ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「オバメヤンのプレーはすべての地方リーグのストライカーに対する侮辱!」《ドイツの反応》




ビルト】


オバメヤンのプレーはすべての地方リーグのストライカーに対する侮辱!


entry_img_1932.jpeg


少なくとも、バイエルン戦に負けたことによって、ここ最近のドルトムントの不調はボスのシステムだけが原因ではないと分かっただろう。BVBのほぼすべての選手が不調だ。

例えばトプラクやトルヤンはアップアップで、さらにヴァイグルやカストロは不安定。そして香川やヤルモレンコは変化がない。

さらにこれに加えてピエール・エメリック・オバメヤンの職場放棄だ!そしてこれがドルトムントの危機の最大の原因だ。

スポンサーリンク




現在ノーゴールのオバメヤンのここ5試合のプレーは、すべての地方リーグ・ストライカーにとって侮辱となるだろう。なぜ?彼らは疲れがたまっていても、少なくとも監督が要求したゲーゲンプレッシングを90分にわたって行おうとしているからだ。


しかしオバメヤンはまったくそれをしていない!首位決戦のバイエルン戦でもそれを拒否している。このような難しい状況で、先頭に立ってプレーするのではなく、どうやら本当の顔が現れたようだ。


彼はゴールしない時は走らないのだ!



エゴメヤンは、このシステムの前線におけるアイデアそのものを破壊し、不安定なものにしている。バイバイ・チャンピオンズリーグ、バイバイ、リーガ首位!そしてポカールも?負の連鎖だ。


ドルトムント程、一人の選手に影響をうけやすいチームはない。ここ一年間でオバメヤンがゴールしなかった試合では4試合しか勝てていないのだ。オバメヤンもこのことを自覚するべきだろう。


数週間ノーゴールなのは仕方ない。しかしどんな理由にもかかわらず、チームの仕事をさぼるのはあり得ないことだ。


ドルトムントはチャンピオンズリーグ直接参加という目標を達成するために、これからあらゆる手を尽くさねばならないだろう。現在再び調子を取り戻したシャルケがドルトムントと同ポイントで並んでいる。ゲルゼンキルヘンでは、力関係が入れ替わる事を期待している。




ビルト採点】


ビュルキ 4

バルトラ 4 ソクラティス 3 トプラク 5 シュメルツァー 5

ヴァイグル 5

香川 3 カストロ 5

ヤルモレンコ 5 オバメヤン 5 プリシチ 2








以上です。

エゴメヤンというのはエゴ丸出しのオバメヤンという事ですね。確かにここ最近のオバメヤンのプレーは良くないですね。昨日もあまり本気でプレスをしているように見えませんでした。

しかしこれはオバメヤンだけでなく、プリシチ、ヤルモレンコにも言える事ですね。本来であれば、ボシュのシステムでは3トップがプレスをかけるはずなんですが、この連携をしているようにはまったく見えないですね。

それはさておき、昨日は相手がバイエルンという事もあり、オバメヤンの弱点がよりいっそう目立ちましたね。何度か下がって来ることもありましたが、オバメヤンの出したパスが明後日の方向にいってしまう事が多いです。相手を崩すためにも、せめてボールをキープするか、もしくは個人で打開するか、パスを正確に返すか・・。

そもそもポストができるストライカーを望むボシュのシステムとオバメヤンというタイプがあまり合っていないのではないでしょうか・・・。







[ 2017/11/05 19:27 ] オバメヤン | TB(-) | CM(25)
アンチェロッティが解任される前のように、わざと無気力になりボシュを。。。
というより、ヴァツケやツオルクをだったりして。昨日の試合、ボシュが映像で抜かれている時は、笑顔が結構こぼれていたけれど、ヴァツケとツオルクは悲愴感漂ってたぞ。代表決まった途端、ゲッツエベンチといい、なんか内部ではゴタついてそう。
[ 2017/11/05 19:42 ] [ 編集 ]
オバメヤンは

1.怪我
2.考えたくはないけど、冬移籍を狙ってて移籍金下げ狙い

のどちらかを疑いたくなりますね
[ 2017/11/05 19:46 ] [ 編集 ]
ボスもそろそろオバメヤンからイサクに切り替え時だと思うんだけどな。

近い内に出て行くのであれば、いつかその時が来るんだし。
[ 2017/11/05 20:05 ] [ 編集 ]
オーバメヤンはボシュのサッカーに合ってない
特に対戦相手が対策立ててからはボールダッチが激減し、孤立してる
昨季の得点王で取り敢えず今季も序盤の貯金で2位にいるから我慢して使ってるが、単なるスランプとは思えない
今の戦術ならまだイサクの方が合っていそう
この代表ウィークに頭も身体もリフレッシュして、明けてもダメなら冬に即戦力のCF補強する事も選択肢に入れた方が良さそう
[ 2017/11/05 20:21 ] [ 編集 ]
 高給取りのプレイヤーで、しかもゴールに一番近い選手がエゴを出してサボると、他の選手に大きな影響を与えますし、戦術的にも致命的な影響が出ますね。

 もっとイサクにチャンスを与え、オバメヤンと競争させるべきでしょう。イサクはチャンスを与えられた時に献身的にプレーしていました。
[ 2017/11/05 20:36 ] [ 編集 ]
サボってるというより疲労の蓄積やちょっとしたケガがあるように見えるけど。まあオフにクラブから出たがってたからこんなこと書かれるんでしょうけどね。
433に合ってるか?といわれれば、合ってない。そもそもこれは全員守備全員攻撃するためのシステムでセンターフォワードには前でタメ作ってもらわないといけないからスピードスターには向かない。つかビルドアップを前提にサッカーするなら、どんなシステムでもスピードスターはフォワードに向かない。このタイプはボール貰ってドリブルしても速すぎてフォローする味方が追いつけなかったりするから孤立した挙句ロストというケースになりやすいから。そうなるとチームで点取りにくくなるし、オーバがシュート打つ割に点取れない原因がこれ。
別の言い方すると、スピードスターは引いてカウンター向きということだね。
ご本人もミランに帰りたがってたようだけど今のドルに合わないことは気づいてるんだと思う。あそこはカウンター以外できないからやりやすいと思ってるんじゃないですか?
[ 2017/11/05 20:48 ] [ 編集 ]
毎度おなじみのつっこみ所がありますがドイツの本質が見えてきますね。
そこは置いといてオバメヤンはどうしちゃったんでしょうか。
ゲッツェを偽9番に置いてオバメヤンはサイドをやっても良さそうに思いますがどうでしょう。
[ 2017/11/05 21:01 ] [ 編集 ]
香川は別に不調じゃないのにとばっちり。まあオバは確かにモチベーションも落ちてる気はしますね。
[ 2017/11/05 21:02 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレスってチームが若くてピチピチしてないとシーズン通してやるのは厳しいんじゃ
[ 2017/11/05 21:33 ] [ 編集 ]
変化がないって今のドルトでなら1番マシな状態なんじゃないの?笑
[ 2017/11/05 21:53 ] [ 編集 ]
チーム状況もよくない中でオーバを外すのは簡単ではないと思います。
オーバもドイツに残るみたいですし、代表に招集されてない選手が結構いますからリフレッシュできるといいですね
[ 2017/11/05 22:00 ] [ 編集 ]
オバに関してはラインを下げ、プリシッチとゲッツェ、シャヒンを使わなければ多少改善します
プリシッチをちゃんと矯正出来るなら、場合によってはヤルモレンコいれずに右で使い、右IHをカストロかダフードにすれば良いだけですよ
とにかくプリシッチを前に突出させずにドリブルではなくパス選択させ、ワイドに開いて切り込ませずにクロスを上げさせる事が出来るならですがね
まずドリブルを持て囃されてるプリシッチには無理ですし、トゥヘルがあんま使わなかった理由がそれでしょう
[ 2017/11/05 22:01 ] [ 編集 ]
ドルトはチームサッカー。
全員でサッカーする。

だから、それなりのFWならば、誰でもトップスコアラーになれる。
オバメヤンはそれを自分の実力だと勘違いして、大仰な態度を取ってる1,5流の選手に過ぎない。

どこのチームに移籍しても、活躍する事は無い。
足が速いだけのFWだからね。

そして、チームサッカーが出来てないんだから、チームが不調なのは当たり前。
意味不明にチームをイジくり回し、それを崩したのが前任のトゥヘル。

そんな去年の前半に分かっていた事を、今更文句言う意図は何だろうね。
[ 2017/11/05 23:46 ] [ 編集 ]
>例えばトプラクやトルヤンはアップアップで、さらにヴァイグルやカストロは不安定。そして香川やヤルモレンコは変化がない。

香川とヤルモレンコに変化がない?とってつけたような意味の分からない批判ですね。一番出場しているゲッツェに触れないのも如何なものか。それはさておき、ボシュのシステムだけが原因ではない事が〜、というくだりがありましたが、この記事の書き手は万全ならば昨日の戦術でバイヤンに勝てると思っているのでしょうか?あまりにも地力が違い過ぎます。とはいえヤルモレンコに関しては対策されたらどうにもなりませんね。まさか右足があそこまで使えないとはね
オーバメヤングに関しては管理人様の仰る通りシステムに合っていませんね。そもそもボールに触れる数も裏抜けもトゥヘル政権時に比べ圧倒的に少ないですし、中盤をすっ飛ばしロングボールが飛び交う展開で香川やゲッツェに対して目立っていない、などと批判しているようなものです。個人的にオバメには同情の余地がありますね。
[ 2017/11/06 00:13 ] [ 編集 ]
いやーブログ主さんの仰るとおり、オバメヤンをエゴメヤンと呼ぶのならば他の前線はエゴを出さずにやってるんですかって話になりますよね。
ハイプレスを掛けるなら、前線3人が組織的にプレスを掛けて相手の苦し紛れのパスを中盤の選手が掻っ攫うのが目的のはず。でも、現状のオバ以外の両ウイングが戦略的にプレスを掛けているようには見えませんし、相手の不注意なパスを他の選手がカットできているようにも見えませんよね。
ファンタステック4と呼ばれてた頃はコレが結構出来てたんですが、今はなぜコレが出来ないのか・・・

まあとにかく無意味なハイラインやハイプレスのせいか判りませんが、オバメヤンの動けるスペースも無い&オバ一人でプレスに駆け回っても意味無いんじゃない?的な感じなんで、それこそヴァーディのいない岡崎状態とも言えるんじゃないでしょうか。
でもまあオバ自身が調子が悪いのは確かですがね。
[ 2017/11/06 00:32 ] [ 編集 ]
F4の時もあるので433に合わない訳ではないと思うけど... あの時のサッカー煮詰めて熟成させてほしいな... どうせ守備がガバなら
[ 2017/11/06 01:15 ] [ 編集 ]
BVBの得点源がオバメなのだからそこから逆算すればどの選手を抑えればBVBの得点力が半減するのかを容易に導き出せますよね
ボールを入れる選手と起点になる選手、オバメにボールを入れる香川と香川へボールを入れるヴァイグルといった具合に攻撃のストロングポイントのバリエーションが少ないのも要因の一つだと思うのです
F4と言われていた時期は起点、ラストパサー、フィニッシャーが試合毎に入れ代わっていたように感じます
守る方も誰をマークすべきなのか困るような状態だったのではないでしょうか
それが今はアイツとアイツを押さえとけば難しくないと思われてしまうほどバリエーションが少ないしポイントとなる選手も決まってしまっている
要はアイツはあのプレーだけ気を付けとけば大丈夫と思われるプレーしかやらなかったり出来ない選手が多すぎる
意外性や創造性が無いとダメ出しされるのはそんな所も関係があるのかも知れませんね
スケープゴート感が満載な記事ですがオバメが得点できないのも事実です
誰しも、いい時もあれば悪い時もある
Take it easy いまのオバメにはそんな言葉を掛けてあげたいです
[ 2017/11/06 01:36 ] [ 編集 ]
「香川やヤルモレンコは変化がない」と言いながら、チーム2番目の「3」採点をつけるビルト面白いですね
オーバメヤンのPSG移籍がほぼ決まり、ロッカーを片付けた時
ボシュがオーバメヤンの変わりにポストの出来る選手を希望していましたね
オーバメヤンここ最近不調ですがそれでもブンデスではレバと得点王争いをしています
疲れからかこの間3日程休みをもらってましたが、まだ疲れはとれないのでしょうか?
オーバメヤンと同時にヤルモレンコのここ最近の不調も気になります
[ 2017/11/06 02:55 ] [ 編集 ]
ボシュの目指すサッカーではオバメヤンタイプのFWは合ってないのかな。足が速いから一見フィットしそうだけど。
クロップの時は3トップの左右でやってたから、意外とサイドに戻したら本来の持ち味発揮したりして…。
いずれにせよBプランになるようなタイプの違うFWが欲しい所ですねー。どっかにいないでしょうか。
[ 2017/11/06 03:30 ] [ 編集 ]
11/05 23:46
個人技頼みとか勘違いしたことを言ってる人がよくいましたが、トゥヘルはポジショナルプレーが基本なので、寧ろチームプレーが重要なサッカーでしたよ。
ボシュになって選手に自由にやらせすぎてるせいで、選手達が其々思い描いていることがバラバラになっているだけですね。
[ 2017/11/06 10:32 ] [ 編集 ]
昨日の試合を見てまず思ったのは、これはボシュのサッカーではなく、トゥへルのサッカー、それも香川がMOMを取った時のフォーメーションと戦術だという事。試合前シュメが選手全員と監督で話し合った。対策されているので考えなければいけなかったから…と話していた結果がこの戦術、このスタメンとフォーメーションだったので、香川は選手達には本当に信頼されていると嬉しく思ったが、これで結果がでなかったら監督はどう感じるかと不安も有った。
結果評価は二つに割れると思う。
A:バイエルン相手にスタッツは五分五分。内容は明らかに改善した。
B:3ー0という結果が(香川出場時間で)全て。
ゲッツエに代わって、前プレス止めて(オバもゲッツエも)無失点で1得点。これをボシュはどう思ったか?
ボシュは前半は醜いサッカーでコンパクトが保てず、後半は良かったと。確かに香川とオバが前プレスするから中盤との距離は空いた。その事だとしたら、香川の交代は前半の戦術否定だし、また433のハイライン、ポゼツションサッカーに戻ってしまうのかも?
ボシュがいつも素晴らしかったと言う開幕数試合のゲーゲンプレスは、香川のしているゲーゲンプレスとは違うし、ボシュのゲーゲンプレスは下位にしか通用しないと思うけど。
監督変えて欲しいです。
[ 2017/11/06 11:46 ] [ 編集 ]
まだ4231の方が可能性ありそうだけど…バイエルンに3点取られて負けるのと、格下に2点3点取られて負けるのとでは違うし。ボシュの433は中位以上はもう難しいんじゃないかな。あとバイエルンは3点取ってから明らかにプレス緩めたのでボール回せただけです。ドルトムントが取った1点も言わばバルトラのゴラッソなのであんまり意味ないと思いますがね。
[ 2017/11/06 19:52 ] [ 編集 ]
11:46さん、後半は開始から2ボランチと香川の位置関係を近くして、中盤の距離間をコンパクトにしてましたよ。ヴァイグルはともかくカストロのパフォーマンスも後半から少し良くなりましたし。前半上手くいかなかったのは2ボランチを徹底対策されたのとプレスを組織的にかけるよりもただボールにわらわらと2ボランチやサイドハーフが簡単に釣られてしまっていたからだと思います。昨シーズンもそうでしたが、ベテランで組織的プレスに慣れているオバメヤンかラモス、香川、ロイス、シュールレが揃うとプレスが上手く掛かってましたから。それからバイエルンは3点とった後明らかにインテンシティを緩め、交代カードを切ってリトリートしました。疲れから中央が空いてきてましたしね。だからドルも点が取れたと思います。
[ 2017/11/07 06:02 ] [ 編集 ]
2017/11/07 06:02様
そうでしたか、気が付きませんでした。少し安心しました。最初に変えられてしまった事や、試合後のボシュのコメントで少しナーバスになっていました、ありがとうございました。
[ 2017/11/07 14:59 ] [ 編集 ]
このビルト誌の記事については悪意を感じます。
オバメヤンが今迄のプレーで好不調、移籍が話題になった時でさえ
チームのためにプレーをしなかった事があったでしょうか?
ボス監督の戦術ではオバメヤンのプレーするスペースが消えて、
オバメヤンにも良い形でボールが入る事が少なくなっている。
オフサイドラインを上げる事で攻撃の際に相手選手を自陣に固めてしまい
返って攻めのスピード感が今のドルトムントには無くなってしまっている。
そんな中で調子を落として、槍玉に挙げられるオバメヤンにはむしろ同情します。
監督の戦術の中で生きようと選手も努力はするのでしょうが、
今ドルトムントにある最強の選手を生かす戦術を考えるのは
また監督の仕事だと思います。


[ 2017/11/08 15:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。