ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ビュルキ!PKの呪い!!まだ一度も止められず!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】



PK9本中4本の原因に!そして1度も止められず

ビュルキ!PKの呪い!


entry_img_1922.jpeg


ロマン・ビュルキはここ最近明らかに、たくさんPKに関わっている。

リーガ9節:BVBのキーパーはフランクフルトのレビッチに突っ込み、それがアイントラハトのPKになった。そしてハッラーがそれを決めている。

スポンサーリンク


リーガ10節:クラウスがキーパーに走りこんできたが、これも疑いなくPKだ。ビデオ審判でもその判定は覆らない。そしてヨナタスが決めている。


ビュルキはPKに呪われている。


このスイス人は、これまででもっとも弱々しいシーズンを過ごしている。しかしPKの呪いは、今に始まったことではない。ビュルキは、これまでの2年間で9本のPKのうち4本を自分で引き起こしているのだ。



そしてさらに痛い事に、ビュルキはフライブルクに居ようが、ドルトムントに居ようが、まだブンデスリーガで一度もPKを止めたことがないのだ。彼はこれまでに11度PKを経験しているが一度も止めていない。そして、そのうちの5本は彼自身が引き起こしたものだった・・・。






以上です。

たしかにここ最近のビュルキのミスは減りませんね。何度もきわどいシュートをセーブしてはいますが、2試合とも自分がPKを引き起こしており、それが相手の重要な点数に結びついていますね。

ここまで試合の流れにマイナスな影響を続けて与えるキーパーもブンデスリーガでは珍しいですよね。ブンデスリーガのキーパーはどこのチームもレベルが高く、ドルトムントが苦労した試合では相手チームのキーパーが大活躍し、マン・オブ・ザ・マッチに輝くことは少なくありませんでした。そうした活躍を見せたキーパー、思い出しただけでも、ゾンマーやホルン、カリウス、アドラーなどが挙げられますね。

[ 2017/10/30 12:38 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)
PK止められないのも分かる動きでしたねビュルキ。
なんせ相手が踏み込んだ瞬間に飛んでるんですもの、。逆側に蹴るだけで良い。
スーパーセーブも多いですし失点はチームというかクラブ全体の責任に思えますが、PKを100%止められないのはビュルキが先に動くから笑。
[ 2017/10/30 12:54 ] [ 編集 ]
 不満があっても、今期は彼に頑張ってもらうしかない。
 引いて守る下位クラブでゴールを守るのとBVBでは違いますから、下位で活躍してるからBVBで通用するわけでもないのが難しいところ。
 ヴァイデンが今期での引退を表明しましたから、ミスリンタートが優れたGKを探していると思いますので、来夏に期待しましょうか。
[ 2017/10/30 13:31 ] [ 編集 ]
チャンピオンズリーグに出場している数々のビッグクラブを見れば、GKはどこも頼もしく優秀な選手ばかり。
そしてスーパーなプレーを見せ続けています。
ビュルキにはそうした事がありませんね。

アポエル戦の裏で行われたレアルマドリー×トッテナム。
両エースアタッカーの注目度と同じくらい、両GKのロリスとナバスの存在感、プロフェッショナル感は凄まじかったですよ。
一方のドルトムントは、GKのミスパスから失点してしまいましたね…
[ 2017/10/30 13:42 ] [ 編集 ]
シュートストップだけは素晴らしいんです。
反応速度だけはデヘアやノイアーに匹敵してる。
だけど判断能力があまりに低い。それが改善したら凄いGKになるという希望があるのは分かるけど。。
[ 2017/10/30 14:07 ] [ 編集 ]
でもドルトは契約延長したんだよねぇ
[ 2017/10/30 14:19 ] [ 編集 ]
蹴る前に動いちゃうんだもんビュルキ。そら入れられますわ。
[ 2017/10/30 14:44 ] [ 編集 ]
私も、ヴァイデンからビュルキに正ゴールキーパーが変わった時にその不安定さにがっかりしました。でも1対1の安定感はゾンマー、カリウスには及びませんが、ビルドアップ能力込みだとノイアーやデ・ヘアクラスしか上は居ないと思っています。
本来のドルトムントなら、1失点くらいで(PK1本位の意)負けてはいけませんし、ビュルキのビルドアップに大いに依存していますから応援してます。

でも、来期はきちんとしたバックアッパーのキーパーが欲しいですよね。
[ 2017/10/30 15:56 ] [ 編集 ]
ビュルキがそういったプレーをしてしまう土壌が悪いんでしょう
開幕から何試合無失点だったと思ってるんですかね
ビュルキがCLでボコられた時期からBVBの守備編成は明らかにおかしくなってきてるでしょ
ゲッツェの固定化もその辺りですよね
そこまで良いGKじゃないですが、ここまで悪いGKじゃないはずですよ。少し考えれば判るでしょ?
[ 2017/10/30 16:01 ] [ 編集 ]
ヴァイデンフェラ―が今季限りで引退するというニュースを先日見たとき
この機にもっと優れたGKを補強してほしいと思ってしまいましたが
ビュルキはつい最近契約延長したばかりでしたね…
[ 2017/10/30 16:28 ] [ 編集 ]
ビュルキはPKの止め方にも特徴ありますよね
蹴る前に動き出す、とか特徴ある人だなあ、と最初から印象に残ってます
練習とかしないんですかね?
[ 2017/10/30 16:55 ] [ 編集 ]
すげえいやらしい言い方
ビュルキかわいそう
[ 2017/10/30 17:54 ] [ 編集 ]
物足りないキーパーなのは間違いないが、
一対一でキーパーが相手を倒してしまったようなケースまで全部ビュルキのせいにするのは違和感。
特に今のDFの状態でビュルキをスケープゴートにするのはねえ。
[ 2017/10/30 18:09 ] [ 編集 ]
ドイツはキーパー大国ですからね。
ドルトムントのGKがスイス代表のサブキーパーというのもなんだか不思議です。
ドイツ人キーパーなら代表選外でも欧州他国の正GKでもおかしくないような人材が多くいますから。
[ 2017/10/30 18:19 ] [ 編集 ]
ケルンが今季降格するならホルン強奪かレノ強奪してビュルキと競争させた方がいいでしょう
しかし、今までブンデスで一度もPK止めたことがないなんてびっくりしました。駆け引きが下手なんですかね?

今のチームの惨状はビュルキだけの責任では間違いなくないし、それとは関係ありませんが、中盤ウィングDFは競争激しいのにGKだけは競争あんまりないですよね ヴァイデン兄貴は年だしGKの更なる補強を頼みたい
[ 2017/10/30 19:13 ] [ 編集 ]
デヘアとノイアーしか知らない人には、ビュルキは凄く良いキーパーに見えるのかもしれない。
[ 2017/10/30 19:48 ] [ 編集 ]
カリウスは正GKとして迎えられましたが、結局ミニョレの控えになっていますね。
ミニョレも覚醒しちゃいましたし。
しかしブラボなどを見ても、プレミアのGKはそれだけ大変なのでしょうね。
トップ6を見てもデヘアやクルトワ、チェフなど素晴らしいメンツばかりですし。レスターにもシュマイケルがいますし。
ビュルキじゃどうしても見劣りします。

誰か来てくれませんかね…
[ 2017/10/30 20:16 ] [ 編集 ]
最近はドイツ以外にも優れたGKいますよ。むしろPSGのトラップのやらかしやリバプールのカリウス、元レスターのツィーラーでドイツGKの地位は下がったんじゃないかと思います。ドルトムントは少なくとも、各国代表の1stGKかドイツ人GKにしたら、ここまでの非難は防げると思うのですが。
[ 2017/10/30 20:26 ] [ 編集 ]
何という記事ですかね。ここまで調べ上げるんですか笑

アポエル戦のビュルキは擁護しようがなかったですが。。
ドルトムントはまだ、彼に伸びしろがあると踏んでいるんでしょうね。

GKには時間は必要かも。ただ、ビュルキ自身、あれ程不安定な守備陣で戦わされ、
嫌にならないのか?とここ数試合、特に思いました。
[ 2017/10/30 22:12 ] [ 編集 ]
今更だけどなぜランゲラクを追い出したんだろう。
[ 2017/10/30 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。