ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

イタリア、まさかのW杯予選敗退!ドイツでも大きな反響を呼ぶ!《ドイツの反応》




【Ichliebefussballニュース】



イタリア、まさかのW杯予選敗退!ドイツでも大きな反響を呼ぶ!《ドイツの反応》



entry_img_1944.jpeg

過去4度のワールドカップ優勝を誇る強豪国イタリアが、ワールドカップ予選プレーオフでスウェーデンに敗れて予選敗退が決まった。イタリアはプレーオフ、ファーストレグで0:1でスウェーデンに敗れていたが、ホームで迎えたセカンドレグは0:0の引き分けに終わり、ワールドカップ出場まで一歩届かなかった。イタリアがワールドカップ出場を逃すのは60年ぶりの事で、このニュースはライバル国ドイツでも大きく報じられている。
スポンサーリンク




中でもドイツ紙「ビルト」は、この試合で引退となったイタリア代表のキーパー、ジャン・ルイージ・ブッフォンの涙に焦点を当てている。ジャン・ルイージ・ブッフォンは2018年のロシアワールドカップに参加すれば、ワールドカップ6大会連続出場という前人未踏の記録を達成する所であったが、ついにその記録が達成されることはなくなってしまった。しかし同紙は、敗れはしてもスウェーデンの選手を称えに行くブッフォンの姿勢を称賛している。



またこのイタリア予選敗退に関しては、著名人もソーシャルメディア上で多くのコメントを寄せている。日本の神戸で活躍するルーカス・ポドルスキーは自身ツイッターで「ありがとうブッフォン!フィールド内外で最高の選手の一人!」とコメントし、彼の活躍をたたえている。一方で元ドイツ代表のミヒャエル・バラックは「これでドイツがワールドカップ優勝か?」とコメントしているが、そのコメントの背景には、ドイツ代表がワールドカップでイタリアに未だに未勝利な事があげられるだろう。


さらにシャルケ公式ツイッターは「以前イタリア代表がワールドカップ出場を逃した時、シャルケがドイツ王者になった」とツイートしている。シャルケは現在ライバルのドルトムントど同ポイントで並んでリーガ4位に着けている。


2018年ロシアワールドカップはイタリア以外にもチリ、アメリカ、オランダ、カメルーン、ガーナなどの敗退が決まっている。



[ 2017/11/14 20:35 ] Ichliebefussball news | TB(-) | CM(5)
スウェーデン国歌が流れてるとき相変わらずブーイングする観客を見て悲しかったです。
確かにイタリアは文化的成熟度が先進国とはいえない国でしたがここまで落ちたか、、と感じるここ数年。
いわゆる民度?でしょうか。敗退より残念な醜態を晒してしまいその間1人拍手をしていたブッフォンが可哀想でしたね。
[ 2017/11/14 20:48 ] [ 編集 ]
イタリアはドイツの天敵ですもんね

守り切ったスウェーデンも素晴らしかったのはもちろんですが、
イタリアはインシーニェベンチに置いてひたすら高さのある相手に
クロスばっかり上げて高さ勝負してめんどくさい事やってましたね
ユーロのコンテとか見てると監督違うだけで敗退とか勿体ない
[ 2017/11/14 22:26 ] [ 編集 ]
イタリア代表はビックリするほどメンツが小粒になってますからね…
この深刻なタレント不足では敗退も当然かなと。
ユーロ2016でもグループリーグ敗退を予想されていましたし、あれは苦しい台所事情をコンテが何とか調理したというだけですから、こうなる事は予想できていました。
オランダも同じくタレント不足ですよね。
両国とも昔はワールドクラスだらけの代表だっただけに、スタメン表を見ただけで泣けてきますよ。
[ 2017/11/14 22:44 ] [ 編集 ]
スター選手がいないから、よっぽど良い監督を呼ばないとこうなるのは分かっていました。
[ 2017/11/14 22:46 ] [ 編集 ]
負けても驚きはない。
代表サッカーつのは中盤勝負のクラブサッカーと違ってタイプの違う職人フォワードを何人も揃えた国が勝つ。フォワード勝負。
今回のイタリアには珍しく職人不在だったな。せめてまだ動けたはずのカッサーノあたり入れとけば違った結果になったんでしょうが。
[ 2017/11/15 03:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。