ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント地元紙誤報!?「香川夢のゴールでブンデスリーガ記録!」香川特集記事《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ新聞】



BVBスター、香川真司が夢のゴールでブンデスリーガ記録達成!



entry_img_1875.jpeg



ドルトムントの監督、ペーター・ボシュにとっては、“BVBの監督になってからもっとも悪い試合だった。”実際にアウグスブルク戦でのボルシアは、多くの場面でラッキーだった。


その中では香川真司だけが、相手陣内でこの日のハイライトを見せた。この日本人が、アウグスブルクのキーパーを制圧した様といったら、決してまねできるものではなかった。

スポンサーリンク



チーム・メートのゴンザロ・カストロも、香川の感性豊にボールをゴール隅にむかって撫でる様にはすっかり魅了されたようだ。“最初はボールが誰かにあたったのかどうかよくわからなかったぐらいだよ。”と発言している。

そして、この見ごたえのあるゴールは勝利をもたらしただけではなく、この日本人にとっても記録となっている。



香川、同名の岡崎と並ぶ!



このアウグスブルク戦の香川のゴールはブンデスリーガ37ゴール目だった。これによってこのBVBの選手は同名の岡崎と並んだのだ。この二人のシンジよりも多く得点した日本人はブンデスリーガにはいない。


岡崎慎司は、この記録を達成するまで128試合を要した。香川はそれに対して131試合だ。


しかし岡崎に対して、この日本人は、ブンデスリーガの記録をさらに伸ばすことが可能だろう。なぜなら、かつてシュトゥットガルトとマインツでプレーしたサイドアタッカーは現在プレミア・リーグのレスターでプレーしているからだ。







以上です。

これは・・・・・・・。

この記事を読んだ時は、うっかりハンブルク戦後の記事の間違いではないかと思ったんですが、10月1日に書かれた記事です。記事の中でもしっかりとアウグスブルクと書かれていますね。

一応事実関係を補足しますと、香川選手はアウグスブルク戦で38ゴール目を上げ、それによって岡崎選手の37ゴールを抜いて、単独記録保持者となりました。

それに関してはブンデスリーガ公式サイトも特集記事を書いていますね。

西ドイツアルゲマイネ新聞は、この記事をいまだにサイトに掲載しているのですが、どこからも指摘がないのでしょうか・・・。岡崎選手と並んだ事に関してはすでにこの間ゴールした時に隣のルーアナッハリヒテンなどが報道していたんですが・・・。

せっかくの特集記事なのに詰めが甘かったですね・。
[ 2017/10/04 06:08 ] 香川2017 | TB(-) | CM(8)
こんな天才を生かせない国の代表があるんですって!

日本サッカー史上ナンバー1の選手をスタメンから外したら、世界からバカだと思われますわ。
[ 2017/10/04 06:27 ] [ 編集 ]
むしろ管理人さんの、呆れ口調に笑わせていただきました。(^_^;)
その後訂正とかないんでしょうかね~。(^_^;)
[ 2017/10/04 07:51 ] [ 編集 ]
これは本当に詰めが甘かったですね…
しかし、それだけあのゴールと記録は素晴らしいということでしょう。多くの反応があり、これがより香川選手の自信へ繋がればいいですね!
[ 2017/10/04 08:57 ] [ 編集 ]
西ドイツアルゲマイネ新聞は確か大手の総合新聞でしたでしょうか?この記事を書いたサッカー担当の記者さんも、文化部から移動になったばかりかもしれませんね・・・苦笑。
[ 2017/10/04 09:06 ] [ 編集 ]
ループシュートの1点くらいで大騒ぎし過ぎな気が・・・
香川は試合に出るようになれば全盛期レベルのプレーはまだまだ可能だと思いますし
調子を上げていけばロシアWCも問題なく出場できるのではないかと

本田はロシアは本当に厳しいでしょうね
[ 2017/10/04 11:32 ] [ 編集 ]
うっかり八兵衛ですね~
西ドイツアルゲマイネ新聞。
[ 2017/10/04 13:19 ] [ 編集 ]
しかもサイドアタッカーじゃないしな…。マインツ時代もセンターやし、今のツートップ又はシャドーやしな。
[ 2017/10/04 15:32 ] [ 編集 ]
そういえば、香川選手は2列目ですから、なんかフォワードと比べられてもなぁって気がします。
[ 2017/10/05 03:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。