ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBプリシチ!アメリカ代表でまたも大活躍!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】

ハンブルガーのウッドとBVBのプリシチ

ブンデスリーガのスター達がアメリカ代表をW杯出場に近づける。


entry_img_1882.jpeg



アメリカ代表のワールドカップロシア大会の出場は、ほぼ決まった。

ユルゲン・クリンスマンの元チームは、最終戦を残してパナマ戦に4:0で勝利した。それによって出場圏内である3位になった。これで4位のパナマとの差が3ポイント、7ゴールとなり、次のトリニタード・ドバゴ戦で引き分ければ出場が決まる。

スポンサーリンク


この試合のヒーローは、クリスティアン・プリシチだ。このドルトムントの至宝は8分にソロから先制点を決めて、そして19分には、ジョズィー・アルティドアのゴールをアシストしている。さらアルティドアが43分にPKを決め、63分にはボビー・ウッドが試合を決めるゴールをあげている。



すでにメキシコのW杯出場は決まっているが、2位のコスタリカの出場も確実だ。コスタリカは土曜日に5位のホンジュラスと対戦し、それによって5度目のW杯出場となる。メキシコはトリニダード・ドバゴに3:1で勝利している。


アメリカにとっては、あまり出来がよくなかった予選もハッピーエンドになる可能性が出てきた。アメリカは、メキシコとコスタリカに敗れた2016年11月にユルゲン・クリンスマン監督を解雇していた。








以上です。

プリシチ、アメリカ代表でまたも活躍したようですね。アメリカ、サッカーはこれまでのW杯でも短期間で一気に強くなりそうなポテンシャルを見せていましたが、この予選では3位と苦戦したようですね。

やはりプリシチのようなスター誕生で、アメリカのサッカー人気も高まるかもしれませんね。

ちなみに最近ドイツではプリシチの読みがプリシックに変わってきました。これは本人が本来のスラブ式ではなくアメリカ式の呼び方にしてほしいと希望したためとのことです。少なくともスカイのサッカー実況はプリシックで統一されたようですね。以前はクラブでもプリシチと言っていましたが、その辺もかわったのかどうかは分かりません。

ちなみに管理人の知り合いのアメリカ人のエイブルさんは、ドイツに来てからドイツ式にアーベルと名乗っています。
ハリー・ポッターもフランス語では当然フランス風にアリー・ポテールと呼ばれてますね。

移民が増えたヨーロッパでは名前の呼び方は、どれが正しいのかもはや分からないようになっています。元の国の発音を習うのかか、それとも住んでいる国の発音に習うのか・・・。フランスのアフリカ系選手の発音などがその良い例ですね。

このブログでは一つの基準として主にドイツで呼ばれている発音に近い方法を採用していますが、あくまで一つの基準という事になります。

[ 2017/10/07 19:35 ] プリシチ | TB(-) | CM(9)
ありがとうございました。
プリシックですね。了解しました!なんか別人というか大人になった感じです…
[ 2017/10/07 20:18 ] [ 編集 ]
本当にすごいですね。

18歳ながら風格も感じるようになりました。

アメリカのスター、プリシック。

ハリーポッターのフランス語読みはHの発音が抜けていてクスッと笑いました。

GODIVAもジャンヌダルクも英語読みだと最初わからなかった事を思い出しました。
ネイティブの読み方と現地の発音読みだったら、自分の名前だったら、ネイティブ式で呼んで欲しいかなぁと思い、プリシックに賛成です。
[ 2017/10/07 20:44 ] [ 編集 ]
ハンバーガーSVだと沈黙の日系のウッドも、代表だと活躍するんだよなぁ。
パナマ相手だったからかもしれないけど。
[ 2017/10/07 21:13 ] [ 編集 ]
アメリカは確かプレーオフがかかってたんでしたっけ?
回避できてよかったですね
[ 2017/10/07 21:40 ] [ 編集 ]
呼び方は面白いですね。
George(ジョージ)はドイツ読みで「ゲオルグ」と初めて知った時にクスッとなったのを覚えています。
[ 2017/10/07 21:47 ] [ 編集 ]
「プリシック」が本来の読み方なんですね。知りませんでした。
何年か前、プリシッチとパスラック、2人揃ってトップチームに上がってきた時は名前が似ていて見分けるのに苦労したもんですが、プリシックと言われると、もう双子のようですね。

(余談ですが、去年はブルニッチという選手もドルユースから上がってきたので、私はかなり混乱しました(笑)
[ 2017/10/07 23:07 ] [ 編集 ]
ゴールもアシストも見事でしたね。
ゴール後の、膝ズサーーーもばっちり決まってました。(笑)
最近はチームにも結束力がみえてきてW杯出場も見えてきました。頑張って欲しいですね。
[ 2017/10/08 11:10 ] [ 編集 ]
このサイトの僕が一番好きなポイントは言語、文化、に関する部分です。
ためになる記事って大好物です。他のフットボールのサイトにはないですもんね。
毎回楽しみに記事待ってます。
[ 2017/10/08 12:43 ] [ 編集 ]
恐るべし19歳
アメリカ代表といえば、シドニー五輪が印象に残っています。
エースのドノバンくらいしか知りませんでしたが、現在のプリシッチの人気は凄まじいことになっているのでしょうか?
ワールドカップが楽しみですね。
[ 2017/10/09 16:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。