ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBボシュ監督!オバメヤンに3日間の特別休暇を与える!休養で復調なるか?《ドイツの反応》





ビルト

オバメヤン3日間の特別休暇?どうして不調?



entry_img_1916.jpeg


ドルトムントはマグデブルクとのポカールで5:0と勝利したが、リーガでもまた優勝争いの戻って来る事ができるだろうか?


BVBは明日ハノーファーに勝利して、小さな危機(4試合でたった2勝)を終えたいところだ。普通だったらこういう時こそ重要になるのがオバメヤンの存在だ。

スポンサーリンク


しかし、オバは現在メンタル面でも体調面でも不調に陥っている。マグデブルク戦では筋肉の問題のために欠場した。その前の彼は2試合ノーゴールとなっている。


ビルトの情報によるとオバメヤンは頭を再び新鮮な状態にするべき、ペーター・ボシュ監督から3日間の特別休暇をもらったようである。



ツォルク:“もしかしたらオバは休養を必要としていたのかもしれない。それまでは全試合でプレーしていたからね。”



オバメヤンがこの休暇で力を蓄えたかどうかは、様子を見なければならない・・。






以上です。

まあこれはある意味当然の結果ですよね。はやりもう一人ストライカーがいないのが問題で、疲労がたまる事は分かっていました。そうなるとラモスの退団は本人の希望とはいえ、残念でした。少なくとも早い時間にオバメヤンを下げたりすることが出来ればよかったのでしょうが、まあ本人も得点王を獲得したいのでできるだけプレーしたいのかもしれません。


[ 2017/10/27 18:38 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(6)
昨シーズンの9月は、きちんとラモスを起用してオバメヤンには休みを与えていましたからね。
そのラモスも限られた中で結果を残してくれましたし。
ここまで休みなしだったのは明らかにマズかったでしょう。

ハノーファー戦は、ポカールで結果を残したイサクを先発にしてオバメヤンはベンチスタートにすべきです。
得点が取れなかったら交代すればよいです。
この数試合、勝利がなかったわけですから。
ここは流れを大切にし、勝利したメンバーで臨むべきです。
[ 2017/10/27 18:52 ] [ 編集 ]
まあシステムはそのままなのでしょうが、ゲレイロも復帰したし、3バックにしてWBを使いたいところですねぇ。
結局これが一番、攻守に機能すると思いますよ。
ポカールの後半でもすぐさま見られましたが、左のゲレイロ・香川・フィリップ(ロイス)のラインは最強かと。
[ 2017/10/27 18:58 ] [ 編集 ]
次も休ませていいんじゃないか?
来週は絶対勝たなければいけないアポエルと悪くてもドローで終わりたいバイエルン。月末にも絶対勝たなければいけないスパーズに好調シャルケとのダービーなんでここで潰れてもらっては困る。
[ 2017/10/27 19:26 ] [ 編集 ]
試合数の多いビッグクラブは、サブの確保が難しい。ターンオーバーで出てレベルを極端に下げれないし、そんな選手サブは嫌だし。
文句も言わず、出番がくれば全力投球。日本人の我慢強い特性を、悪用されないように、どの選手にも頑張ってもらいたいですね
[ 2017/10/27 19:39 ] [ 編集 ]
なぜレンコのワントップを試さないのか
[ 2017/10/27 20:24 ] [ 編集 ]
イサクを使った方が良いですね。使わないと成長もしませんしオバが丈夫でもローテは必要。あと選手の相性とかも考えて組み合わせて欲しい。相乗効果って必ずあると思う。まあ次はゲッツェがスタメンでしょうね。
[ 2017/10/27 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。