ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バルセロナ!またしてもドルトムント若手獲得か?《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】

FCバルセロナ、再びドルトムントの才能を狙う!


BVBまたしてもヤング・スターを失うのか?


entry_img_1917.jpeg


この夏、ウスマン・デンベレーが105MユーロでFCバルセロナに移籍した。BVBは、ボーナスを入れると最大で147Mユーロを獲得するとみられている。


スポンサーリンク



そしてバルセロナは新たなタレントに狙いを定めたようだ。どうやらこの冬に、ザガドゥーの獲得を希望しているようだ。この18歳はこの夏パリSGの2部チームからドルトムントに移籍してきたばかりだった。


ザガドゥーは、最初から説得力のあるプレーを見せている。まずはマルセル・シュメルツァーとラファエル・ゲレイロの左サイドを補い、この前の試合ではセンターバックとしてプレーしている。



そのため現時点での移籍はかなり不確かだろうとみられている。またザガドゥーに契約は2022年までとなっている






以上です。

まああくまで噂の段階ですが、せっかく獲得した若手ですから、きっちり育ててドルトムントの戦力にしてほしいですね。

[ 2017/10/28 06:20 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(9)
サガドゥは2部から良く見つけて来てくれたな、って思ってました。
直ぐにバルサは無いでしょうけど、CBとしてはかなり逸材。足元上手いし、背も高く体幹強くて、何よりゾーンがきちんとできている。ピスチェク離脱で絶望的な気分でしたが、バルトラのSBとサガドゥのCB、ゲレイロの復帰は明るい気分を取り戻してくれました。
[ 2017/10/28 07:41 ] [ 編集 ]
何を言っているんだ!ダメだよ、彼は若いし我々の大切な戦力だ!無理無理!!
ちなみに・・幾ら?
[ 2017/10/28 08:24 ] [ 編集 ]
ザガドゥはCBが手薄なドルにとって手放せない逸材
あのハイボールの強さときたら!
バルトラもSBの方が好きみたいだし、今後はCBとして使っていって欲しい
[ 2017/10/28 08:42 ] [ 編集 ]
バルサはニースにレンタルさせてるマーロンでも戻して使えばいいのに。育てる気がないなら他所から若手獲得するなと思う
[ 2017/10/28 09:11 ] [ 編集 ]
100%ないと思いますね
バルセロナはすでにミナと買い取りオプションを行使すると合意してますし、ニースにはマルロンをレンタルしています。他の即戦力選手の名前も多く上がってますし、能力的にもザガドゥーにバルセロナは現時点では少し厳しいですね…
[ 2017/10/28 10:11 ] [ 編集 ]
 今年の冬にカタルーニャのバルセロナに移籍するのはお奨めしない。何がどうなるか全く分からないからだ。
[ 2017/10/28 11:57 ] [ 編集 ]
ドルトムントは育てるにしても他の選手にしてもこれからはしっかり選手をキッチリキープするべきだよ 戦力の上積みができないから、ウォーカーがでていったけれどもそれだけでポチェ体制の元4年間力を蓄え戦力の上積みができたスパーズにボコられる
ザガドゥは絶対出すな
[ 2017/10/28 17:12 ] [ 編集 ]
調査のリストに挙がることと移籍交渉をすることは違うと思います。
ザカドゥはトップレベルでの実績がまだ足りません。よい素質を見せていますし、対人に強いですが、総合力ではバルセロナで見切られたバルトラの方がビルドアップ能力があり、よい選手だと思います(タイプが違いますし、個人の好みです)。
今、バルサの戦力になるかというと、疑問符が付きます。今後の成長をスカウトに指示し、有望かどうか見極める可能性を示唆したに過ぎないと思います。
[ 2017/10/28 18:04 ] [ 編集 ]
ゲレイロを連れて行くのだけは止めてほしい
ロイスをベンチ入りさせて気合い入れ直させて欲しい
[ 2017/10/29 03:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。