ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発出場ドルトムント!ニコシアに引き分け、グループリーグ突破は絶望的に!独紙レビュー《ドイツの反応》




ビルト

ニコシア相手にたった1:1

ビュルキの大失態。ドルトムントは敗退ほぼ決定!



entry_img_1895.jpeg

どうやらドルトムントはこれで終わりだ。ニコシアを相手にたった1:1という結果に終わり、決勝リーグに行くのは、サッカーの奇跡というしかなかった。

スポンサーリンク



パッとしないキプロスのチームを相手に、ボルシアは大部分で試合をコントロールしていたが、中盤はアイデアがなく、ゴール前でも精細さを欠いた。ほんとうにパッとしないトプラク。そしてビュルキの失態が、チームを不安定にするには十分だった。


キャプテンのシュメルツァーが38日ぶりにスタメンに復帰した試合だった。SDのツォルクは“勝つことが最優先だ。シュメルツァーが戻ってきたことは良い事だね。彼は守備に安定をもたらし、攻撃にも勢いをつけられるから。”と語っていた。

さらにペーター・ボシュ監督は2:3で敗れたライプツィヒ戦からメンバーを変えてきた。ザガドゥー、トルヤン、シャヒン、カストロ、フィリップの代わりに、バルトラ、香川、ヴァイグル、プリシチ、シュメルツァーがスタートしたのだ。




これまで13試合すべてでスタメン出場しているのはビュルキ、ソクラティス、そしてオバメヤンだけだ。



ドルトムントは試合開始後攻撃的に出たが、非常にやる気があり統率のとれている対戦相手に対して苦労した。ヤルモレンコ、香川、シュメルツァーらにもチャンスがあったが、それは決して相手にとって脅威となるものではなかった。




そして守備では悲惨な状況に・・



ニコシアのカウンターは危険だった。なぜならトプラクが何度もチームを不安定に陥れたからだ。彼のせいどオフサイドのラインが乱れ、それによって16分にはカマルゴがほぼ先制する所だった。さらにビュルキに対して不正確なバックパスを繰り返し、組み立てにおいてもパスミスを連発した。



しかしドルトムントのキーパーの不安定さはこれだけではない。アロネフティスの放ったループキックに対しては、距離を見誤り、さらに失点しかけている。



それとほぼ時を同じくしてドルトムントには悪いニュースが届く。トッテナムがマドリッドを相手に1:0とリードしたのだ。


その2分後、ニコシアの有名なストライカー、デ・カマルゴが肩を負傷し交代となり、元ドレスデンのポーテが出場している。さらにニコシアのキーパー、ウォーターマンもオバメヤンとの接触により負傷し、フィールドを後にする事となった。


前半を0:0で終えたドルトムントだが、チャンピオンズリーグ103試合に出場する、マリオ・ゲッツェが最も優れたドルトムントの選手だった。



そしてBVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは親指の手術のため、ニコシアには来ておらず、テレビの前でゴールを待ちわびている所だった。ツォルク:“彼も家で一緒に苦しんでいると思う。”と語ったが、少なくともこの時点ではレアルが1点を返し同点としていた。



そして59分にトプラクが太ももを負傷し交代となる。トルヤンが右サイドを務め、さらにバルトラがセンターバックに入った。これによってようやく守備も安定するかと思われたのだが・・・。



なんてこった・・。ビュルキの2重の失態が起こったのだ。


▶彼は何もプレッシャーの無い状況からボールをエベチリオの足元にパスしてしまう。そして彼のなんて事の無いシュートを弾いてしまったのだ。ポテがボールを奪うと、そのままビュルキをかわして1:0としてしまったのだ。



そしてドルトムントの目が覚めたのだ。


▶ゲッツェがボールを宙に浮かせると、それをソクラティスがヘディングで押し込んで同点とした。


93分にはオバメヤンがヘディングゴールを放つもポストに当たってしまう。


信じられないようだが本当だ。ニコシアはこれまでのチャンピオンズリーグ10試合でたった1ポイントしか獲得していなかった。さらにこれまでドイツのチームと対戦した事は17回あるが、負けなかったのは3回しかない・・・。








以上です。


最悪の試合でしたね・・。

とにかくごちゃごちゃして統率がまったくとれていませんでした。せっかくゲッツェと香川選手のプレーが見れるかと喜んだのですが、サイドと全く合っていませんでしたね。最初の15分ぐらいはよくなりそうな予感も少しはあったんですが・・。

そしてビュルキ・・

やはりチャンピオンズリーグで戦っていくことを考えるとビュルキは非常に物足りないですね。ドルトムントに必要なのは最低でもドイツ代表クラスのキーパーでしょう。ドイツ代表3人に常に入りそうなキーパーを獲得するべきですね。

大事なゲームでキーパーやらかしじゃ勝てない。2シーズンくらい前のオフに代わり取れっていったけどなんもしなかったからな。ツケが回ってきた。今後ELに回るのかも知らないけどとてもヨーロッパのレベルじゃ使えない。基礎的なミス多過ぎだから。スパーズ戦、マドリー戦でもやってたからもうゴメンして。擁護できないよ。
後ろはシュメレ戻ってきたからレッドブル戦よりはマシになったけどあのトプラク交代のとこはいただけない。バルトラを右サイドバックから左のセンターバックにってナニ考えてんだろね?プレーがブレたら即失点のCLなのに。素直に他のセンターバックと交代でよかった。
[ 2017/10/18 07:47 ] [ 編集 ]
奇跡が起きればワンチャンあり、香川は良く頑張った
フトチャンは試合見てないでしょ?酷すぎ
[ 2017/10/18 07:58 ] [ 編集 ]
ゲッツェがBVBで一番優れた選手だ!なんて書いちゃうほど見る目がなさ過ぎで笑います。
ビュルキはリーグ戦では良いのにCLではニアをぶち抜かれることが多いのは何でかって考えるべきでは?
代謝障害のゲッツェをターンオーバーしない起用法も問題あるし、プリシッチを左で使いヤルモレンコと同時起用する悪癖もそのまんまですね。
BVBがポゼッション高いのは攻撃を続けるからであって、パス回しでボールを保持するからじゃなかったはずです。
3バックにしてグチャグチャにするのも変わりませんね。
経営健全とマニュアル、規律ばかり重んじてサッカーの楽しさを忘れてるブンデスリーガが低レベルになってるのをもう少し考えて欲しいです。
[ 2017/10/18 08:23 ] [ 編集 ]
代表のスタメンすら勝ち取れてないGKがドルのゴールマウスを守ってるのが今以て納得いってない
ビュルキでは役者不足だね
[ 2017/10/18 08:33 ] [ 編集 ]
「チャンピオンズリーグ103試合に出場する、マリオ・ゲッツェ」これは間違いですよね?
CL出場最多記録がラームの112試合ですから。現役ではノイアーかミュラーが多いはずなのでそれよりゲッツェが上なのはありあません。
[ 2017/10/18 08:41 ] [ 編集 ]
キーパーはケルンのホルン?とケビントラップの噂がここの所ありますね。
ビュルキは降格チームからの引き抜きでしたね
[ 2017/10/18 08:44 ] [ 編集 ]
キーパーはゴール守るだけじゃなくてディフェンス全体の統率も重要な役割ですけど、その部分がなかなか目立つことがないのが難しいですよね
全盛期の楢崎なんかは未だに代表GKではナンバーワンにその部分がうまかった
統率がうまいと相手の攻撃の幅を狭められるので派手なセービングをする機会が減る
そうなるとハイライトとかでは目立てないんですよね
[ 2017/10/18 08:50 ] [ 編集 ]
今季は厳しいね
監督変わったし、怪我人続出だから、仕方ない部分もあるよ
それにしても、プリシッチはどうしちゃったんだ
デンベレになろうとしているのだろうか
[ 2017/10/18 09:15 ] [ 編集 ]
トゥヘル時代の規律が失われてグダグダですね。
2年間で培われたポジショナルプレーが崩れ去っていくのが悲しいです。
まあ!遅くても今期一杯で解任でしょう。フロントはどう責任とるんですかね。単純に腹が立ちます
[ 2017/10/18 09:23 ] [ 編集 ]
試合を見ましたが酷かった。パスも雑で取られる、飛び出しも無いので前線が詰まる、シンプルにサイドに出さない。守備も攻撃も酷かった。
キーパーですがバルサで腐ってたときテア・シューゲンを取って欲しかったと思っていました。今さらですが。
ドイツ代表クラスというとあとはレヴァークーゼンのレノくらいですかね。
[ 2017/10/18 09:59 ] [ 編集 ]
ビュルキ。。シュートに対する反応だけはノイアーレベルなんだけど。。足下のレベルが強豪クラブのものとは思えない。ポジショニングのミスも多い。

そして香川ゲッツェという連携で輝く2人とプリシッチという最悪の組み合わせ。しかも攻撃はずっとその左サイドっていう希望の見えない展開だった。
[ 2017/10/18 11:02 ] [ 編集 ]
うーん、、グループリーグ敗退の可能性が高そう。
仕方ないけど、もったいないなぁ。
週末の試合の敗戦が尾を引いてるのか。

香川はやっとフル出場できたので、そこはポジティブなこと。
しかし、アウェイでしか先発してないけど、ホームで先発させてくれないのは何か理由があるのか。
[ 2017/10/18 11:29 ] [ 編集 ]
何故ズボティッチを使わないんだ?
[ 2017/10/18 12:13 ] [ 編集 ]
今いるGK陣がダメとは言いませんが、レノ辺りが獲得できたら面白いかなとは思いますね
個人的には先に1枚DF陣にドイツ代表クラスを獲って欲しい
[ 2017/10/18 12:28 ] [ 編集 ]
香川のミドルは十分相手にとっての脅威だったでしょう
日本のメディアはバー直撃とか書いてますがGKが触ってますし
何をみているんでしょうか?
[ 2017/10/18 14:10 ] [ 編集 ]
つーかCL毎試合1点じゃ、クリーンシート以外勝てないっての
守備犠牲にして攻撃するスタイルのチームなのに
[ 2017/10/18 15:39 ] [ 編集 ]
インテルからハンダノビッチ強奪して欲しい
[ 2017/10/18 16:02 ] [ 編集 ]
>>前半を0:0で終えたドルトムントだが、チャンピオンズリーグ103試合に出場する、マリオ・ゲッツェが最も優れたドルトムントの選手だった。

これはないでしょう。
[ 2017/10/18 17:38 ] [ 編集 ]
ビュルキは言うほど悪いキーパーじゃないでしょう。
確かにGKは強化ポイントだったけど、ここ数年はちゃんと守ってたんですから。
CLでここまでボコられてるのはCLでの守備構成が悪いからじゃないんですか?
それに良いGKを獲得するなら別にドイツ人じゃなくても、もっと良いGKを排出するイタリアから獲得しても良いのでは?
ブンデスリーガはドイツ人にばかり金を掛けて人材が硬直しすぎてますね。
[ 2017/10/18 17:47 ] [ 編集 ]
まっ、今期はゲッツェと心中ですな。
何かドルトムントは覇気と規律が無いですね。フロントが選手獲得の全権を握っているのならば、フロントの責任は大ですね。
デンベレは、とやかく言われながら高給を得て、憧れのクラブに強引に移籍したのだから、プリがデンベレを見習うのは仕方ないですね。
彼はW杯も無く、望みは強豪クラブ移籍だけでしょう・・CL落とすと冬が騒がしくなりそうです。リーガーが首位なのに、今期のつまらなさは何なんでしょう。
[ 2017/10/18 18:24 ] [ 編集 ]
>それに良いGKを獲得するなら別にドイツ人じゃなくても、もっと良いGKを排出するイタリアから獲得しても良いのでは?

ドイツの方が良いキーパーを多く輩出していますよ。
すぐにでも獲得できる現実的な層となるとドイツが一番でしょう。
[ 2017/10/18 20:52 ] [ 編集 ]
勝たなくてはいけない試合でしたから、内容より結果という意味でもひどい試合でした。ビュルキはトゥヘルの時にはミスは少ない印象でしたので、どうしてしまったのでしょう。

ゲッツェ云々のくだりには笑ってしまいました。こんな評価、ゲッツェ本人も嫌だと思いますけどね。ボシュのゲッツェ起用をメディアが正当化しているみたいで、不自然さを感じるのは私だけでしょうか。
[ 2017/10/18 21:09 ] [ 編集 ]
ローテも大事だけど選手の個性や組み合わせをもっと考えて使った方が今は良いと思う。トゥヘルの最初の半年はそれで成功してた。過密日程でまともに戦術練習する暇ないだろうし。
[ 2017/10/18 22:37 ] [ 編集 ]
なんだか勝利を捨ててまでゲッツェですか?って感じです。まあレーブ監督があれだけ大事にしてるドイツの至宝ですけど、レアル戦以降ドルのフロント監督、ゲッツェと心中なんですかねって感じです。ボジュ監督は、優勝目指してるなんて言ってた気がするけど話だけな気さえします。昨年のCLは事件もあり今年こそはって、バルトラ見てるとなおの事そう思います。ゲッツェにはドイツの至宝たる活躍を願うばかりです。まあ監督も変わってリセットいろんな意味でされたんですね
[ 2017/10/19 00:48 ] [ 編集 ]
誰と誰がいい相性なのかまだまだ模索中って感じ。ヤルモレンコと香川は右で組ませればいいのに。なんでパスを出さないプリと組ませるかな。プリの左はやめてほしい。いいプレーするのはほとんど右。ヤルモレンコが疲れたときに代わりに使えばいいと思うんだけどね。
バルトラ攻撃大好きはわかるけど、自分の持ち場所放棄してまで上にあがるなよといいたい。そのおかげでピュルキのやらかしの1点につながった。時々やらかすねこの人は。なんかチームが戦術、選手の組み合わせがかみあわなさすぎる。
[ 2017/10/19 12:50 ] [ 編集 ]
たぶん香川のシュート、キーパーに触れていないと思います。
スボディッチ、残念ながらトプラクよりかなりやばいです。埼玉で見たときも、ひどかった・・。

ビュルキは、確かに反応など神がかるときありますが、ごくまれ(苦笑)
足下かなり危ういですよね。今年のように、ラインをかなり高く保つ戦術だと、キーパーの動きや足下、そのうちまた大きなミスが出てしまいそうです。
[ 2017/10/19 17:32 ] [ 編集 ]
ビルトが記事中で他試合の経過を書くことが理解できない。
まだ3節なのになんの必要があるのだろう?
なんらかの嫌がらせなのだろうか?
これからスパーズ・マドリー戦見ます。
[ 2017/10/19 23:44 ] [ 編集 ]
香川のシュートはキーパー触ってますよ。
色々な角度からの映像が残ってます。
[ 2017/10/20 18:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。