ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!すでにミュンヘン入り!バイエルンと交渉中!監督最有力か?《ドイツの反応》





【ビルト】

entry_imh_1767.jpg

バイエルンと交渉中

トゥヘル、ミュンヘン行の飛行機へ!




現時点で一つだけ確定していることがある。明日の対ヘルタ戦ではウィリー・サニョルが監督としてベンチに座るのだ。これが最初で最後になるだろうか?



なぜなら、現時点ではトーマス・トゥヘルがカルロ・アンチェロッティの後継として最有力だからだ。

スポンサーリンク


スポーツ・ビルトの情報によると、バイエルンはトゥヘルと交渉中という事だ。トゥヘルはすでにミュンヘンに到着している。


午後14時28分。デュッセルドルフ空港。トゥヘルはリムジンサービスでゲートA25に向かった。ルフトハンザ機が一時間半遅れていたのだが、トゥヘルはちょうどその飛行機に乗ったようだ。出発したのは14時56分の事だった。



元ドルトムント監督のトーマス・トゥヘルはバイエルン監督の最有力候補だ。特にカール・ハインツ・ルンメニゲが評価しているようである。


ルンメニゲはすでにアンチェロッティの前任者であるグアルディオラに電話をして情報を集めたようである。グアルディオラもトゥヘルと戦術面で似ているとされている。またそれと同時にトゥヘルとあまり親しくないとされている元ドルトムントキャプテンのフンメルスや会長ヴァツケからも情報を集めるようである。



ルンメニゲは、頑固者で知られるトゥヘルも世界のトップクラブであるバイエルンの監督になるチャンスとあらば、協力的になるのではないかと見ている。ヴァツケもトゥヘルがドルトムントに来たときには似たような希望を持っていたのだが・・・。


バイエルンのSDサィハミジッチは昨日監督探しについて、“まずはあらゆる情報を収集するつもりだ。そこでウリ・ヘーネス、ルンメニゲ、そして私で、3人の意見が一致するまで話し合う予定だ。まずはウィリー・サニョルが監督代行となる。”


さらにヘーネスの後押しがあるサニョルも、公平なチャンスをもらえる事を願っている。このフランス人は、今週中にも自分の計画をプレゼンテーションする事が許されているようだ。



しかしプランAは明らかにトゥヘルだ!




以上です。

昨日の時点ではまだ噂のようなものでしたが、実際にトゥヘルがミュンヘンに行く姿が目撃されていますので、交渉中なのは間違いなさそうですね。

バイエルン相手であれば、トゥヘルも協力的になるだろう、という見方は危険な気もしますが、そうした姿勢がバイエルンというクラブの強さでもありますね。

バイエルンにはトゥヘルに合わない選手も多そうですが、その反面あまりこれまで優遇されてなかった選手を起用して、勝ってしまうというストーリーもあるかもしれませんね。


[ 2017/09/30 06:05 ] トゥヘル | TB(-) | CM(27)
バイエルンが沈むんですか そうですか
[ 2017/09/30 06:34 ] [ 編集 ]
フルメンス「・・・・・・・・・・・・・・・。」
[ 2017/09/30 06:45 ] [ 編集 ]
順位が二桁のチーム向けの監督だと思うんだけどな
常勝軍団の戦い方解っているんだろうか
もって1シーズンじゃないかな
[ 2017/09/30 07:19 ] [ 編集 ]
トゥヘルがバイエルンの監督になれば、久々に他のチームが優勝できるかもね。
[ 2017/09/30 07:46 ] [ 編集 ]
トゥヘルがバイエルンに行きたがっていた話は
以前から度々出ていましたよね?
彼ならきっと上手く長いものに巻かれると思います。
エゴが強くて頭が普通の人ならば往々にしてあることですからね。
[ 2017/09/30 07:48 ] [ 編集 ]
フンメルスもアンチェ追い出したら鬼が現れるとまでは思わなかったろうな
ある意味自業自得だけどドルに戻るとも思えないし、プレミア行くのかね
[ 2017/09/30 08:24 ] [ 編集 ]
前のスレッドでトゥヘルを過大評価してる意見があったけど、よく分からないですね。そりゃ噂では色んなビッグクラブから声がかかってる事になってるけど、まだ彼の実績はドルトムントがもっとも大きなクラブだと思うんです。

でもバイエルンは欧州中のビッグクラブに並ぶくらい選手層が厚く、過去の監督もビッグクラブでの指揮を経験してる人が続いていたのだから、急にトゥヘルと言われても不思議に思ってもおかしくないと思うんですよね。

でも噂が本当ならば、次の大物監督への繋ぎでもいいからとトゥヘルが熱望、了解したと思うのが自然な気がします。
[ 2017/09/30 09:16 ] [ 編集 ]
トゥヘルがベテランを切ってその後をナーゲルスマンが引き継ぐというのは長期的に見ればバイエルンにとって正解かもしれませんね
しかしライバルチームのヴァッケにも聞くんだルンメニゲ、敵に塩を送れというのか…
[ 2017/09/30 09:24 ] [ 編集 ]
ドルトムントに就任した直後はトゥヘルはおとなしかったので、やれるでしょうね
バイエルンの監督となると、最初から名誉も金も入るのでチームの選手を外して
自分の方を大きく見せるマウンティングみたいな立ち居振る舞いは必要ない

長期はやばいですが、短期だと割り切ってしまえばいいんじゃないでしょうか
その間に長期の監督探せる訳ですし
まあ、自分のひいきのチームじゃないし、ドイツのヨーロッパでの威厳を保つため
にはバイエルンが勝ち続けるしかないのでしかたないでしょうとか適当に言えるのですが、
フンメルスは、頑張れ
[ 2017/09/30 10:56 ] [ 編集 ]
トゥヘルは頭が良いからメディアや選手への対応はドルトムントでの失敗を踏まえて、有能な側近を雇って上手くやりそうだね。実際爆破事件後、一時的に私たちはトゥヘルの言動に感動して見直していた。実はこの直前に有能な側近を雇って、コメントのシナリオ作らせていた事が判明、フロントを悪者にしたことで解任されてしまったけど、もっと始めからこの側近に全てのシナリオ書かせていたら、フロントや選手ともうまくやれたかもしれない。

トゥヘルはたぶんこういう事がわからない人なんだと思うよ。悪気では無くて、軽い障害かもしれない。天才は紙一重っていうから…でも、サッカーの手腕は素晴らしい実績が有るし、そもそも完璧な人間は居ないよ。苦手は人にお任せして戦術等でバイエルンを復活、敷いてはブンデスリーグの復活に貢献して欲しいですね。
[ 2017/09/30 11:35 ] [ 編集 ]
ドルトムントとバイエルンは、二強だとかライバルだとか表では言われていますが、主力の譲渡やゲッツェのリハビリ、トゥヘルやクロップなどの元ドル監督への興味など、裏では(ドルの経営難を助ける等含め)ガッチリ相互協力体制が整っていると思います。
間違い無くドイツ人ヴァイグルやプリにも目を付けていると思いますし、相手がバイエルンならば契約期間関係無く、ドルの首脳陣も譲歩する予感がします。
バイエルンの弱体はドイツサッカーの弱体化に繋がるという意思を感じます。

トゥヘルのバイエルン就任はベテランが揃うだけに、危険な賭けですね。
[ 2017/09/30 12:30 ] [ 編集 ]
トゥヘルでは今のバイヤンをまとめられないだろう!って声が多いですが
アンチェロッティですら上手くいかなかったのですから、その方向で他に誰がいるって話です
クロップ、モウリーニョ、ジダン、シメオネ?呼べませんね
なのでカリスマやモチベーターとして優秀な人材は鼻から諦めた方がいい
つまり、消去法でトゥヘルがいいと思います。性格に難あり、モチベーターとしても落第ですが、戦術家タイプで勝たせれば求心力が得られるでしょうし。もちろん負けが重なれば脆いでしょうが
なんにしても有力選手のプライドをカリスマでコントロールするのは諦めて、戦術論で論破する方が現実的です
就任するとしてすぐに結果が出るか出ないかが潮目ですね
[ 2017/09/30 12:40 ] [ 編集 ]
STAR WARSに例えて申し訳ないのですが
香川を中心にドルトムントを応援している側からすれば、バイエルンはまさにシスの暗黒郷。
また、昨季ジェダイ(ドルの監督)の称号をはく奪されたトゥヘルの思惑は「憎きドルトムントを倒す」というものに違いありません。
奇しくも、共通の敵を持った者同士・バイエルンとトゥヘルは、目的やモチベーションの点で一致しているのではないかと思います。
果たしてトゥヘルはブンデスリーガのダース・ベイダーとなるのか。彼の動向に目が離せません。
[ 2017/09/30 13:17 ] [ 編集 ]
面白そう。ではありますが…
フンメルスさん、帰って来てください。
[ 2017/09/30 15:37 ] [ 編集 ]
トゥヘルには荷が重すぎる
[ 2017/09/30 15:50 ] [ 編集 ]
マッツを嫌ってるBVBファンも多いですが
個人的には大ファンなので戻って来て欲しいです。
[ 2017/09/30 16:57 ] [ 編集 ]
個人的にはバイエルンなんかに行っちゃうとトゥヘルの事がもう大嫌いになってしまいます。
今でも好きではないけどドルトムントと喧嘩別れの後に行くなんてクレイジーでしょうよ。
性格云々の議論が以前よくあった時は分かりもしない事を何で決めつけて語ってるんだろうと思ってましたが、バイエルンに行ったらもう人間としてアウトだと思っちゃいます個人的に。
[ 2017/09/30 19:21 ] [ 編集 ]
バルセロナの監督はそんなにも実績ある人が就任しているか?
してないですよね。
[ 2017/09/30 20:20 ] [ 編集 ]
トゥヘルのサッカー大好きなので本当楽しみ
個人的にボシュのサッカーがあまり好きではないので、ドルトムント並みにバイエルンの試合を見ることが多くなるかもなあ。
[ 2017/09/30 21:19 ] [ 編集 ]
人間関係でアンチェロッティ解任して、人間関係でドルクビになったトゥヘル招集とか正気なのか?
トゥヘルになったらフンメルスとかミュラーとか失って代わりにシュールレくるぞ?
[ 2017/09/30 22:13 ] [ 編集 ]
失敗する事もあれば上手く行かない時もあるだろけど、トゥヘルの監督能力はかなり高い方だろ。
トゥヘルは選手能力の高いチームの方が力を出せると思うけどねー。
[ 2017/09/30 22:38 ] [ 編集 ]
トゥヘルを過大評価とか言ってる人が居るがむしろここのスレの多くが過小評価してるだけでしょう。現にドイツでは評価している人の方が遥かに多いですし、メディア評価も高い。プロのスカウトからも評価されており、性格に難ありと分かって居ながら実際にバイエルンの第一候補です。もちろん、サッカー観により好き嫌いはあるでしょうが、過大評価と言うのは客観的論理的な思考だとは思えませんね。加えて、全くトゥヘルを認めないというような偏った考え方は納得できません。この点は認めるが、この点は認められない、というような意見をすべきです。戦術観に劣る素人が客観的視点まで失えばそれはただの戯言ですよ。
[ 2017/09/30 23:23 ] [ 編集 ]
実力は評価してもファンファールとタイプが同じだからね
前目のベテラン選手を移籍させて血の入れ替えには最適かもしれない
[ 2017/10/01 10:48 ] [ 編集 ]
[ 2017/09/30 23:23 ]
すでに二つのクラブで人間関係が原因でクビになってるのですから、過大評価というひとがいても不思議ではありませんね。人間性は隠そうとしても無理ですから。それから大きなクラブになるにつれて高額な移籍金がついた選手がおおくなりますが、そういった選手は自分に自信をもち、自分の利点もわかっていますから、無理なことを要求して、うまくできなかった時に人前で叱責されるとプライドを傷つけられるばかりか、自分のイメージを悪くさせる人物に対して反発しますよ。そうするとその監督には従わなくなりますし、移籍してしまうでしょう。トゥヘルは大したキャリアをもってはいないので、衝突したときの崩壊はもうモウリーニョ以上に悲惨なクラブ歴史を作ることになると思いますね。
[ 2017/10/01 15:53 ] [ 編集 ]
>すでに二つのクラブで人間関係が原因でクビになってるのですから

いや、それはドルトムントだけですよ。マインツの時は、トゥヘルの方が突然辞任してしまったのです。
たぶん、クロップにユナイッテドからオファーが来て、クロップがドルトムントを辞めたいと内々に言っていたらしい時期と合致するので、ドルトムントのフロントがトゥヘルに声をかける→トゥヘル、嬉しくてマインツを突然辞任→クロップ強く慰留され、ドルトムントに残る事に→トゥヘル失業。でしょう。

トゥヘルに実績が無い、大したキャリアも無いとか、本気で言っているのでしょうか?まだ44歳。この年齢でこれだけのキャリアを築いた監督が世界に何人いるのでしょうか?そんなに大勢いるとは思えませんが…もう少しリスペクトが有ってしかるべきです。
[ 2017/10/01 18:10 ] [ 編集 ]
マインツから、トゥヘルの性格についてドルトムントは警告を受けていた、といくつかの解任時の記事に書かれていましたので、マインツを辞めたのが自主的にトゥヘル側からだったとしても、クラブ側からの人間性の評価は、ドルトムントと同じく駄目だったと言うことでしょうね。

トゥヘルの人間性以外での成績のみの評価については、ドルトムントのように過去の遺産である程度やれるチームであれば、大したことない成績と言うのが、普通の見方かもしれませんね。
[ 2017/10/02 02:35 ] [ 編集 ]
ドルが遺産あったとか大間違いだと思いますよ。クロップの最期のシーズンは7位がやっとで、別に遺産はなかったですし。
結局のところ重要なのは実績であるというのは現地でのトゥヘルの評価でわかります。
[ 2017/10/02 20:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。