ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBシュメルツァー!復帰戦で負傷!6週間の離脱へ!バルトラも次戦は微妙!《ドイツの反応》



ビルト】



トッテナム戦を前に!

BVBキャプテンシュメルツァー、6週間の離脱!バルトラの出場も微妙!


entry_img_1831.jpg



ボルシア・ドルトムントのキャプテン、マルセル・シュメルツァーは、またしても6週間離脱する事になった。


この左サイドバックの選手は、クラブの発表によると、フライブルクのヨリチ・ラヴェトのひどいファールにより、右足首の靭帯の一部を損傷したようである。


スポンサーリンク



シュメルツァーはちょうど足首外側の靭帯損傷から復帰したばかりだった。


シュメルツァーは開始27分に中央ライン付近で、ラヴェトに攻撃された。その場で数分間に及んで手当を受けたが、苦しみを顔にうかべながら、直接病院へと運ばれた。レヴァトは最初はイエローカードを見ただけだったが、ビデオ審判の判断によりレッド・カードとなった。


entry_img_1829.jpg


さらにスペイン人のセンターバック、マーク・バルトラもフライブルクで内転筋に問題を抱えて途中交代となっている。彼のチャンピオンズリーグ・トッテナム戦での出場は微妙な所であるが、まだ欠場が決まったわけではない。








以上です。

6週間ですか・・・残念です。しかもあのような悪質なファールの結果ですからね。なんともやり場のない怒りがこみあげてきますね・・。とにかく怪我をしっかり治してくれる事を願っています。

しかしそんな状況でもチャンピオンズリーグは楽しみですね。今度は少しはメンバーを入れ替えて見てみたいですが、ボシュの采配がどうなるか要チェックですね。



[ 2017/09/11 06:40 ] シュメルツァー | TB(-) | CM(9)
普通に考えればシュメルツァーの代わりにザガドゥを出すんでしょうけど、ソクラティスもサイドバックができますし、個人的にスボティッチも見たいので
ソクラティス-スボティッチ-トプラク-ピシュチェクという並びも見てみたいな
これだととても堅守な並びに見えますね
けが人と連戦もありますしいつかこういう並びも見てみたいです
今季のドルトムントはサイドバックをあまり上げない戦術なので十分アリだと思いますね
まぁ実際はソクラティスがサイドバックをやることはほとんどないとは思いますし、ザガドゥを左SBに、CBはスボティッチかトプラクのどちらかとソクラティスが組む形になるのでしょう
[ 2017/09/11 10:26 ] [ 編集 ]
シュメ(´・ω・`)
[ 2017/09/11 10:41 ] [ 編集 ]
マルコもワザと踏まれて大けがを負わされ
長期離脱したことが何度もあったけど
こういう悪質なプレーで被害を受ける選手が気の毒だし
選手生命を絶たれるかもしれない大怪我になるかもしれない

悪質なファウルには怪我をさせた選手が完治するまで
同じ期間プレーできないようなルールを作ってほしい
[ 2017/09/11 12:08 ] [ 編集 ]
シュメの足、瞬間変な方向に曲がってましたものね。
今期も前期同様に怪我人が増えそうですね。以前の記事にドイツ人記者による夢・願望?(笑)の先発メンバーが載っていましたが、とてもとても無理。スペ体質のドルトムントは全員で回していくつもりじゃあなければシーズン乗り切れませんね。
過密日程と試合過多の上に、消耗を強いられる戦術だから大変です。シャヒンや持病持ちゲッツェが一年間怪我無しで乗り切れるとは、とても思えません。
調子の良い選手から使い、ヴァイグルや香川などの怪我明けの選手を軽めにかまして行くしか有りませんね。


[ 2017/09/11 14:18 ] [ 編集 ]
 
シュメルツァーがファールを受けて手を骨折しながらも固定して試合を戦い続けた試合を思い出しました。
ファール時の映像や大げさに痛がらない彼があれだけ痛がっていることから怪我の重さに心が痛みました。
一日も早い復帰を待っています。
[ 2017/09/11 19:35 ] [ 編集 ]
バルトラの離脱が何よりも痛すぎますね。
ソクラテスとトプラクじゃ、ビルドアップ出来ないですよ。
ゲレイロとヴァイグルの復帰が待ち遠しい…
[ 2017/09/12 00:50 ] [ 編集 ]
管理人さん詳細のアップありがとうございます。
離脱から復帰した試合の前半で負傷させられたシュメルツァーが気の毒で相手の荒いプレーに怒りが込み上げてきますね。
チームにとってもかなり痛手ですが、これからの過密日程をなんとか乗り切って欲しいです。
[ 2017/09/12 08:17 ] [ 編集 ]
ヴァイグルがU23の試合に45分間出ていたらしいので、いつスタメンで出すか、ですね。
シャヒンはパスは上手いんですが、やはりテンポが遅すぎます。
ヴァイグルのような素速いリズムを生み出せないので、早くも限界を感じましたね。
身のこなし、体の左右への方向転換を見ると一目瞭然ですが、ヴァイグルは動作がスムーズでしなやかで洗練されている。
シャヒンはぎこちなく固く遅いです。
ギュンドアンもこれが本当に素晴らしかったから、ガンガンパスを捌けて、剥がしていたんですよね。
香川も全盛期と比べてコレが落ちてしまったのが、ここ数年のプレーの固さやぎこちなさ、停滞の原因です。(シャヒンと似ています)
トゥヘル期のボランチでのヴァイグルとギュンドアンは、惚れ惚れするほど身のこなしが美しく、ゾクッとするくらい鋭く速いパスを展開しまくっていましたね。
[ 2017/09/12 09:09 ] [ 編集 ]
>ヴァイグル

個人的には彼を使ってもっと左右に散らすことを攻撃にクウェて欲しいのですが、ボシュのサッカーは今の所縦パスによる中央突破にこだわりすぎてる気もします。
そして彼の問題点は張り付きマークに弱く、縦パスが出せないことですね。現体制での1ボランチまたはアンカーに向かないかも。
[ 2017/09/12 16:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。