ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川が日本を敗戦から救う!」《ドイツの反応》





Sport1】

ボルシア・ドルトムントの香川が日本を敗戦から救う!




2017101105582732a.jpeg

日本はハイチと対戦し、予想に反して引き分ける結果に終わった。そこでは、アディショナルタイムにドルトムントのミッドフィルダー香川がゴールを決めている。


ブンデスリーガのプロ選手であり、ボルシア・ドルトムントのポカール優勝者、そして日本代表の香川真司が日本を敗戦から救った。横浜で行われたこの試合で、このミッドフィルダーはアディショナルタイム2分に3:3となるゴールを決めている。


日本は倉田 秋(7.)と杉本 健勇(17.)のゴールでリードしていたが、ハイチは28分にケヴィン・ラフランス、そして53分と78分にダッケンス・ナゾンが試合をひっくり返していた。



スポンサーリンク





キッカー

香川の奇妙なゴールが日本に引き分けをプレゼント。


序盤は全てが日本の計画通りだった。7分位は倉田が、そして17分には杉本がゴールを決めて2:0とリードしたのだ。しかしその後28分にラフランス、そして53分と78分のナゾンのドッペルパックで、試合は予想に反してひっくり返される事となった。


ハンブルクの酒井高徳、シュトゥットガルトの浅野拓磨、そして元フランクフルトの乾貴士でスタートした日本は、エースをベンチに置いていた。ドルトムントのスター、香川真司は59分に途中交代で出場すると、試合終了間際に奇妙なゴールを決めた。


Pエリア付近から放った酒井の左足のシュートはキーパーに止められていた事だろう。しかし、その前にすでにPエリア内に走りこんでいた香川は、滑って転んでいたのだ。しかし倒れながらも、香川はボールに触り、それによってボールの方向を変え、キーパーの頭上に押し込んだのだ。これで3:3となった。

このほかにはヘルタの原口元気、ケルンの大迫勇也、マインツの武藤嘉紀が途中から出場している。






以上です。

ニュージーランド戦は特に何もありませんでしたが、ブンデスリーガの選手が活躍するとドイツでも報道されますね。

香川選手のゴールが各紙でニュースとなっていました。この得点で自信をつけて帰ってきてほしいところですね。

さてこれで代表もおわり、またブンデスリーガが始まりますね。毎月代表ウィークがあると、この2週間が本当に長く感じます。日本代表の試合も見れればまた別なんでしょうが・・。

[ 2017/10/11 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(35)
ゲームは後半から足は止まるは3失点するはで草サッカーみたいだったけど、酒井のシュートに見せかけたパスとコケても決めた香川のプレーはプロのプレーだった。倒れてもシュート意識保って冷静に決めたのはさすがだよな。

ところでドル。
またサイドバックにケガ人。もうトリアンしか残ってないんだけどどうすんのかね?それに次は苦手の代表選明けだしレッドブルが相手でもある。しっかりやりくりして勝ってもらいたいけどね。
[ 2017/10/11 06:35 ] [ 編集 ]
今回の日本代表戦は観れなくてもなんの損も無い内容でした。

昨日の試合は国内組や控えの選手を一挙にスタメンに並べてましたが、相手が本気になったら手も足も出なくなってしまいましたね。終盤にブンデス組を相次いで投入したらやっぱり格が違う。最近はJリーグや代表ファンが香川を中心に海外組を叩く風潮がありますが、やっぱり海外組を外すと全然ダメ。ハリルホジッチ監督も海外組を中心にそことシナジーが期待できる国内組の抜擢を考えないと、単純にJで一番良い選手を連れてきても海外組とフィットしないとグダグダになりますから。
[ 2017/10/11 06:47 ] [ 編集 ]
試合後のハリルが「いい入りをして2-0になって、いいアクションもあって。急にストップして、切れて。メンタル面での脆さが見えた。‥」とコメントしていましたが、それだけでなく香川の同点ゴール後に、香川だけが必死な顔でボール持ってゲームを始めようとしていましたが、他の選手達は、ああ引き分けで良かった‥って感じでへらへら笑っていてそのメンタルにがっかりしました。
一昨年のヴォルフスブルク戦でアディショナルタイムにPKとられて同点になってしまった時に、香川が素早くボール持って走ってゲーム始めて1分もしないうちに美しいカウンターから香川のゴールで勝ち越した試合を思い出しました。そういう勝つことへの意識は上位クラブの選手と、中下位で負ける事になれてしまっている選手の差は大きいと思いましたね。
香川はメンタル強いですよ。
[ 2017/10/11 07:45 ] [ 編集 ]
日本に住んでますが代表ウィークは退屈でいつもリーグ戦再開をまだかまだかと待ってます
まぁこういう人間も少なからずいるとは思います 
[ 2017/10/11 08:19 ] [ 編集 ]
日本の、サッカーを取り巻く環境は異常ですよ
海外組ばかり使うな、試合に出ている国内組使えと騒いで使わせた挙げ句、実力差経験差が明らかに
香川のあの発言も、あの場にいたいつも香川をちゃんと取材している記者は、報じられてる内容を否定してたよ
マッチメイクを批判したのではなく、自分たちの試合内容の反省だった
言葉じり取らえて足引っ張るだけの日本マスコミと、それをうのみにする日本人
マスコミも国民も、選手たちや代表をサポートする気は無いようです
日本がドイツのような強豪国になるのは、当分無理ですわ
[ 2017/10/11 08:45 ] [ 編集 ]
アウクスブルク戦のような世界が絶賛するような美しいループシュートを決めることもできるし
ハイチ戦のような泥臭い奇妙なゴールも決めれるってことですかね
ドルトムントではこんな泥臭いゴールを決めたことは初めてじゃないですか?
リーグ戦でいえば勝ち点「1」ゲット、この勝ち点「1」が最後の最後で影響することもあるし良かった
リーグ戦での連続ゴールも期待してます!


[ 2017/10/11 08:52 ] [ 編集 ]
代表戦がようやく終わりました。まだW杯予選を戦っている国とは違い、日本は親善試合でしたのでドイツでこのような記事が出ている
事に驚きました。
原口選手もケガをしていたようですが、昨日のハイチ戦に出場していました。せっかくバイエルン戦で活躍し、今後が期待されている
だけに少し心配です。
昨日のハイチ戦ではたとえ親善試合でも最後まで勝ちにこだわっていたのは香川選手だけのように感じました。
クラブでの活躍に期待しています。
ピシュチェクがケガをしてしまったようですね、、シュメルツァーがそろそろ戻れそうかと喜んでいましたがショックです
[ 2017/10/11 08:58 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもスピーディーな翻訳をありがとうございます。
確かにあまり目にすることのない変わったゴールでしたが、
香川選手の執念を感じたゴールで私は頼もしく感じました。
ゴール後のボールをすぐ拾って走って戻ったところとかも。
そうですね、自信をもってドイツへ帰国してほしいと私も思います。
[ 2017/10/11 09:03 ] [ 編集 ]
もはやドイツ人にとって日本代表は他人事じゃないですねw
これだけブンデスのレギュラー選手がいたら
ブンデス日本人選抜みたいな感覚なのでしょうね。
[ 2017/10/11 09:09 ] [ 編集 ]
海外紙は普通に香川のゴールを評価してますね。日本のコメントを見てると、ごっつぁんゴールだとか酒井のゴールを奪ったとか言われてるのが正直腹立たしいです。そもそも酒井がシュートできたのも香川がディフェンスを引きつけたからだと思うんですが…
[ 2017/10/11 10:02 ] [ 編集 ]
サブと主力組の差は明らかでしたね…
しかしこんなひどい弱者サッカーに放り込まれる香川が可哀想で可哀想で。

誰かも言っていましたが、香川は「ビジョン、インテリジェンス、思考スピードが一つ違うステージにいる」わけでして、彼より「フットボールをしている」選手はいないわけです。
しかし日本代表のサッカーは、残念ながら「別競技」と言ってよいくらいの差がありまして。
「日本史上最高のタレント」を生かせないジレンマに泣けてきますね。
[ 2017/10/11 10:34 ] [ 編集 ]
やっぱり決めるのは香川真司でしたね。
各メディアで最高点、マンオブザマッチでした。
[ 2017/10/11 10:44 ] [ 編集 ]
確かに香川があの場所に転がってなければ入らなかっただろうけど...
[ 2017/10/11 11:19 ] [ 編集 ]
代表で怪我してクラブで出場できなくなる、というのを
繰り返してたので、怪我なくクラブに帰ってくるのが一番ですね

同点ゴール後、一人ボールを回収して追加点を取りに行った姿勢を
みせたのが印象的でした 
こういう意識の違いはの強豪チームにいるからなんでしょうか
[ 2017/10/11 13:34 ] [ 編集 ]
日本代表の試合は見ないほうがいいと思いますよ。
地上波の放送なのですが、ものすごい印象操作が入るから

ニュージーランド戦は日テレでしたが、
こちらは日テレのゴーイングという番組で最終予選のタイ戦で
浅野→本田が外す→ハリルホジッチタオル投げる、という
シーンがあったのですが、番組で放送されたのは
香川がはずす→ハリルホジッチがタオルを投げる、とかいう編集をして
放送していた局なので、またなんかやらかすんだろうな、という
目で見ていました。

予想通り、MFの香川にFWの大迫ともめてPK取りに行け、とかおもしろがられ
たりFW陣の決定力は無視されてMFの香川の決定力に上から目線でダメ出し
実際の動きはものすごくよかったんですが、テレビの放送で香川はダメ~とか
書かれて、ほかの選手は自分が批判されることもなくよかったですね、という
感想をいつも抱いてしまいます。視点が日本独自すぎてスポーツの解説に
なってないので管理人さんは日本の地上波が見られなくていいと思いますよ。

あとJリーグ組は海外の選手とやるのは初めてだからで~とかよせの甘さとか
ポジショニングの酷さが誰からも指摘されることなく許されて、代表戦の度に
Jリーグ組を呼べ、軽視してるとか言われてるのは何なんでしょうね。
いつもそこを許されてるので、最も甘やかされて優遇されてるのはJリーグ組
だと代表戦の度にいつも思ってしまいます
[ 2017/10/11 13:55 ] [ 編集 ]
 怪我なく消化してくれて安心しました。私の代表戦の望みは常にそれだけです。
[ 2017/10/11 13:59 ] [ 編集 ]
香川のゴールよりゴートクがゴールに絡んでニコニコでしたが、
海外に出てる選手としては気になりましたね。

時間的にももう終わりで、Jリーグでやってる井手口は世界と戦う経験値が全く
足りてないからしょうがなく、ゴートクもいつも結果が欲しいと言っていたので
アシストついたのを喜んだのはわかりますが、試合終了してないのに
勝ち越しゴールでもないのに無駄な余裕がありましたね
[ 2017/10/11 14:18 ] [ 編集 ]
レギュラーが抜けて新たなフォーメション試したのは解るんだけど
パスの速度が遅すぎてWCじゃ通用しないよねって感じました
緩急はあるにしても、速いパス出せて、受けれる選手でメンバーの
'選別'すれば良いと思います
[ 2017/10/11 15:00 ] [ 編集 ]
今回の召集、海外組は見送っても良かったんじゃないかと思いました。
長時間の移動だけでなく、まだ選考途中の固まっていないチームで2試合。
若い選手なら多少意味があるかも知れませんが、25歳以上の中堅からベテラン選手を召集した意味は無かったと思います。
海外に出る選手も増えてきましたし、代表の国内親善と海外遠征の割合を均等に割り振って、各主力を国内メインと海外メインで分けた方が効率良いんじゃないでしょうか。
[ 2017/10/11 15:03 ] [ 編集 ]
NZ戦後批判について、次決めればいいと言っていたとおり決めましたね。
ゴール後すぐボールを拾い戻る姿はたくましく見えました。
ドルトムントで何度も見た光景ですね。
代表での香川は物足りないのは事実。
でも、クラブと代表のギャップに苦しみながらも頼れる存在に少しずつなってるように感じます。
あまり考えすぎずにプレーして欲しいですが。
[ 2017/10/11 15:53 ] [ 編集 ]
せっかくのスッポンサーが害悪になっちゃ困るよね。
こういう試合に香川とか引っ張ってくる必要は皆無だ。
南アW杯でもやらかしてたよね、試合会場への移動も考慮せずスッポンサーのご都合で宿舎決められたり。
もういい加減にしようや。
クラブチームで熾烈なポジ争いしてる最中にこれじゃ、仏の香川だってキレるわ。
[ 2017/10/11 16:02 ] [ 編集 ]
Jリーグ組様の為の試合でしたね
海外組には海外にいるのに海外遠征の費用を
稼ぎ出すために呼び戻されるし
Jリーグにいても世界と闘える環境にいる、とか
うぬぼれてるなら、さっさと向こうがふわっとして
入ってた前半にさらに追加点とるルースレスさを
見せるべきでしたが、そんな事考えてもない
印象を受けました

日本代表はスポーツ種目としても特殊な環境で
国内からJリーグ軽視とかいう声がでてるくるから
例えば杉本切るために武藤CF試さないのか?とか
いろいろ「配慮」の方が透けて見えるのがうんざりする

今回でJリーグ得点王クラスを切れると
証明したから、武藤のCFはこれから試されると思うけど
なんでそんなめんどくさい過程を踏まなきゃ解らないのか
海外組がなぜ国内組為に付き合ってあげなきゃ
いけないのか、それこそマスコミが理路整然としてれば
いいだけなのに、海外組を呼び戻して
消耗させてまでやらなきゃ解らない事なのでしょうか

日本のマスコミに絶対的に扱われてきてる
大迫もポストプレーは見事だと思いますが、
ポジショニングがズレて周りに点を取らせるまでの
ポストプレーでもなく、ポストプレーができないけど
点だけは取る岡崎タイプでもなく、どっちつかずの
中途半端になっていて、絶対的なCFと呼ばれるには
まだ早いですね
武藤はチャンスが来たらものにして大迫との競争を
煽って欲しいと思ってしまいました
[ 2017/10/11 16:03 ] [ 編集 ]
酒井高徳のゴール正面グラウンダーのシュートは、あのままだとGKが楽々キャッチ。
そこを瞬時の判断で、ダイレクトでネット上に蹴り込んだのは素晴らしいテクニックでしたね。
[ 2017/10/11 16:13 ] [ 編集 ]
2017/10/11 13:55さん良く言ってくれました。全く同感です。
メディアとしては香川のネガティブな記事は売れる…コメントが凄く伸びるし、話題になるから敢えてネガティブな印象操作してますよね。ここだって凄くコメントが伸びるのは決まってそういうネタ。
TBSのハイチ戦では戸田さんが解説している時はとても良かったです。戸田さんのゴーイングでの解説はデータ駆使したロジックな内容で、いつも勉強になってます。
[ 2017/10/11 17:58 ] [ 編集 ]
blog主さんはどのようにしてドイツ語を身に付けましたか?一から現地に飛び込みましたか?
[ 2017/10/11 18:50 ] [ 編集 ]
海外組はFIFAランキング100位以下のNZに2得点しか取れず内容は五分五分。
国内組はFIFAランキング48位に2得点、それ以外にもチャンスを作ってた。
海外厨の皆さんjリーグガー 国内組ガーとか言ってる場合じゃないでしょ(笑)
[ 2017/10/11 18:51 ] [ 編集 ]
[ 2017/10/11 07:45 ]さん
>香川の同点ゴール後に、香川だけが必死な顔でボール持ってゲームを始めようとしていましたが、他の選手達は、ああ引き分けで良かった‥って感じでへらへら笑っていてそのメンタルにがっかりしました。

全く同じこと思ってTVに向かって怒鳴ってしまいました。(笑)
[ 2017/10/11 22:00 ] [ 編集 ]
[2017/10/11 14:18]
>香川のゴールよりゴートクがゴールに絡んでニコニコでしたが、
>海外に出てる選手としては気になりましたね。

これは競っている舞台の差もあるかなと思います。 香川選手はルール地方の名門で先発を競っていて、しかもブンデス開設以来2度目の黄金期を象徴する選手でもある。勝ってなんぼの選手なんですよ。引き分けで肩を落とすサポがいるのが香川選手。かたや高徳がプレーしているのは「降格しない」事が目標のハンブルガー。引き分けたら喜ぶサポがいるクラブ。
[ 2017/10/12 00:23 ] [ 編集 ]
>今回の召集、海外組は見送っても良かったんじゃないかと思いました。
WC組合わせの方法が変わったからPOD3に入るかPOD4に入るかが大問題なの
現状だとPOD3の可能性が残されてるからFIFAランク下げるような負けは許されない
だから試すと言っても判断が難しいのだと思われます
[ 2017/10/12 03:08 ] [ 編集 ]
>海外組はFIFAランキング100位以下のNZに2得点しか取れず内容は五分五分。
国内組はFIFAランキング48位に2得点、それ以外にもチャンスを作ってた。
海外厨の皆さんjリーグガー 国内組ガーとか言ってる場合じゃないでしょ(笑)

確かにどちらの内容も良くなかったですね。ただ、NZに対しては決定機を多く作りながら決めきれなかった、決定力不足を叩かれていましたし、ハイチは最初はゲームをコントロールできていましたが、2点先制後に主導権を握られて3失点したことを問題視されているのでその認識は違うとおもいます。
まず3失点はハリル体制で最大失点。守備陣が良くなかったし、それがほぼ国内組だった事。攻撃陣はどちらも海外組が多く、それなりだったが、得点後に集中が切れてペースを取り戻せなかった、それを取り戻したのが倉田、杉本に変わった香川、大迫だったと言う事でしょう。
[ 2017/10/12 07:55 ] [ 編集 ]
結果的に勝ってるものを五分五分と表現し、引き分けてるもの(しかも最多失点)をチャンスは作れてましたってさすがに説得力ないですよ。ハリルは今までで最低の試合だと言っていますし。
そもそも私は海外組国内組っていう分け方がよくわかりませんね。井手口が活躍したときに国内組が凄いとか書いてる人を見ましたが、すぐに井手口は海外へ挑戦に行って海外組になるんじゃないですか。そしたら国内組を裏切りやがって、とか言うんですかね?
[ 2017/10/12 18:09 ] [ 編集 ]
国内組(サブ組)はボロボロに叩かれて、失格の烙印を押されてしまいましたね…
全メディアが「やはり主力組。やはり海外組!」という風潮に戻りました。

まあハイチが完全に眠っていた早い時間帯の2ゴールにほとんど価値は無いでしょう。
1点返してから、まるで別チームのようにヤル気を出しましたから。
それでサブ組は手も足も出ずパニックになりました。
やはり海外組は格が違うと感じた試合でしたね。
[ 2017/10/12 18:20 ] [ 編集 ]
>海外組はFIFAランキング100位以下のNZに2得点しか取れず内容は五分五分。
国内組はFIFAランキング48位に2得点、それ以外にもチャンスを作ってた。
海外厨の皆さんjリーグガー 国内組ガーとか言ってる場合じゃないでしょ(笑)
ごめんなさい。間違いました。NZ戦で海外組が取ったのは1点だけでしたm(__)m貴重な勝ち越し点は国内組の倉田さんでしたm(__)m
[ 2017/10/13 02:18 ] [ 編集 ]
ハイチ代表選手も、ニュージーランド代表選手も、試合後に香川真司を絶賛していましたね。
やはり彼だけは本当にトップクラスで凄かったと。
対戦した相手が一番良く分かっているのですよねえ。
[ 2017/10/13 05:24 ] [ 編集 ]
さすがにこの内容でJリーグの選手を持ち上げる気にはなりませんね
特に守備の酷さは今までの試合で最も悪いものでした
チャンスを作れてもそれを台無しにするようでは五分どころかマイナスと言ってもいいくらいです
経験とメンタル面の脆さが露呈してしまったんでしょうね

ただね、Jリーグで活躍を見せる選手が海外リーグに進出する時代にあって
国内組、海外組などと言うマスコミの作ったレッテルに乗っかって互いをDisRespectするのは
結果的に日本のフットボールや選手達を貶める事になるのでやめた方がいいと思いますよ
[ 2017/10/13 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。