ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「我々は君を誇りに思う!」元シャルケ内田!ホームでお別れセレモニー!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞


我々シャルケは君をものすごく誇りに思うよ!

シャルケホーム戦での感動的な瞬間!


entry_img_1832.jpg


日曜の午後早くに内田篤人は2、部リーガのウニオン・ベルリンで、フォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦した。しかし、そこには少しばかり幸運(フォルトゥーン)がたりなかった。90分にウニオンは、2:3と試合をひっくり返されてしまったのだ。

スポンサーリンク




内田はその後チームメートとベルリンにもどらず、ノルトライン・ヴェストファーレンから元クラブであるシャルケまでやく60キロの道のりを経てやってきた。


内田のシャルケでの活躍がミニ・ビデオでスタジアムに流される。



ブンデスリーガのシャルケ対シュトゥットガルト戦の直前に、シャルケは7年間、ロイヤル・ブルーのユニフォームを着たこの日本人のお別れセレモニーを行った。


まず、内田のシャルケでのベストシーンを収めたビデオが放映され、その後、理事の一人であるクレメンス・テニースや会長のクリスティアン・ハイデル、アレクサンダー・ヨブスト、そしてペーター・ペータースらが、内田の写真からできた大きなコラージュを内田に手渡した。


テニースが、内田に対してコメントした場面がもっとも感動的な場面となった。“我々シャルケは君をとても誇りに思っているよ!”


さらに内田自身もファンに対して語り、その最後を“Glückauf(グリュックアウフ)“という言葉でしめた。







以上です。

Glückauf(グリュックアウフ)というのは、鉱山で働いていた人たちが使っていた挨拶の言葉です。もともとは“Ich wünsche Dir Glück, tu einen neuen Gang auf”という文章で、新しい道が切り開けるように幸運を祈っているよ!といった感じの意味です。もちろん新しい道というのは、鉱山の道ですね。

ゲルゼンキルヒェンは鉱山で働く人が沢山いた街なので、シャルケの旗をはじめ、このような鉱山の人たちの慣習が今でも多く残っているようですね。

今ではシャルケとエルツ地方のアウエというクラブがこの挨拶をホームの試合で使用しています。

さて、昨日ウニオン・デビュー戦でアシストを決め内田選手ですが、その試合後にシャルケでお別れセレモニーがあったようですね。多くの選手が一つのチームでプレーしていますが、このような扱いを受ける選手は決して多くはないですし、本当に素晴らしいですね。これからのベルリンでの活躍を祈っています!



[ 2017/09/11 18:00 ] 内田 | TB(-) | CM(5)
昨日の試合、トラップからのターンが香川ばりに美しくて唸りました。
技術と知性の詰まったアシストですね。
[ 2017/09/11 18:17 ] [ 編集 ]
7シーズンも在籍してたのか、、、。
[ 2017/09/11 18:35 ] [ 編集 ]
内田選手は、その経歴と容姿からスマートなエリートのイメージが強いけど、常に闘志を全面に出したプレイスタイルは本当にファイターといった印象があります。
ブラジルW杯の時にも、最後まで最善を尽くそうとしていた数少ない選手に見えました。
能力的にも、今の代表には必要な人なんじゃないかなって思います。
怪我の完治と新天地での活躍、代表への復帰を願ってます。
[ 2017/09/11 18:35 ] [ 編集 ]
シャルケは内田を大事にして日本代表の招集と戦ってくれてましたし、
twitterでのあざとさといいとてもいいクラブに所属できて本当によかったですね
[ 2017/09/11 19:58 ] [ 編集 ]
良いチームに恵まれたね。シャルケを去るのが寂しい。
ノイヤーとじゃれてた頃が懐かしいなぁ。
[ 2017/09/11 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。