ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!得点後にボシュ監督を挑発するジェスチャー!BVBの問題が浮き彫りに!《ドイツの反応》



フォーカス】


オバメヤンのボシュ監督に対するジェスチャーはまるで子供。しかしBVBの大きな問題を表している。


entry_img_1958.jpeg



ピエール・エメリック・オバメヤンは非常に計算高い。彼の頭の中には、全ての観客が注目する中で、監督を挑発するという行動以外思い浮かばなかった。オバメヤンの行動は非常に子供っぽい。しかしサッカーファンたちは、すでにそれを十分に知ってもいる。しかしこのオバメヤンのジェスチャーは、それよりもbvbの問題を浮き彫りにしている。


ボルシア・ドルトムントとオバメヤン。これらは一度たりとも本物の愛である事はなかった。これはお互いに目的が一致しただけの物だったのだ。ドルトムントは、この変わったストライカーある程度の権利を与え、時にはバカ騒ぎをする自由も与えた。そしてオバメヤンはそれにゴールで答えていた。すべてOKだ。


オバメヤンがゴールできなくなるまでは。

スポンサーリンク



オバメヤンがゴールできなくなってからは、くだらない騒ぎは認められなくなった。そして彼はベンチ外となったのだ。無許可でクラブ敷地内で宣伝用のビデオを撮影し、さらに遅刻を繰り返したため。



オバメヤン、ボシュ、ツォルク、ヴァツケを理解できない。



オバメヤンは無分別な部分を表している。彼は今回の措置をまったく理解することができないと文句を言ったのだ。そして彼にはトッテナム戦まで、ボシュ、ツォルク、そしてヴァグケに対してどのような復讐をするか考える時間が十分にあったのだ。


そして開始31分にその時が訪れた。ヤルモレンコの夢のようなアシストの後でオバメヤンが得点を挙げたのだ。そしてすべての観客の目が彼に集まる事になった。オバメヤンは初めは何もせず、チームメートにただ祝福させるだけだった。その後、彼はボシュ監督が座っているベンチに向けて指を立てたのだ。非常に計算高い。


オバメヤンは、チームが彼を必要としている事を証明してみせた。オバメヤンはこのような危機的な状況でチームで、批判にさらされる監督を支えるジェスチャーをするかと思いきやそうではなかった。彼はファンの注目が集まる中で、幹部をさらし者にしたのだ。


これは非常に幼稚で、エゴのあふれた行動であるが、サッカーファンなら、ある意味慣れてもいるだろう。


新たになった事に、このジェスチャーが現在のBVBの問題を表しているという事だ。その問題とは、監督が選手をコントロールできていないという事である。オバメヤンは昨シーズンも懲罰をくらっていたが、その後ゴールをした後でトゥヘルと喜んで見せた。このガボン人は、ボシュに対しては挑発するようなジェスチャーを見せただけだ。


コントロールできないのはオバメヤンだけではない。チーム全体だ。BVBは失点すると、もうそのシステムは機能しない。ひどいミスがチームをばらばらにしてしまうのだ。そしてみんな下を向く。



ボシュ、シャルケ戦が最後か


BVBがこのような状況で最も必要としているのはどのような人物だろうか?チームメートに活を入れることができる選手だろうか?対戦相手に果敢に立ち向かっていく選手だろうか?ドルトムントにはそのような選手はだれもいない。


本来であればポカール優勝したチームと現在とでは大きく変わっていない。監督だけが変わったのだ。そしてボシュはトゥヘルとは異なり、才能豊かな選手から、力強くキャラクターあふれるチームを作る事が出来なかったのだ。明らかにトゥヘルよりも歓迎されていたにも関わらず。


土曜日はシャルケとのダービーだ。ファンにとってはこの試合がすべてだ。ボシュにとっては、オバメヤンのゴール抜きでは決して勝つことができない、決勝戦となるだろう。






以上です。

なかなか挑発的な記事ですね。オバメヤンのジェスチャーの意図は結局本人しかわかりませんが、まあこのように受け取った人はかなり多かったようです。同様の記事は結構ありました。

しかしオバメヤンもここまでくると困ってしまいますね。もうやる気はないのかなあ、と感じてしまいます。昨日の試合でも序盤にキーパーと一対一で外してしまいましたが、やはりあまり多くないチャンスをしっかり決めれないと強いチームに勝つのは難しいですね。あそこは決めてほしかった。

まあボシュがチームを掌握していないことは、もう明らかになっていますね。ヴァツケもこの状況で選手にプレッシャーを与える発言をしています(ソース:ビルト)し、これから先が心配です。まさかブレーメンのようにならないことを祈っていますが・・。



[ 2017/11/23 15:13 ] オバメヤン | TB(-) | CM(23)
何となく選手達は監督だけではなく首脳陣とも距離があるのかなという気もしてきましたね。チームだけでなくクラブ全体の問題になっていかなければ良いんですが。
[ 2017/11/23 15:34 ] [ 編集 ]
オバの事好きですが、いくら何でもこれは良くないんじゃないですか
プロなんだから、自分の態度がチーム全体の士気に影響を与えることも考慮しないと
移籍の問題でごたごたした時に、クラブに不信感でも持ったんでしょうか
これで低迷したまま冬移籍なんて事したら、すごくがっかりしますね
[ 2017/11/23 16:04 ] [ 編集 ]
そりゃ監督もフロントも選手批判をメディアに向ってやってるんだからどうにもならんでしょ
一番間抜けなのはBVBのフロントですが
[ 2017/11/23 16:13 ] [ 編集 ]
オバメは外様の選手の中でも何かを言える力のある選手ですよね
昨シーズンをみた後だと、何かがあるとしか思えませんね。
[ 2017/11/23 16:16 ] [ 編集 ]
オバメヤンが確実にいなくなる来季こそ、クラブの崩壊が本格的に決定づけられるでしょう。
今季CL圏を取れなけりゃ、間違いなくキープレイヤー達は引き抜かれていきます。
不安定なクラブには有望株はもう来てはくれないです。

「若手の高額転売」に味をしめたが故の転落劇。
シュメルツァー、シャヒン、ゲッツェによるトゥヘル退団劇。

終わりの始まりですかね…
[ 2017/11/23 16:29 ] [ 編集 ]
私も気になって得点シーンからキックオフまでの動画を何度確認してもそのような挑発ジェスチャーはなかったです
指はヤルモレンコが祝福に来る前に一瞬立てていますが挑発というより「よし1ゴール」と言う意味合いのほうがしっくりしますし
そもそもオバメヤンはゴール後ほぼ毎回人差し指を立てますし、今回特にベンチに向かって立ててもいません

チーム状況から言ってチーム内がギクシャクしてると言えばしているでしょうし
一瞬の指立てを切り取ってここまで誇張するのもある意味凄いと感心しました
[ 2017/11/23 16:30 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつも翻訳お疲れ様です。

このような現状になった要因はいくつかあるとは思いますが、私個人としてはフンメルス(ドイツ人リーダー)が抜けた点、バス爆破事件での首脳陣の利己的(選手のことを第一に考えていない)な判断をした。
以上2点が大きな要因だと考えています
シュメルツァーがキャプテンをしていますが、残念ながらあまりキャプテンシーがあるタイプだとは思えません…
選手間での首脳陣不審が、首脳陣に従順なボシュへの反感になってしまっているようにも感じられます。

チームの身近にいる人間ではない只の勝手な思い込みですが、現状のチームのチグハグさは見ていて悲しい物がありますね
[ 2017/11/23 16:32 ] [ 編集 ]
結局トゥヘルの選手からの批判ていうのも結構大げさに取り上げられてたんじゃないのか?
現況明らかにフロントの影響あるよね?
フンメルスがでていったのもそもそもフロントの考え方のせいでしょ
もう1シーズントゥヘルを俺は観たかったよ。
[ 2017/11/23 16:39 ] [ 編集 ]
ボシュ監督に威厳がないのは明白ですよね
フロントの意向かどうかは知りませんが、動けないゲッツェを交代させる勇気もなく
あまり良いプレーが出来ていないキャプテンを外す勇気もない
彼らより動けるであろう選手がいつも割を食う
一緒にピッチに立ってる選手達、ベンチから見てる選手達の方が
外から見ている我々よりもずっと敏感に何かを感じてるかもしれないです
いくらチーム内外に影響力を持つドイツ人選手だったとしても
パフォーマンスが悪い選手をここまであからさまに特別扱いしていたら
ただ権力におもねる人という印象でしか見られないですよ

オバメはここ数年ずっと頑張ってきたのに離脱しかしてないドイツ人や
出続けてもチームに貢献しないドイツ人より年俸も低いわけですからね
なのにドイツ人は批判されることもなく自分にばかり批判が集中するんですから嫌気もさすでしょう
まあそれでもオバメ選手の行為はちょっと行き過ぎだとは思いますが...
[ 2017/11/23 16:47 ] [ 編集 ]
人格的な問題でトゥヘルを解任したのに
代わりに来たボシュがこのザマとは笑い話を通り越してフロントには呆れた
ビルト含む独紙が一時期やたら明確な情報でトゥヘルを批判していましたが情報を流したのってフロントなんじゃないですかね。最近は落ち着いて来ましたがゲッツェ謎の採点高評価も通じるものがあるかと
[ 2017/11/23 17:08 ] [ 編集 ]
ボシュってゴール決めても全然喜ばないしどんな感じで選手と接してんのかな。トゥヘルは選手批判したり色々問題あったけど多少は関係築けてる選手もいたけど
[ 2017/11/23 19:35 ] [ 編集 ]
この記事が事実ならオーバメヤンの振る舞いは良くないですが
注視すべきはこうなる原因の根本ではないですかね
ドルトムントはロイスやゲッツェのチームでありたいんでしょうけど
実際はそんな事もなく今まで一番試合に出て結果出してきたのは外国人選手
[ 2017/11/23 20:02 ] [ 編集 ]
16:30さん
そうなんですか・・
まぁ強くあって当然のようなクラブが今の状況ですからメディアも監督を筆頭に選手やフロント
ドルトムントのありとあらゆるものに対して誇張して批判したいのでしょう
[ 2017/11/23 22:57 ] [ 編集 ]
これだけ負け続け、同じ形で失点し続けて修正が「わからない」と言い切る監督に、オバメアンでなくとも信頼を失っている事は明白ですね。そもそもこの戦術はオバメアンに合っていませんし、守備陣にも合っていませんでした。

但し、スパーズ戦での得点は、本当に少ない「ボシュの形からの得点」でしたね。これに対して、「やっとできたよ!」的なノリだったと思っていました。まあ確かに指摘されたように、トゥヘルとだったら抱き合って喜びそうでは有りますね。そこまで深読みされると確かにある意味凄いです。
[ 2017/11/23 23:12 ] [ 編集 ]
昨年、確かに、オバは久しぶりのゴールを決めた後、トゥヘルとは喜んでましたね。

選手の良い所を生かすのも、生かさないのも監督次第だと思います。ボシュ監督は、なす術もなく、連敗が続き、批判の的となってますが、やはりドルトムントにはドイツ人の選手優遇、給与の面だけでなく、起用に関して、かなりドイツ人選手に気を使っているので、チームのベストの布陣を組む時に、障害とまではいいませんが、影響を与えているのではないかと思います。選手同士の公平な競争もやや欠けている感がありますし、選手の士気にも影響を与えるのでは?

ハリルやトゥヘルのように表だって、対立することもなく、穏和な印象のボシュ監督ですが、ブンデスに慣れる前に、去ってしまいそうです。

記事のオバメの行動の真意はわかりませんが、このような事が記事になるくらい、ドルトムントは成績だけでなく、フロント、監督、選手間、ギクシャクしているのだと思います。

[ 2017/11/24 02:09 ] [ 編集 ]
>[ 2017/11/23 23:12 ]
>トゥヘルとだったら抱き合って喜びそうでは有りますね。
それは流石にないですね。オバメヤン、ロイスを始め選手たちは1年目の年明け以降ゴール後積極的にトゥヘルとゴールを分かち合うことはなくなり、その状態は解任まで続きました。
[ 2017/11/24 02:18 ] [ 編集 ]
未だにドルの試合を見てると選手同士がなんかたどたどしい…
ボスは修正もできず、ずっとベンチで静かに座っているだけ
トゥヘル、クロップとまでは言わないけど、もっと戦う気迫みたいのを出してほしい
[ 2017/11/24 02:35 ] [ 編集 ]
トゥヘル2シーズン目のハンブルク戦前にも、オバメヤンは処分を受けましたが、ゴールを決めてトゥヘルと抱き合って喜んでいましたね。
[ 2017/11/24 02:50 ] [ 編集 ]
 記事に踊らされてしまうのは大衆の性なんでしょうけど、ここまで単純とは……。

 オバメヤンは何かメッセージを送ったのでしょうが、私はどうでもいい事だと思います。内情が分からない外野が妄想を並べ立てたところで何の意味もない。一点決めてパフォーマンスをしたところで、試合に負けたらそれも敗因の一つに過ぎない。

 10月からまるで勝てていないのは、何か根本的な原因があるのでしょう。さっさと何とかしてほしいですね。
[ 2017/11/24 12:02 ] [ 編集 ]
11/24 02:18
オバメヤンとトゥへルは昨シーズンもよく喜びあってましたよ。
[ 2017/11/24 12:35 ] [ 編集 ]
監督とともに祝福した試合があったかないかの話なら、ボシュとオバメヤンにもありましたよね。チームの調子の良い時というのはそういうものです。
[ 2017/11/24 12:44 ] [ 編集 ]
そもそも全体的で見れば試合中に監督とゴールを分かち合う事の方が珍しいケースなのですが
トゥヘルはアフリカネーションズカップの影響が出てるオーバメヤンを庇ってたし
肩組んで可笑しな写真取るぐらいの関係は保ててたでしょう
[ 2017/11/24 13:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルと多くの選手は昨季終盤はあきらかに上手くいってませんでしたよ。試合のパフォーマンスに現れてました。その中でオバメヤンはデンベレと組んで自由にプレイできてましたからトゥヘルとは問題なかったでしょう。フロントが怒るのはスポンサーに影響があったからでしょう。
オバメヤンは香川を引き連れてナイキの為のゴールパフォやってましたし、知り合いの歌の宣伝にロイスだして売名行為をやってました。以外と狡猾に動いているというのが自分の認識ですね。
[ 2017/11/24 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。