ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ボシュ監督「日本語は少しできるけど、サッカーについて香川と話せるほどではないよ。」インタビュー②《ドイツの反応》




ビルト】


entry_img_1884.jpeg


あなた自身は、潰し屋としてプレーしていました。

ボシュ:そうだね。選手としては相手チームのプレーを潰すのが僕の仕事だったんだ。監督になった時は、どのようなスタイルを好むべきか考えたよ。


スポンサーリンク





それで?

そこで自分が人生でも試合でもコントロールするのが好きだと気が付いたんだ。それから自分も人々も楽しめる試合スタイルを発展させることにトライしたんだ。




あなたはプロとしてはどのぐらいプレーしていたんですか?

36歳の時に辞めたんだ。そしてすぐに監督の仕事を始めたよ。2000年だったかな。最初の頃は選手がついてこれない事を期待していたんだ?




どうして?

まだその時は僕もプレーできたからね。でも2、3週間たってから気が付いたよ。これがミスだってね。





どうしてですか?

僕は自分の選手にも負けるのが我慢ならなかったんだよ。そして選手を怪我させてしまったんだ。選手たちは僕を恐れていたね。ちょっと気がふれていた感じだね。





あなたは世界中で活動していますね。イスラエル、フランス、日本、そしてドイツ。どうしてですか?

他の事に対する好奇心が大きいんだ。他のトレーナー、他のスタイル、文化、人々。僕はこのような中継点を経ることができて感謝しているよ。





何か国語くらいはなしますか?

オランダ語はかなり良いね。英語、ドイツ語、それからフランス語だね。日本語も少しはできるけど、サッカーに関して香川真司と語るほどは良くないね。




あなたには子供が3人いますが、彼らはすでにスタジアムに来ましたか?

レアル戦でね。彼らはすでに世界中いろんな場所を経験しているけれど、ドルトムントには感動していたよ。鳥肌が立つような雰囲気というのは、本当に特別なものだったみたいだ。




あなたに最も多くの影響を与えた国はどこですか?

難しい問題だね。フランスは僕にとっては家族抜きでは初めての経験だったね。当時はまだ携帯もコンピューターも普及していなかった。そして年に2回しかオランダに帰れなかったんだ。そこで赤ワイン文化とフランスという国について知ったんだ。




あなたは4月に起こったバス襲撃事件の時何をしていましたか?

はっきりと覚えているよ。テレビの前にいたんだ。そうしたらテロの可能性があるというニュースが流れたんだ。本当にひどい話だね。
続く・・・







長いのでまた中断します。最後の方では移籍の金額について語っていますが、今回は少しプライベートに関する話を聞くことが出来ましたね。

監督になったばかりの頃は、選手に負けるのも嫌だったみたいですね。自分にできて選手がついてこれないようなトレーニングを考えるんだから、面白いです。少なくとも監督も一緒にやっているのであれば多少ハードでも選手は納得するでしょうか?まあ怪我させられたらたまりませんが・・・・。

日本語の能力についても新情報が出ましたが、サッカーに関してのコミュニケーションはさすがに無理のようですね。




[ 2017/10/09 06:00 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(7)
人情味溢れる人みたいですね。
とても好感が持てます。
翻訳の続き楽しみにしてます!
[ 2017/10/09 11:48 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。この記事の続きが気になっていました。

ボシュは今は落ち着いた雰囲気がありますが、監督を始めたばかりの頃は違ったんですね。
1つ気になったのは、選手への要求が高すぎて「怪我をさせてしまった」という部分です。

しかし、2、3週間で自分のやり方が間違っていると気付いたのは流石だなと思いました。誤った道を選んでいる事に気付かず、突き進んでしまう人はどの世界にもいますからね。

ボシュの経歴を見ると、本当に地道なステップアップの連続で、よくドルトムントという一流クラブの監督になったなぁと感心してしまうのですが、遠回りした分、多くの経験を積んでいると思いますので、それをブンデスリーガで発揮して欲しいですね。
[ 2017/10/09 11:49 ] [ 編集 ]
ひとつひとつ着実に人生経験を積み上げてきたという人柄が匂い立ってきますね。
選手と張り合うなんて、よっぽど負けず嫌いなのでしょうか。こうしてみると、ビッグクラブの監督は、いくら才能豊かでも
やはり若年者や経験の少ない人は無理なのではと思ってしまいますね。
[ 2017/10/09 16:18 ] [ 編集 ]
香川とは英語なんでしょうかね。
これだけ世界各国から集まった選手たちを、一つのチームとしてまとめるのは物凄い事だと思いますね。
よく成り立つなあと思います。
やはりそこはナショナルチームとは全く違う面白さ、魅力がありますよね。
[ 2017/10/09 17:07 ] [ 編集 ]
ボスには期待してます。
この記事読んで、CLで勝てるようになると思いました。それは来季かもしれないですが、軌道修正を出来る人は期待出来ますし応援します。
[ 2017/10/09 17:31 ] [ 編集 ]
ループシュートを決めたときの反応がトゥヘルと大違いでしたね。
落ち着き過ぎだろ!おーい!
[ 2017/10/09 23:48 ] [ 編集 ]
就任時のドル公式インやビュー動画の時と同様、またも香川に言及ですか。
日本の記事の独訳かとも思ったのですがビルト独自のインタビューなんですね。
ボシュはよく香川の名前を出しますね。
[ 2017/10/10 05:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。