ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

デュッセルドルフ宇佐美!ドイツ紙「この調子を続ければドイツでの知名度も上がるだろう!」《ドイツの反応》




【エクスプレス】


宇佐美!まだまだできます!




entry_img_1862.jpg


“そうですね。僕が日本でとても有名なのは本当です。”と、フォルトゥーナの新加入の日本人は笑顔を浮かべて語る。

彼はすでにトレーニングのあとで、日本のテレビ局にチームを相手に長いインタビューに答えなければいけなかった。しかし、彼がこの調子を続ければドイツでの知名度は、これからもあがるだろう。

スポンサーリンク




彼はこれまで2度重要なゴールをあげ、決定力におけるクオリティーを示した。しかし彼はまだ、これには満足していないようだ。



“もっとできるという事は分かっています。昨シーズンはあまりプレーしていなかったので、今はフィジカルにもっと取り組まなければなりません。ここのすべてに慣れなければいけませんし、もっとプレーしたいですね。”



そしてこの日本人は、対戦相手にとって脅威となる発言をしている。“もっとたくさんゴールもしたいですし、アシストもしたいです。僕にはできると思います。”



フォルトゥーナでの彼は上手く行っている。デュッセルドルフに素早く溶け込んだからだ。“すでにここは居心地が良いですよ。”


月曜の試合でもそれを見せてもらいたい所だ・・。







以上です。

宇佐美選手、2ゴールで出だしのアピールに成功しましたね。継続して使ってもらう事が出来ればきちんと結果を残してくれると思いますので、まずはできるだけ多くの試合にでてプレーしてもらいたいですね。

ところでデュッセルドルフには買い取りオプションはあるのでしょうか?現在首位ですし、ブンデスリーガに戻ってきたら、アウグスブルクに戻るよりも面白いかもしれません。




[ 2017/09/28 06:07 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(5)
アウブスブルク今5位ですよ。先日浅野出場を願って対シュツットガルト戦観ましたが、アウブスブルクが宇佐美が居たころとは全く別のチームになっていてびっくりしました。監督が代わると、ここまでチームも変わるのですね。私は宇佐美がアウブスブルクに戻れるなら、戻った方が良いと思います。
[ 2017/09/28 07:16 ] [ 編集 ]
宇佐美はどうして海外移籍したんでしょう。
居心地がよく自分を理解し認めてくれる人たちがいて自分のやりやすいプレーができる環境を求めるならガンバにいればよかったのに。
でもそういうクラブが海外で見つかったのならそれでいいのかもしれませんが。
シーズン通しての活躍を期待したいですね。
[ 2017/09/28 07:56 ] [ 編集 ]
どこでも暮らしていけるタフな方もいますが、デュッセルドルフは
日本人が多い街だからか、住みやすいのも影響している
のでしょうかねえ

所でコメント欄からお願いするのは申し訳なのですが、バイエルンって
今はドイツでどんな報道がされているのでしょうか?
最近バイエルンの内部で何が起こっているのかよくわからない、
と思ってたらCLのスタメンが?で益々謎が深まってきました
[ 2017/09/28 09:43 ] [ 編集 ]
デュッセルドルフの2部優勝と1部昇格に貢献できたのなら、そのままデュッセルドルフにいる方がいいと思う。アウクスブルクのサッカーには宇佐美を必要としていない、というか宇佐美のようなタイプを使い切れないクラブだからね。むしろもっと上のクラブからのオファーが来るくらいに活躍して、アウクスブルクを見返してやればいい!
[ 2017/09/28 12:28 ] [ 編集 ]
選手というのは余程のスーパースターでない限り監督、戦術、チームメイト、リーグ内での力関係等々、外的要因に左右されますからね。チーム選びというのは本当に難しいと思います。宇佐美についてはJリーグの頃(初ドイツ前含め)から自らの欠点についての認識が薄くて、移籍先に「ハマる」範囲が狭いタイプの選手だったので尚更難しかったでしょう(代理人の能力もあるでしょうけどね)。 ただ、移籍や監督交代等何かのきっかけで浮上する選手も珍しくはないので、海外で頑張る日本人選手は応援し続けたいですね
[ 2017/09/28 15:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。