ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBスター香川!給料の1%を寄付!ルール地方では初!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞


BVBスター香川真司!レヴィーア地区の選手としては初!給与の1%を寄付!


entry_img_1915.jpeg


日本代表選手であり、ポカール優勝者である香川真司が、ユリアン・ナーゲルスマンやマッツ・フンメルスの後に続いた。


スポンサーリンク


このミッドフィルダーはコモン・ゴール(注:マンチェスター・ユナイテッドのフアン・マタ発案者となり、サッカー選手に給与の1%の寄付を呼び掛けている)に参加し、これから彼の給料の1%を寄付する。


“コモン・ゴールの活動に参加することができて嬉しいです。少しずつ自分も貢献していきたいです。”と香川はインスタグラムを投稿している。



すでにユリアン・ナーゲルスマンは南ドイツ新聞において、“正直になろう。この世界で良く改正でいる僕たちにとって1%はまったく問題ないよ。”と語っていた。


顧問ゴールはスペインのスター、フアン・マタが発案者となり、有名選手にその支援を呼び掛けていた。コモン・ゴールの長期的な目標は、サッカー界すべての収益の1%を社会貢献のために寄付する事だ。



まずは、障害をもった子供や若者たちが支援されることになる。



現在コモンゴールに参加しているブンデスリーガのプロ選手には、ドイツ代表のセルゲ・グナブリーやデニス・アオゴらがいる。







以上です。

香川選手の行動が、早速ニュースになって取り上げられましたので紹介しました。2017年10月に誕生したこのコモン・ゴールというもの。これからどのような広がりを見せるのか楽しみですね。



[ 2017/10/27 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(12)
どのメディアでも大きいニュースになってますね。ちょっとビックリです。もともとドルトムントにはズポティッチという慈善事業の神みたいな御仁が居るけど、これほど騒がれないですね。何故でしょうね。一人でやってるから・・でしょうか 
[ 2017/10/27 06:42 ] [ 編集 ]
あのドルトムントバス爆破事件後、長くドイツで取材活動をしていたミムラ氏(現在は日本に帰国)とのインタビューで
常に身の危険に晒され、生きる保障すらない子供達が世界には存在するという事を改めて実感し
こういう経験をした自分が何かしなければと語ってましたね
そんな時にマタ選手から声がかかり、同選手が立ち上げたプロジェクトに参加出来る事になったのは
香川選手にとって本当にグッドタイミングでしたね
夏休みで帰国した時もその足で真っ先に出向いたのが、北島康介氏らと共に立ち上げたチャリティプロジェクトの発表でした
まさに有言実行、素晴らしいです
[ 2017/10/27 06:55 ] [ 編集 ]
2017年10月に誕生したって今月誕生したばかりのプロジェクトだったんですね!
>日本代表選手であり、ポカール優勝者である香川真司が
シュールレやゲッツェがWカップ優勝者なら香川には
リーグ2連覇もつけたして欲しかったかな、なぜポカール優勝者だけが強調されているのでしょう
[ 2017/10/27 11:44 ] [ 編集 ]
 このように著名な選手である立場を社会に役に立てるというのは素晴らしい事です。そしてこうした交流で得られる人脈が、彼の今後の人生に役立っていくのでしょう。すごいですね、私にとっては雲の上の世界です。
[ 2017/10/27 12:29 ] [ 編集 ]
シンジ・カガワ
香川真司の名声は、もはや世界中、遠い遠い場所にまで隅々に浸透している。
どこに行っても、誰からも敬意を受ける存在である選手。
これは彼の才能と何より努力の賜物。
異国の地で、7年以上にも渡りビッグクラブで凌ぎを削ってきた彼を誇りに思う。
[ 2017/10/27 14:25 ] [ 編集 ]
管理、運営する人は別にいるんでしょうから
且つてのホワイトバンドみたいに
多額の寄付金は一体どこに行ったのか?
なんてことにならないよう願ってます
[ 2017/10/27 14:56 ] [ 編集 ]
人の役に立つ事が自らの力にもなると思う。香川が長く一線で活躍してくれたら嬉しいね。
[ 2017/10/27 15:44 ] [ 編集 ]
香川選手は阪神大震災で被災していたこともあり、以前からチャリティーには熱心だよ
仙台や熊本にも何度か足を運んでるし、寄付もしている
カズ選手の影響もあるんだろうね
マタ選手も、参加している人たちも素晴らしいと思う
[ 2017/10/27 16:29 ] [ 編集 ]
マタの発起人としての文章が素晴らしく、心動かされました。彼の日記は香川がマンu時代によく読んでいて、上手くいっていない時も逃げずに更新していて、いい人だけど強さもある人間力のある人だと感心したのをおぼえています。当時ライバルだった香川ファンにもそう思わせるわけですから。キャラクターは異なるけれど、根っこの部分、「誠実に向き合いたい」という姿勢が香川選手ととても似ていますね。マタがチェルシーを去る時に見せた態度と、
香川選手がマンチェスターを離れた時に見せた態度に、二人の共通する人間性を見た気がします。素敵な輪が広がっていくことを願っています。
[ 2017/10/27 16:37 ] [ 編集 ]
マタと香川は試合で相性よかったのを思い出しました

ユナイテッドはガチムチ路線(現在のスカッドみたいに身長あり)でしたので
マタ、香川、チチャがテクニシャン系で相性がよくて試合が面白くとも
ガチムチ路線のキックアンドラッシュ系優先されてましたね
[ 2017/10/27 16:45 ] [ 編集 ]
やっぱ凄いよな!

俺たちのカガ

そしてマタ
[ 2017/10/27 20:20 ] [ 編集 ]
4-0で勝ったニューカッスルとの試合での
香川とマタとチチャリートの前線トリオは良かった。

試合後マタがインタビューで「香川とプレーするのは楽しい」って言って
モイーズに一緒に出してくれってアピールしてたのに実現したのはわずかだった。
[ 2017/10/28 03:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。