが、食いトレって言うくらいだし。
[ 2017/09/05 19:40 ] [ 編集 ]
今のところボシュは落ち着きある印象
でも冗談言ったりユーモアもあるのは日本来た時の会見で見えた
写真撮影で香川の背中にそっと手添えたり心持ちのいい人じゃないかな
よく連れてこれたぜ
[ 2017/09/05 19:55 ] [ 編集 ]
ポジティブな空気願伝わってきます。楽しみですね!

ところで、今シーズンから試合時間がいろいろになって、日本時間では深夜1時や3時が増えました。管理人さんは土曜日の3時半は見ずらいとおっしゃってましたが、日本時間の午後10時半は見やすかったので残念です。これでは録画で見る事が増えそうで、今一つです…
[ 2017/09/05 20:45 ] [ 編集 ]
管理というのは度を越えると
ただのストレスになるからなぁ。

トゥヘルはちょっとやりすぎたんだろう。

自由度があまりに無いと
窮屈になって不満が溜まり出すのもわかる。
[ 2017/09/05 21:23 ] [ 編集 ]
トゥヘルってみんなの前で批判してたんだ?
それはきついな
[ 2017/09/05 21:28 ] [ 編集 ]
トレーニング中に若手選手を名指しして皆が見てる前で罰走を課したりしていましたね。
アレもかなり選手の心が離れていく一因だったような気まします。
[ 2017/09/05 23:39 ] [ 編集 ]
いつも思うのですが、こういう情報って内部の人しかわからないのに、どうやって漏れてくるんでしょうか。
最近は練習も取材禁止が多いようですし。
まあそれが「取材力」と言われてしまえばそれまでですが、やっぱり内部が「広めたいこと」が外に出てくるんでしょうね。

それにしても、今のところは「平穏」な日々がおとづれているようですから、結果にも期待したいですね。
[ 2017/09/06 00:24 ] [ 編集 ]
確かモルに対し、脚を使わせず手だけでピッチを数時間かけて隈無く這わせる懲罰を行いましたね。
見るに見かねたミスリンタート氏がやめさせるように言うと、出禁にされたとか。
選手たちはドン引きだったでしょうね。(笑)
ちょうど香川やカストロがベンチ外にされる直前でしたか、チームから笑顔が消えがちだった頃ですね。
あと瞑想とか、好きでもない指導者に勧められても、かえって雑念しかわかない気がするのですが。
[ 2017/09/06 01:33 ] [ 編集 ]
トゥヘルのやり方も上手くやればもっといい感じになれてたと思うけど、きっとやり過ぎたんだろうな
[ 2017/09/06 01:44 ] [ 編集 ]
ボシュを否定するつもりはないけれど
食事制限はしてもいいんじゃないかなって、メッシの復活だったりを見ていると……
[ 2017/09/06 04:45 ] [ 編集 ]
いや、クラブが広めたいこと以外も去年から明らかに漏れていたから やはり地元記者の取材力でしょう。 ボシュは試合中メガネ掛けていますが普段掛けていないのは何故でしょうか?
[ 2017/09/06 05:50 ] [ 編集 ]
カーボローディングはやりすぎると怪我しまくるから危惧してたけど結果怪我人増えて失敗だったなトゥヘルは
その前にメディカルの忠告無視しまくったのバラされてたけど、それだけでもクビで良かった
[ 2017/09/06 11:05 ] [ 編集 ]
禁止をしてもいいけど、それを永続的にやるとストレス溜まって集中力なくしますよね。
私も、お菓子とか脂っこいもの一切禁止とか、グルテンフリーも挑戦しましたけど、最初の1~2か月間くらいはできるんですよ。
でも、効果を体で体験できないと、ストレスで日常が楽しくなくなります。私は痩せなければとか、グルテン不耐症というわけでもないので、効果が判り辛く、今はやめてしまいました。 悪いと分かっていても食べたいのなら、それを許容するプランを入れる事が、長続きする秘訣だと個人的に思いました。
そもそも、ベジタリアンとかヴィーガンとかやっている人は、ヒステリックに守ろうとして、なんだか付き合い辛い性格の人がいます。 もし食事制限をトゥヘルがしていたとしたら、あのヒステリックな性格もそこからきてるのかなぁなんて思ってしまった。
一番厳格に禁止することが長続きしたのは、病気になった時ですかね。人間そのくらいにならないと積極的にできないと思います。
スポーツ選手ですから、それで気持ちよい練習や試合、パフォーマンスが出せなければ苦痛ですよね。食べ物のコントロールは本当に難しいものです。
個人的には、人種によっても異なると思いますから、徹底管理はせず個人管理に任せてもよいと思います。
一時期のロイスの痩せた体を見て、心配した時があります。 案の定ケガばかりしてました。
白人はやはり肉を食べてがっしりした最適な体重というのが必要で、健康的ですよね。
[ 2017/09/06 13:38 ] [ 編集 ]
トゥヘルのやり方は、とにかく選手たちにストレスがかかっていた、と言うのは分かった。
ある意味、良くポカールを獲れたものだと選手たちを称えたい。
[ 2017/09/06 17:44 ] [ 編集 ]
試合中にshinji〜〜‼︎って、ものすごい声と形相で怒鳴られていたのを思い出します。あの時からトゥヘルが試合中に画面に映ると目を背けていました。
画面越しなのにすごく気分が悪かったので、監督変わって変な緊張感なく観戦できて何よりです。
[ 2017/09/07 01:08 ] [ 編集 ]
食事は大事
ちょうどジェフの記事がでてたね。
[ 2017/09/09 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。