ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

U・ベルリン内田!!すでにユニフォームは大人気!売上上昇中!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト

まだ公式戦に出場していないにもかかわらず

内田のユニフォーム大人気!



entry_img_1825.jpg



内田篤人は、ウニオン・ベルリンに移籍してからまだ2部リーガではプレーしていない。それでも彼はファンの間で大きなフィーバーを巻き起こしている。



なによりもソーシャルメディアにおける内田関係のクリック数の数が伸びているのだ。


スポンサーリンク



それだけではない。内田のユニフォームの売り上げも上々だ。背番号2のユニフォームは大人気ですでにチーム内では4番目の売り上げだ。


今のところ、ナンバー1はゼバスティアン・ポルタ―とその次にスティーブン・スクルジブスキー、そしてキャプテンのフェリックス・クロースが続いている。



内田にとって有利なのは:彼は特に日本で大人気な所だ。


日本ほど、この内田の移籍が大きく注目されたところはない。例えば、ソーシャルメディアの反応もその一つだ。


ウニオン・ベルリン“我々は日本でのツイッターの利用者が多いことに気が付きました。実際ここ数日間で数千のフォロワーが付きました。”


その数字は約5000という事だ。その大部分はアジアからとなっている。そこでの内田は、まだスポーツ面での活躍が報じられることはないが、日本のデイヴィット・ベッカムなみのスーパ―スターなのだ。




日本のファンは、内田が再び万全な状態になることを望んでいる。彼が2部リーガで最初にプレーすれば、このフィーバーはますます大きなものとなるだろう。





以上です。

内田選手はこれまでヘルタとのテストマッチとマトゥシュカの引退試合でプレーしているようですね。

早ければ次のリーガ戦でプレーする姿が見られるかもしれませんね。



[ 2017/09/06 17:00 ] 内田 | TB(-) | CM(11)
シャルケは内田の退団セレモニーを試合前に行ってくれるようです
すごいですね
[ 2017/09/06 17:11 ] [ 編集 ]
内田さんは確かに日本のベッカムですね。
シャルケのツイッターは、いい意味で毎回あざとく、ドルトムントももっと
あざとさを勉強するべきです。と、冗談はさておきファンがついてきてくれるのも
内田さんが頑張ってきたからでしょうね

ファンじゃありませんが、ノイアー、内田さんは誕生日同じなので親近感があり
怪我は酷使しすぎたのでは?協会はもっと柔軟に対応するべきだったのでは?
とかイライラしていたので選手として復帰してプレーできる状態に
戻れてとてもうれしいです。
[ 2017/09/06 18:50 ] [ 編集 ]
とにかく怪我無く活躍して欲しいですねぇ。
[ 2017/09/06 19:00 ] [ 編集 ]
サッカー選手はやはりエンターテイメントの担い手であり、週末まで頑張るためのエネルギーです。
ツイッターのフォロワー数はスタッツではありませんが、大切な数字です。内田選手は怪我前の水準に戻ってもらい、沢山の人を励ましてもらいたいものです。
[ 2017/09/06 19:31 ] [ 編集 ]
イケメンは得だよね~

[ 2017/09/06 20:22 ] [ 編集 ]
イケメンなのでとにかく若い女の子に人気って印象です。
[ 2017/09/06 22:54 ] [ 編集 ]
日本のサッカー史上では最高のイケメンだろうな
少なくとも、一定以上の実力も兼ね備えている人材の中では
[ 2017/09/07 00:23 ] [ 編集 ]
そりゃあクラブで試合に出れない、代表に選出されないって状況でも
オフシーズンにあれだけ日本のバラエティに呼ばれまくるくらいだし
最近はCMにも出てるよね

[ 2017/09/07 00:55 ] [ 編集 ]
内田はあの強豪鹿島で高卒なのに即スタメンっていう若い時のインパクトもあったしな
[ 2017/09/07 06:02 ] [ 編集 ]
メンタルがイケメンだから老若男女に好かれるんだと思う
早くプレイ出来るようになると良いですね。
[ 2017/09/07 08:02 ] [ 編集 ]
イケメンイケメンいうからスタメンまでイケメンに読めちゃったよ
[ 2017/09/09 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。