ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発!しかしドルトムントはバイエルンに1:3で完敗!選手採点と寸評《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】


entry_img_1931.jpeg


ビュルキ 2


もしドルトムントが彼のような調子だったらよかっただろう。シーズン序盤批判されていたビュルキだが、今日はレヴァンドフスキーを相手に2度素晴らしいセーブを見せている。そして失点は彼のせいではない。


バルトラ 4.5
コマンを相手に何度も問題を抱えた。ソクラティスに変わってセンターバックに入ってからは安定し、1:3となるゴールを決める。

スポンサーリンク





ソクラティス 4
コマンとの一対一の後で負傷して交代となった。しかも0:2の場面ではまだ手当のためにサイドラインに立っていた。



トプラク 5.5
0:1の場面ではロッベンに対して遅すぎ、さらに0:2の場面ではレヴァンドフスキーを見失った。0:3の場面ではレヴァンドフスキーには近づいたが、ボールはトプラクを素通りしてゴールに入った。



シュメルツァー 4.5
キャプテンがスタメン復帰。しかしロッベンを相手に良い一日を過ごすことができなかった。まず早い時間にイエローカードとなり、その後Pエリア内でハメスに抜かれ、それが先制点につながっている。さらに2失点目も彼のサイドからだった。



ヤルモレンコ 4
このウクライナ人はいくらか守備的だったが、彼がいても右サイドは不安定だった。たとえば0:3となるクロスを彼は防ぐことができなかった。攻撃では2度フリーでシュートを放ったがウルライヒに止められている。



ヴァイグル 4.5
この試合に入ることがほとんどできなかった。一対一に敗れたことが失点につながり、2失点目は彼が触ってコースが変わってしまった。



カストロ 3.5
何度かドリブルを成功させ、2度ヤルモレンコのチャンスをお膳立て。しかしいつもよりも守備的だったにも関わらず、守備を安定させることができなかった。



プリシチ 3
彼は素早さでもってバイエルンに抵抗したが、そのドリブルも脅威となっただけで得点にはならなかった。0:2の場面ではシュメルツァーを助けたが、クロスを防ぐことはできなかった。



香川 3.5
オバメヤンと共に相手の組み立てを阻止。そしてマルティネスからボールを奪取し、もう少しでヤルモレンコのゴールへとつながるところだった。その後シュートを放つもポストに触れるだけだった。



オバメヤン 5
ここ最近よりは集中し、努力しているように見えた。しかしチャンスにも関わらずゴールが出来ていない。12分にはシュートを打つのが遅すぎてズィーレに止められ、75分にはウルライヒに止められている。



トルヤン 3.5
彼が来た時はほぼ負けが決まっていた。しかしバルトラよりもはるかに良かった。



ゲッツェ 
予想に反してベンチスタート。0:3で交代となったが、ほとんど意味なし。



サンチョ 
頂上対決の空気を吸う事を許された。







以上です。

今日はダブルボランチと、いつもの433と少し形を変えて試合に臨み、香川選手も相手のポゼッション時にはオバメヤンとプレスをかけるという役割でしたが、変化はそれだけで、結局負けてしまいました。

個人的には失点時にほとんどボールを眺めているようにしか見えないトプラクにがっかりしました。この間そこそこ良かったズボティチがチャンスをもらえないのは不思議ですね。それからヴァイグルももう少し守備時に対人の強さを発揮して欲しいところです。

まあこうも負けが続くとさすがに不満も言いたくなりますね・・・。

これで5ポイントあったバイエルンとの差が、逆に6ポイント差まで広がり、なんと4位のシャルケと同ポイントになってしまいました・・。5,6位とも2ポイント差まで詰められていますから、これはどこかで立て直さないとシーズン失敗に終わってしまいそうですね。







とりあえず前のゲームよりは良くしようとはしていた。コンパクトにあいだ開けずに442。
でも使う選手を間違えていた。なんで遅いトプラクと速くて前出たがりのゴンゾを縦に並べた?スペース開きまくりでしょが、つかフンメルスとチアゴはそこばっか狙ってた。
開始からいいプレスをかけてたけどトプラクとゴンゾの間が開いて2点取られたからフォワードやウイングがボランチあたりまで下りてこざるをえず、シュメレも前行きたくても行けなくて点取れる気も全然しなかったな。
間開けてサッカーすんな!とはクライフが言い出したことなんだけど監督は友達だったらしいけど解ってないのかな?ただのマネなら前任者と同じだよ。休みの間に徹底的に直さないと。出来ないと泥沼に両足突っ込んだ状態になりそう。
[ 2017/11/05 06:51 ] [ 編集 ]
もう酷すぎる、酷すぎるよDF陣
マークつかないわ、ゴールの前で棒立ちだわ、簡単にクロス上げさせるわ
もう補強か監督交代しなきゃいかんでしょ
オバメはもう駄目かな?売り時だったんじゃない?
まぁでも、優勝する気は無いとか言ってるクラブに経験ある一流の選手が来るとは思えないし、クラブ側も若手を多く獲る方針だし、そんでムヒもギュンドアンもフンメルスも出てったし、負のスパイラルだね
今まで育成、若手発掘ではビッククラブに負けなかったけど、ライプツィヒも同じスタイルで台等、躍進
もう優勝争いじゃなくて、CL圏内争い
落ちたものだよ
[ 2017/11/05 07:43 ] [ 編集 ]
スタメンと441(守備時442)システムは良かったと思いますよ。
下田アナらも言っていたように、はっきりと違いが見て取れましたし、チャンスも作れていて、まあ久々に良い内容のゲームを見れたのではと思います。
あとは仕留めるだけですね。
絶不調のエースに目覚めてもらわねば…

そしてやはりというか、交代が全く気にくわない。
私なら後半、ヤルモレンコに代えてゲレイロを左SHに、プリシッチを右SHに回します。
他は替える必要ありませんし、明らかに機能していた香川は残すべきでした。
ゲッツェは香川に到底及ばないでしょう。


しかしドイツ代表の英雄をベンチに座らせ、デアクラシカーに先発する選手を、「トップパフォーマンスではない」と切り捨てた日本。
信じられませんね…
この数試合を見たら、レーブは香川をドイツ代表に欲しいのでは。
[ 2017/11/05 08:48 ] [ 編集 ]
バイヤンは王者たる堂々とした戦いぶりでしたね
ある程度やらせて上から思いっきり殴る
相手は関係なくそれができる戦闘力がある
策を練らなければならないのはドルの方ですが、戦術で埋め合わせた部分は小さいように感じました。やはり相対的に運により左右されるチームですね。そしてたぶんボシュは祈るひとです。これまでもこれからも。
[ 2017/11/05 09:29 ] [ 編集 ]
[ 2017/11/05 06:51 ] さんに全て書かれてしまった。というか、私はその前半部分しか気がつかなかったけど。(笑)
[ 2017/11/05 10:42 ] [ 編集 ]
ここ最近であればほぼベストゲームだった印象
。選手の差も大きかった、特にdf。トプラクが期待はずれすぎる。
フォーメーションに関してはやはりダブルボランチの方が普通に安定しそうだけどカストロはちょっと…。ダフートはどうなってるんですかね。
[ 2017/11/05 10:57 ] [ 編集 ]
香川自身の調子は悪くないみたいだけどドルトムントの都合を考えたら香川の召集外はハリルのファインプレイかもね。
方針と勢いは間違ってないようだったけど如何せん何人か致命的に人選を間違えている。
[ 2017/11/05 11:40 ] [ 編集 ]
香川の交代は多分既定路線で仕方ないものだったのだろうが代わりはゲッツェじゃなかろうに
あと交替数に余裕なかったらこれも仕方ないがなんならオバかヤルモの両方をしかも早めに替えて博打に出てもよかったんじゃないかね
[ 2017/11/05 14:06 ] [ 編集 ]
今シーズンはもう応援ってよりチームを追うってくらいしかやる事がなくなりましたね
CL敗退、リーガ敗退、ポカールの次の相手はバイエルン
シャルケが後ろから煽ってきてますし、このままじゃあと2節くらいで追い抜かれるでしょ
プリシッチの突破が持て囃されてますけど、その後何にも繋がらないプレーを突発的にやってるだけで無意味ですね
協調性が皆無ですから、どこのチームに行ってもダメでしょう。若手を早い内からトップチームで使ってる弊害じゃないんですかね
[ 2017/11/05 14:28 ] [ 編集 ]
失点シーンはトプラクの動きの遅さ、反応の遅さが非常に目につきました

DFについては本当になぜスポを使わないのか謎です
この前に出た時の動きだけの判断になりますが、足も今の他DFに無いくらい反応も早いので今の戦術を続けるなら第一候補だと思うんですけど
ダブルボランチと言ってもカストロはどうしても前目になるので、結局はいつもの様にヴァイグルを抑えられる展開になってしまいます

それでも実際の点差よりチャンスの数ではそれほど違いはなかった気がしますけどバイエルンは決めるところは決めて、ドルは決められなかった
ヤルモの二回のチャンスや香川のシュート、オバのカウンター、どれか一つでも入っていれば展開は変わったかもしれません
[ 2017/11/05 15:50 ] [ 編集 ]
大迫選手のレビューも見たいです
[ 2017/11/05 16:42 ] [ 編集 ]
バルトラはSBでなんであそこまで上がるのかと思ってたら、元バルサだから
SB像=アウベスだからなのでしょうか
ハインケスはバルトラの裏を徹底的に狙わせてましたね

トプラクはブンデス初のCBだっけ?どこのリーグから来たんだっけ?と
思ってしまった位なんか詰めの甘さでしたね
[ 2017/11/05 16:56 ] [ 編集 ]
おそらくこの442はベスト。
きちんとブロックを作ってセカンドボールも素速く回収できていて、明らかに改善が見られる。
今日は相手が相手だけに、今後も続けていくべき。

今日はヤルモレンコではなくフィリップを起用したかった。
なぜベンチ外だったのか、分かる方いますかね?怪我?
プリシッチと香川は素晴らしかった。
プリはもうバイエルンがオファー出すね。メガクラブから殺到でしょう。
あれだけ一人で押し込めるのは凄いとしか言いようがない。
相手にとって怖い存在だったのはこの2人だけかな。
ヴァイグルがボランチとしても、もっとたくましく成長してくれることを願う。
[ 2017/11/05 17:49 ] [ 編集 ]
イビチャ・オシム
「香川はドイツに渡り、すぐに最高の選手という評価を得た。
ドルトムントは彼の能力をうまく利用し、別次元のサッカーを実現した」


香川のトップ下はこのチームの攻撃をより多彩にし、相手を幻惑させられるだろう。
2ボラを使うのであれば、もっと展開力のある選手を1人は置かなければ。
ウィングはヤルモレンコはすでにきついと感じる。プリシッチとフィリップに。
[ 2017/11/05 18:03 ] [ 編集 ]
プリシッチは代表でもそうだけど、左の方がクロスうまいね。コントロールできてる。ドリブルも左からの方がコントロールできてるように見えます。今回のシステムをもっと詰めていって欲しい。もっとよくなるでしょう。
久しぶりに楽しめた試合だった。今回香川は代表に呼ばれてないのでクラブで練習に励めますね。次の試合は勝ちましょう!
[ 2017/11/05 18:49 ] [ 編集 ]
自分だけかもしれませんが、ボシュは意外と短気で懲罰交代をする人物?
そんなふうに見えなくもない
[ 2017/11/05 19:05 ] [ 編集 ]
バイエルンのほうが一枚上手でしたね。
ドルトムントにはチアゴみたいに左右、長短に正確にパスできる中盤がいなかった。
ヤルモレンコも片足しかつかえないなら、ロッペンみたいにDFが触れない軌道のシュートを打てないとだめですね。
急増のバルトラSBは無理がありましたね。本職に任せるべきでした。
プリシックだけが気を吐いてましたね。
[ 2017/11/05 19:20 ] [ 編集 ]
自分も442に可能性を感じました
急造ですし、相手がバイエルンだったから負けてはしまいましたけど、
これを突き詰めていけば433のオプションに充分なり得ると思います
今季は新しい監督のもと1から始めなきゃならないことに加えてケガ人続出なので、
ある程度苦戦するのは仕方がないかと
ゲレイロも戻って来ましたし、これからに期待します
[ 2017/11/05 21:33 ] [ 編集 ]
ゲッツェの評価、ほぼ意味なし、これって、ゲッツェがゲームに入っても、違いを作れず、香川選手と変わっても意味がなかったと言う事ですよね。プレイ時間が少なくて、評価できないって意味?ゲッツェを気遣っての交替なのかな?と思いましたが、ゲッツェではなく、ほかの選手がよかった。

[ 2017/11/06 09:48 ] [ 編集 ]
ゲッツエそんなに悪かったですかね?ペナルティエリアに縦に入っていったりして、香川とはまた別の価値を見せてたと思うけど。

4-4-1-1で、前の4の左ゲレイロ、右プリシッチを見てみたい。1はオバメヤン休ませて、シュールレか、ここでゲッツエのゼロトップとか?まだ巻き返しはできそうだけど。
[ 2017/11/06 17:33 ] [ 編集 ]
この試合、初めかどうかはわかりませんが、中央で二人に寄せられていた香川選手が、縦パスを見事にコントロールして前を向いたシーンがありました。それで今日の香川選手のタッチは良い日だなと感じました。しかし、今回の戦い方であれば両サイドにはスピードのある選手が良かったと思います。そしてセンターフォワードにはタメの作れる選手が。例えば、センターにヤルモレンコ選手を置き、サイドにオーバメヤン選手でも良かったかもしれません。
起用には少し疑問がありました。ゲレイロ選手を先発で使わない手はないと思っていたのですが…。1度オーバメヤンを諦める決断も必要かもしれませんね。
[ 2017/11/06 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。