ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

今シーズン、ドルトムントが優勝する5つの理由!《ドイツの反応》




【スポーツビルト】


今シーズン、BVBが優勝する5つの理由!


entry_img_1879.jpeg


1.スカッド

巨大なスカッドこそが、ここ数年のバイエルンにとって大きなプラスだった。しかしBVBは今シーズンはバイエルンから隠れる必要は一切ない。ドルトムントは、ほぼすべてのポジションで代えがいるばかりでなく、そのクオリティーはほぼ同等なのだ。ウスマン・デンベレーはほぼ忘れられており、アンドレイ・ヤルモレンコとマキシミリアム・フィリップがリーガで旋風を巻き起こしている。


スポンサーリンク


“我々は意図的に大きなスカッドの計画をした。幅広く、クオリティー面でも良い人材を揃えたかったんだ。それは上手く行ったと思うね。”とツォルクは語る。ボスたちにとって嬉しい事にローテーションがうまく機能している。イングリッシュ・ウィークでフルに出場していたのはソクラティス、ピスチェク、オバメヤンの3人だけだ。



2.攻撃陣

アウグスブルクでは運がなかったが、オバメヤンはリーガをリードしている。そしてBVBは点をとるだけではなく、効果的でもある。BVBは、ゴールをするまでに平均6本のシュートしか要していない。オバメヤン、ヤルモレンコ、フィリップに続いて、マリオ・ゲッツェも重要な要素となっている。“彼がこんなに早く再び力強いプレーをみせるとは、だれも考えていなかっただろうね。非常に良い感じだよ。”とツォルクは語った。




3.監督

ペーター・ボシュのオープンな人柄は、チームにも良く受け入れられているようだ。彼は選手に自由を与え、選手は良いパファーマンスでもってお返しする。彼はアウグスブルク戦二日前の先週の木曜日には、選手に休暇を与えている。そして選手たちはそのお返しに、首位を守った。



4.フィーバー

ドルトムントのファンたちはここ数週間、”誰が優勝する?ボルシアBVBだ!”と歌っている。このファンの熱狂が、最近ではチーム内にも浸透している。“このような試合でも勝てれば、これからも首位だろう。”とキャプテンのソクラティスはアウグスブルク戦後に語っている。その試合でBVBは勝利できるという事だけでなく、そのために戦う事が出来るという事も示している。そしてそれは、ツォルクも感じているようだ。しかし彼はこのような熱狂にたいしてはブレーキをかける事を忘れない、“まだ7試合だけだ。まだ4分の1も終わっていないよ。”スポーツビルトに対しては、ツォルクはまだ優勝の可能性については語らなかった。“我々は目標を訂正するつもりはないよ。目標はあくまでCLに直接参加する事だ。”もちろん、優勝すればそれも可能だ。




5.統計

ドルトムントは2連覇してから6年後に優勝している、かつては1956年と57年に優勝し、その後63年に優勝している。そして95年と96年に優勝したその次は2002年だ。そして最近では2011年と2012年に優勝しているが、今シーズン終わりには再び6年がすぎることになる・・・。







以上です。

最後のデーターは面白いですね。2連覇して6年後に優勝。ぜひとも今回はそれを達成してほしいですね。

まだ上位との対決はありませんが、バイエルン以外のクラブにしっかり勝つことができれば、優勝も見えてくるでしょう。昨シーズンは取りこぼしが多かったですが、今シーズンはそこに期待しています。

[ 2017/10/05 18:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(4)
今季こそ優勝のプレッシャーを良く知っている香川の経験が必要だと思います。最近のドルのタイトルを香川は全て持ってますからね。
[ 2017/10/05 20:08 ] [ 編集 ]
ドルトムントが優勝するのは期待しますが、突然ゲッツェが出て来てまた、ゲッツェに
関する何かがあるのか?と思ったのですが、レーブもゲッツェに触れて11月に呼ぶみたいなことを
話したみたいですね
なので、それまでクラブとしてもコンディションを上げる為にゲッツェを優先させる気がします

香川は文句なく試合に出る為には、結果だけ狙っていった方がいいですね
代表も解りますが怪我なくドイツに戻ってほしいです
[ 2017/10/05 22:34 ] [ 編集 ]
私もここにゲッツェが出てきてオヤオヤと思いました。病み上がりで、コンディションはあがってきてますが、名前を出すほどではないと思うのですが、。シャヒンやカストロより力強いですか?ゲッツェに対しては腫れ物に触るような扱いで、少し過保護だなぁと思います。

レアル戦はレーブのせいで香川選手出場の機会がありませんでしたが、大事な試合には香川選手はスタメンですので、コンディションをあげて結果を残して欲しいです。

優勝連覇の6年後の優勝の法則、今年は期待してしまいますね。

今年はターンオーバーができるのは大きいですね。よいスタートダッシュを維持するためにも代表戦からはどの選手も無事にケガなく戻ってくる事を願ってます。
[ 2017/10/06 02:04 ] [ 編集 ]
ゲッツェはBVBの神童ですからね。我々が香川選手の復調を心から願うように、ドイツ人もゲッツェに対して同じなのだと思います。
香川選手がプレーしているのはドイツですしBVBですし仕方ないでしょう。
でも香川選手に対してもBVBサポーターは「うちの子」という意識はかなり高いので、頑張って欲しいですね!
ゲッツェとは相思相愛に見えるので是非復調して同時起用が見たいです。ボスなら充分ありえますしね!
[ 2017/10/06 12:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。