ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!アンチェロッティに反対した5人の選手とは?《ドイツの反応》




ビルト

5人の選手がアンチェロッティに反対

バイエルンの選手にはこれだけ権力がある!



entry_img_1868.jpg


バイエルンが揺れる!

バイエルンは、木曜日にアンチェロッティ監督を解雇した。ブンデスリーガたった6試合、CL2試合での解雇だ。こんなに早く解雇された人はまだ誰もいない。その大きな理由は、選手からの支えを失ってしまったからだという。

スポンサーリンク




0:3でパリに敗れた後でアリエン・ロッベンは、「みんな監督を支えているか?」という質問を受けた。それに対して彼は、“その質問には答えないよ。”と語っている。



警報!そして一つの疑問が頭をよぎる。いったいFCバイエルンの選手は、どれだけ権力があるのだろうか?


非常に奇妙なことに:ほぼすべてのトップスター達がこのイタリア人監督のスタイルを称えているのである。何よりも控えの選手との接し方に対して。しかしどういうわけか、バイエルンではまったく違った事になってしまったようだ。



▶トーマス・ミュラーは、ブレーメン戦で73分にわたってベンチに座ることになった。そして自分の役割についてこう語っている。“監督がいったいどういうクオリティーを欲しているのか分からないよ。でも僕のクオリティーは100%必要とはされていないようだね。”


▶フランク・リベリーとアリエン・ロッベンの二人は、パリではスタメンに入らず、フラストレーションを抱えていることは明らかだった。他のチームメートがウォーミングアップしている間、彼ら二人はまだ控室におり、その後はチームとは別に個別でウォーミングアップしていた。


▶そしてウリ・ヘーネス会長もアンチェロッティに文句を言うリベリーについて発言している。“リベリーは70分で交代させられるたびに電話してくるんだよ。そして‘もうたくさんだ。出ていく’って言うんだ。”


チームの雰囲気はもう疑いようもなく悪い様だ。そしてヘーネスは、その責任はアンチェロッティにあるようだとしている。“監督は実際ここ最近、5人の重要な選手とコマンに意を唱えられたようだが、そうだとしたら耐えられるものではないだろう。監督が有名選手を敵にまわしてしまったらだめだよ。”



5人の選手とはリベリー、ロッベン、フンメルス、ボアテン、そしてミュラーのことだ。



内部で現れている非難:このイタリア人は選手と話をすることがあまりできず、選手たちは追い出されているように感じている。それが表れている。


元バイエルンのエッフェンベルクはこれには賛成できないようだ。彼はTオンラインにおいて、“ヘーネスが、5人の選手がアンチェロッティに反対してと言っているが、僕に言わせてもらえれば、これはあってはならない事だ。選手がこんなに権力を持つようになって本当に悲しいよ。”


エッフェンベルクの意見ではこうだ。選手は一緒になって戦わなければならなかった。そしてアンチェロッティに反対するチームを作ってはならなかった。“現在の状況では、選手が責任を引き受けたほうが良かっただろうね。自分達で控室で解決できればね。そして自分たちでモチベーションを高めることができていれば・・。ベンチの選手の嘆きなんて本当にどうでも良い事だよ。文句言っていないで、泥臭く働けばよいんだ。”


明らかになっていることは:なによりもバイエルンのチームをけん引してきた選手たちは、自分達の力を良く分かっているようだ。トーマス・ミュラーは、代表でもレギュラーでバイエルンを象徴する選手だ。リベリーとロッベンはファンの大のお気に入りだ。そしてレヴァンドフスキーは、代えの効かないストライカーだ。



それに加えてヘーネスと選手の距離は非常に近く、良くチームの話も聞いている。何かあればすぐにボスの所に話がいくようだ。



アンチェロッティにとっては、要求が大きすぎたようだ。これによって彼は敗れることになってしまった。








以上です。

シュヴァインシュタイガーやラームが去ってチームをまとめる選手がいなくなったという事は大いにありそうですね。

しかしどうしてアンチェロッティは、バイエルンではうまく行かなかったのでしょうか。一つはドイツとイタリアやスペインといった国では、コミュニケーションに大きな違いがある事でしょうか。ドイツ人はどちらかと言えば理屈で説明されることを望んでいますからね。

あとは言葉の問題でしょうかね・・。ドイツ人選手たちがドイツ語でのコミュニケーションを望んでいたとか、アンチェロッティはスペイン語ばかり使っていたとか‥?

まあ実際のところは分かりませんが・・。






[ 2017/09/30 19:05 ] バイエルン | TB(-) | CM(24)
トゥヘルさんがやっていけるとは到底思えません。(笑)
[ 2017/09/30 19:33 ] [ 編集 ]
理屈で説明される事を望む...ラテン系の人達には理解し難い事なんでしょうか。
男と女の違いでもよく取り上げられる議題ですけど答えはいつも理屈派が折れるしか無いってなりますよね。
日本人選手がドイツに行く理由が分かるってもんですな。あとドイツ代表が安定して強い理由も。
[ 2017/09/30 19:38 ] [ 編集 ]
選手>監督という構図になるのは良くないと思いますがこの面子から批判されていたのでは仕方がない様な気もします…。
主力中の主力達ですし。
アンチェロッティは選手の統率に長けてると思ってましたがこういうことになるとは。
[ 2017/09/30 19:38 ] [ 編集 ]
フンメルスもですか。これでトゥヘルきたら…
[ 2017/09/30 20:18 ] [ 編集 ]
チーム内で不和だから勝てないんじゃなくて、勝てないから不和ってことだと思うんです。引き金になったPSG戦は単純に選手の質で負けてたからですよね。今のバイエルンの問題は監督じゃなくてロベリー全盛期時代ほど選手の質が高くないってことだと思うんです。
[ 2017/09/30 20:20 ] [ 編集 ]
ペップの頃と比べて戦術が無いし、あまりにユルすぎますよね。
今のバイエルンは選手たちが個でやってるだけです。
巨匠なので中々、解任できなかったんでしょうが本来なら一年ですぐ切るべきでした。
今シーズンも監督を続けることを知り、これはヤバイと思っていましたよ。

アンチェロッティはまず就任前からブンデスリーガをかなり馬鹿にしていましたよね。
誰が監督でもブンデスならバイエルンは優勝できると。
それを聞いてから、ハッキリ言って情熱もまったく感じられなかったですし、交代カードを見てもバイエルンを理解していないし、しようともしていない監督だとずっと感じ続けていました。
このままではバイエルンは崩壊すると。

早く解任になって良かったですよ。
すぐさまスランプに陥ったミュラーを復活させ、ドゥグラス・コスタをライバルのユーベから復帰させるべきです。(なぜコマンの方を残すのかと…)
後任は間違いなくバイエルンをよく知るドイツ人の戦術家が就任すべきです。

つまりトーマス・トゥヘル。
もう彼一択でしょう。
[ 2017/09/30 20:35 ] [ 編集 ]
監督の言うことを聞かないチームがまともに機能するとは思えないですね。誰が監督をやろうともバイエルンはこのままダメになるかもしれませんね。
[ 2017/09/30 20:44 ] [ 編集 ]
ロベリーが子供っぽい老害ってことなんだね
[ 2017/09/30 20:57 ] [ 編集 ]
そういやヘーネスVSルンメニゲもあると聞いたのですがどうなんでしょうか?
[ 2017/09/30 21:28 ] [ 編集 ]
フンメルス 戻ってこ~~ぃ 
[ 2017/09/30 21:34 ] [ 編集 ]
選手がヘーネスと簡単に連絡が取れるとか、バイエルンは思ったほど組織がしっかりしてないのかなと思ってしまった
抜本的に改革しないと意外と長引くかもしれませんね、ドルにとっては嬉しい限りですが
[ 2017/09/30 21:46 ] [ 編集 ]
ラームが居なくなったからやりたい放題だわ
マテウスやエッフェの時代なら粛正されるわ
[ 2017/09/30 21:53 ] [ 編集 ]
>引き金になったPSG戦は単純に選手の質で負けてたからですよね。

私はそうは思いませんでした。PSG戦の先発みてびっくりしましたよ。フンメルスもボアテングも控えとベンチ外で、ズーレとか…ロッペン、リべりもベンチでミュラーも途中交代。それで完敗ですからね。
確かにPSGは素晴らしい選手がそろっていましたけど、バイエルンが主力を出して負けるのと、監督が確執から1,5軍の選手を出して負けるのでは全然違います。トゥヘルだって、確執有ってもここまであからさまに外したりはした事ないですよね。特にフンメルスなんてそんな事された覚えは有りません。
[ 2017/09/30 22:10 ] [ 編集 ]
トゥヘル就任 → フォメいじくりまわす → 選手不満
→ 複数ベテラン選手移籍 → 若手でやりくり → 世代交代成功
→ クラブ内外で人間トラブル → 解雇 → クロップorナーゲルスマン就任
[ 2017/09/30 22:31 ] [ 編集 ]
こんな中にトゥヘルを投げ込むとか蠱毒かな?
[ 2017/09/30 23:17 ] [ 編集 ]
インモービレ「ドイツ人は冷たい」
冗談はさておき実際にドイツとイタリアでは文化的な違いがあるんだろうな
[ 2017/09/30 23:25 ] [ 編集 ]
言葉の壁が大きかったと思いますよ
練習の動画見るとアンチェは殆どチアゴとしか話してなかったから
それと明確な指示(戦術)が無かったようで選手任せ状態なので選手も見てるこっちも何をやりたいのは解らない

[ 2017/10/01 01:11 ] [ 編集 ]
言語の問題が大きかったのでは?人心掌握が得意な監督として今まで鳴らしてきていたから。それにラームがいなくなったのは相当大きいでしょう。それに現キャプテンのノイアーも今いないし。この主力5人は、特に個性が強いから、一致団結からは程遠いキャラ。

[ 2017/10/01 01:36 ] [ 編集 ]
加齢もあって選手の質が落ちてきてるのは間違いなく、過渡期ですね。
高齢の主力はプライドがやけに高そうで、次に来る監督も大変そう・・・・あっ。
[ 2017/10/01 01:47 ] [ 編集 ]
今後どの監督が就任してもロッベン、リベリーがいる以上チーム構成に頭を悩ます事になりますね
来シーズン前には二人とも移籍する可能性もありますが…
[ 2017/10/01 03:56 ] [ 編集 ]
トゥヘル笑
ドルファンからすればバイエルンの迷走は歓迎するところだけど。
[ 2017/10/01 10:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルは冷酷だから、意外とこのチームで大きな結果を残すかもな。
そうあってほしくないけど。
[ 2017/10/01 12:22 ] [ 編集 ]
言葉の壁? アンチェはドイツ語使えてましたし、駄目なら英語使えるでしょう。元レアルの選手にいたってはスペイン語話せるでしょうから言語が理由ではないと思います。 おそらく選手を贔屓するようなことがあったのではないですか? ミュラーやボアテングのように何が理由でベンチに座らせられてるのか、特に選手はW杯に出場するためにベンチにずっといるなんて我慢できないでしょう。ドイツ人選手を獲得したのになかなか使おうとしなかった事も原因と思いますよ。
理不尽な対応されては不満が溜まるでしょう。それを説明する機会を作らなかった為に造反されたのでしょうね。
[ 2017/10/01 15:41 ] [ 編集 ]
トゥヘルの発表はまだですかね。
しかしバイエルン、試合内容を見るとかなり深刻ですね。
選手をまとめられないだとか、そんなレベルの事ではないのですよ。
そこはプロ中のプロの観客と選手たちなんですから。
問題は「戦術」であり、サッカーの本質の部分。
それがアンチェロッティはすでに現代サッカーでは通用していないし、消費期限切れ。
だから結果も当然出ないし、選手たちから受け入れられられなくなったというだけのこと。
戦術を改善できないからスタメンが悪いのだと、人を取っ替え引っ替えしてしまう。
当然変わらないですし、そりゃ選手たちから不満が出るようになりますよ。
監督にも世代交代はありますからね。
[ 2017/10/02 09:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。