ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ビデオ判定】ケルン!ビデオ判定の抗議とドルトムントとの再試合の要求取り下げ!《ドイツの反応》




Tオンライン】

議論はあったが、ケルン抗議を取り下げる。



entry_img_1848.jpg



ケルンは5:0で敗れたドルトムント戦の後で、2点目に対する審判の判定に異議を唱えていた。そして抗議の意思を表していた。しかしクラブの情報によると、抗議はしないことにしたようだ。

スポンサーリンク


“FCケルンはボルシア・ドルトムント戦での結果に対して抗議はしない。クラブはドイツサッカー協会に対して、審判が規則についてしっかり掘り下げることを要求する”とクラブは伝えている。


ケルンはビデオ判定によって2:0となったゴールがなくなったことを不利と感じているようだ。“ケルンの立場では、これはルールに反するものであり、これは規則と手続きにのっとった抗議を可能とするものだ。”


しかしクラブはボルシア・ドルトムントのパフォーマンスを下げるような事はしたくないようである。“それとは別にFCケルンは、ボルシア・ドルトムントが勝利に値した、という事に対しては決して疑いを持ってはいない。この点に関しては、今回の規則に反するゴールは無関係である。”






以上です。

続報があったので紹介しました。

ケルンは自ら声明文を発表しその中で、立場を主張するだけにとどめたようですね。ドイツサッカー協会に対する正式な抗議はこれでなくなりました。

あのゴールの争点となっていたのは、審判が笛を吹いた時点で、ボールがラインを割っていたと自分で認識していたかどうかだったようですが、審判はラインを割ってから笛を吹いたという認識だったようですね。

まあこれで勝ち点10が決まったので一安心です。



【おまけ今日のドイツ】

201709200619229e4.jpg


森をハイキングしていたら、キノコを見つけました。
[ 2017/09/20 06:11 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(2)
森(さん)をハイキックしていたらに見えた。疲れてるのかな。

それはそうと香川はあまり出れてないですが、数年ぶりに本当に強いドルトムントが見れそうな年になりそうで、
今から楽しみですわぁ。
[ 2017/09/20 09:24 ] [ 編集 ]
それがあるべき姿ですね。 悔しい思いをしたのでしょうけど、ドルトムントも先日のスパーズ戦、昨季のモナコ戦、バイエルンは昨季のレアル戦で、あきらかにおかしい判定でも後には引きずりませんでした。
審判の下した判断は尊重されるべきで、それを覆したらゲームがゲームでなくなってしまいますからね。
今後のVAR判定の向上という事で意見をいうにとどめることは良い事です。
[ 2017/09/20 13:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。