ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マテウス!「BVBボシュ監督の采配には疑問だ!チームとうまく行っていないのでは?」《ドイツの反応》





Tオンライン】



マテウス、BVB危機について語る


ボシュの決定には疑問だ!!


entry_img_1937.jpeg


ボルシア・ドルトムントは現在危機的な状況だ。そしてペーター・ボシュ監督も批判にさらされている。ローター・マテウスは、チームと彼の間がうまく行っていないのではないかと考えている。



“もちろん、ペーター・ボシュが、バイエルンのカルロ・アンチェロッティのようにチームを失ってしまったのではないかとまでは言うつもりはないよ。だけれど、もしそういう事になったとしたら考えなければならないね。”と1990年ワールドカップ優勝チームのキャプテンはスカイのコラムで語った。“ボシュの決断には、疑問を投げかけるものが沢山あるんだ。”


スポンサーリンク




マテウスは、昨シーズンセンターバックでプレーしていたマルク・バルトラが右サイドでプレーしている点を“彼はそこで居心地よく感じてはいないだろう”批判している。彼はそこで新加入のトルヤンがプレーしないことも理解できないようだ。


BVBはここ最近のリーガ4試合でたった1ポイントしか獲得していない。ライバルのシャルケと同ポイントだ。リーガ7節が終わった時点では9ポイントも差があった。


マテウスはドルトムントの問題点として、“ウィットの足りなさとプレーする喜びの足りなさ”を上げている。“オバメヤンは自分の陰に隠れているし、ゲッツェはボシュによれば100%の状態だったにも関わらずベンチスタートだった。チームはモチベーションが下がって、不安定に見える。”と語った。



ボシュの抱える最大の問題点は攻撃時のゲーゲンプレッシングだ。さらに守備陣は高いラインで守っており、相手に多くのスペースを与えている。マテウスは、すでにシーズン前にその点を指摘していたと強調している。“BVBのディフェンス陣はこの高いラインを採用するシステムには遅すぎるよ。”とのことだ。





以上です。

確かにバルトラのサイド起用は不思議ですね。確かにトルヤンは悪いパフォーマンスを続けてしていましたが、かといってバルトラがそれよりもすごく良かったというわけではありませんでした。これはもちろん結果論ですが、こんな事だったらトルヤンを使い続けたほうが将来的には良かったと言えそうですね。他にはサイドがいないわけですから、育てるなら今がチャンスだったと思います。

ボシュの問題は結果を出しても次の試合で外してしまう事で、こうなると選手のモチベーションを保つのも難しいでしょうね。バイエルン戦ではゲレイロ見たかったですね・・。


[ 2017/11/08 06:00 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(33)
ゲッツェが100%ならもっとゴールなりアシストを決めなければなりませんね。
チームで違いを見せられていないのに、監督は彼を起用し続ける事で、周りに「特別」だと印象付けさせて来たわけです。
結果を残していた選手たちを犠牲にしてーーー。


そりゃチームの勢いが止まるわけですね。

[ 2017/11/08 06:18 ] [ 編集 ]
スタメン出場して結果を残しても次はベンチ。
このやり方は【誰が活躍しているか】を意図的に分からなくさせているとしか思えない。
もっと言えば、【活躍していない選手は誰か】を隠す行為だろう。
こういった錯覚や誤魔化しがチームを駄目にしている。

とりあえず、リハビリしたいならトップチームではなくU23で試合をしたらどうですかと言いたい。
[ 2017/11/08 06:52 ] [ 編集 ]
見かけによらずボシュは即見切るタイプなのかも。トルヤンのミス、トブラクのミスで次は無かったり…まあDFは駒不足だから、また復帰したけど、ダフードはミスしてから、ベンチ外が続いてるし。MFは駒過剰だから仕方ないかもだけど、そんな緊張感の中で常に結果出してる香川は凄いね。
逆にオバメアンは、得点王取らせる事がミッションなのかもね。どんなに悪くてもスタメン確約されてる。

[ 2017/11/08 07:41 ] [ 編集 ]
CBで勝負したそうな代表のギンターにこう言うのは失礼かもしれないが
ここ数年のドルトムントの右SBは彼がレギュラーに相応しかったポジション

ある意味バルトラは右SBで楽しそうに見えますけどね、攻撃参加したそうな顔が
[ 2017/11/08 07:59 ] [ 編集 ]
どうせ勝てないなら、諦めてる訳ではありませんがトプラク→ザガドゥ、バルトラ→トルヤンの方がいい。覚醒するかもしれない。そしてスボティッチを使うこと。大事だと思うんだけどなぁ。
[ 2017/11/08 08:02 ] [ 編集 ]
マテウスが言ってる事はまあ誰でも考える事ですね。ポシュはわざわざ難しくしているように思えますよ。自分のシステムにこだわるのなら選手の適性や組み合わせを上手く考えるだけでも違うのに。
[ 2017/11/08 08:33 ] [ 編集 ]
SBが足りなくてCBは枚数いるのに3バックではなく4バックを貫く意味がわからない
[ 2017/11/08 09:43 ] [ 編集 ]
ハイプレスハイラインのサッカー自体を否定するつもりはないですけど、今のメンバーに合っている戦術だとは思えないです。
今のドルトムントが格上のクラブより分かりやすく勝ってる部分って、オバメヤンやプリシッチのスピードですけど、ボシュのサッカーでは完全にその長所が死んでますよね。
トリャンやダフードだって前のクラブや代表で良い動きをしていたんですから、単純にボシュが使いこなせてないだけだと思いますよ。

もっとチームの長所や短所や相手を考えたうえで戦術を考えるべき。
[ 2017/11/08 10:39 ] [ 編集 ]
ホントにこの方と同じ意見でバイエルン戦でゲレイロが見たかった。
正直香川ファンとしては悔しいけど、ゲレイロは得点能力は誰よりもある選手だから今必要なのはゲレイロだと思う。
理想を言えば4231であれば3の左からゲレイロ・香川・プリシッチが良かった。
ゲレイロは縦への突破にも優れてるし、連携もバッチリだし、パフォーマンスも安定してるし、何より得点能力が高い。

前回のカップ戦でアウェーでの対バイエルン戦でもゴールを決めてるしね。
[ 2017/11/08 11:27 ] [ 編集 ]
マテウスはバイエルンにゲッツェが居た時も
ゲッツェ使えとうるさかった
[ 2017/11/08 11:44 ] [ 編集 ]
100%の状態でも、ベンチだったと言うことは、100%の状態でも、スタメンに値しなかった事ですよね?ゲッツェ好きだけど、これだけ周りからゲッツェ、ゲッツェってなると、流石に⁇に思います。

代表でゲッツェがどのような活躍をするのかもちょっと楽しみです。





[ 2017/11/08 12:41 ] [ 編集 ]
高すぎるディフェンスラインは問題だと思いますが人選には疑問は持ちません
トルヤンはあまりにも守備が軽い
[ 2017/11/08 13:01 ] [ 編集 ]
いつまでゲッツェが叩かれなきゃいけないんですかね・・・
香川がゲッツェと争っているからですかね?
トップフォームでないにしろ言われるほどではないと思うのですが
それを言い出したらIHとして香川はどうなのか?という話にもなりますし
[ 2017/11/08 13:22 ] [ 編集 ]
というかゲッツェは100%の状態であのパフォーマンスなのですか…?
[ 2017/11/08 13:53 ] [ 編集 ]
ドルトムントには良い選手が十分に揃っていると思います。
怪我人などで主力級の選手を欠いた状況であるにせよ
ここしばらくの攻守の面での選手間の連携やチグハグ感が否めません。
モウリーニョもグラディオラも2年目の今季最高のチームを作り上げ
結果を出している事をみると、サッカーの監督が就任して
自身の戦術を選手に浸透させてゆくのにはそれなりに時間は掛かるのかもしれませんね。
ボス監督にはボス監督の考え、言いたい事もきっとあるのでしょうし、
批判半分で記事は読んでいますが、強いドルトムントのファンとしては
ボス監督ならきっともう少し上手くやれるんじゃないかなと
素人目には思えてしまいます。


[ 2017/11/08 15:41 ] [ 編集 ]
ボシュの中で序列というか選手の評価がはっきりしてるのでは。
以前ダフードについて、前クラブと役割が違うこれに慣れなければならないと言っていた。
そして今起用はかなり減ってしまった。
初めから評価されてる選手はともかく、そうでない選手はすぐに結果を出さなければチャンスは与えられない感じがします。

[ 2017/11/08 15:46 ] [ 編集 ]
ハマンにしろマテウスにしろレーブにしろ
ドルトムントが苦戦しているのはゲッツェの起用法が悪いとかゲッツェをベンチにしたからとかそういうコメントばかりですね
もううんざりです・・
[ 2017/11/08 16:25 ] [ 編集 ]
トルヤンは使おうとしたら裏とられまくって外された経緯があるよね
それでバルトラコンバートしたけど、ダニアウベスばりにバルトラが上がりまくってただけで
でもバイエルン戦でトルヤンは落ち着いてたので今後は使われそう
[ 2017/11/08 17:12 ] [ 編集 ]
2017/11/08 13:22
ゲッツェは悪くないと思いますよ。でもずっとスタメン固定するほど良くもないと思います。だた安定したパスを回すだけで、攻撃的MFとしての怖さがないです。IHとしては確実に香川の方が上だと思います。彼はMFの動きをしますから。ゲッツェはウィングなのかと思うほどいつの間にかサイドに流れてバランスがすごく悪くなる時があるのでね。守備でも香川のスタミナが戻ってからは香川の方が良いと思いますね。個人的にはゲッツェはサイドで起用した方が良いと思うんですけどね。
[ 2017/11/08 18:11 ] [ 編集 ]
そこでドゥルムですよ。ってまだですかね復帰は。
スボはコンディションがキツイんでしょう。出場したときに状態は悪くないのでは?となるのは、ドルのスタメンレベルまでコンディションが上がってたからだと思うんですよね。怪我してからの監督がみんな同じ扱いしてますし。
これからはどうでしょう特に冬は古傷が痛みますからね。
状態が完全ではなくても試合に出れるチームに再び移るも良いのではないでしょうか。
[ 2017/11/08 19:01 ] [ 編集 ]
[ 2017/11/08 13:22 ]
何を言ってるんですか?香川がトップ下で出たのはこの試合が始めてだし それまではずっとIHで出場して採点等でも比較的高くて結果も出しているんですが・・
[ 2017/11/08 19:33 ] [ 編集 ]
IHとしての香川ですか?
ゲッツェより良いですよ。
IHで出る選手の中で一番結果残してますよ。
スタメン回数、出場時間は別に一番多くないのに。
結果が良くても内容がーというのはナシですよ。
昨シーズンは結果、結果と言って香川を叩いてる方々がいたのですから。
内容も香川は悪くないですしね。
[ 2017/11/08 20:07 ] [ 編集 ]
ボシュのやりたいサッカーだと、前の選手はスピードはそこそこでパスが上手ければいい、後ろの選手は対人能力とスピード勝負。全然ハマってない。
[ 2017/11/08 23:44 ] [ 編集 ]
ラインを上げてハイプレスする戦術は結局高い位置でのカウンターだからディフェンスの苦手なFWがいるチームには合わない
しかも足の遅いDFがいるチームにも合わない
前で取れない後ろは鈍いから中盤間延びしてプレスが効かずにカウンターの的になる
やる事がカウンターなんだからライン下げればドルに合うスタイルになる
オバにスペース出来るしDFは裏取られずに済む
[ 2017/11/09 09:04 ] [ 編集 ]
2017/11/08 13:22ですがなぜ香川に疑問を持つかと言えば守備面です
内容がダメと言うのはなしと言われてもIHならばここは必須のことです
場面場面でも守備はスライディングやカットがある為良いように見えますが一番香川に足りないのは線や面での守備です
守備を行う際には縦横斜めの線による挟み込みやカバーリングが必要となりますがそれを行う際に素早いスライドにプレスバックが必要ですが香川が守備に入った場合はジョギングでそうした物語りません
バイエルン戦ではトップ下から2トップの位置にいたので一概には言えませんが戻って守備をするならばこうした動きが必須です
代表でもこうした点があるから落選するのには驚かないという話ですね
ゲッツェカストロは香川よりも数字を出していませんがこうした点はしっかりしているというのが私の考えです

[ 2017/11/09 12:17 ] [ 編集 ]
攻撃で序列が最上位になったら、次は守備でケチをつける。

まあ何というか、分かりやすくて失笑してしまいますね。
[ 2017/11/09 17:36 ] [ 編集 ]
フランクフルト戦、ハノーファー戦のゲッツェとカストロの中盤は壊滅的だったでしょうに。
守備も攻撃も。
[ 2017/11/09 17:46 ] [ 編集 ]
流石に今のゲッツェの守備が香川より上とは到底思えないんだけどね
今のゲッツェは線も面もスライディングもカットも無い様にしか見えない
特にスタメン時の後半はもうジョギングすらなくなってますよね?
[ 2017/11/09 19:01 ] [ 編集 ]
>2017/11/08 13:22ですがなぜ香川に疑問を持つかと言えば守備面です

数字的には香川が一番出来ています。

>内容がダメと言うのはなしと言われてもIHならばここは必須のことです

守備面で内容的に香川より良いIHは誰でしょうか。

ゲッツェ:対人守備に問題。勝率は最も低く、0%の試合もあり。攻撃でもあまり役に立てず。ポジショニングはほとんど左サイドで、中を空けがち。パス成功率は高いが、意外にショートパスを使わず、右サイドへのチェンジを多用、マップが異常な様相を呈する。
カストロ:推進力があり、またヴァイグルや香川との相性は悪くない。ただし、上がりっぱなしで必要な時に戻りが遅いことも多く、特に右SBとの守備の連携に難がある。
ダフード:テクニック、攻撃センスはあるものの、パスミス、ロスト数が多くチーム最多になることも少なくない。若いため視野が狭く、パス出し相手の選択に問題あり。スペースを使ったプレーができない。対人守備能力も高いと言えない。
香川:ゲッツェ同様パス成功率が高いが、攻撃面での積極性に欠ける。むしろここ2シーズンは対人守備や、カウンターの起点となるタックル成功が目を引く。守備の範囲は広く、クロッサーへのタックルで一点ものをよく防いでいる。

>守備を行う際には縦横斜めの線による挟み込みやカバーリングが必要となりますがそれを行う際に素早いスライドにプレスバックが必要ですが香川が守備に入った場合はジョギングでそうした物語りません

では誰がそれを香川より出来ているというのでしょうか。具体的に教えてください。そもそも香川のポジショニングや戻りが遅かったために失点したケースを教えてください。全試合録画してますから対応できますよ。一部の日本人ファンが香川がクロッサーによらなかったから失点したと騒いでいたケースがありましたが、あれはバルトラの判断ミスのため、最も近くにいたピシュチェクが動けなかったことで起こったものです。香川が寄ったところで間に合う距離でもありませんでした。

IHというのはコンビを組む相方や、対戦相手の特徴や、試合ごとの戦術によって、攻守のバランスや役目が変わります。攻撃的な役割で使われれば、マイナス方向のスプリントは減って当然です。他の選手の穴埋めをしないからと香川を責めるのはお門違いですよ。ちなみにトゥヘルは最終的に香川を守備的ボランチやアンカーでも使いましたが、その前はダッシュで戻ろうとする香川に怒鳴りながら残るように指示していました。
[ 2017/11/09 19:02 ] [ 編集 ]
なんだか皆様がレスしていくうちに論点がズレだしましたね。
ゲッツェが叩かれてるのは香川と競争してるのが原因としたのがボタン掛け違えの始まりみたいな。

自分的には、どちらがどうっていう私感は特にないですが、たしかにゲッツェがスタメン固定するほど良くもないというふうには思います。
なのに負けても負けてもスタメン続くから、良くない時には外して他の選手に託して欲しいと思うわけですよね。
勝てるように試合をしてくれってことです。
ハイチ戦ご覧になりましたか?自分は直で観戦しました。
あのグダグダになった試合を途中から収集に入って、なんとか面目を保って同点にしてすら代表で落選するのが妥当と仰るなら、結果を出せないゲッツェがスタメン外れる試合があっても然るべき。皆様が思うのは、ただそれだけのことですよ。
[ 2017/11/09 20:50 ] [ 編集 ]
11/09 12:17
フットボールチャンネルの記事の受け売りですかね。バイエルン戦の前半は前二人はハイプレスして中盤以降で刈り取る作戦だったらしいのでプレスバックまで香川に求めるのは酷ですよ。それでなくてもハビマルからボール奪取して決定機の起点になったりしてますしね。あとアポエル戦みてたらプレスバックも囲い混みもSBのカバーも香川はやってるんですけどね。管理人さんがこの後に翻訳された記事に中盤の守備について書かれてますよ。
[ 2017/11/09 21:24 ] [ 編集 ]
11/09 17:36さんに同意です。
前もありましたよね。
しかも複数記事で同じことを言うという。。
[ 2017/11/10 07:41 ] [ 編集 ]
ゲッツェが叩かれるのはクロップ時代の活躍が凄かったからだろ
今と比べたら全く別人だからな
[ 2017/11/12 15:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。