ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBバルトラ!「ボシュ監督のドルトムントサッカーはバルセロナのようだ!」《ドイツの反応》




【Sport1】

バルトラ:ボシュ監督のドルトムントサッカーはバルセロナのようだ!




entry_img_1858.jpg

BVBのディフェンダー、マーク・バルトラはペーター・ボシュ監督を絶賛している。彼は、このオランダ人のサッカー哲学をバルセロナと比べている。




スポンサーリンク




ボルシア・ドルトムントのディフェンダー、マーク・バルトラはペーター・ボシュ監督と彼のサッカー哲学を元クラブ、バルセロナと比較している。


“すごくいい感じだね。トレーニング内容も戦術のレベルも僕がいたバルセロナにすごく似ているんだ。”とバルトラは、チャンピオンズリーグ、レアル・マドリッド戦を前に、スペインのスポーツ新聞ASで語っている。


ボシュは、バルサのレジェンドであるヨハン・クライスのトータル・フットボールの信奉者であり、そのシステムはさらにスペイン代表にも似ているようだ。



“その事(スペイン代表と似ている事)が、ボュシュ監督の433でプレーするのをいくらか簡単にしてくれているね。これからもこの調子でいきたいよ。"とこの26歳は語った。


レアルとの対戦では、勝利以外は望んでいないようだ。“僕たちはマドリッドのポテンシャルを良く知っている。でも自分たちのポテンシャルも良く分かっているよ。僕たちは彼らに対して対等でありたいね。僕たちのポゼッションが大きければ、チャンスも多くなるだろう。”







以上です。

バルトラは2002年から2016年までバルセロナでプレーしましたが、トップチームに上がったのは2010年ですね。やはり彼が言っているバルセロナとはグアルディオラ時代でしょうか。

さてボシュはクライフをお手本としているとのことで、ここではトータル・フットボールが引用されていますが、彼がお手本としているのは、あくまで監督としてのクライフではないでしょうか。クライフ自身選手時代と監督時代とでは随分違っていると言われていますね。この辺は、いつかボシュ本人のインタビューでも聞いてみたいところです。

この前の試合ではトプラクも結構よいパスを見せていましたし、ソクラティスも一本素晴らしい縦パスを通していましたが、バルトラが帰って来るのはやはり心強いですね。

明日の試合楽しみです。




[ 2017/09/26 05:53 ] バルトラ | TB(-) | CM(8)
CBも競争があるのはいいことですよね
[ 2017/09/26 06:27 ] [ 編集 ]
ボールを収めるところを作れずに中盤を飛ばしてボールがポンポン飛び交う展開はあまり見たくないです
[ 2017/09/26 07:21 ] [ 編集 ]
去年より選手が自信持ってる感じがして見てて嬉しいですね。
ヴァツケとかにも優勝めざす強気な発言を期待してます。
[ 2017/09/26 08:43 ] [ 編集 ]
スボティッチの情報が知りたいんですが結局彼はどういう状況なのでしょうか
[ 2017/09/26 10:35 ] [ 編集 ]
バルサ型の是非は置いといて、433においてどういうフットボールをするかで攻守の要となる中盤3名の人選は全く変わってくるから、ボシュがどういうチーム作りをするかは香川にとっても非常に大きな問題でしょうね
[ 2017/09/26 13:08 ] [ 編集 ]
ゲレイロが戻ってくればザガドゥを本職のCBで起用できる目処も立つし、そうなるとCBはソクラテスは不動として残り1枠をトプラク、バルトラ、ザガドゥ、スボティッチで争う中々熾烈な競争になりますね。早くゲレイロ復帰して欲しいです。
[ 2017/09/26 14:21 ] [ 編集 ]
今季トテナム以外の強い相手とはまだ対戦してませんからね
ケルンやメングラに大勝しても
CLやマドリーとの対戦は別次元
ドルトムントはDFが穴だから
油断してると大敗する可能性もあると思う
[ 2017/09/26 16:43 ] [ 編集 ]
ドルトムント対ボルシア戦でのギンター、あまり良くないとを思っていたら、キッカーで6ついてました。
スボディッチはケルンでも正直良くは無かったし、病気して手術してからは、たぶんもうドルトムントのレベルには無いと思う。でも、素晴らしい性格と人柄からドルトムントは大切にしてるね。
ボシュの中では、パパとバルトラがファーストチョイスだろう。

[ 2017/09/26 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。