ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントとボシュ監督!これは単なる誤解だったのか?《ドイツの反応》



【ビルト】

BVBとボシュ

これは単なる誤解だったのか?



entry_img_1934.jpeg

ペーター・ボシュほど、敗戦について落ち着いてテレビの前で説明できる人はいないだろう。しかし彼は広報担当ではなく、監督だ。


ブンデスリーガでの素晴らしいスタートの後で、ボルシア・ドルトムントは苦戦している。

スポンサーリンク




バイエルンに対して1:3。これによって3位に順位を落とし、さらにシャルケと同ポイントで並んでいる。今から3週間前はドルトムントはまだ首位でバイエルンに5ポイント差をつけていたのに。



フラストレーションがたまる。



ボシュ:“我々のディフェンスをみればわかるが、このレベルでこのようなプレーをしてはいけない。”


このオランダ人が監督に就任してから112日が経過したが、一つの疑問がわきおこる。ボシュとBVBは最終的には単なる誤解で終わってしまうのか?


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはZDFにおいて、“我々は特に前半、守備をコントロールすることができず、相手の後ろを追いかけるだけだった。受け身過ぎだね。そして攻撃ではチャンスを決める事がまたしてもできなかった。”


チーム幹部の戦略:ボシュを守り、ミスを選手のせいにすることだ。


代表ウィークが終わると、BVBはシュトゥットガルト、トッテナム、シャルケと対戦する。これはハードなプログラムだ。

これでBVBが上昇しなければ、このボシュとの誤解に対する答えが出ることになる。
もちろんその答えは、イエスとなるだろう。







以上です。

よく監督とクラブは結婚に例えられるんですが、お互いに上手く行くと思っていたのは単なる誤解だった、という事ですね。このような表現はよくドイツでは見かけます。

しかし何かあると、幹部はまずは監督を擁護しますね。そして選手が責任を被る事になる。たとえ監督が悪くても、結果をだせなかったという事ばかりに焦点を当て、その責任を選手に負わせるというのは決して少なくはありません。

ヴァツケは経営者としては優秀ですが、こうした人物がどの程度スポーツ面に口を出していくのが相応しいのか。この辺のバランスは結構難しいですね。



[ 2017/11/06 21:28 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(16)
ボシュは敗戦に対して説明できていませんよね
もう手詰まりです
クラブはボシュを解任すべき
成績優秀なトゥヘルを不仲で切ったのだから批判は免れないでしょう。それでももうこれ以上は時間の無駄
[ 2017/11/06 22:02 ] [ 編集 ]
 フロントが監督を擁護するのは普通の事です。フロントが監督を批判したらチーム全体としての規律を維持できませんからね。その代わり監督は選手を守る必用があります。ボシュ監督はもっと選手を守らなくてはならない。

 監督ばかり注目されるBVBですが、アシスタントコーチに問題の原因があったりしないでしょうか。戦術を説明して習熟させる役割はコーチが担うのが一般的です。そして、比較的迷いなくプレーできているのがヤルモ、香川、プリシッチなどのドイツ育ち以外の選手な気がするのです。二人のアシスタントコーチはドイツ人ではない。英語では正しく伝わっていてドイツ語ではうまく伝わっていない可能性、どうでしょうね。
[ 2017/11/06 22:02 ] [ 編集 ]
試合前に選手やチームで話しあい、今回のフォメになったとどこかにありましたが、確かなソースはあるんでしょうか。もしそうなら、その際のスタメンは誰が決めたんでしょうか。
腰が引けているフロントですから、突然ゲッツエがベンチになったのは、代表入り発表後だからだと思っていましたが、最初からバイエルンにやられることを想定し、非難の的から回避させるためにあえてスタメンから外したのではないかとこのコラムを見て思ってしまいました。



[ 2017/11/06 22:10 ] [ 編集 ]
今年のルールダービーは盛り上がる。
[ 2017/11/06 22:51 ] [ 編集 ]
今のディフェンス崩壊はシーズン直前にギンタとベンダー出してしまって、元いたケガ人が治る前に新たなケガ人が続いたことにある。一時は最終ラインだけで8人ゲーム出来なかった。これでは監督としても手の打ちようないだろ。
とはいえ今は何人も戻ってきたし、さいわい真ん中の香川、シャヒン、バイグルは代表戦にいかない。中央固めるいいチャンス。監督の腕の見せ所。
なので次の3つはハードな相手だけどいい結果出さないと騒がれても仕方ないな。
[ 2017/11/06 23:04 ] [ 編集 ]
去年のアヤックスは前半バタバタしてたが後半持ち直したと言う人が居ますが、ブンデスリーガでそんな事やってたらCL圏内を逃しますね。
エールディビジョンの様なチャレンジリーグ見たいに若手を使ってるのが今のBVBですけど、流石に取り返しが付かないでしょう。
そういった育成クラブのノリはクロップと共に昇華し、現在はトップを独走したりするのが命題でしょうに、トゥヘル就任から甘っちょろい目標ばかりです。
[ 2017/11/06 23:43 ] [ 編集 ]
だってゲッツェ使えミッションやらせてたのバレバレですもん
そりゃ、ボシュかばいますわ
[ 2017/11/07 00:00 ] [ 編集 ]
■ここ数試合で唯一勝利したポカールで、ゴール&アシストを決めたイサクがベンチ外(サンチョ投入)
■アポエル戦でゴールを決めたゲレイロが出番無し

そりゃ選手も調子が上がるわけないですよ。
各人のモチベーションやメンタル、コンディションの管理がまったく配慮できていない監督。
心身の疲労を抱えている者も続出していますね。

腹立たしいです。
[ 2017/11/07 01:41 ] [ 編集 ]
トゥヘルを解任したのはいいけど代わりがこれでは
フロントは何らかの形で責任を負う事になりますし
必死に擁護するでしょう
CLは数試合で呆気なく終戦して次のポカールはバイエルン
[ 2017/11/07 06:06 ] [ 編集 ]
タイトルの意味が、管理人さんの説明でよくわかりました。ダイレクトな言い方でないのですがボシュにとってはよろしくないですね。

ボシュがブンデスリーガに慣れる前に、対戦相手がドルトムントを対策して、後手後手になりそうで、このまま勝利から遠ざかりそうで少し心配になりました。

まだ、半年もたたない内にボシュを評価するのは早いと思いますが、彼のインタビューの端々に、彼自身、解決や改善の糸口を見出してないのが伺えるので、なおさら心配になります。

試合中の修正力はないようですしね。

ゲッツェが代表に選ばれたので、とりあえずゲッツェ優先起用は終了だとよいのですが、トゥヘルの解任理由の一つが、ゲッツェの扱い方にもあったのではないかと本当に思うようになりました。

ボシュが解任の方向でしたら、フロントも責任ものですね。

[ 2017/11/07 08:51 ] [ 編集 ]
トゥヘル解任後のボス新監督就任条件は、全権は渡さない・先発やローテ及び移籍については、フロントの承認制なんて有りそうですよね。
監督交代をしたとしても、確固たる信念や戦術を持った監督なんぞ雇わないと思いますし、来ないでしょう。クロップやトゥヘル解任の原因もそこらに有りそう。
ドルトムントの記事を中心に見るからかも知れませんが、これだけ黒子であるべきフロントが表に出るクラブも珍しい様に思います。一時期のミランの様です。
ボスの横には、お目付け役ツォルクがデンと陣取っていますしね。
ゲッツェの代表無理押しは、予想どおりでした。プリシッチ推しは、オフに高値売り抜けのためでしょう・・またもや、高齢化しているロッベンやリベリの後釜を探すバイエルンに献上ですかねー。マスコミのオバ叩きも売り出す批判かわしの為の前段階でしょうか?
クラブに対する情熱よりも、金儲けの手段としての情熱が上回ればツマらなくなるのは必然です。
ショールーム容認の言いなり監督を据えて、主力や期待の若手を片っ端から売って、尚且つ強いなんてのは都合よすぎる感がしますよ、ヴァツケさん。
[ 2017/11/07 09:32 ] [ 編集 ]
クラブが監督を批判する時は監督の地位が危ないと世間に知らせる事なので擁護しないとまずいでしょう。ただこのまま順位を落として行けばフロントもポシュを擁護するのは難しい。
ポシュも自分のやりたいサッカーがあるだろうけど選手の適性も考えて修正して欲しい。
[ 2017/11/07 10:15 ] [ 編集 ]
フロントの補強が失敗だったんではないですか
入った選手が悪いというのではなく、DFこそ実績あるベテランを取得するべきだったと思うよ
元々守備が良くなかったチームなのだし、プラス怪我人が出ることも考慮に入れないと
年齢は関係ないっていう人もいるかもしれないけど、経験値って大きいと思うんだよね
[ 2017/11/07 11:39 ] [ 編集 ]
この監督は、ドルトムントが何で他のチームよりも優位に立てるのかが分かっていない。選手個々の特性、マッチアップする相手などあまり考慮せず、ただ自分の戦術に押し込めてるだけのような気がする。
ドルトムントがバイエルンに勝とうと思ったら、バイエルンを絶対上回る部分、すなわちオバメヤンのスピードを生かさずして勝利はないと思う。
[ 2017/11/07 12:43 ] [ 編集 ]
なぜこんなにも守備が崩壊してしまったのでしょう。
ピシュ以外は揃っているのに。
ヴァイグルがいまいちなのもあるでしょうか。
代表不参加組が多いですから、しっかり休んでこの期間を無駄にしないで欲しいですね。
[ 2017/11/07 14:53 ] [ 編集 ]
最後に決めたのは勿論ボシュ自身です。今回の試合前のプレカンか何かでシュメが選手全員と監督とでいろいろ話し合ってはいるよ、対策されてるからね、と言ったのを妄想で話し合ってシステムと戦術をを選手に任せたのかな?って書いただけです。それは、頑なな戦術とフォーメーション固定から変えて来たのに、入りは良くなったねとか、裏抜けは減ったねとか…改善点も上げないで良くなかった、開幕時は良かったばかり言うので、少し懐疑的になってしまったのです。

そもそも、ゲーゲンプレスのやり方ですが、クロップ、トゥヘルの方法(香川、オバがやった事)は前線だけでプレスをかけてビルドアップを阻止して、コースを限定してパスをさせてそのパス先で狙って奪うというやり方。これは後ろはほぼフォーメーションどうりなので、バランスを崩さずに取って直ぐに攻撃できますし、そこでミスっても後ろもきちんといます。

開幕時のボシュの方法はシュミット監督と似ていて、ボールホルダーにフォーメーションごと移動して人数をかけて一気に奪う。これは奪う位置がより上なのでカウンターにも向きますし、フォーメーションごとコンパクトに移動するので、そのままパスでも行ける。しかし、そこでミスると後ろに広大なスペースが有るので一気にカウンターを受けて失点してしまいます。

レバークーゼンはシュミット監督の元成果を上げていましたが、ブンデスリーガ全体で対策をされて、昨シーズンは醜い事になって解任でしたよね。

バイエルン戦でのゲーゲンプレスのやり方が開幕時とは違ったので、余計にこれは本当にボシュの戦術だったのかな?と思ってしまったのです。
[ 2017/11/07 15:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。