ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップが入院!南アフリカでウィルスに感染か?《ドイツの反応》






ビルト】

クロップ入院!



entry_img_1947.jpeg


すでにリヴァプールが伝えたように、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、検査のために入院することになった。そのため水曜日のトレーニングはなくなっている。


ビルトはその原因を知っている:元BVB監督は、代表ウィークにチャリティーイベントに参加するためにケープタウンに言っていた。しかし帰る途中にクロップは、意識がふらふらするなどの症状を訴えたようで、そのため入院となっている。

スポンサーリンク


南アフリカでなんらかのウィルスに感染した可能性がある。しかし木曜日にはトレーニングに復帰するとみられている。


クラブも、あくまで念のための措置であることを強調している。しかし、今後数日、引き続き検査となる可能性も残っている。


“テレグラフ”紙はチームドクターが検査を勧めたと報じている。クロップはその前の夜気分が悪かったようだ。


現在リヴァプールはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出間近でリーガでも5位に着けている。

リヴァプールは土曜日にサウザンプトンと対決するが、クロップはおそらくそれまでに復帰するとみられている。


クロップはこれまで2016年に虫垂炎のために試合を欠席した事があるが、その時は助監督の倉ヴィエツとブヴァチが代わりにコーチしている。







以上です。


良く読んでみると、特に大事態ではないようですが、代表ウィークということもあってか、さぞ大事のように報じられていました。まあさすがにネタがなくなるのでしょうがないですね。早くリーガ再会してほしいです。

[ 2017/11/16 05:57 ] クロップ | TB(-) | CM(3)
何も異常がないといいのですが、ブヴァチがいると安心ですね
[ 2017/11/16 07:03 ] [ 編集 ]
ビルトやキッカーなどドイツ紙をよく見ますが、リバプールの監督になってもまだまだドイツ紙でもクロップ監督の記事多いですね
さすがにドイツで結果を出し愛された監督だと思います
大事態でなくてよかったですね!
リバプールの躍進をドルトムント、クロップ監督の1ファンとして期待してます!
[ 2017/11/16 09:14 ] [ 編集 ]
マダガスカルでペストが流行して、南ア含む数カ国に警戒出てたよね。まさかとは思うけど、感染してたら早期に抗生物質使って治療が必要だから、しっかり検査したほうがいい。お大事に。
[ 2017/11/16 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。