ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBオバメヤン負傷!ポカールは欠場!!《ドイツの反応》




【ビルト】

筋肉に問題!
オバメヤン、ポカールは欠場



entry_img_1908.jpeg


ドルトムントの勝利は、オバメヤンにかかっている!

その証拠に、オバメヤンがゴールをしなかった試合で勝ったのは、ここ1年半でたった4試合しかないのだ。それだけに明日のポカール対マグデブルク戦で彼が出場しないのは痛手となる。

スポンサーリンク




筋肉に問題!

月曜の夕方、ドルトムントはマグデブルクへと飛び立ったが、そこにオバメヤンの姿はなかった。その原因は:筋肉の問題

▶チャンピオンズ、グループリーグほぼ敗退。リーガ5ポイント差の消滅。よりによってこうした危機的な状況によって、オバメヤンが負傷してしまった。



ドルトムントは引き続き躓いてしまうのか・・。



BVBの監督ペーター・ボシュは、さらにトプラク、ゲッツェ、プリシチ、ヴァイグルを温存しなければならないが、それでも433システムを継続するようだ。


ボシュ:“私は自分のシステムを変更しないよ。シーズン序盤に機能することは証明済みだからね。ファンも選手も楽しんだと思うよ。だからスタイルを変えることはないし、僕はこのまま自分のシステムを継続するよ。”


ドルトムントは3部のマグデブルクと対戦するが、緊急のチームでプレーする事になるだろう。できればうまく行ってほしいところだ。オバに変わってシュルレがプレーする事が出来るかもしれない。









以上です。

オバの筋肉の問題というのは、やはり疲労でしょうかね・・。まあ前線はそれ以外あまり人がいませんでしたが、やはりもう一人ストライカーがいないとこうなった時に厳しいですね。

ただボシュのシステムだと、本当は壁になれるフォワードが必要だと認識していましたが、ボシュはオバメヤンにもそれを要求しているのでしょうか?それともそこは変えたのでしょうかね?システムを貫くというのは、誰が出場しても同じような役割をこなす、という事だと認識したい所ですが、いずれにせよオバメヤンがいない時に変わりができるフォワードはいませんね・・。

まあシステムを貫くというのは、あくまで433で行く、というぐらいな意味合いなのかもしれませんが・・。

それはさておき、温存するのは良いですが、あんまり舐めすぎて負けないようにきちんとベンチには入れてほしいですね。3部とは言え、ポカールの下部リーグのチームはモチベーションが常に高いので油断はできません。

[ 2017/10/24 07:10 ] オバメヤン | TB(-) | CM(19)
これまでポカールで選手を温存した監督っていましたっけ!?
おそらくベルリンの決勝の格別な雰囲気も知らないですよね。
絶対知らずに温存してますよ…コレ。




ちなみに、
プレシーズンで、ボシュはドイツ4部と2部のクラブに負けてますね…
[ 2017/10/24 07:36 ] [ 編集 ]
オーバは先月のイングリッシュウィークの後半あたりから疲れてたからね。1人出ずっぱりみたいな感じだったし疲労感が顔に出てたからかなり溜まってたんだろう。
代わりは誰になるのかは知らない。相手の情報ないから誰が適任かは判断できない。まあいなきゃいないで香川かゲッツェに偽9番やらせとけばいい。フィニッシュのとこでキーになってるのはヤルモレンコだからコンビネーション抜群の香川の方がいいか?あまり前は心配ないと思う。むしろ心配なのは後ろなんだけど半分壊れてるからな。今月中にはなおしてもらいたいんですけどね、、、
[ 2017/10/24 07:51 ] [ 編集 ]
筋肉に問題なくてもずっと出ずっぱりだったから休ませた方がいい
[ 2017/10/24 07:54 ] [ 編集 ]
ここで負けてもボシュはこんなに強気でいくのかねぇ…
[ 2017/10/24 08:02 ] [ 編集 ]
オーバメヤンはきっちり休んで治して下さい
カップ戦は下のカテゴリーのチームでも侮れません
荒いかもしれませんし、引いてカウンター狙いを徹底するかもしれませんし何よりモチベーションが高いですから焦らす相手を下に見ずに勝ち進んで欲しいです
ドルトムントがシーズン序盤に上手くいってた様に見えたのは相手のディフェンスが酷くてスペースがあったからです
結構危ないシーンはありましたよ
攻撃も形は作れてませんでしたし
433にこだわるのは構いませんがきちんと相手のことも考えて機能するようにチームを構築して欲しいんですけどね
大局的に見ても今の状況からしても色んな所を見落としているように感じるのでどうなるんでしょうかね?
現実は厳しい気がしますが、とりあえず頑張って下さい
[ 2017/10/24 08:33 ] [ 編集 ]
いくら丈夫なオバでも筋肉は限界でしょう。オバはゆっくり休んで欲しいですね。さてポシュは相変わらずですが上手く行く事を願います。あとは荒い試合になりがちなんで怪我のないように祈るのみです。
[ 2017/10/24 08:40 ] [ 編集 ]
シュールレ…期待できるんですかね。
[ 2017/10/24 08:48 ] [ 編集 ]
オバメは疲労を考慮したのでしょうか。
ケガからの復帰組がどの程度できるかわかりませんが、今のオバメプリシッチゲッツェ抜きの方が楽しみだったりします。
格下と侮ってはいけませんが快勝して流れを変えてほしいですね。
[ 2017/10/24 09:09 ] [ 編集 ]
オーバは酷使されているのでたまには休んでコンディションを整えてほしいです。
ゲッツェ、プリシッチがいないメンバーで試してほしいと思っていたので楽しみです。
ヴァイグルはどうしたのでしょうか?

とにかくそろそろスッキリ勝ってほしいです。
[ 2017/10/24 10:58 ] [ 編集 ]
オバメヤンはポストプレーをあまり得意としていないですし代わりならウイングタイプの選手でも問題なくできそうな気がしますが
ヤルモレンコ?フィリップ?それともイサク?イサクはイブラヒモビッチの後継者と言われていましたし1トップもできそうですが見たことがないのでどうなるかわからないですね
誰がやるかわからないしうまくいくのか不安ですがこの中ならイサクの1トップが見てみたいですね
[ 2017/10/24 11:09 ] [ 編集 ]
シーズン序盤に機能するのは証明済みって…
シーズン序盤は相手が研究しきれてなかっただけで、誰が見てももう対策が進んじゃってるんだから、その対策に対しての回答や対応をしないと駄目でしょ…
[ 2017/10/24 12:00 ] [ 編集 ]
>BVBの監督ペーター・ボシュは、さらにトプラク、ゲッツェ、プリシチ、ヴァイグルを温存しなければならないが
これはボシュのコメントなんですかね?
結果出してないゲッツェとプリシッチが温存とか
足元狙われてるトプラクが温存とか
[ 2017/10/24 12:25 ] [ 編集 ]
温存する選手、ここ数試合パッとしないし問題ないと思いますが
ヤルモレンコもスタメンみたいなんで楽しみです
[ 2017/10/24 12:38 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコが代わりを勤めそうな気がします。
これでポカールまで負けたらポシュはかなり窮地に立たされますね、意地でも勝ちに行くとは思いますが選手のモチベーションは相反する感じになりそうです。温存て言葉は今は使わない方が良い気がしました。
勿論、勝ってもらわないと困りますが少し不安なのは否めません。
[ 2017/10/24 12:47 ] [ 編集 ]
なぜオバメヤンを9月に一度も休ませなかったのか。
[ 2017/10/24 15:12 ] [ 編集 ]
 オバメヤンは使いすぎましたね。本人は得点王を狙っているでしょうから、出たいという意志を見せていたのでしょうが、説得して休ませるべきでしたね。しかし、赴任したばかりの監督には難しい事だというのも理解できます。
 私はイサクに期待しているので、彼が活躍してくれることを願います。
[ 2017/10/24 15:21 ] [ 編集 ]
いや〜
キャピタルワン杯の2回戦くらいの感じで温存しちゃってるのでは…
ゲッツェとトプラグはどうでも良いが、オバメヤン、ヴァイグル、プリシッチの3人を控えとしても連れて行かないのは大丈夫かいな。
どうもアンチェロッティ政権のバイエルンと本格的に被ってきているように見えて仕方がないのですよね。
[ 2017/10/24 15:40 ] [ 編集 ]
オバを休ませるいい口実になるから軽いケガならいいタイミングでは?
しかしオバだけターンオーバーほぼゼロなのは契約でも有るのかと思ってるけどね
得点王取るためなら少しは休みも入れるべきだと思うんだけどね
トゥヘルの時も同じように疲労がたまって点取れなくなって、休んだらまた点が取れるようになってたし
[ 2017/10/24 16:12 ] [ 編集 ]
オーバメヤンも来シーズンはいないと思うので、新しい選手を育てる良い機会だと思えば良いのではないでしょうか。
[ 2017/10/24 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。