ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB対ハンブルガー!香川今シーズンリーガ初先発か?ドイツ紙先発予想!《ドイツの反応》




Wa.de】


中盤で選手交代か?ハンブルク戦の先発予想!




entry_img_1846.jpg


現在リーガ首位のドルトムントが、ハンブルガーを相手に名刺を渡す事になる。BVB監督ペーター・ボシュは、少なくとも中盤でいくつかの選択肢を持っている。我々が先発を予想する!



負傷者

シュメルツァー(足首)、ゲレイロ(くるぶし手術)、ドゥルム(腰手術)、ローデ(骨の疲労ストレス)、ロイス(膝十字靭帯)、はまだプレーできない。シュルレ(靭帯)、バルトラ(内転筋)はトレーニングに戻ってきたが、次の試合に出るには早すぎる。トルヤン(筋肉に問題)も同様だ。


スポンサーリンク




ゴール
ブンデスリーガでは、これまでの全試合をビュルキが0点に抑えている。ケルン戦でもクリュントナーと直接対決となる場面をしっかり守っていた。



守備

トルヤンが、次の試合も欠場するのでザガドゥが左サイドでプレーするだろう。中央は変化しない。トプラクとソクラティスが中央でコンビを組み、右はベテランのピスチェクがプレーする



中盤

守備に対して、いくつかの選択肢がある。少なくともマリオ・ゲッツェが戻って来るだろう。しかし、彼がスタメンでプレーする可能性は低いとみられている。ハンブルク戦では、ダフードに変わって香川真司が先発する可能性は高いだろう。この日本人はケルン戦では短い時間プレーするために来ただけだからだ。香川の隣はゴンザロ・カストロがプレーするだろう。ユリアン・ヴァイグルは長い負傷から戻ってきたばかりなので、まだ先発ではプレーしないと見られる。だからまたシャヒンが先発だ。



サイド
プリシチはケルン戦で休みをもらったので、またスタメン復帰するだろう。ヤルモレンコは良いプレーをしたが、2試合続けて先発しているので休みをもらうだろう。



フォワード

オバメヤンはこれまで4ゴールをあげ、得点王争いの2位に着けている。彼がスタートするのははっきりしている。ちなみに得点王争いの首位は、これまで5ゴールのレヴァンドフスキーだ。




予想先発

ビュルキ
ザガドゥ、トプラク、ソクラティス、ピスチェク
シャヒン
香川、カストロ
フィリップ、プリシチ
オバメヤン






以上です。

先発予想がありましたので紹介しました。

特に異論はありませんが、できればもう一度ヤルモレンコとフィリップが見てみたいですね。
ヤルモレンコは今のところ大当たりですね。体もはれますし、クロスもシュートも良いです。フィリップもこの調子で行けば、うまくチームと連携が出来そうですね。プリシチは相手が強くなると、クロスを相手の足に当てる回数が多くなってしまうので、途中からの方が活きるような気がします。



[ 2017/09/19 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)
管理人さんと同意見です。
フィリップとヤルモレンコをスタートで相手がバテたらプリシッチが良い。
香川にはスパーズ戦のようなトップ下での起用を期待してます!4231でいって欲しいです。
[ 2017/09/19 06:52 ] [ 編集 ]
ボシュはコンディション調整に注意を払う監督のようなのでこの予想通りになるような気がします
多彩な人材、過密日程を考えるとこれで良いと思いますね
[ 2017/09/19 08:42 ] [ 編集 ]
ソクラテス、ピシュチェクは出ずっぱりなのでどこかで休ませたいですね。ハンブルク戦でスボティッチの出番があるのではないかと思っています。
[ 2017/09/19 09:07 ] [ 編集 ]
現時点で今まで対戦したチームでHSVが一番順位が上ですね
それまでの対戦相手は全て順位が2桁
CLスパーズ戦が初の公式先発でいつの間に香川は強豪相手の先発になったのでしょうか。。

[ 2017/09/19 09:14 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコがドルトムントでプレーしてくれているのが、いまだに不思議というか、信じられない気持ちがあります。
やはり大物っぷりを放っているというか、オーラが凄いですし、完全にオバメヤンを食ってしまっていますよね。
[ 2017/09/19 09:15 ] [ 編集 ]
スパーズ戦が公式初先発で結果は残して評価もなかなかのものだったけど
まだ90分無理だったようで途中交代
もう90分戦えるのかな、無理なら香川との途中交代で誰が入るのでしょう?
[ 2017/09/19 09:18 ] [ 編集 ]
まさに 予想通りというメンバーですが、

>変わって香川真司が先発する可能性は高いだろう。この日本人はケルン戦では短い時間プレーするために来ただけだからだ。

あれでてましたっけ?

[ 2017/09/19 09:27 ] [ 編集 ]
香川はケルン戦でてないし、プリシッチはケルン戦にでてましたので
こういうの見るたびにドイツもいい加減な所あるよな、と思っちゃいますね

それよりピスチェクはお休みなしで大丈夫なんでしょうか
[ 2017/09/19 09:41 ] [ 編集 ]
管理人さんいつも楽しい記事ありがとうございます。
日本から管理人さんの記事を楽しみに待ってます。
ドルトムントには厳しい日程ですけど頑張って乗り切って欲しいですね。
監督には是非ゲッツェ、香川、シャヒンを同時に起用して貰いたいです。
香川とイメージを共有できる選手が少ないだけに
香川かゲッツェかという縛りはしないで起用していただきたいです!
[ 2017/09/19 09:47 ] [ 編集 ]
プリシッチはまだトップレベルではないと思うんですがねえ
無駄にボールを持ちたがるからオバメのスピードを生かせてないし、
ボール持ってもたついてる間に相手のDFが整っちゃう場面が多すぎる。
まあドリブルでチャレンジしてればバルサ行けるってデンベレが証明したから真似しちゃうのも分かるけどね。

対照的に周りを生かせるヤルモレンコは見てて面白いですね。
左ロイス、右ヤルモが完成系になりそうですね。
[ 2017/09/19 12:42 ] [ 編集 ]
対ハンブルガー戦ですか・・・
試合の結果は散々な事が多いですし、直前に爆発があって試合開始時間遅れたり、いやーな事が起きる事が多いですよね
もし香川使うならヴァイグルとダフードにヤルモレンコを使ったほうが良いような気がしますね
[ 2017/09/19 12:50 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコは人間的にも落ち着いた雰囲気だし、デンベレのかわりに移籍してきてくれて嬉しい。
[ 2017/09/19 12:53 ] [ 編集 ]
香川とゲッツェの同時起用はたぶんないですよ。
香川が万全な状態にならない限り。
カストロが重宝されているのは新加入ではないし怪我もしていない、怪我明けじゃないというのが大きいです。
しばらくはカストロ軸で考えてるんじゃないかなー。
[ 2017/09/19 16:48 ] [ 編集 ]
香川スタメンフル、シャヒン、カストロ先発で、途中交代でヴァイグル、ゲッツエがいいなぁ。早くSB戻ってきておくれ、これからのイングリッシュウイークで、ピスチェク過労死レベルだよ。
[ 2017/09/19 19:10 ] [ 編集 ]
プリは右サイドだといいプレイするんだけど左サイドだと何故か悪いときのデンベレ状態になるんだよね
もう少し周りを使うこと覚えないとモルやヤヌザイとおなじになってしまう危険性を最近感じます
去年はあれだけ良かったのになぁ
[ 2017/09/19 19:22 ] [ 編集 ]
まぁ予想が当たったのを見たことが無いので、このまんまじゃないでしょう・・と予想しておきましょう
[ 2017/09/19 20:05 ] [ 編集 ]
まぁ香川は先発ならば無理をして再発しないようにして欲しいです。でも数字は欲しいかな〜。
玄人好みの、縁の下の力持ち的な働きをしても「ゲッツェの代役としては不十分」とか「消えていた」とか書かれちゃいますからね。
[ 2017/09/19 20:56 ] [ 編集 ]
ここ数試合ですっかりヤルモレンコのファンになってしまいました
なにより風格があり、落ち着いた大人の風貌に優しい眼差し、今のところプレーも期待以上で今後が楽しみです
フィリップもオフザボールの動きが良く、結果も出したし更にフィットしたらロイスもうかうかしていられませんね(笑)
今季の補強は現時点では大当りかな
どの選手も香川との連携が楽しみです
[ 2017/09/19 22:16 ] [ 編集 ]
ドルトムント公式の予想では、日曜に続いてまた香川ゲッツェの8番共演予想ですね。そういう練習をしているのでしょうか。
ドルトムントとHSVの組み合わせは、ブンデス史上最も多くゴールが生まれるそうなので、今から楽しみです。

Borussia Dortmund: Bürki – Piszczek, Sokratis, Toprak, Zagadou – Castro – Götze, Kagawa – Yarmolenko, Aubameyang, Philipp
[ 2017/09/20 07:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。