ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「中国行は本気じゃなかった!」BVBオバメヤン、夏の移籍話の裏側を明かす!《ドイツの反応》



ビルト】

“中国行きは本気じゃなかった”

オバ、真相を明かす!



entry_img_1853.jpg


スター・ストライカーが今、真相を明かす!

ドルトムントのピエール・エメリック・オバメヤンはネイマールと並んで、この夏の移籍市場において大きな話題となっていた。しかし最終的には、このガボン人はドルトムントに残ることになった。そしてどうしてそうなったのかを、これまでにないぐらい開けっ広げに語ったのだ。

スポンサーリンク



オバメヤンは、フランスのラジオ局“ラジオ・モンテカルロ”に対して、“ドルトムントからは移籍の許可はもらっていたよ。だけど何も起こらなかったんだ。これにはがっかりだね。”



興味深い事は:特に巨額のオファーがアジアから届いた事だ。しかし、彼はそれに興味をそそられることはなかったようだ。


オバメヤン:“中国行を本気で考えたことはないよ。彼らに、必要とされるプロフェッショナルさが欠けていたからね。”



また、現在ネイマールが所属するパリSGもオバメヤン獲得を望んでいた。そのオファーがあった時点ではネイマールやムバッペーはまだ獲得されていなかったのだ。


オバメヤン:“7月初めにパリの会長と会ったんだ。”しかし新しいスポーツ・ディレクターのアンテロ・エンリケがやって来てから、この話は亡くなったようだ。このポルトガル人と会長は、もはやオバメヤンを獲得する気が無くなっていたのだ。



しかしこれで終わりではなかった。


昨シーズン得点王に輝いた彼は、ACミランでプレーする事も十分に考えられたようだ。そして元クラブへの復帰は魅力的でもあったようである。


オバ:“彼らのプロジェクトクトがとても興味深かった。しかし実現しなかったのにはいくつかの理由があるんだ。”


オバは、こうした状況にフラストレーションを抱えているのだろうか?もしそうならば、パフォーマンスにも影響をあたえるだろう。彼は、ドルトムント公式戦8試合ですでに9ゴールを記録している。





以上です。

まあ、中国行を本気で考えなかったかどうか、その辺までは分かりませんが、移籍が決まらなくてがっかりしたのは本当かもしれませんね。

しかし、今シーズンも今のところ非常に好調ですから、残留してくれたのは嬉しい事です。数年前までは、ブンデスリーガで30ゴールをあげる選手はなかなかいませんでしたが、今ではレヴァンドフスキーと共にハイペースな争いを見せてくれていますね。

できれば今シーズン、新たなタイトルを獲得してもらいたいですね。



[ 2017/09/22 18:17 ] オバメヤン | TB(-) | CM(14)
ドルトムント以外でオバメヤンに合うクラブはどこかと言われば、やはりバイエルンかなと。
ドルトムントと同じように、ボールを集めてくれるクラブが良いと思います。
まあレアルマドリーがレヴァンドフスキを欲しがるかは年齢的に厳しいですが、レヴァが退団した場合、バイエルンがオファーしてくる可能性もあるかもしれないですね。
[ 2017/09/22 18:33 ] [ 編集 ]
30ゴールはいらない。20ゴールでいい。かわりにアシスト10はやって欲しい。そうなれば優勝の確率がかなり上がるだろうし本人の望み通りマドリー行きだと思う。
[ 2017/09/22 18:36 ] [ 編集 ]
このインタビューは語ってはいけないことを語っていると思います。
職場で「転職活動をして、スカウトも来たけど、結局縁がなかったから、今年もとりあえずここに残って頑張るわ」と正直に話すようなものです。
本人は得をしない、クラブも士気が下がる、断られた方も不快に思う。三方みんな損です。
[ 2017/09/22 19:21 ] [ 編集 ]
オバメヤンの良いところは移籍願望を常々口にしていても試合ではきっちりと仕事をするし、クラブやファンに対してもリスペクトを欠かさない事ですね。これぐらいオープンな方が逆にクラブ愛を口にしておきながらあっさりと手のひらを返して出て行く様な選手よりよっぽど好感が持てますし。
移籍した先でも素直に応援ができます。
[ 2017/09/22 20:11 ] [ 編集 ]
オバメヤンは本当にプロ。たまに簡単なシュートを外したりはするけど、いて欲しいところにいる能力は世界トップクラスだし欧州のトップクラスのストライカーなのは間違いない。そのパーソナリティの部分もチームに与える影響は大きいと思う。
[ 2017/09/22 21:36 ] [ 編集 ]
ミキタリアンも傷を残していきましたしねぇ・・こうやって今になって思い返すと、香川のユナイテッドへの移籍&復帰劇は、誰の胸にも惜別以外の傷を残さなかった相当上手くいった珍しい例なんだな・・と改めて思いますなぁ。  
[ 2017/09/22 22:58 ] [ 編集 ]
オバメヤンがRマドリードから誘われたなら快く送り出すけど、それ以外のチームならちょっとねって思います。
[ 2017/09/22 23:54 ] [ 編集 ]
職場で「転職活動をして、スカウトも来たけど、結局縁がなかったから、今年もとりあえずここに残って頑張るわ」が許されるのがサッカーですよ。
そもそも個人だけでなくクラブ間で合意が為されなければならない物である以上こんな事で士気なんか下がる訳がない
ましてオバは試合も練習もしっかりこなしていましたし
[ 2017/09/23 00:32 ] [ 編集 ]
普通の選手ならえーっと思われるインタビューですが、アーセナルの
サンチェスとかそういう選手もいる中で、オバメはピッチ場でそういう
振る舞いをしないのはプロだな、と思います
[ 2017/09/23 00:33 ] [ 編集 ]
オバメヤンは見ていて飽きませんよ、たとえダメダメの時でも。
前線で走り回りプレスもするし、囮になるのも厭わずパスも出す。良いアシストをくれた選手にはリスペクトを欠かさないから、皆から好かれてどんどんパスも集まりますしね。
なんか他のチームに行ったら、いいように使われて損しそうな気がしちゃいますw

全く関係ない話ですが、オバは髪の毛下ろすと調子が悪くなる説を私は最近本気で考えてます…(男は黙ってモヒカンだ!ってw)
[ 2017/09/23 06:37 ] [ 編集 ]
デンベレはどうかとおもったけどオバメはこれまでも自身の夢を語りながらもちゃんと契約は全うして結果出してるわけだから全然良い。 というか
よくあるタイプのインタビューのような…
[ 2017/09/23 09:06 ] [ 編集 ]
オバメヤンの中国本気じゃなかった発言は、ミランへの移籍選択した時点で、嘘だとわかっちゃうって。まぁ、冬にCF誰か獲得するのかな? それによって来季移籍できるかもね。レバンドフスキの動向が気になるなぁ。グリーズマンも。またCFの大移動で色々騒がしくなりそう。
[ 2017/09/23 09:38 ] [ 編集 ]
ポドルスキー選手も同じような形でしたね
オバメヤンの時とどう違うのか?
[ 2017/09/23 10:28 ] [ 編集 ]
クラブに愛を語っていて絶対に出て行かないと言って出て行ったゲッツェを見てるオーバメはどのような振る舞いが正しいのかよくわかっていますね。

香川やシャヒンのように出ていっても愛されている選手もいれば、フンメルスやゲッツェのように裏切りを受けたとファンに罵られる選手もいる。

愛されている選手に共通なのは嘘をつかず自分に正直な選手ですね。
口先だけの愛を語る選手は憎まれてしまっていますから。
[ 2017/09/23 17:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。