ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アンチェロッティが反撃!!バイエルン幹部を批判!《ドイツの反応》




ビルト



“難しい関係だ”

アンチェロッティ、バイエルンボスたちに反撃!


entry_img_1881.jpeg


アンチェロッティをめぐる騒動はまだ終わらない!



アンチェロッティはイタリアンのスカイのインタビューにおいて、バイエルンに反撃した。

アンチェロッティ:“決断をするのは監督だ。後は選手にそれを受け入れる知性があるかどうかという問題だ。”


スポンサーリンク



アンチェロッティは、何より0:3で敗れたパリ戦でのスタメンで批判されている。彼はフンメルス、ロッベン、リベリーをベンチに置いた。さらにボアテンは健康であってにも関わらずベンチにも入らなかった。



アンチェロッティ:“クラブは監督の決断を支える力強さを持たなければならない。この22年間でこんなに幹部との関係が難しかった事はないよ。私の決断を理解するには、即座に理解する力が必要なだけなんだ。”


2017100704180860f.jpeg


アンチェロッティはバイエルンの幹部には、その理解力が足りないと言っているのだろうか?いずれにせよこれはバイエルン幹部に向けた物だろう。しかしこの解雇の事は十分に消化したようだ。“もうバイエルンは過去の事だ。このような冒険の後で、次の章がはじまるよ。”



アンチェロッティは10か月休暇をとり、そしてこれから新たなクラブを探すことになる。


代表監督就任に噂についてはこう語る。“まだ毎日仕事をするほうが良いね。毎日芝生の匂いを嗅いでいたいんだ。この欲求が無くなったと感じたら代表監督もあるだろう。それがイタリアだったら、もっと良いだろうね。”







以上です。

やっと反撃が来ましたね。

やはり幹部とアンチェロッティはうまく行っていなかったようですね。ドイツ人とイタリア人はやはり難しいのでしょうか・・・。もっと頻繁に食事に招待したほうが良かったかもしれないですね・・。

まあ、世界最高のセンターバックの一人であるボアテンをベンチ外にしてあの結果なので、このような結末になるのは仕方がなかったのではないでしょうか・・。

[ 2017/10/07 06:00 ] バイエルン | TB(-) | CM(16)
レアルの時はパレスが口出ししてきてたはず。
咋シーズンはフロントが口出しして来ないのにはびっくりだ、みたいな事言ってましたよ。
それを良いことにアンチェはドイツ人選手排除的な起用をしてしまったのが大きな間違いだったと思います。
咋シーズンはミュラー、キミッヒ、ボアテングを始めラームでさえも…。酷い時はノイアーとフンメルスしかピッチにドイツ人いないなんて事もしばしば有りましたから。
それが今シーズンも変わらずしかもあの内容じゃフロントも動かなきゃダメでしょう。
[ 2017/10/07 08:28 ] [ 編集 ]
世界最高レベルかは疑問符
[ 2017/10/07 08:54 ] [ 編集 ]
PSG戦での采配は確実にレーブの意思が入ってたと思いますよ
[ 2017/10/07 09:02 ] [ 編集 ]
インモービレ「分かるわアンチェロッティの気持ち」
[ 2017/10/07 09:20 ] [ 編集 ]
ロッベン、リベリーは相変わらずキレキレですからね。
アンチェロッティのせいで、普段バイエルンを見てない人が、劣化してるのではと勘違いしてましたが。
[ 2017/10/07 10:51 ] [ 編集 ]
afa
○○人がって言うのはステレオタイプだと思います。同じラテン系のペップは契約を履行しましたし、アンチェはドイツと同じゲルマン系の英国ではバイエルンとは違いましたし…僕は今のバイエルンの問題は相対的な選手の質の低下でハインケスもそれほどの特効薬にはならないんじゃないかなとみてます。少なくともリーグは持ち直してもCLは難しいと思います。
[ 2017/10/07 11:19 ] [ 編集 ]
幹部との関係とボアテングのベンチ外は関係あるんですかね
幹部からの指示だったのなら別ですが
ドイツと仲良くないのはフランスってイメージでしたが、イタリアの方が合わないんですか?
チーロ、アンチェだけでなく、国民的に合わないんですかね
[ 2017/10/07 11:35 ] [ 編集 ]
イタリア人はドイツ人と合わないんですかね
。しかし同じドイツ人でもトゥヘルの例もあるし、相性もあるのもしれないけど。
[ 2017/10/07 13:04 ] [ 編集 ]
CLのスタメン見た瞬間ええええと思いましたね。
あれ?怪我だっけ?とか??マークが飛び交ったスタメンでした
[ 2017/10/07 13:22 ] [ 編集 ]
ドイツ対北アイルランドでのフンメルス、ボアテンのコンビ最高でした。バイエルンでは何故上手くいかなかったのでしょうか?
良くない空気があったのでしょうね。
[ 2017/10/07 13:44 ] [ 編集 ]
就任以後ずっと下降線を辿っていて日に日に弱くなっていくチームを見てたら幹部も黙ってみてるわけにはいかないでしょう…
グアルディオラ時代に適応できた選手たちの頭が悪いなんて事もありえませんし
[ 2017/10/07 14:21 ] [ 編集 ]
ドイツ人はセリエで活躍するのは昔からあるけど、逆にイタリア人がブンデスリーガで活躍するのは少ないね
相性だろうねコレ
[ 2017/10/07 16:31 ] [ 編集 ]
ベテラン選手たちが国代表で大活躍してますから、アンチェロッティには厳しい風の当たるのも致し方ない面はありますね。
[ 2017/10/07 20:03 ] [ 編集 ]
フンメルスはともかく昨シーズンのボアテングはかなり安定感を欠いてたけどなぁ、ロベリーがキレキレと言ってもCLのレアル戦や国内杯のドルト戦で限界を露呈してたし
コスタとコマンをもっと上手くローテしていればなぁ・・・
[ 2017/10/07 23:11 ] [ 編集 ]
ミュラーをスランプに追い込んだ罪は重いですよ。
この監督、やる事すべてが理解できませんでしたね。
[ 2017/10/09 16:58 ] [ 編集 ]
15-16のボアテングはまじで世界最高のCBだったけどその後どうなんだ?このシーズン以降ブンデス見てないんだよね
16-17はパフォーマンスが下がったって言われてるの見たけど
[ 2017/10/10 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。