ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントファンをさらに不安にさせる一つのデータとは?《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞】



ドルトムントファンをさらに不安にさせる一つのデータとは?

ボルシア・ドルトムント:このデーターがBVBファンをより不安に!


entry_img_1924.jpeg


ドルトムントはリーガ最初の5試合で無失点だった。さらにペーター・ボシュのチームの攻撃も文句なしで、さらにボールに対する動きも非常に効果的だった。

しかし、ここ数週間ドルトムントの守備はまったく違った様子を見せることになった。ドルトムントは、ここ3試合で9失点を記録している。


スポンサーリンク




3試合で9失点という、ひどい記録はここ最近ではまったく見られなかったものだ。



ドルトムントは2009/10シーズンに9失点もしくはそれ以上の失点を記録しているのだ。シュトゥットガルト(1:4)、フランクフルト(2:3)、バイエルン(1:3)と続いた3試合ではなんと10失点を記録している。


ロマン・ビュルキによると、こうした結果の責任は守備だけにあるのではないようだ。“守備は前線から始まるものだ。”とこのキーパーはキッカー紙に対して語っている。さらに“相手ディフェンダーが簡単に我々のディフェンダーの後ろにロングボールをける事が出来たんだ。”とビュルキはハノーファー戦を振り返った。


ドルトムントンの守備は、ここ数週間特にカウンターに対して弱さを見せている。ビュルキは、これまでに11失点を記録しているが、リーガ上位5チームでこれよりも悪いのはライプツィヒの12失点だけだ。



またチャンピオンズリーグでの守備もうまく行っていない。3試合で7失点という数字の意味するところは明らかだ。



次のライプツィヒ戦でドルトムントはゴールをきれいに守れるだろうか?よりによって、このような状態でバイエルンを迎えることになる。







以上です。

ここ3試合で9失点というのは、確かに多いですが、2009/10シーズンにはそれよりもひどい時があったようですね。

とにかく失点を減らすか、それ以上の得点を挙げるか、どうにかして勝ち点3を獲得していってほしいですね。

[ 2017/10/31 07:01 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(9)
バイエルンとは12月もやるんだよね。今回はケガ人やらお医者通いが多過ぎるからドローでいい。今動けるメンバーの中ではお医者通いが7人いるだろ?怪しいのも1人いる。こういうときはウイング広げずにニセ9番やって知らん顔してればいい。
[ 2017/10/31 07:54 ] [ 編集 ]
うーん、いい方に変わるのかなぁ。
守備に関してよくなってくイメージがわかないです。

監督選びって大事なんだと改めて思いました。
[ 2017/10/31 07:55 ] [ 編集 ]
ボールを失った瞬間から守備が始まりますからね
今のドルトムントは攻→守、守→攻の切り替えもボールの動かし方を始めとしたプレースピードも全体的に遅いですよね
ポジショニングのおかしさももちろんありますがチームとしての共通理解と意識がない気がします
チームスポーツですから1人2人違うことをされたら上手く行かないことも珍しくありません
監督が全体と細部攻守両面個人とチームをきちんと見てチーム作りをしてるのか今は疑問ばかりなのです
今は攻守が分断されてどうしたいのか不透明な状態だと思うのです
ドルトムントはかけ算のチームで強くなってきたんでね、良い連携が見れても監督がリセットしてしまうんじゃリズムは崩れるし0所かマイナスです
今いる選手で最適の組み合わせを見つけて攻守に継続性を持たせれば今より明るい材料が見えてくるのではないでしょうか?
[ 2017/10/31 08:26 ] [ 編集 ]
どう考えても今の時期ビュルキは黙っといた方がいいのに
[ 2017/10/31 09:31 ] [ 編集 ]
シーズン序盤はケルンやヴォルフスブルクや比較的弱い相手との対戦が多かったし
ボシュ監督の初のブンデス参戦で対策もとられてなかったとも考えられますね
強い相手に現状のDFラインの高い戦術じゃ失点は続くんじゃないかな
ハノーファーの監督も「我々はマンツーマンで徹底的に前からプレスを掛け、相手のボールを狩り続けることにしたんだよ。そうして、ドルトムントが敷く高いディフェンスラインの裏のスペースを使うことを徹底した。我々のスピードある選手たちはそのスペースを上手く使った」とドルトムントの弱点を研究済みでしたし
[ 2017/10/31 09:46 ] [ 編集 ]
 失点が多いのはカウンターに直結する悪いボールの失い方が多いからです。ビルドアップは丁寧にリスクを抑えて、相手のペナルティーエリアの近くでのみリスクのあるプレーを選択していけばいい。それが今のBVBは出来てない。
[ 2017/10/31 16:48 ] [ 編集 ]
もちろん攻撃陣や中盤の守備も大事だけどDFとGKの不甲斐なさが一番の原因だよ
逆に点の取れないFWが「攻撃はDF陣から始まる」とかいってたら腹たつでしょう
[ 2017/10/31 21:56 ] [ 編集 ]
GKのこの主張は非常に正しいと思いますよ。
どんなに一流のGKでも大量に失点しているときは、孤軍奮闘しているときですから。最低でもDFとなくして良いパフォーマンスは出せませんし、ドルトムントのロングボールで裏取られてシュート打たれるのは、前線が守備していない証拠。それを除外してもビュルキのパフォーマンスは良くないですが、ドルトムントの失点の仕方は、GKやDFだけの責任ではありませんね。
[ 2017/11/01 13:12 ] [ 編集 ]
攻撃は勿論DF陣から始まると思いますが…そういう意味でもビュルキのビルドアップ能力は、正にワールドクラスです。
現代サッカーに攻守の役割分担は無いに等しいですよ。全員で守り、全員で攻める。基本だと思ってます。
[ 2017/11/01 16:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。