ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ボシュ監督!「これ以上何をしたらよいか分からないよ・・」《ドイツ紙》




スポーツビルト




entry_img_1906.jpeg


ライプツィヒ戦での敗戦、そしてチャンピオンズリーグ、アポエル・ニコシア戦での引き分けに続く、フランクフルト戦でのパフォーマンスは不安なものだった。2点を先制しながらも、最終的に勝利につながらなかったのは、まさにその中でも最低点だ。

バイエルン・ミュンヘンとの5ポイント差も一週間でなくなってしまった。さらにライプツィヒも1ポイント差まで近づいている。

“正しい時間に2:0と先制し、さらに他にもチャンスもあったのだから、勝たなければならない。”とボシュ監督は語る。しかしドルトムントは今シーズン序盤にみせたように、3,4ゴール決めるのではなく、“我々は普段ならできるのに、またしてもサッカーを示すことができなかった。“のである。

スポンサーリンク


オバメヤンは、これまでのように危険ではなく、さらに守備陣は何度も穴を見せている。そしてその間の中盤はいないも同然だ。

“ミッドフィルダー抜きの試合は、年寄りのプレーでは見たことがあるよ。”とフランクフルトのフレディ・ボビッチは語る。フランクフルトはシャヒンにマークを付けることで、BVBの創造性を抑えようとした。さらにフォワードたちも積極的にプレスに行った。その結果が多くのロングボールだ。“フランクフルトのプレッシャーは高く、難しかった。”とボシュは語る。“それでも本来ならサッカーをして、スペースを見つけるクオリティーを持っているんだが・・”と彼は続ける。


満員の観客の前で決めたシャヒンの19分のゴール、そしてフィリップの57分のゴールは2度とも完璧だった。しかしそれもフランクフルトでの2013年9月1日以来となる勝利には足りなかった。なぜなら、64分にハラーが、そして68分にはマリウス・ヴォルフがフランクフルトのためにゴールを決めたからだ。


“こんな事が起こってはならない。”とアディショナルタイムで大きなチャンスを決めきれなかったシャヒンは語る。“試合を決定づけるチャンスは本当に多かったんだ。”と彼は続ける。


ボシュによれば、この日は試合運が足りなかったという事だ。


“この結果には満足していないよ。”とズボティチも語る。この日の彼には実戦経験が足りていなかった事が見られた。そしてこのような状況では、守備が大きく改善することも期待できないだろう。少なくともボシュ監督はそれに対する解決策はまだ見いだせないでいるようだ。


“選手たちは、(改善しようと)トライしているね。でもあと何をしたら良いかって?僕には分からないね。少しばかり運が欠けているんだ・・。”







以上です。

まあボシュ的には、何点取られようが、チャンスをしっかり決めていれば勝てるんだから、間違っていない、という解釈なのでしょうか・・。チャンスはあったんだから、戦術はOK、決まらなかったのは運が足りなかった・・・。と解釈しました。

しかし・・、それで良いのでしょうか・・?最近は中盤も良く分からないことになり、さらにプレスもシーズン序盤程の勢いが見られず、とにかく心配ですね。


[ 2017/10/23 05:57 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(34)
フランクフルト戦ではバックラインのケガ人が8人。それに出ているプレーヤーの中にもコンディション不十分が何人かいた。それを考えれば結果はこんなもん。ドタバタする時期に来たってだけ。どこのクラブでもあること。
ただしここからズルズル行って欲しくはないし、来月はハードになるのできっちりやることはやって勝ち点だけは拾ってもらいたいです。
監督は決めきれてないといってるようだけど、ならばゲッツェあたり前で使ったらどうだろな?少なくとも今使ってる10代の子達より全然マシですよ。つか決定的なシュートチャンス決める能力は一番あるんだから。
[ 2017/10/23 06:41 ] [ 編集 ]
まあゲッツェのスタメンフルをやめることとブリシッチの中へのオナドリをやめさせること、今更ながらスボをもう少し使うことくらいですかね。素人目線で出来そうなことは
オバも休ませてあげてほしいな
[ 2017/10/23 07:07 ] [ 編集 ]
ポシュの発言にまた少しだけ信用が出来なくなりました。
1度目はシーズン前半のフットボールにはクオリティも高く満足してると言っていた件、そして今回。
最初のクオリティは高くはないし、怪我人が沢山いる中で良くやれた‼なら良いがベストには程遠いチームだった。今回は運の話にしたことはかなりマイナス。
中盤が無効化されてる原因は最終ラインの高さと相手のプレスの強度が噛み合わないからってことに気付いてほしい。
[ 2017/10/23 07:30 ] [ 編集 ]
たのむからああいう試合の時は2ボランチにしてくれぇ~~(泣 カヴァー無くっちゃヴァイグルだろうがシャヒンだろうが雪隠詰めに合えばああなるでしょ?
[ 2017/10/23 08:21 ] [ 編集 ]
もはや運だけの問題でも無くなってると思いますね。ポシュはもっと危機感を持って考えて欲しい。選手達を生かすのも監督の力量なんだから。中途半端なローテで何をやりたいのか分からないしチームがまとまっていないのが問題。このままでは選手のモチベーションも下がるし不安になりますよね。
[ 2017/10/23 09:12 ] [ 編集 ]
まじかよボシュ。
素人目には色々と疑問がある人が多数だと思います。
攻撃力のあるチームになってると思ってるとしたら解任してほしいです。
[ 2017/10/23 09:17 ] [ 編集 ]
クロップのようなカリスマ性は感じないし、トゥヘルのような強権でもないボシュは一度チームが崩れたらヤバそう。やる事がないっていう発言は戦術の引き出しの無さと経験の浅さからきてるのかな。なんにせよ、せめてリーグだけは頑張ってもらいたい。
[ 2017/10/23 09:18 ] [ 編集 ]
バイエルンと5ポイント差をつけた試合のアウクスブルク戦も香川選手のスーパーゴールがあったからで
それがなければ引き分けで現在バイエルンに抜かれていた可能性大でしたよ
まぁ強いクラブに勝ててないどころかアポエルという格下のクラブにも勝ててないんだからフランクフルト戦でDF陣が手薄だったのを抜きにしても得点に頼るだけでなく守備的な構築は絶対に必要でしょ


[ 2017/10/23 09:25 ] [ 編集 ]
まあ怪我人多くて駄目ですよね。引き分けもなるべくしてなったという試合内容でしたし。フランクフルトに決定力があったら大敗でした。
[ 2017/10/23 09:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェは確か前目の選手とボシュはコメントしてましたがあれだけ出場時間もらいながら
ノーゴールはどうなんでしょう
ゲッツェより後ろ目の選手の香川は脱臼で出遅れて出場時間も少ないながら既にリーグ戦2ゴール
フランクフルト戦の前に何でスタメンじゃないのかボシュ監督に説明を求めたらしいですね
自信がなければ聞けないこと、ゴールに関しても手ごたえを感じているらしい
相性のいいヤルモレンコと一緒に使ったら両選手のゴールもアシストも増えそうだしドルトムントの得点力も上がるはず
[ 2017/10/23 09:51 ] [ 編集 ]
問題点あげたらキリがない気がするんですが。。
まず後ろで半端にボール回して最後はサイドがボールこね回してロストって、ポゼッションの意味ないよね。

カウンター食らわずシュートまでいくように、せめてクロス上げるようにプリシッチに指導してほしいかな。。
[ 2017/10/23 09:51 ] [ 編集 ]
無秩序と無策が蔓延してますね。そしてそれを改善する気もない、運任せと。監督の仕事は祈ることじゃないんですけどね。
前任者は準備を大切にしてましたね。練習から食事まで。監督として当たり前に一日中ひたすら対戦相手をビデオで研究して策を練る。夢想家でしたけどリアリストでもありました。性格は超難ありでしたけど。
フィットネスについても縛りを解いてある程度の放任に変更したようですが、これも悪手のように思います。もったいないです。習慣にすればストレスは感じなくなるのに。どこかでおかしなことにならなければいいのですが。
[ 2017/10/23 10:21 ] [ 編集 ]
採点の傾向を見てると特定選手のスタメン縛り
がありそうで嫌気でもさしてないといいですね

[ 2017/10/23 10:37 ] [ 編集 ]
今までもスカッドへの不満や選手批判などしていませんから、表向きの発言に過ぎない気もしますが。
ただ他人事のように聞こえるのは気のせいですかね。
あれだけゲッツェの扱いに慎重だったのにフルで3連戦。
同点でブンデスデビューのサンチョ起用。
香川はボシュと話をしたようですが、選手たちに不満が溜まってさらに悪くならなければいいのですが。
[ 2017/10/23 11:12 ] [ 編集 ]
>ボシュ的には、何点取られようが、チャンスをしっかり決めていれば勝てるんだから、間違っていない、という解釈なのでしょうか
それこそがボシュの目指すサッカーです!
モウリーニョみたいなバスを並べるサッカーより攻撃的サッカーは大好きだけど、勝利を目指すなら攻撃的サッカーもSBやCBの主力が揃っている時にすべき
[ 2017/10/23 11:27 ] [ 編集 ]
見誤る監督に見過ごされる香川真司
結局、選手の把握が何も出来ていないのですよね、この監督。

香川真司が“また休み”だったことで拍子抜けしたようですね。
あのゴールを決めた後にベンチに置く監督がいるでしょうか?
トゥヘルなら、まず考えられないでしょう。
シャルケ戦で同じくループを決めた後、トゥヘルは彼を中2日(※中3日ではない)の5試合を立て続けに出場させていましたよ。
疲労もなんのその。
その間、彼は結果を残し続けました。(その後も)
調子が良い時や勢いのある時、選手は疲労なんて感じないものです。
スタメンで起用し続けてやらなければ駄目でしょう。
そりゃ彼が、なぜ自分が起用されないのかを疑問に思い監督の元へ聞きに行ったのも当然です。
選手のモチベーションを考慮できず、逆に削いでしまうようでは駄目ですよ。
せっかくチームを勢いづかせてくれる選手を蔑ろにするようではいけない。
いったい過去の栄光のみで、頑なにスタメン起用し続ける選手との差はどれほどあるというのか。
監督自身が選手の把握を見誤り、ブレーキを掛けてしまっているのが現状でしょう。
[ 2017/10/23 12:12 ] [ 編集 ]
ゲッツェがいるとチームのテンポが上がらない。
どれだけボールに触っても、前に勢いをもたらせることが出来ない。
ゆえに、オバメヤンらの良さも出ない。

ドルトムントからスピード感が消えてしまった。
[ 2017/10/23 12:38 ] [ 編集 ]
自分たちのサッカー・・・ 何かどこかで聞いたようなセリフだな(苦笑
[ 2017/10/23 12:59 ] [ 編集 ]
ブンデスの監督は戦術家が多いから、研究されてすぐ対策されるだろうなと思ってましたよ。
そもそも離脱してる選手が多いのに頑なに同じ戦い方を続けていますけど、いくらなんでも非現実的じゃないてすかね。
もっと相手や状況に合わせて戦うべきだと思いますよ。
[ 2017/10/23 13:17 ] [ 編集 ]
中盤に良い選手が多くいるんだから
・アンカー向きのヴァイグルが出る試合は4-3-3
・2ボランチ向きのシャヒンが出る試合は4-2-3-1
対戦相手や選手の特性やコンディションによってこういうのも試すべき!
[ 2017/10/23 14:37 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレッシングが貫徹できない程トップコンディションの選手が足りない訳ですが、CLに出るようなチームですから、人手が足りないときでも勝ちきるプランBが欲しいところです。このあたりは監督の力量で解決すべき課題ではないかと思います。

内容はともかく、メンツによって結果が偏りすぎのように思います。週末も勝ちきれていれば、なんとかリーガでの立場は保てたのに。
[ 2017/10/23 15:03 ] [ 編集 ]
なんだか袋小路に嵌まってしまったみたいですね
どちらに進んでも壁にぶち当たり、その壁を打ち砕く術がない
迷路に嵌まった時の脱出法は唯一、基本に立ち返り信念を持ってやり続けることしかない
サッカーの基本的な守備の概念とは4つに纏められます

「相手の攻撃を遅らせる」
「相手をサイド(外)へ追いやる」
「数的優位を保つ」
「オフサイドトラップを掛ける」

さて、この4つの内BVBは幾つ完璧に出来ているでしょうか
これが全て完璧に出来ていれば少なくとも大量失点はしない筈です
中盤のフィルターが掛からない、人数を掛ける攻撃は守備の人員を減らす、揃わない守備ラインと思い付く簡単な理由だけで一つもまともに出来ていない事が伺えます

ポシュは4-3-3システムに拘りを持っているようですが、システムはチームの戦う姿勢とフィルター紙というだけで戦術を生み出すものではないと思います
戦う姿勢と戦い方は別物です
戦術を生み出すのは選手の動きであってその精度の質が勝負の行方を左右するのだと考えます

選手が動きやすいシステムと守り易いシステムを見出だす事が監督の一番の仕事なんだと思います
あとはそのバランスの比重を監督が決断するだけです
もし、その結果がいまの現状を招いているというのであれば監督には諦めて頂きましょう
チームは一人で作り上げて行くものではなく選手やスタッフ一丸となって成熟して行くものだと信じます
一人で相撲をするのではなく選手やスタッフとも一緒に相撲をしてみるべきではないでしょうか
それでダメなら力不足と諦めましょう
監督一人がダメなのではなくBVB全体がダメなんですから仕方ない

少なくともいまは選手と相撲もとれない、そう伺えます
[ 2017/10/23 15:50 ] [ 編集 ]
怪我が治るまでコーチとしてロイスをベンチにおいてほしい
それだけでチームがビシッと締まりそう
[ 2017/10/23 17:46 ] [ 編集 ]
DF人がこれだけ離脱してる中では監督は手を尽くしたと言えないですか?
守備をしっかり?急増のDFラインで抑えることより、メンバーの揃ったアタッカー陣でとにかく点を取る。
監督は間違ってないと思いますが...
自分が監督なら、一旦DFは諦めるという、同じような采配でしょうね。
パパ・シュメ・ピシュが戻って来たらDFの改善を考えます。
[ 2017/10/23 17:57 ] [ 編集 ]
ボシュは戦術の専門家をスタッフに入れるべきですね。今の時代は試合中にも修正できる能力が求められるんで監督がしっかりしないと選手も迷いながらになってプレイスピードも上がる訳ないですよ。もっとしっかりしろと言いたい。
[ 2017/10/23 18:00 ] [ 編集 ]
サッカー経験もない香川ファンのど素人が見てもちぐはぐに見えるのにプロの監督が運が悪かった発言はないやろ〜。思ってても内輪だけにしてください。どうしたらいいか思いつかないとか何年か前にイングランドのどっかの監督も言ってましたねぇ。スパーズに負けた時点でこうなるのはわかっていたので、くるべくしてきたという気持ちです。香川や他の選手もだけど、次世代のドルトの希望の星のヴァイグルのモチベーションも心配ですね。バイヤンにかっさわられないように!
[ 2017/10/23 18:06 ] [ 編集 ]
ボシュの本音
ゲッツェをドイツ代表に復帰させるというミッションを遂行しながら勝つのは、
「もうこれ以上何をすれば良いかわからない」
だと思う。
[ 2017/10/23 18:06 ] [ 編集 ]
これリバポの状況次第ではクロップの帰還あるかもねw
しかし、バイヤンに追い付かれたとしても首位は首位 十二分に建て直しが効くと思う
回りの声に惑わされず、腰を落ち着けてやってほしい
[ 2017/10/23 18:40 ] [ 編集 ]
プレシーズンから怪しかったですけどまだ尽くせることは沢山あると思いますよ、監督
まずはプリシッチとゲッツェをスタメンから外すことから初めてはいかがでしょうか?
ゲッツェはCL 準優勝したシーズンもそうですが自分の感覚で周りを見ずに動き過ぎなんですよ
走行距離は稼げてもチームとしては厳しいですよ
数年前と違ってドルトムントに対して策を練ってくるチームは多いですから
プレースピードも遅いですしミスも結構目につきます
試合をリハビリに使わないで欲しいです
フルで出てるから今が万全と言うのならクオリティーが足りてないので疑問だけが残ります
プリシッチはプリシッチでボールを失うだけ連携も取れない
クロスもパスもシュートも良くない
ベンチ外でもおかしくない出来です
フィリップは裏抜けとスペースがある時のシュート以外ももっと出来ることが増えないと厳しいです
トルヤンはやザガドゥのサイドバックも不安定で
バルトラのサイドバックはイケイケ過ぎて心配になります
センターバックの守備もビルドアップも不安ですが彼らのせいだけではありません
中盤もイマイチ機能してません
ドルトムントは攻守によく走り互いにカバーし生かしあいながら色んな所からチャンスを作り色んな人が得点をしかけ算でプレーをしてきたチームですがその特性をほとんど見ることができなくて悲しいです
フランクフルト戦はポジショニングもめちゃくちゃで運に頼るのもおこがましい出来でした
何とかチームの基盤が出来て状況を打破して欲しいですが、この監督の言葉を聞くと期待できないでしょうか?
[ 2017/10/23 21:00 ] [ 編集 ]
この監督ダメですね。
改善できないなら早く解任するのが一番だと思います。スタメン人選も的はずれ交代も大間違い。選手としての実績もない尊敬できない監督をメンバーは信用できるんですかね?
特に香川選手に対しての扱いは心底頭に来ます。ゲッツェと駆け落ちでもしてオランダに逃亡した方がいいと思います。
あの監督ならCLは勿論ポカールもリーグも怪しく思えます。
リーグでは対策されたので何をしたらいいかわからないなんて言ってないで、早く戦術変更を考えて欲しいです。
[ 2017/10/23 21:10 ] [ 編集 ]
クロップがリヴァプールをクビになったらバイエルンの様に就任してもらおう
[ 2017/10/23 21:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェの件は、ドイツのサッカー協会から来月の代表召集に備えてコンディションを上げるように言われてるとか?!
だから急ピッチで仕上げてる最中なのかも。
[ 2017/10/24 01:26 ] [ 編集 ]
オバが酷使され過ぎてコンディション最悪になってるやん
[ 2017/10/24 03:28 ] [ 編集 ]
ボシュのドイツ語のインタビューですよね? 
ボシュはドイツ人ではないですし、言語の問題もあるでしょうから言いたい事の本の少し言えたくらいと見てます。
日本のマスコミもハリルの発言を捻じ曲げるのは得意中の得意ですよ、だからマスコミがボシュ気に食わんと思ったら、マイナスイメージを広げるためにいくらでも手を打つでしょう。
だから記事内容については話半分、試合で判断してます。
[ 2017/10/25 01:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。