ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

デュッセルドルフ宇佐美!プレーするほどアウグスブルクにとってお金がかかる事が判明!《ドイツの反応》





アウグスブルガー・アルゲマイネ】


宇佐美!たくさんプレーするとアウグスブルクにとってお金がかかる!



entry_img_1824.jpg


アウグスブルクは宇佐美貴史をデュッセルドルフに貸し出し中だ。彼がそこでプレーすればするほど、アウグスブルクが受け取る金額は減るようだ。


ローン移籍金かそれとも実戦経験か?アウグスブルクは宇佐美貴史の移籍に際して、デュッセルドルフに対してはっきりとした答えを出している。

スポンサーリンク



この日本人のフォワードは、2部リーガでできるだけたくさんの実戦経験を積まなければならない。そのためなら、FCアウグスブルクはローン移籍金をもあきらめるつもりだ。


なぜなら、宇佐美がプレーすればするほど、数十万ユーロとみられているローン移籍でアウグスブルクが受け取る金額が減るからだ。この契約条項をディッセルドルフの会長ロベルト・シェーファーがライン新聞で認めた。“宇佐美が決められた試合数をこなせば、我々はアウグスブルクにローン移籍金を払わなくても良いのだ。”と彼の発言が引用されている。このような契約条項ローン移籍では頻繁にみられることだ。例えば、リヴァプールがオリジをヴォルフスブルクに貸した時も同じような条項がつけられている。

フォルトゥーナにとっては宇佐美は0ユーロのトップストライカーになる可能性がある。なぜなら、ビルトの情報によれば、宇佐美の給与60万ユーロは日本のスポンサーの東洋タイヤが受け持つからだ。


つまり両クラブにとって利益のある関係が築かれることになる。FCアウグスブルクの会長ロイターは、宇佐美を今後も成長させるつもりだ。“我々は彼のクオリティーを信じているし、デュッセルドルフで成長に必要なプレー時間を得ると信じている。”と数日前に述べている。



そして宇佐美はロイターの希望に答えるために、このステップが必要だ。最初の挑戦となった2011年から2013年まではバイエルンとホッフェンハイムで敗れている。そして2度目の挑戦となったアウグスブルクでは、まだ期待よりも大きく後れを取っている。

宇佐美は2016年にガンバ大阪から150万ユーロでアウグスブルクに移籍し、4年契約にサインしている。しかしこれまでブンデスリーガ11試合、437分に出場し、ノーゴールとなっている。








以上です。

少々ややこしい題名でしたが、宇佐美選手がプレーするほど、アウグスブルクの取り分が減るために、まあ金がかかる、というものでした。

アウグスブルクとしては、ローンでの移籍金を得るよりも、宇佐美選手にプレーしてもらいたいという事ですね。さらに給料もスポンサーが払うとのことなので、フォルトゥーナにとっては本当にただで補強した事になるかもしれません。

宇佐美選手にはこのチャンスを生かして、できるだけ多くの試合でプレーしてもらいたいですね。

[ 2017/09/06 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(9)
ここまでケツ持たれるくらいなんだから運動選手としての出力で示せ。
[ 2017/09/06 10:03 ] [ 編集 ]
他のサイトではローン料金は無しで、宇佐美の給料をデュセルドルフが払うと見ましたが、ローン料金も取るんですね…
[ 2017/09/06 12:38 ] [ 編集 ]
結局宇佐美に一番ふさわしい行き先ってどこだったんでしょうねえ。
[ 2017/09/06 17:06 ] [ 編集 ]
俺は昔っから宇佐美がトッププレイヤーになるとか全く信じていない
だから裏切ってみろ宇佐美
[ 2017/09/06 21:04 ] [ 編集 ]
バイエルンでもホッフェンハイムでも弾き出される度に「戦術理解が・・」とか言われ、今となっては会話スキルもあがったはず・・、彼の何が活躍を邪魔してるのか、もはや市井の我々には分かり申さぬの。
[ 2017/09/06 21:08 ] [ 編集 ]
スポンサーに給料肩代わりして貰って海外でプレーするって、それはもうプロというより留学なのでは…
[ 2017/09/07 04:12 ] [ 編集 ]
クラブで全然ダメなのにここまで期待してくれるフロントはなかなかおらんぞ
アウクスブルクのユース育ちでもないのに
宇佐美、頼むからアウクスブルクの期待に応えてくれよ
[ 2017/09/07 06:05 ] [ 編集 ]
フロントが期待してるというか何とか獲得失敗の責任回避ができないかなって感じだと思う
[ 2017/09/08 00:28 ] [ 編集 ]
ブンデスが合って無いのは前回でわかってたんだから違う国に行けば良かったのにね
2部は肉弾戦のクラブが多いから大丈夫か?
[ 2017/09/08 10:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。