ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川出番なし!ドルトムント5:0でケルンに勝利も、再試合の可能性?ケルンが抗議!《ドイツの反応》




ビルト

ドルトムント:ケルン 5:0

審判のミス!
ケルン、ビデオ判定に対して抗議!



entry_img_1844.jpg


この試合に対しては長い間議論される事となるだろう。

BVBは日曜夕方、ケルンを粉砕し、首位に躍り出た。しかしこの結果はまだ決まったわけではない。


スポンサーリンク





なぜなら最下位のケルンが抗議する予定だからだ!


FCケルンの会長、イェルク・シュマトケは怒り狂って、“我々は抗議するつもりだ。審判はボールがゴールラインを割る前に笛を吹いた。なのに彼はこの後でゴールを認めた。これは規則に違反している。だから明日これについて話し合いが行われれば再試合のチャンスがあると見ている。


シュマトケはハーフタイム中に怒り狂って“スカイ”の中継車のところにやってきた。“私は、そこでリプレイ映像を見たんだ。その状況は明らかだった。そしてドルトムントを相手に0:1と0:2で後半を迎えるとのでは大違いだ。私はビデオ判定に賛成しているが、規則は守らなければならないし、この状況ではビデオ審判が出てくる必要さえなかったと思っている。たいしてひどいミスではなかったからね。それに規則違反だ。”


BVBのSDミヒャエル・ツォルクは言い返す。“抗議したいならすればいい。だけど本当にやるんだとしたらグロテスクだし、もうお笑いもんだよ。”



FCケルンは怒っている!あのゴールは本当に認められてはいけないゴールだったのだ。ビデオ審判にもかかわらず。



▶45+1分:コーナーキックの後で、ゴール前のソクラティスとケルンのハインツがジャンプした。ゴールキーパーホルンは、ボールを取り損ねて、落とし、それをソクラティスが押し込んだのだ。当初審判のイットリヒは、ファールの笛を吹いたが、その後ビデオ審判のブリーヒの判断により、その笛を無効としたのだ。


審判パトリック・イットリッヒはその少し後で2:0となるゴールを認めた!



しかし:審判はすでにボールがゴールラインを割る前に笛を吹いてしまっていた。



ビルト日曜版審判キンヘーファー:“もし審判が、ボールがゴールラインを割る前に笛を吹いたのであれば、試合はその場で中断される。なのでこのゴールが認められてはならない。”この場合は、ゴールではなくその場から審判ボールで再開するのが正しかったようだ。



ケルンの監督シュテーガーとシュマトケは、この判定の後で審判の下に駆け寄り、イットリッヒと激しい議論を下。シュテーガー“抗議については話し合った。ビデオ審判と言えども規則は守らなければならないと思う。なので少なくとも議論はすべきだろうと思う。この判断は、間違っていたと思う。もちろん今日の結果の後で、こうなっていたら結果が変っていただろうとは言わないけれどね。僕はビデオ判定に賛成だけれど、この場では間違った解釈がされてしまった。だから将来に向けてきちんと説明がなされるべきだと思う。”


ビッテンコート:“こんな事は、ばかばかしい。審判が規則を知らないんだったら、我々が示さなければならないね。でも彼らには聞く気もないんだ。もちろんこれが認められなかったら、試合に戻って来ることができたかどうかは分からない。でもドルトムント相手に1点差か2点差で休憩に行くのでは大違いだ。”


認められたゴール:今日ホームでのデビューを飾ったヤルモレンコのクロスに対してフィリップが3メートル先からヘディングを決めた。そして後半はオバメヤンの2ゴールだ。まずはビデオ判定によるPKを沈め(59)、その数秒後にまたゴールを決めている。さらに70分にはフィリップがループを決めて5:0としている。



ケルンは、開幕4連敗と史上最悪のスタートを切った。それに対してドルトムントは1991年以来ホームではケルンに負けていない。


今日の試合結果は保留といったところだ。スポーツ裁判がどのような結果をだすか待たなければならない。BVBボスヴァツケ:“ケルンが抗議したいのであればすればよい。二つの(ビデオ)判定はどちらも正しいものだった。ホルンには誰も触らなかったし、この場合ボールがゴールラインの前だったかどうかを議論するなんて、馬鹿げているよ。彼らは本当に敗者としてのマナーがなっていないと言わざるを得ないね。0:5の後で口をすすいで、次はこれよりうまくやろうとしているんだからね。”



この抗議が認められることがあるだろうか?



ヴァツケ:“そうなったとしたらばかばかしいね。彼らは二つ目のビデオ判定でレッドカードをもらわなかった事を喜ぶべきだよ。ハンドで決定的なゴールを防いでいるんだから。”


シュマトケ:“我々が敗者としてマナーがなっていないからと言って、現実は変わらない。規則が守らなければならないという事が問題になっていの出会って、将来のためにもきちんと説明されなければならない。”



いずれにせよFCケルンには書類で抗議するための時間が2日ある。



ドルトムントとケルンはロンドンで共に3:1で敗れたが、ブンデスリーガでのこの二つのクラブの間には10ポイントの差と、17位の差がある。






以上です。

久しぶりの快勝に水を差すような結果となってしまいましたね・・・。再試合だけは勘弁してほしいところですが、もう少し待たなければならないようです。

しかし審判が笛を吹いたからと言って、すでに動いているボールが止められるわけではありませんし、あの状況では、誰もボールに触れるような状況でもなかったわけですから、これは難しいですね。

まあ規則に乗っ取るのであれば、ゴール数十センチ前から審判からのボールで再開するのが正しかったんでしょうが、なんかそれもばかばかしいですね。

個人的にはビデオ判定は今のところ非常に気に入っているのでぜひとも続けてほしいところです。今日のビデオ審判はブリーヒというブンデスリーガでもナンバー1の審判がやっていたようなので、結構力を入れてはいるようですね。

今日は途中から香川選手の出場にも期待したんですが、ヴァイグルの出場と、オバメヤンやシャヒンなど連続してプレーしている選手を下げることはある程度決まっていたような感じでしたね。

次は中二日ですから先発出場に期待したい所です。




[ 2017/09/18 06:42 ] 未分類 | TB(-) | CM(28)
ビデオ判定面白いですよね
ハンドの場面とか吹いてしまいました

フィリップがいい感じで上げて来たのでスタメン争いも面白くなってきました
[ 2017/09/18 06:49 ] [ 編集 ]
あのVARに不備はない。笛がなかったとしたらセーブできたとでも?
それ以前にあの出来だったら結局負けてましたよ。あの1点が無ければ勝ち点1でも得ることが出来たかもと思ってるんですか?またボロ負けしたいんですかね。
力の差は歴然でした。やるだけ無駄。恥。

最下位とトップの差ですから。ミッドウィークの試合に時間をかけた方が身のためです。
[ 2017/09/18 07:00 ] [ 編集 ]
この間のCLでこそビデオ判定が欲しかったですね。審判の判断が試合の流れを変えてしまう事はよくあるし難しい。再試合になるんでしょうか。

ところでポシュはローテの為の交代をあらかじめ決めてるのではないですか。コンディション調整にかなり気を使ってる感じですね。香川の出番がなかったのは残念ですが今無理する必要はないし出番は必ず来るのでそこで自分の持ち味を発揮して欲しいです。
[ 2017/09/18 07:03 ] [ 編集 ]
笛は関係なく爆勝ち。
ウイングの2人は最高だったな。やりたい放題だった。ヤルモレンコは分かっていても止められないという感じだったしフィリップは難易度高いゴールを二つ決めた。こりゃロイス帰ってきても居場所ないぞ。
ビデオ判定のとこのキモはザガドゥ。誰よりデカイあいつがニアでウロついたからキーパーのブラインドになってパパの前にこぼした。この時点で終わりだよ。
これでまだ4節しかやってないのに得失点差は10。未だ無失点。笑いが止まりまへんな。
[ 2017/09/18 07:15 ] [ 編集 ]
勝敗に判定が関係しないことも、笛が鳴らなくても止められなかったかも知れないこともケルン側は理解してるでしょ。その上で、笛が鳴ると特に守りの選手は一瞬動きを止めたり、遅くなったりするのは事実。将来のためにVAR運用の規則を明確にしておくことは重要だよ。
[ 2017/09/18 08:18 ] [ 編集 ]
再試合やったってイイけども(また見れるなら楽しいから(笑))それよりも<この間のCLでこそビデオ判定が欲しかったですね。> コレコレ。 コレが言いたかった。早く導入してほしい。
[ 2017/09/18 08:33 ] [ 編集 ]
前半は中盤まったくだめでしたね
前線の選手が頑張ってくれた印象です。
ヤルモレンコからのフィリップ良かったです。

後半は2点リードで始まったので中盤にも余裕ができて良くなりましたが前半は本当に眠くなるようなレベルでダフードカストロはぱっとせず非常に悪かったです。
点数が開いていない段階で良さを発揮できるようにしてもらいたいですね。

前線と守備陣は良かったです。
[ 2017/09/18 08:36 ] [ 編集 ]
あの場面は確かに違和感もった、インプレー中に笛吹いたらそこでプレイデッドだよね、
どっちか判断つかない場合はプレーを流して、あとから確認するのが正しい
NFLのチャレンジ制度でもこの辺のライン引きが焦点になることが多いけど、笛を吹いてしまったらそのプレーはチャレンジ対象外と明確に区別されてる。
この制度ができて間もないので審判がまだルールを呑み込めてないないんだと思う
[ 2017/09/18 08:57 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコはさすがにドルがずっと追っていた選手だけあっていきなりですが活躍してますね
ゲッツェの怪我の具合はどうなんでしょう
香川もCLでのダメージが抜けきってないと思うので今日の先発&交代はボシュの計算通りだったんでしょうね
トゥヘルと違って選手に色々どうなったらどうするかを話してるようですしチームがこのまま熟成されるのが楽しみです

一方ケルンはビデオがどうのこうのというレベルじゃない・・・
[ 2017/09/18 09:22 ] [ 編集 ]
抗議自体は必要かもしれませんね
リアルタイムでやってる選手からしたら審判の笛が絶対ですから
何かしらの取り決めがこの抗議から得られることを期待します

あの年になるまでキエフに止まり続けたことに一抹の不安を感じていましたが杞憂でしたね、ヤルモレンコ
ミスリンタートが目をつけただけはあります、これで右サイドは盤石だ
[ 2017/09/18 09:30 ] [ 編集 ]
笛がなかったとしたらセーブできたとか結局負けたとかそういうことじゃないと思う
問題はプレーが笛により中断したのにも関わらずゴールを認められたということ
ビデオ判定を導入した以上ここの規則をきっちりしないと導入国で後々また問題が起きる可能性があるから早急に解決するべきじゃないかな
[ 2017/09/18 10:53 ] [ 編集 ]
いまだEL含め公式勝ち点『0』の最下位のクラブにビデオ判定で抗議されてもね
まぁ再試合しても結果は分ってることなのに

[ 2017/09/18 11:20 ] [ 編集 ]
ヴァイグルの復帰、ヤルモレンコも期待感を抱かせるパフォーマンス、フィリップのドルトムント初ゴール、エース オバメヤンのドッペルパック…… 見ていて楽しい試合でしたが 後味の悪い試合になってしまいましたね。再試合にならないことを祈ります。
[ 2017/09/18 11:28 ] [ 編集 ]
不正と誤審と微妙な判定が浄化されていくような試合でしたね。
笛を吹かれてもプレーを暫くは続行するようにしないとならなくなるでしょうけど、正常なゲームへの道だと思いました。
リーガエスパニョーラでは柴崎のプレーをピケが手で止めたにもかかわらずPKにもなりませんでしたし、ピケのタックスが柴崎の負傷にも繋がりました。
どちらも懲罰ものなのに何事も無くピケはプレーし、最終的にバルセロナが勝つ事となってしまっています。
このような野蛮な不正を矯正してやるのも文明人の務めでしょう。
[ 2017/09/18 12:51 ] [ 編集 ]
ボスは誰を出すか、どの時間帯に入れるかを予め決めているように感じました。
今のところ割りと均等に使ってるし、ローテーションに関してはトゥヘルより支持される気がします。怪我人も少なくなるといいですね。
[ 2017/09/18 13:03 ] [ 編集 ]
フィリップとダフードが結果だして自信つけたようにみえたのが良かったです
あとヤルモレンコはいい補強だったと確信できましたね
勝ち点3以上の価値があった試合でした
[ 2017/09/18 13:38 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコはともかくフィリップがロイスの代わりになり得るというのはどうでしょ
自身のゴールを最重要視する人たちにとってはそういう評価になり得るのでしょうけどデンベレへのそれみたいに
[ 2017/09/18 13:45 ] [ 編集 ]
判定関係なく今のケルンじゃどう転んでも勝てんし
[ 2017/09/18 14:01 ] [ 編集 ]
ダフードも徐々にコンディション上げてきてチームに馴染んできたね。ポテンシャルは既にBMG時代にブンデスとCLで示しているし、間違いなくいい補強だった。 気ががりなのはトルヤンがベンチ入りしてなかったこと。怪我の情報が無いので分からないけどSBの枚数が少ない中で両方こなせるトルヤンをベンチに入れないのは不思議。
[ 2017/09/18 14:24 ] [ 編集 ]
VARにより誤審を防ぐことができると思ったら笛のタイミングが問題になるとは。
ゴールシーンで多用されるでしょうから今後も同じようなことが起こりそう。
試合は完勝でしたね。
敗戦したスパーズ戦だけは相手の完成度レベルが違うので単純比較はできませんが、ローテしてもある程度機能してるように思います。
この試合ベンチが1人空いてる状態でしたが、ボシュは選手のコンディション、特にケガについての扱いが慎重ですね。
週2で試合があるのでこれ以上の離脱は厳しいですからとてもいい判断だと思います。
香川はスパーズ戦が初スタメン試合でしたから負荷を考えればHSV戦での起用となるのかなと思います。
[ 2017/09/18 14:35 ] [ 編集 ]
13分エリア内でケルンの選手が倒されている。デフェンダーのチャージが肩なので正当だという判断だろうがボールの進行方向と全く違う方向にチャージしている。明らかな進路妨害でPKだと思わず叫んでしまったのだがビデオ判定員はドルに買収されているのかと思った。

ケルンはマイボールになっても前線でボールを保持できず前の3人の無能ぶりには呆れた。大迫がトップかサイドでボールを受けた方が良い。あれじゃ100回やっても勝てない。
[ 2017/09/18 16:20 ] [ 編集 ]
馬鹿馬鹿しいですね、笛でプレー止めていた選手も居ませんし。シュテーガー監督は契約を更新したばかりでの5連敗で、あちこちに責任問題が出そうな中の八つ当たりだとしか思えません。

それより、トルヤンの情報が有りますか?スタメン予想がまさかのベンチ外。ベンチもSBの控え居なくて6人だけ。まさか怪我?今SBは全滅で、ゲガしていない本職SBはピスチェクだけとか…怖すぎです。
[ 2017/09/18 16:34 ] [ 編集 ]
ケルンあの出来では再試合しても恥の上塗りなのでは・・・
過密日程のドルに一試合追加という嫌がらせにはなるけど
[ 2017/09/18 16:34 ] [ 編集 ]
止められたか否かとか、どうせ大勝だとか、再試合しても同じとかではなくて
ルール上ゴールに入る前に笛を吹いてしまったことを問題にしてるんだよな
この辺は今後もビデオ判定で問題になってくるだろうから早めに解決して欲しいところ
[ 2017/09/18 17:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントのHPでトルヤン(筋肉)と書いてるのは見ましたよー。
ボシュは香川、ゲッツェの起用にはかなり気を使っていますね。
[ 2017/09/18 17:37 ] [ 編集 ]
新制度導入時ってこういうゴタゴタをやりながら馴染んでいくって感じなんでしょうかね。とにかくフィリップに結果が出たしダフードもアシストついたしちょっと落ち着いてのっていけるといいですね。まぁケルンがあまりにも大変な事になっているので、とりあえず勝てて良かったくらいに思ってます。必ず選手も戦術も対策されますから。強いところと当たってみてナンボかなと。
[ 2017/09/18 17:46 ] [ 編集 ]
トルヤン情報ありがとうございました。やはりSBはピスチェクだけに…サガドゥがSB出来て良かったですね。使える18歳、しかもフリー(*^^*)

香川は元々ハンブルクにスタメンでしょう。ダフードもこのレベルならのびのび出来ましたし良かったですね。

ハンブルクでは香川ゲッツェの併用有りますかね?
[ 2017/09/18 22:27 ] [ 編集 ]
なるほど。でもこれはケルン側の主張は理にかなってると思う
仮に笛を吹かれても微妙な判定だと選手が判断したらプレー続行をする、というのがマリーシア的な技術として公に認められる事になってしまう
ケルンの負け犬の遠吠えだとして有耶無耶にせずに、きっちり整合性が取れるようなルール作りをしてほしいですな
[ 2017/09/19 18:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。