ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴァイデンフェラーが正ゴールキーパー復帰か?《ドイツの反応》




ビルト】



ビュルキの失敗

ヴァイデンフェラー、正ゴールキーパー復帰か?


entry_img_1898.jpeg

ボルシア・ドルトムントが抱えているのは守備の問題だけではない!今度はキーパーだ。

監督のエヴァルト・リーネンはスカイでビュルキのパフォーマンスを猛烈に批判している。“ビュルキは上の空だ。まったく良くないし判断も間違っている。今シーズンは間違いだらけだ。”

スポンサーリンク



キプロスでの試合の0:1は彼の責任だ。最初に彼のパスが相手選手に渡ってしまい、さらに全く怖くないシュートを弾いてしまった。それを元ドレスデンのポテが決めてアポエルが先制したのだ。ビュルキは試合後無言で通り過ぎたが、神経質になっているようだ。


ビュルキの度重なるミス!ヴァイデンフェラーが正ゴールキーパーに戻るだろうか?



しかし試合後のチームメートの反応を見る限りはそうは見えない。キャプテンのシュメルツァーは“僕たちにはプレーに関与できるキーパーがいる。今日のような事はマニュエル・ノイアーにだって起こりうることだ。チーム内ではキーパーに関する議論はない。”と語った。さらにソクラティスは、“ロマンは何度もチームを守っている。”と語っている。


さらに、ボシュ監督はキーパーに関する議論を拒否している。“チームが彼を批判することはないだろう。これからも引き続きプレーしなければならない。”




なぜなら、データーを見ればこの交代がそれほど意味がないことが分かるからだ。



▶ビュルキはチャンピオンズリーグ12試合で17失点を記録している。1試合1.42失点だ。ヴァイデンフェラーは37試合で52失点だ。これは1試合あたり1.4失点だ。



▶ビュルキは昨シーズンのモナコ戦。それからトッテナム戦、ニコシア戦で自らのミスによって失点している。ヴァイデンフェラーはそれに対してたった1失点である。



▶ビュルキのチャンピオンズリーガでのセーブ率は64.6%だ。ヴァイデンフェラーは67.1%となっている。



▶ブンデスリーガでは、ビュルキの失点は1試合あたり平均で1失点となっている。ヴァイデンフェラーはそれに対して1.1失点だ。



彼が昨シーズンビュルキの代わりに出場した時は、6度も相手に先制されている。2015/16シーズンは国際大会ではナンバー1だった。12試合のうち10試合でプレーしている。その中にはトッテナム戦での成功も含まれている。


ビュルキのミスはこのところ劇的に増えている。このスイス人はライプツィヒ戦、トッテナム戦、レアル戦でミスをしている。


次のフランクフルト戦は、ボシュは再びビュルキを起用するだろう。彼はそれに答える事ができるだろうか?


シュメルツァー:“ロマンは足元がうまい。このような状況では僕たちディフェンダーも彼を助けなければならない。”


しかし事実なのは、冬までは彼が毎試合プレーするだろうという事だ。保護観察の下で。では彼がこのチャンスを生かさなかったら、そしてヴァイデンフェラーが選択肢にならないとしたらどうなるのだろうか?


そうなったら新しいキーパーを獲得するしかない。理想的な候補としてはイタリアのジャンルイージ・ドンナルンマ(18)が挙げられるだろう。


さらにドイツ代表のケヴィン・トラップとの噂もある。彼は今シーズンはパリ・SGではまだ一度もプレーしていない。なので国際大会において他のクラブでプレーする事は可能だ。




読者投票結果!

ヴァイデンフェラーが正ゴールキーパーに戻るべきか

はい 74%
いいえ 26%







以上です。

やはりもっと良いゴールキーパーを望む声が高まっていますね。そして読者アンケートの結果からヴァイデンフェラーに対する信頼も厚いという事が分かりますね。

これからドルトムントがキーパーの補強をするかどうか、見ものですね。



[ 2017/10/19 20:35 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(20)
 私は いいえ です

 直近の試合だけで判断することではない。それを言い出したら試合に出せる選手が一人もいなくなってしまう。ビュルキは今シーズン全体を観れば良いパフォーマンスを発揮している。
 しかし、ほぼ全ての試合でプレーするのは負担が重い。GKだって疲労するのである。セカンドGKにプレーさせる機会をもう少し用意して、ビュルキがリフレッシュする時間を作るのがいいかもしれない。
[ 2017/10/19 20:55 ] [ 編集 ]
サッカーにおける最も重要なポジションではありますね
失点しなければ決して負けることはありませんが勝てもしない
理屈はそうなんですが、だからと言って守備固めだけでは選手もファンも納得しないし出来ないです
そこのバランスをどう取るのかで多くの監督が頭を悩ませていますよね
キーパーだけ素晴らしくても試合には勝てない
これが結論だと思います

では、どうするのか?

ボシュ監督の手腕の見せ所なんですが誰と心中するのか覚悟を決め兼ねているように見えます
軸となる縦のラインの選手を数人固定してチーム作りを進めるべき頃合いかと思います
オバメ以外は流動的でまだ組み合わせを見ているようですね
[ 2017/10/19 21:26 ] [ 編集 ]
ヴァイデンフェラーは、もぉ無理だって。純粋に反応が以前までと全然違って遅れてしまってる。ビュルキよりも酷いことになるよ。
[ 2017/10/19 21:46 ] [ 編集 ]
ドンナルンマが来るわけない。笑
ドイツはキーパーが素晴らしいのだから、代表選手がベストだろうけど探せばビュルキ以上はいそうですけどね。
[ 2017/10/19 21:55 ] [ 編集 ]
フランクフルトのトラップがPSGに移籍する時に
格安のビュルキを選択したツケが回ってきた
[ 2017/10/19 22:42 ] [ 編集 ]
トゥヘル時代はリーグ戦とカップ戦でヴァイデンフェラーとビュルキの起用を分けてませんでしたか?
ヴァイデンフェラーもいきなりとなると試合勘とか難しいんじゃないかな?
以前ドルトムントでヴァイデンフェラーの控えだったランゲラクはシュツットガルトに移籍して昇格の立役者だったのにツィーラー獲得でレバンテに出されてしまって、そこでもベンチですね
無理な希望かもしれませんが獲得するならランゲラクに戻って来て欲しい
[ 2017/10/19 22:53 ] [ 編集 ]
確かにアポエル戦でのミスはビュルキの責任が大きいとは思いますが、ビュルキだけの責任でも無いと思いました。
今シーズンの失点はトッテナム戦が初めてで、その試合からバルトラが怪我で離脱してトプラクとソクラティスのコンビになりましたが、今までラインコントロールを担っていたバルトラが抜けたので、明らかにラインがコントロールされておらずオフサイドを取り損ねることがしばしば有って、ビュルキの負担が増えていました。
その後、ケルン、HSVと降格争いチームに無失点もトプラク、ソクラティスのペアで他は無失点だった事が有りません。アウグス戦久々にバルトラ、ソクラティスのコンビ復活で、試合自体は良くなかったし1失点もしましたが、これはトルヤンが交された事によるもので、ラインコントロールはできていました。
ビュルキをヴァイデンに変えてもトプラクがCBで、バルトラが居ない限り変わらないと思います。

余談ですが香川はアポエル戦が今シーズンというか6月の脱臼後、代表戦含めて初めてのフル出場でしたね。終盤まで攻守に良く走れていて、コンデションは万全になったと思いました。いよいよこれから巻き返してくれると信じています。
[ 2017/10/19 22:53 ] [ 編集 ]
ヴァイデンフェラーは好きだけど流石にパフォーマンスが上がらないでしょう
GKがシュート止めれないのは問題だけど、トプラクやらDF陣のやらかしが酷い気がしますね
ドンナルンマとか移籍金もサラリーも膨大でBVBが払える訳ないのに理想的な候補とか笑かす
[ 2017/10/19 22:59 ] [ 編集 ]
ヴァイデンフェラーがドルトムント黄金期を支えた名プレイヤーである事は確かですが、流石に正GKに、というのは失笑もの。
ビュルキは昨季堅実なプレーを見せていたのですから期待したいところですが、大一番でのミスも目立ちますし、何よりドルトムントレベルならもう一段上のレベルにあるGKを獲得すべきでしょうね。せっかくGK大国のドイツなのですし
[ 2017/10/19 23:25 ] [ 編集 ]
レアルマドリー×トッテナムの試合を見ましたが、両GKともに凄まじかったですね。
レベルが違いすぎます。

おそらくベスト16くらい行けるクラブで、DF〜GKのレベルがドルトムントは一番低いのでは…
特にDF陣の足元の不安定さと対人の弱さは際立っていますよ。
ドルトムント戦と同じように、ケインが左サイド裏を突破したシーンがありましたが、1対1をヴァランがしっかり止めましたからね。
そりゃね……と、差を感じずにはいられませんでした。
DF陣がパス回しする時のあのハラハラ感は、ちょっと問題ですよね…
パスの強弱がまったくつけられない選手ばかりですし、そりゃスボティッチなんてさらに使えないのは当然だなと思います。

上位のクラブなのにカウンターサッカーばかりやって、組み立てなり、進化する事を避けてきたせいですかね…
[ 2017/10/19 23:40 ] [ 編集 ]
誰にでもチャンスは与えられるべきですよね
数字でないなら、別の選手にチャンスを
[ 2017/10/20 00:18 ] [ 編集 ]
単なるカーブフィッティングとしか思えない。

ヴァイデンフェラーが復帰し、失点した直後にデータを取れば、
まったく逆の結果が出るはず。
[ 2017/10/20 01:01 ] [ 編集 ]
ビュルキのミスもそうだけど、ヴァイデンフェラーのミスも似たような事が多かった印象。
スボティッチにパスを返しそこねてとか。あのエリアはドルトムント全員が苦手なんじゃないだろうか。
[ 2017/10/20 01:25 ] [ 編集 ]
トラップ獲得してほしい
[ 2017/10/20 01:26 ] [ 編集 ]
ビュルキでいいと思う
やらかすイメージはあるけど今季のパフォーマンスリーグでは安定してるしドルの守備だとどのキーパーでも負担はでかいだろうしね
ノイアークラスじゃないと誰きてもそんなに変わらないと思う
[ 2017/10/20 04:50 ] [ 編集 ]
流石にいまのヴァイデンはビュルキより良いとはとても言えないでしょうね
問題はビュルキがGKになって以降、ライバルになる選手が出てきてない事でしょうね
GKは1ポジションしか無いので育てるのも難しいのですが
[ 2017/10/20 08:01 ] [ 編集 ]
キーパーよりDFじゃないですかね……
[ 2017/10/20 15:32 ] [ 編集 ]
トラップもやらかすのでビュルキとそんな変わらなさそう
レイマン育てた方が良いよ
[ 2017/10/20 16:19 ] [ 編集 ]
GKだけのせいなの? チーム全体の問題だと思うよ。
[ 2017/10/20 21:14 ] [ 編集 ]
なんと言うか、まだまだチームにボシュ監督の戦術が浸透していない気がします。特にキーパーからのビルドアップではパスコースをうまく作れていない気がします。
ビュルキ選手がこのところ余裕がないように感じますので、なにかリフレッシュできる事があればいいですね。選手起用の変更はその一つだとは思います。ただ、いまのヴァイデンフェラー選手がどこまで出来るのかは疑問です。
[ 2017/10/21 00:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。