ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「僕は運が良かった!」香川ドイツ紙インタビュー!①《ドイツの反応》





ルーア・ナッハリヒテン】


香川真司:僕は運が良かった


entry_img_1950.jpeg


香川真司のインタビューは非常に珍しいが、その中で現在のBVBの不調、オバメヤンの靴磨きなどについて語っている。


香川真司がドイツのジャーナリストの前で語るのは珍しい事だ。BVBで6シーズン目となるが、いまだに言葉の壁がある。しかしこの日本人が一度口を開けば、彼は思っていたよりもすごく愉快な人物である。香川は冗談が好きだ。でも今回は真面目なテーマについて語ってくれた。




この前はピエール・エメリック・オバメヤンの靴磨きをさせられたようですね。


(笑)お互いにPK合戦をやったんですよ。オバば僕のPKを止めて、僕を相手に決めたんです。その後で靴磨きをすることになりました。

スポンサーリンク





靴磨きをさせられた事実とそれがインスタグラムで広がってしまった事、どちらがより屈辱ですか?

靴磨きは別にそんなでもなかったですが、やはりその写真ですね。永遠に残りますから。でもいつかお返ししますよ(笑)。



普通は若い選手が靴を磨き、荷物を運ばなければなりませんね。あなたはこれまでBVBで198試合に出場しており、今では経験豊かなメンバーとなっています。もうすぐ記念の数字になりますが、これの意味するところは?

もうそんなになりましたか?数字はそんなに意識してなかったですね。ちょっと驚きました。本当に。でももちろん素晴らしい数字だと思います。もちろんそれとは別にこれからもBVBでできるだけ良いパフォーマンスを発揮し、もっと多くプレーしたいですね。



奥寺康彦はしっていますか?彼はブンデスリーガのケルンとブレーメンで234試合に出場し、日本人記録を作っています。あなたの記録は現在135試合です。この記録は抜かせそうですか?

ちょっと予想するのは難しいですね。(笑)234試合はすごい数字ですね。これを達成するためにあと100試合ですから、そうなると3シーズンはフルにプレーしなければなりません。



少なくとも38ゴールを達成し、ゴール前では最も危険な日本人となりましたね。誇らしいですか?

もちろん誇りに思います。だけどこの数字をもっと伸ばしていきたいですね。




あなたは契約を2020年まで延長しました。それが切れる時には31歳になりますね。キャリアをドルトムントで終えるつもりですか?

そんなに先の事までは分かりませんね。でもここでプレーを続ける事ができて嬉しく思います。ボルシア・ドルトムントは大きなクラブです。だけどそれと同時に義務もありますね。BVBは成功しなければなりません。ここに長くいればいるほど、年をとればとるほど、そのことがはっきりしてくるんです。



日本人の平均寿命は83歳と世界長寿ですが、あなたも長くプレーしたいですか?

日本には記録保持者がいるんです。彼は51歳なんですが今でも2部リーガでプレーしています。彼のように長くプレーするのはもちろん夢ですね。まあどうなるか見てみましょう(笑)。


続く





長いので2回に分けます。香川選手久しぶりのインタビューですね。後半もお楽しみに!





[ 2017/11/18 07:10 ] 香川2017 | TB(-) | CM(4)
あのインスタのストーリー見たわ
バイグルが後ろで自分のも!と煽っててニヤニヤしましたね
[ 2017/11/18 07:35 ] [ 編集 ]
お、翻訳ありがとうございます。
続き期待。
[ 2017/11/18 07:56 ] [ 編集 ]
タイトルの運がよかったとはドルトムントに移籍できたからってことなんでしょうか?
香川は確かかなり多くのブンデスのクラブからオファーがあったけど、選んだのは香川本人でした
ドルトムントのホームで熱狂的な雰囲気に圧倒されて選んだとか言ってましたね
[ 2017/11/18 15:03 ] [ 編集 ]
奥寺さんすごいなw
[ 2017/11/18 16:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。