ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バルサ・デンベレーの契約内容がリーク!ボーナスの内容が明らかに!《ドイツの反応》




バルサ・デ【Ntv】

BVBは分割払いで受け取り!

フットボールリークス、デンベレーの契約を暴露!


entry_img_1854.jpg


105Mユーロ!FCバルセロナはウスマン・デンベレーの負傷の後でも、移籍金をBVBに送金しなければならない。


FCバルセロナがウスマン・デンベレーの移籍でBVBに支払う移籍金は、デンベレーの負傷に関わらず、下がることはない。BVBの会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはすでに噂を否定していたが、今度は“シュピーゲル”がその内容を裏付ける報道をしている。それによるとフットボール・リークスがシュピーゲルに対して移籍の内容を暴露したようだ。

スポンサーリンク


それによるとまずFCバルセロナは、デンベレーの移籍金105M(ミリオン)ユーロを全額振り込まなければならない。それは2回の分割払いとなっているようである。さらに最高40万ユーロのボーナスが加わることになる。出場数が25、50、75、100と達するごとに500万ユーロずつ加算されるようである。

さらにシュピーゲル紙は、フランス人の給与も暴いている。そして彼は非常に高額の給料を受けてるようだ。それによると、基本給1200万ユーロに加えて670万ユーロのスペシャルボーナスと、さらに署名によるボーナスが300万ユーロが加算されるようだ。トリプルを達成した時には、330万ユーロのボーナスが加算されるようだ。FCバルセロナは、契約内容に関しては何もコメントをしていない。

デンベレーはヘタフェ戦で太ももを負傷しており、クラブはヘルシンキで受けた手術後、デンベレーが車いすに座る姿をツイートしていた。



さらにビルトは、この負傷がこれまでの報道よりもさらにひどい物であったと報じている。それによると、左足の太ももの筋が断裂しただけでなく、大腿二頭筋も損傷しているようである。離脱は4か月とみらている。







以上です。先日デンベレーの負傷によってBVBのボーナスが減るのではないかという噂があり、それをヴァツケが否定していましたが、今度はフットボール・リークスがさらに細かい内容を暴露したようですね。それによると25試合ごとに500万ユーロのボーナスがつくとのことで、今後5年間で100試合プレーすればドルトムントは2000万ユーロがもらえることになりますね。

また105Mユーロが2回の分割払いだったという内容も新たな情報ですね。

このリーク情報がどのぐらい正確なのかはわかりませんが、これまでの経緯からすると結構本当のような感じもしますね。

それにしてもデンベレーの給料はバイエルンのトップスター選手以上になっていますね。スペインはあんなに経済が不安定なのに、サッカー選手の給料は高く、ちょっとバランスがめちゃくちゃですね。
ブンデスリーガももっと給料をあげるべき、という意見もみられますが、やっぱり健全経営路線をつらぬいてもらいたいと思います。

[ 2017/09/23 07:27 ] デンベレ | TB(-) | CM(7)
こんな給料を提示されると、あんな行動してしまうのも、19歳なら有るのかもしれませんね…
怪我は深刻そうで少し心配です。完全に元に戻る怪我なんでしょうか?
[ 2017/09/23 08:15 ] [ 編集 ]
バルサの中でも極一部が高いだけで、スペイン、ドイツ、イタリアは似たようなものですよ。
確かにデンベレは年齢や実績の割に破格ですね。
これはメッシやクリロナを除く、ワールドクラスの特別な選手が貰っている額ですから。
だだしプレミアリーグ(ここはズバ抜けてる)と比べると、モドリッチとか、みんな安いなあと感じますよ。
今季から香川が貰う額と、(プレミアを除く)レアルマドリードの超一流選手たちが貰っている額はそんな差を感じないですもん。
[ 2017/09/23 09:39 ] [ 編集 ]
スペインサッカーは負債がはんぱないと聞きました。自国の経済をも考えると相当ヤバいです。プレミアもなかなかすごいですけど、あれは回収できる口が大きいですからまだ大丈夫でしょう。その点ブンデスはセリエが没落した時、これまでの健全な経営方針によって4大リーグに上り詰めましたよね!このまま・・・・20年もしたらブンデスの覇権だと思っちゃいますw
[ 2017/09/23 15:34 ] [ 編集 ]
ドルトムントの大勝利ですね。

もちろんデンベレが怪我をしてしまったことではありません。
怪我自体は残念ですし早く良くなってもらいたい。

大勝利というのは16億円で購入した潜在能力はあるがまだ発展途上の選手をドルトムント側はすぐに売るかもう少し育ててから売るか、バルサ側はまだ育っていない潜在能力だけの選手を成長しないリスクあるまま約200億円で今すぐ購入するかドルトムントが完璧に育て上げたかどうかを見極めてから購入するか。

ドルトムントは育てる方を選べば約200億円よりももっと高く売れる可能性とその間のチーム力の向上を得られたかもしれませんが、そうならならず今すぐ売った方が絶対に良いと踏んで売却。
バルセロナはデンベレが怪我をしたり上手く成長しないリスクを踏まえて確実にワールドクラスといえるレベルになるまで待つこともできましたが、そんなリスクはたいしたことではないと踏んで購入

結果、購入早々に約半年の欠場と最悪の購入になってしまいました。
しかも、ファールで怪我をさせられた訳ではなく自分の運動能力に身体がついて行かないことでの怪我です。
これは今後も何度もあり得るでしょう。
潜在能力はあっても大成しない選手の初期のような暗雲が感じられますね。

まさにドルトムントは最高の売るべきタイミングで売り抜けたと言えるでしょう。
今月のフットボリスタでも特集されていますが、まさにプレーヤートレーディングとしてのクラブの巧みな手腕を見せつけられたなと。
ドルトムントというチームはサッカーだけでなくビジネスでもワールドクラスのプレイをしたのだと思います。
この素晴らしいチームに香川がいるのが日本人として誇らしいです。
[ 2017/09/23 18:20 ] [ 編集 ]
だからスペインは高額選手に脱税容疑吹っかけを連発してるわけですしね
[ 2017/09/23 18:32 ] [ 編集 ]
なんだか世界の経済情勢がダブって見えますよね。

ドイツブンデス = メルケルの健全緊縮財政でウハウハ!
スペインラリーガ = 人生、今が楽しきゃいいじゃん!借金も財産だ!
イギリスプレミア = EU?他の事など知った事か!俺は俺の道を行くぜ!
中国超級 = カネで技術を集めるアルヨ!とにかく買うアルヨ!

この体でいくと今後のアメリカメMLSも、「如何にもアメリカ!」ってリーグになりそうなw
[ 2017/09/23 18:45 ] [ 編集 ]
てかこの記事が本当ならドルトムントが発表したボーナス込みの移籍金である1億4700万ユーロを下回るから、正解であっても他にも何かボーナス項目はあるんだろうね。
[ 2017/09/23 19:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。