ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ボシュ解雇間近!ファヴレ?ザマー?ドルトムントの監督候補は?ドイツ紙《ドイツの反応》





Tオンライン】



ボシュ解雇間近!

いったい誰が次の監督になるだろうか?



entry_img_1961.jpeg



ペーター・ボシュは落ち着いているが、これまでのネガティブな結果に続いてダービーで負けることがあれば、監督の解任はあり得る。以下次期監督候補のリスト


スポンサーリンク




ぺーター・ボシュは揺れている。BVB監督はシャルケとのダービーを前に、記者会見で以下のように語っている。“自分の仕事に対しては特に不安はない。それは考えていないよ。いまは試合の事だけを考えている。勝つためにはすべてを出さなければならない。僕もね。”



ハマンはダヴィッド・ヴァグナーを押す!



次の監督について話をするのはハマン一人だけではない。スカイ解説者のディーター・ハマンにとってはペーター・ボシュはもう終わったようだ。“親し気なペーター・ボシュがそういう事になったら申し訳ないと思うだろうね。でも終わりは近づいているよ。”と2005年のチャンピオンズリーグ優勝者はスカイのコラムで語っている。“チームはここ数週間、情熱、計画、炎なしで戦っている。”


さらにハマンは後継にまで言及している。彼が名前を挙げたのは、クロップの友人で元ドルトムントのダヴィット・ヴァーグナーだ。“彼はクラブも良く知っているし、Uチームでも指導している。それにハダスフィールドでも素晴らしい仕事をやっているよ。”



以下、監督候補


▶ダヴィッド・ヴァグナー
ユルゲン・クロップの結婚式で証人を務めた彼は、プレミアリーグのハダスフィールドを率い、9月のベスト・チームマネージャーに選ばれている。スカイ解説者ハマンも“オファーがあれば考えるだろうね。”と語っている。しかしイングランドでの彼の契約は2019年までとなっている。シーズン途中でハダスフィールドは彼を手放したくないだろう。



▶ルシアン・ファヴレ
このスイス人はBVBでは何度も名前が上がっている。トゥヘル解任の後でもう少しで監督に就任する所だった。しかしニースが彼を手放さなかったのだ。代理人のファゼリはスポーツビルトに対してこう語っている。“これでこの夏の移籍はなくなった。しかしルシアン・ファヴレがBVBに断りを入れたわけではない。ニースが交渉に応じなかったというのが事実だ。我々はそれを受け入れなければならなかったのだ。将来どうなるかは様子を見る必要がある。”
 しかしニースは現在14位となっており、クラブが今回交渉に応じる可能性はある。



▶ハネス・ヴォルフ
シュトゥットガルトの監督としてブンデスリーガ昇格を果たし、現在11位にいる。しかし彼の契約は2019年までとなっており、シュトゥットガルトが抵抗する可能性が強い。しかしヴォルフはかつてBVBの育成部門で監督をしており、ドルトムントからのオファーを嬉しく思うだろうと語っている。



▶ジョヴァンニ・ヴァン・ブロンクホルスト
この42歳のオランダ元代表選手はフェイエノールトを率い昨シーズン優勝している。しかし現在は5位だ。しかしボシュと同様にブンデスリーガ未経験のオランダ人を獲得する可能性は低い。



▶マティアス・ザマー
ザマーは5年にわたってバイエルンのボスを務め、BVBとの競争を激しいものへと導いた。そして両クラブの間では定期的に火花が散る事となった。しかし、今から数週間前に彼らは和解している。ザマーは2002年にBVBをリーガ優勝に導いている。現在はユーロスポーツの解説者だ。
いずれにせよザマーはこの夏、キッカーのインタビューで表舞台に戻って来ることはないと語っていた。



▶トルステン・フィンク
現在ウィーンで監督を務める彼はドルトムント出身だ。そしてブンデスリーガに帰りたかっている。フィンクはバーゼルを率いて過去に2度リーガ優勝を果たしており、攻撃的なサッカーでも知られている。しかし彼はかつてハンブルクを率いて失敗している。この結果をBVB幹部がどう見るか微妙な所だ。








以上です。

またいろいろな名前が上がってきましたが、みな現役監督という事で、代わりを見つけるのも大変そうですね。しかしファブレが低迷しているという事なので、ニースも監督の入れ替えを考えている可能性はありそうですよね。まだBVBを良く知っているヴァグナーも面白そうですね。

とは言え、まだボシュも終わったわけではありません。あまり期待はできませんが、ダービーで爆発したらその後上向きになる可能性もわずかながら残っていると思って、明日のダービーを見たいと思います。とりあえず、2位のシャルケを叩けば、まだ望みはありますし、ダービーでは熱い試合を見せてほしいですね。

[ 2017/11/25 06:00 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(6)
ファンブロンクホルスト懐かしい。
ヴェンゲルがアーセナルの次期監督に指名とかいう記事が上がってましたがどうなんでしょう。
しかしこの候補達はあまり魅力を感じませんね。
ザマー以外は結局BVBに来る前のボシュの状況と変わらないレベルの監督。
未だに監督選びも二流三流から当てようとするんですねドルトムントは。
[ 2017/11/25 09:01 ] [ 編集 ]
この様な報道が頻繁に出始めると、監督交代は割と常ですよね。ヴァツケが素早く否定をするとは思いますがね。あてにはなりません。
先発や、それに伴う戦術にどれだけボシュ自身の主張や色が出せているのか。
ベンチで表情の喜怒哀楽が激しいツォルクの横で、無表情で落ち着いているを見ると、あまり出せていないのかもしれません。クラブが、全権をボシュ自身に与えるのをジーッと待っている様です。色々な意味合いでダービーは楽しみですね。管理人がおっしゃる通り、今ならまだ間に合うと思います。重要な分岐点になるダービーだと思います。
[ 2017/11/25 09:13 ] [ 編集 ]
監督がBVBを良く知っていても選手の大半がBVBを知らない現状のBVBじゃなんの意味も無いですね
フロントの蹴り飛ばし方を知ってるなら別ですが
[ 2017/11/25 11:03 ] [ 編集 ]
最重要の一戦とはいえ下手に勝ってしまうよりもサクっと負けて監督交代の方が良い気がしますね。長い目でみると。いくら引っ張ったところでボシュには解がないですから。
新監督が調整して年明けから挽回がありうべき理想。フロントに口ごたえする監督でないと復調は難しいでしょう。それを許容して登用できるかどうか。傀儡なら抜本的には変わらない。
できなれけばオフにフロントごと退任もあり得そうですね。
後任についてはディマッティオかドメネクが良いって青いユニを着た友達が言ってました。
[ 2017/11/25 11:22 ] [ 編集 ]
個人的にはシャルケ戦の結果次第で解任でも仕方ないですが
前任のトゥヘルが結果以外の原因でクビになっただけに現時点で結果だけで即クビとはならないと思います
[ 2017/11/25 11:53 ] [ 編集 ]
シャルケが低迷していた時でさえダービーだけは勝ち負け別にして良い試合だったのは、ダービーが両者にとって特別なものだからでしょうね
今度の試合ですら情熱を見せられなかったなら、本当にボシュはおしまいでしょう
[ 2017/11/25 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。