ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、香川発掘スカウト部長!アーセナルへ移籍!さらにトゥヘル批判も《ドイツの反応》




ビルト】

BVBスカウト部長、トゥヘルを批判


この移籍は、ドルトムントにとっては大きな痛手だ。



entry_img_1953.jpeg


BVBのスカウト部長、スヴェン・ミスリンタートはBVBでの11年間の時をへてアーセナルへと移籍する事になった。そして多くの才能を発掘したこのスカウト部長(香川、デンベレーなど)は移籍について語る。

スポンサーリンク




そしてその中では、元監督トーマス・トゥヘルにも発言が及んでいる。


ミスリンタート“まさか他のクラブに移籍するなんて考えもしなかったと思う。元監督により、トレーニング場への出入り禁止、そして何年も親しく働いてきたにも関わらず、内部でも選手やスタッフ、友人から距離を置くように指示されたことが、僕の考えに少なからず影響を与えることになった。”


背景:トゥヘルはミスリンタートに対し、2016年に出入り禁止、接触禁止などの措置を取っていた。この時期にBVBを去る決断をしたと思われる。そしてそれはトゥヘル解任も役には立たなかった。



ミスリンタート:“その前の年もオファーがあったけれど、それについては特に真剣には考えていなかったんだ。ここで生まれ育ったし、2006年からここで働いているから、僕は根っからのボルッセなんだ。”


それにも関わらず、彼はイングランドに行くことになった。彼はヴェンゲル監督の下でスカウト部門、と技術部門のディレクターとなる。もちろん彼はハンス・ヨアヒム・ヴァツケとミヒャエル・ツォルクへの感謝を忘れてはいない。


ミスリンタート:“ミヒャエルとアキは常に僕を支えてくれた。そして彼らは難しい時期でもそうしてくれたし、相手がだれであれ、スカウトが常に高いレベルで行えるようにしてくれたんだ。これは非常に重要なことだったよ。”


ミスリンタートの移籍金は200万ユーロとみられている。そして彼はアーセナルで180万ユーロの年俸を受け取るとみられている。



しかしミスリンタートはドルトムントを心配してはいない。ミスリンタート:“BVBにおいて大事なのはサッカーだ。僕はこれを常に評価していたし、これからもそうするよ。寂しくもなるだろうね。”





以上です。

まさかの移籍が実現してしまいましたね。

結局、ボスの支えは感じたとは言え、実際には出入り禁止、接触禁止の措置をくらってしまったという事実には変わりません。そこで別なクラブで働くことを考えたとしても決して不思議ではありませんね。

最近少し忙しくて更新ペースが落ちているんですが、昨日最悪な出来事が起きてしまいましたね。
シャルケが2位に浮上し、ドルトムントは5位に落ちてしまいました・・。

しかし次はダービー、これで勝って何とか順位を逆転してほしいですが・・万が一を考えてしまうのが今のチーム状況です・・。




[ 2017/11/21 06:02 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(27)
長年ドルトムントを影で支えて来たミスリンタート氏にとって出入り禁止、接触禁止の措置はかなり屈辱的だったのでしょう
シュットトガルト戦では不甲斐なさからかなりのブーイングがあったようですね
次はホームでの直接対決
ここで負けてしまうとどうなるのか監督も選手もわかっているでしょうし
シャルケ相手に滅法強い香川選手の先発と得点を期待するしかないでしょう
[ 2017/11/21 06:38 ] [ 編集 ]
ドルトムント関連の記事のコメント欄で現地サポのコメントを見ているとミスリンタートが出て行くことに対して残念だというコメントが圧倒的
ボシュ監督に関しては出て行けが圧倒的でヴァッケにも出て行けコメントが結構ある
トゥヘル戻って来いに始まりクロップ戻って来いコメントも
こう考えるとクロップがいた頃は内部も平和だったんだなとシミジミ
真実の愛はクロップがいなくなってなくなってしまったんだ
[ 2017/11/21 07:02 ] [ 編集 ]
今のチーム状況を考えると、せめて今シーズンが終わってからにしてほしかったです。

もしかしたら、今シーズン彼のスカウトした選手に対する批判的な意見でもあったのかなっと
考えてしまいました。
[ 2017/11/21 08:03 ] [ 編集 ]
トップの判断ミスですね。
トゥヘルの理不尽な言い分を通してしまったら、後で解任しようが、ミスリンタートを出世させようが、当時トゥヘルの10倍もの期間ドルトムントに多大な貢献をしてきた彼を低く見たことになります。管理人さんのおっしゃる通り、これでは後でどうしようとも、やりきれない気持ちは残り続けるでしょう。
結局トゥヘルはその後も選手と諍いが絶えず、ついにはトップ(ヴァツケ)を侮辱して解任せざるをえなくなりました。
人を見る目がなかったということではないでしょうか。
[ 2017/11/21 08:18 ] [ 編集 ]
なんのためにトゥヘル首にしたのかわからんですなぁこれでは
[ 2017/11/21 08:43 ] [ 編集 ]
「僕の考えに少なからず影響を与えることになった。」

これはネガティヴな意味なのでしょうか。
出来事自体はあまり良くなかったかもしれませんが、ミスリンタートからしたら自分のキャリアを考える良い切っ掛けだったとも捉えられますよね。実際ステップアップしたわけですし。
[ 2017/11/21 09:25 ] [ 編集 ]
新しいサイクルが求められる時期なんですね。うまくトランジットしてほしい。これから監督だけには大枚を叩いてほしい。中途半端な人で準ビッククラブを運営しようなんて甘いですよ。ここだけはケチれないです。使う時はドンと使わないと。それで初めて才能ある若手を正しく教育し、ベテランのモチベを上げられるんでしょ。安い条件で選手をひきとめるためには絶対!言うこと聞くいい子なんていってると中下位をウロウロするチームになちゃいますよ。
[ 2017/11/21 09:38 ] [ 編集 ]
せっかくトゥヘルを切ってミスリンタートを取ったのにやめられてしまいましたね。

選手が去っても新たにスカウトがいい選手を見つけてくれるから、
と舐めてたんじゃないでしょうか。
これからはいい選手を見つけるのも厳しくなるでしょうね
[ 2017/11/21 09:56 ] [ 編集 ]
正直もうサイクル終わって落ちていく一方のドルから逃げ出すために前監督のトゥヘルを利用しただけとしか思えないな。
[ 2017/11/21 10:20 ] [ 編集 ]
これって結局クロップ時代はともかくトゥヘル時代からフロントが現場に口を出し始めたってことじゃないの?
だからスタッフにも距離を置くよう指示したってことか?

[ 2017/11/21 11:10 ] [ 編集 ]
とても残念です。ミスリンタートが具体的にどの選手を連れて来たかを全部は分かりませんが、報道されている選手達は毎年成功しています。
この3年だけに限っても、2015のビュルキ、ヴァイグル、カストロ。2016のバルトラ、ゲレイロ、デンベレ、と皆ブレイクして即レギュラーだったけど、2017はトプラク、サガドゥ、トルヤン、ダフード、フィリップ、ヤルモレンコ、サンチョ。ヤルモレンコはまあまあだけどそれくらい。今期はどの選手に関わったのかそれとも誰も関わらなかったのか…いずれにしても余り補強で成功した感が無い事だけは確かです。その辺りからミスリンタートのモチベーションの低下も窺えますね。
[ 2017/11/21 11:55 ] [ 編集 ]
これは後付けですね。恨みはあるでしょうが、普通にステップアップしただけですから。
ミスリンタートは現場にガツガツ口出しする。それにトゥヘルがブチギレた。フロントがもうちょっと上手くマネージできなかったものかとは思いますが、そのフロントも現場に口出しするタイプなのであれですね。
フロントとしては自分たちの現場への直接的な影響力を確保しておくために、ミスリンタートの現場への関わりを排除することで手を打った。その代わりに「まあまあこれでなんとか」と、昇進ポストを与えて不満が爆発するのを回避した。こんな感じですかね。
[ 2017/11/21 12:26 ] [ 編集 ]
ミスリンタートが良い選手を発掘しても、アーセナルはレンタルに出してしまいそうだから、選手がドルトムントのように入団を希望するか、少し疑問に思います。

トゥヘルとの諍いが、移籍の引き金になったかもしれませんが、高騰する選手の移籍金をみても、ミスリンタート自身も給料等条件の良い所に移籍を希望しても何ら不思議ではありませんよね。お金の誘惑には勝てません。

さて、お金儲けの為の大切な人を失ったヴァツケさんはどうするのかぁ。

ミスリンタートの移籍もショックですが、このところ、超不調な チームのパフォーマンスも気になる所です。

バカの一つ覚えみたいに、ゲッツェを同じポジションで、使い続けるボシュには、なす術もないのでしょうか。連敗を何とかして止めてほしいです。





[ 2017/11/21 12:27 ] [ 編集 ]
終わったなドル。ミスリンタートいなきゃ若手の補強なんて期待できねえ
[ 2017/11/21 13:54 ] [ 編集 ]
なんだかどんどん悪いほうへ向かってるような。。
でもこれを機にスターを育てて売るチームじゃなくてスターを擁するメガクラブになって貰いたい。

なんにせよ今はシャルケに勝てる気がしない
[ 2017/11/21 14:03 ] [ 編集 ]
 フロントがどうとかトゥヘルがどうとか、誰かのせいでこうなった、と言うのは簡単ですが幼稚です。

 トゥヘル氏との確執はきっかけにはなったのかもしれませんが、より報酬が高く大きな仕事ができる環境に挑戦してみたいと思うのは、選手だけでなくスタッフも同様でしょう。
 とても残念ですけど、アーセナルはかなり魅力的な条件で彼を招待したのでしょうし、仕方ないですよね。バイエルンに獲られるよりはマシだと前向きに考えることにします。
[ 2017/11/21 16:40 ] [ 編集 ]
こういうことは近年目立ってきましたね
いろいろな企業を手掛けてきて、私も同じ現象を沢山みてきました
要するに幹部が許容力が低く、権力をふるいたがる組織はこうなりますね
中間管理職気質の人間が要職に就いている
バブル後の日本で団塊により大量に発生しました

ドイツも東西統合して時が経ち、同様なのでしょう
ドルトムントは典型です
バイエルンはその点よくやってますね
[ 2017/11/21 17:50 ] [ 編集 ]
本来はオリベル・トーレスを獲るつもりだったが、ヴァツケの命令により、ゲッツェに変更させられた。

これが核心では?
ミスリンタートは濡れ衣を着せられたのだと思います。
トゥヘルもミスリンタートも、ヴァツケの被害者だと思いますね。
[ 2017/11/21 19:15 ] [ 編集 ]
ドルトムントはもういい加減に新しい時代へ向かうべき
潔かったクロップを見習うべき(潔すぎたかもしれない)
ミスリンタートのステップアップを祝し成功を祈ります
[ 2017/11/21 20:12 ] [ 編集 ]
いくら優秀とはいえ裏方に年俸180万ユーロ・移籍金100万ユーロ出すとは
やはりプレミアのクラブはえぐいな
[ 2017/11/21 20:14 ] [ 編集 ]
結局ミスリンタートとトゥヘルのどちらもいなくなるっていう最悪の結果。
負の連鎖はいつ終わることだろう?
[ 2017/11/21 20:39 ] [ 編集 ]
12:26さん
>これは後付けですね。恨みはあるでしょうが、普通にステップアップしただけですから。

香川が移籍した年に、ユナイテッドが、フンメルスとともにドルトムントのスカウト部長も狙っているという英国報道がありました。その次の年はレヴァンドフスキと一緒にまたもや名前が挙がりました。以来、ユナイテッドだけでなく、アーセナル、チェルシーなど資金潤沢なクラブの名前も挙がり、移籍の噂が絶えなくなりましたが、本人は完全否定、取材さえ応じませんでした。
もしトゥヘルとのいざこざ以前からステップアップを考えていたなら、このように出て行くタイミングはあったと思いますし、問い合わせにも完全否定はしなかったでしょう。むしろドルトムント幹部を刺激し給料アップを促すうえで、マスコミを利用しない手はありません。それがプロです。
そもそもあの事件の直後にクラブはミスリンタート氏のポジションを上げてますから、そこで初めて辞意を匂わせたのだと思いますよ。ドルトムントで10年働き、クラブの再建に大きく貢献した自負はあったでしょう。ビッグクラブの接触もありました。それが就任わずか1年に満たない若手監督による屈辱的な処分を、幹部が全面的に支持したことは、それまで堅牢だった忠誠心も揺らぐに十分な出来事だったのではないでしょうか。
[ 2017/11/21 22:27 ] [ 編集 ]
移籍のきっかけに関しては、とりあえず誰かのせいにしておけば多少は本人への批判は減りますからね
定石どおりの展開なのでどうこうという話ではないですね。
若手獲得に積極的なクラブという点ではアーセナルは方針に合うと思います。その若手を即起用するかは別ですが…。
ミスタンリートには新天地でも活躍してほしいですね
[ 2017/11/21 22:32 ] [ 編集 ]
私の記憶が正しければ、確か昨夏にトゥヘルがオリベールトーレスの獲得を望んだが失敗して、ゲッツエの獲得に変更した事が確執の原因だったと思うのですが。それから出入り禁止等になっていたと思います。
その後ゲッツエの代謝障害が発覚して長期離脱、その後トゥヘル解任ゲッツエの復帰、そして聖域化。代謝障害なのに酷使していて、確かにどんどん良くなってきてはいますし、全てがゲッツエ擁護の為のシナリオだった様に最近思っています。
ミスリンタート的にはそもそも、ゲッツエの獲得をどう感じていたのかも疑問ですね。ダイアモンドの目の男の視点で、ゲッツエの獲得は積極的な気持ちだったのか?まあ、フロントは精一杯ミスリンタートをフォローしようとしてはくれていたようですが、一部選手やスタッフの中にはゲッツエの獲得を好ましく思っていない人も居る様に思います。それが距離を置かれるように感じた原因では?
[ 2017/11/21 22:43 ] [ 編集 ]
「ある選手を優先的に使いたい」

こういった“縛り”が発生し始めたクラブのスカウトをやるのが、しんどくなったのかもしれませんね。
このタイミングですし。
自分のポリシーとは合わない、限界だと感じ始めたのではないかなと。
[ 2017/11/22 02:21 ] [ 編集 ]
>私の記憶が正しければ、確か昨夏にトゥヘルがオリベールトーレスの獲得を望んだが失敗して、ゲッツエの獲得に変更した事が確執の原因だったと思うのですが。それから出入り禁止等になっていたと思います。

トゥヘルがミスリンタートと揉め、彼を出禁にしたのは、練習を見に来ていたミスリンタートがトゥヘルのモルへの懲罰(グランド全面を肘だけを使って這わせる)が非人道的だとして強く批判したからですよ。
「真実の愛」を掲げるクラブであり、10年以上クラブにいるミスリンタートは当然、既知であるクラブ幹部は自分を支持してくれると思ったに違いありません。ところが、守られるどころか、ミスリンタートへの懲罰は増えた。
その後、ミスリンタートへの不自然なキャリアアップがあったことから、その時点でミスリンタートは移籍を訴えたのだと考えるのが自然だと思います。
[ 2017/11/22 18:32 ] [ 編集 ]
2017/11/21 22:43 です。
すみません、調べたらその春頃から出入り禁止だったみたいですね。モルの件のミスリンタートとの事は分かりませんが、夏に移籍問題でトゥヘルが怒って、それから口もきかなくなったのは事実です。
[ 2017/11/22 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。