ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!奇跡のように美しいループキックでBVBを勝利に導く!ドイツ紙特集!《ドイツの反応》




Stern】

香川真司!奇跡のように美しいループキックでBVBを勝利に導く!




entry_img_1871.jpg


ほとんど動きはなかったが、ボールはアウグスブルクの選手の頭上を越えて、ひっそりとゴールに入った。ドルトムントの香川真司は、奇跡のように美しいループキックで決勝点を決めている。


スポンサーリンク



数日前のレアル・マドリッド戦の敗戦での疲労が、ドルトムントの選手にはまだ残っているようだった。ドルトムントは、非常に苦労しながらもアウグスブルクに2:1で勝利したのだ。オバメヤンはPKの手助けにより、3点目はほぼ足の上に乗りかかっていたが、やる気のないシュートをキーパー、マルヴィン・ヒッツの正面に蹴ってしまった。しかし終わってみればそんな事はどうでも良かった。なぜなら、この夜最も美しいゴール(おそらく今節のベストだろう)をすでに見ることができたからだ。23分の決勝点。得点者:レアル・マドリッド戦に出場せず、力を蓄えることができた香川真司だ。



香川:ただ、ただ素晴らしい決勝点。



そのゴールの起点となったのは、アウグスブルク守備陣の連係ミスだ。ディフェンダーのマルティン・ヒンターエッガーとフィリップ・マックスがボールを受け取ることができず、ボールはオバメヤンの下へ着地したのだ。そしてその後アンドレ・ヤルモレンコにボールが伝わり、彼が香川にパスをしたのだ。そして日本人が蹴った。彼は16メートル離れた距離から非常に感情豊かにボールをけり上げたのだ。そしてボールはまるでスロー・モーションのように高い弧を描いて、キーパー、ヒッツの頭上を越えてネットを揺らした。


“これがクオリティーというものだよ。”とオランダ人の監督ペーター・ボシュは語った。これは彼が正しい。この土曜日、少なくとも香川はそうだった。







以上です。

またしてもゴール特集記事がありましたので紹介しました。このような記事は詩的な表現が沢山含まれるんですが、日本語だと、“美しい”のような言葉を強調する言葉があまり多くない事に気が付きます。この辺も文化でしょうかね。逆に日本語はドイツ語に対して罵り言葉も少なく感じます。

最後の一文ですが、低迷するチームの中で香川選手だけがクオリティー見せたという事ですね。
本当に素晴らしかったです。

ところでボシュ監督になってからコーナーキックのキッカーを任されていますが、フリーキックはどうなのでしょうか?ボシュになってから、一度間接バージョンを蹴っていたような記憶もありますが、できればこちらも見てみたいですね。

さて今日の試合でバイエルンが引き分け、さらにホッフェンハイムも負けたので2位以降と5ポイント差になりましたね。まだ早いですが優勝を期待してしまいます。この調子でしっかり勝ってほしいです!


[ 2017/10/02 05:52 ] 香川2017 | TB(-) | CM(22)
柴崎のボレーの時もあったけど
「甘美な」とか「ベルベットのような」みたいな表現よく見る
[ 2017/10/02 06:27 ] [ 編集 ]
まだまだ余韻に浸れるゴールでした。
バイエルンが躓いてくれたのも朗報ですね。
代表での疲労と怪我だけが心配ですが、代表帰りも頑張ってドルトムント勝利に貢献して欲しいです。
[ 2017/10/02 06:59 ] [ 編集 ]
まとめありがとうございます。
香川素晴らしいですね。
それから日本語は海外のように直接的に表現しないので分かりづらいですが、表現としてはかなり多様だと思います。
[ 2017/10/02 07:15 ] [ 編集 ]
シュメが日本人最多得点を祝ってくれてましたね。
このゴールが美しいだけでなく、バイエルンホッフェンを引き離す勝利に結び付いたのが大きいですね。
[ 2017/10/02 07:52 ] [ 編集 ]
ふつうあそこでああいうパス貰って逆狙ったらスライス回転かかるから外に逸れていくんだけどね。それをループにして落として決めたというのが凄い。エリアの中入れたら本当に怖い香川らしいといえばらしいけどあんなの異常もいいとこだよ。ファンは何年に一回見れるかどうかもわからないもん見れてよかったね。
[ 2017/10/02 08:37 ] [ 編集 ]
香川のCKがちょっとヤットみたいで驚きました。
[ 2017/10/02 08:39 ] [ 編集 ]
なんか鋭い良い感じのコーナー蹴ってたよね。ふんわりのイメージあったから驚いたよ。
ゴールは本当にシビれました。
[ 2017/10/02 09:20 ] [ 編集 ]
しかしいい加減、香川真司にもホームでスタメン出場させるべきですね。
今の所、3戦すべてタフで難しいアウェーばかりを戦っていますから。
そこで彼は結果を残しているわけですが。
もう何十戦と負け無しのホーム(CL除く)とは、相手の出方も180度くらい変わるので、まったくしんどさが違ってくるわけですよ。
シグナルイドゥナパルクで、満員の観客に喝采を浴びるホームで、プレーするのは、フロント的にゲッツェでなければいけないのかしら。
アウェー・フライブルクには引き分けましたもんね。

そして香川には、やはりポジションであったり、日本代表のスタメン争いを考えても、CKやFKなどプレースキックをやっていって欲しいですね。
[ 2017/10/02 09:20 ] [ 編集 ]
>昨シーズン、一度も勝てなかったアウクスブルク戦に勝利。

そうだっけ?って調べたら、両方ともドローの1-1。更に言うと、両方で香川は実質香川の得点に近いアシスト等活躍するも、チーム自体は機能せず…このアウエー戦でヴァイグルが芝に足首をひっかけて骨折、長期離脱になってしまっていました。
スコアブックを見直してみると、ドルトムントは荒いチームを苦手としていますが、意外にも香川はこういう荒いチーム相手に一人だけ結果を出している事に驚きました。自分も香川を印象で判断していたなと、改めてスコアブックを付け続けていてよかったと思います。
[ 2017/10/02 09:21 ] [ 編集 ]
本当にアウクスブルク戦の勝ち点「3」は大きかったですね!
厳しい試合で1点欲しい時にゴールを決めれる選手はどこのクラブでも英雄です
次の試合に絶対に勝って優勝目指して前に進みたいものです
[ 2017/10/02 09:21 ] [ 編集 ]
香川選手への賞賛はやみませんね。感情豊かに蹴り上げたと言う表現が面白いです。いつも香川選手が出すアシストパスのようにヤルモレンコ選手からのパスもとても優しさの感じる丁寧なパスでした。国籍を問わず、良いプレーには賞賛を惜しまない報道はさすがサッカー王国ですね。
ドルトムント公式サイトでゲッツェ選手の状態を聞かれたボッシュ監督が、ゲッツェが引き続き試合に出る事を望んでいたが、監督が止めたというインタビューが載っていましたが、ゲッツェ選手も試合には引き続き出て自分のポジションを盤石なものにしたかったのでしょうね。レーブ監督観戦で、代表への復帰のアピールを願い二戦連続で出場したゲッツェ選手ですが、公平な競争なしで、香川選手は二番手みたいな扱いはやめてほしいです。
[ 2017/10/02 09:43 ] [ 編集 ]
香川が活躍して勝利し更にバイエルンが勝ち試合を落とすという
去年のドルトムントの様なバイエルンには
リーガではこの調子でCSだけ頑張ってもらいたいです。
[ 2017/10/02 10:00 ] [ 編集 ]
日本語の表現があまり多くないというよりも、日本語も外国語も、知らないと表現が増えないのは同じですね。日本語では美しい、素晴らしい、麗しい、あでやか…などの形容詞と最も、ひときわ、特別、見事に…などの副詞との掛け算になる感じでしょうか。会話だとあまり気にならないですが(大抵は表現=癖として扱える)、文章の翻訳となると自分も双方に苦労することがあります。

香川選手のゴールはサッカー経験のある人なら誰もが一度は思い描いて練習したことのあるようなゴールだったのでしょうね。見ていて本当にわくわくするゴールでした。
[ 2017/10/02 10:08 ] [ 編集 ]
このような記事は、何度見てもいいもんですね(笑)
[ 2017/10/02 11:27 ] [ 編集 ]
コンディションはまだ万全ではないけどゴールの嗅覚はかなり上がってる。ヤルモという相棒の存在も大きいですね。
[ 2017/10/02 12:33 ] [ 編集 ]
日本人ゴールラッシュで超嬉しい。
大迫と原口もお願いします。
[ 2017/10/02 12:47 ] [ 編集 ]
ヘルタ、しかも原口がやってくれました。
バイエルンに勝ったことのないヘルタですが、昨シーズンの引き分けが印象に残っていたのでかすかに期待してました。
まだ七節終わったばかりとは言え優勝…期待してしまいますね(笑
[ 2017/10/02 14:04 ] [ 編集 ]
 シュートそのものが高度で綺麗なものだった事もありますが、決勝点になって首位チームのタイトル獲得に繋がるプレーになった、というのがより価値を高めているのだと思います。

 日本語の表現で外国語より豊かなのは自然に関するものですね。月や雨風などに関わる表現が多様です。美しいに関わる表現もそうした自然や草花に例えられる事が多く、直接的な表現は欧州ほど発達しなかったのかもしれません。
[ 2017/10/02 14:27 ] [ 編集 ]
管理人さんのコメントでドルトムントはフリーキック誰が蹴っても入らねェと
かいう時代があったのを思い出しました

ロイスが来る前の優勝シーズンなんか特に期待できなかったような記憶が
こう考えるとFK決める人は凄いですね
[ 2017/10/02 14:43 ] [ 編集 ]
美しさを表現する言葉は多くて、罵り言葉は少ないって日本を表しているような気もするね。そういう文化の違いを知ることができるのもこのサイトの魅力ですね。
[ 2017/10/02 15:44 ] [ 編集 ]
香川ファンじゃないけど、今回のシュートは、良かった!素晴らしかった!
[ 2017/10/02 17:42 ] [ 編集 ]
そう、日本は近隣諸国と比較しても罵倒する表現等ネガティブな表現・言葉が極端に少ないんだよね。ポジティブな表現・言葉は多岐にわたるんだけど。こういうところからも文化的な背景を考えたりできて面白いですね。サッカーでも日本的な表現はあるはずだし、それが増えていくこともサッカー文化の成熟度をはかる一つの目安かも知れないなぁ。
[ 2017/10/03 06:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。