ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【レヴィーアダービー】ポジション対決では香川が有利か!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】

西ドイツアルゲマイネ新聞がレヴィーア・ダービーを目前にポジションごとにどちらが優れているかチェック!


entry_img_1963.jpeg


ゴール:ビュルキ対フェアマン

ローマン・ビュルキの最近の調子は良くない。このスイス人は、今シーズン何度も大小様々なミスをしている。フェアマンの人生と彼の吐く息は青と白そのものだ。彼はここ1年間トップな状態を保っており、彼にかけているのは代表に呼ばれる事だけだ。

シャルケ有利

スポンサーリンク




右サイドバック:トルヤン対スタンブリ

スタンブリの素晴らしい状態だ。序盤は苦しんだものの、レギュラーに定着している。トルヤンの今シーズンはまるでダメだ。彼は何度も試合を決定づけるミスをしている。

シャルケ有利



センターバック:ソクラティス対ナルド

ソクラティスは戦士で、どのフォワードにも噛みつく。彼は少し調子を崩しているがそれでも守備においてはBVB最高の選手だ。ナルドはブンデスリーガ最高齢だが、ブレーメン時代以来好調を維持している。しかしオバメヤンを相手には分が悪いか。

BVB有利



センターバック:バルトラ対ケーラー

バルトラは黄色い熱におかされ、今ではチームカラーに染まっている。ダービーでは熱くなるだろうが、落ち着きがなくなる可能性もある。バルトラに対して落ち着いたケーラーはまるで長椅子のように安定しているだろう。この前のダービーでは彼がゴールを決めている。

シャルケ有利




左サイドバック:シュメルツァー対オチプカ

シュメルツァーはキャプテンとして頑張っているが、最近はあまり上手く行っていない。オチプカはフランクフルト時代よりもはるかに良くなっている。

シャルケ有利




守備的中盤:ヴァイグル対マイヤー

長い負傷からヴァイグルは帰ってきた。しかし以前の姿ではない。新しいシステムはトゥヘル時代よりもあっていないようだ。マックスマイヤーは今シーズンの驚きだ。彼はチームを牽引する存在となっている。

シャルケ有利




中盤:ゲッツェ対ゴレツカ

ゲッツェの調子は上がってきている。しかしまだ爆発していない。0ゴール4アシストだ。多くの時間帯で彼は消えている。ゴレツカはシャルケのシンボルで、多くのクラブが彼を狙っている。彼が希望の星だ。

シャルケ有利




中盤:香川対マッケニー

現在の香川はかつての日本ボンバーではない。しかし彼は、BVBにかけている天才的な瞬間を今でも度々見せてくれる。マッケニーは若く、頑丈で、良く走り闘志もある。しかしダービーの経験が足りない。

BVB有利




中盤:プリシチ対カリジュリ

プリシチは、ここ最近の連敗、そして負傷の影響もそれほど受けていないが、筋肉の問題が解決するか待つ必要がある。カリジュリはシャルケのオールラウンダーで、その天才的な素質を証明している。

BVB有利




攻撃:ヤルモレンコ対ディ・サント

ヤルモレンコは力強いスタートを切った。しかし最近はゴールを外してもいる。しかし彼のドリブルにはどの対戦相手も冷や汗だ。ディ・サントはシャルケファンに補強失敗と言われてしまっている。今シーズンもまだ1ゴールだけだ。しかしこの前の試合で決めたこのゴールが彼を開放するかも。

BVB有利




攻撃:オバメヤン対ブルクシュタラー
オバメヤンは昨シーズンの調子ではない。しかしこの選手の嗅覚は信頼に値する。シュトゥットガルトの懲罰の後で、すぐにゴールをしている。ブルクシュタラーはミュラー風のスタイルで何度もシャルケを喜ばせている。彼のキャラクターは人気がある。

BVB有利







以上です。
この手の記事はダービー前には良く出ます。ポジションごとに比較しても大して意味はないかもしれませんが、こういうのを読むと少し盛り上がってきますね。

ポジションごとではシャルケが少し有利なようですが、何があるか分からないのがダービーです。是非とも歴史に残るような名勝負を見せてほしいですね。



[ 2017/11/25 20:30 ] 香川2017 | TB(-) | CM(6)
ポカール決勝
ドルトムントVSバイエルンの

「香川 対 クロース :香川の有利」

の記事を思い出しました。
[ 2017/11/25 20:47 ] [ 編集 ]
昨シーズンのホームのダービーは、ドルトムントも最悪な時期で全く盛り上がらず、0-0の酷い試合でした。
今シーズンは白熱した試合が見られますように。
[ 2017/11/25 20:51 ] [ 編集 ]
香川個人は昨季後半3ヶ月ぐらいのプレーが出来れば恐れるものは何もないんですけどね
個人で打破するタイプではないので戦術とチームメイトとハマらないといけないですが
オーバメヤンと香川の攻撃で撃ち合いを制する形が見たいです
[ 2017/11/25 21:32 ] [ 編集 ]
今のシャルケは中盤に攻撃面で優秀な選手が多いので2ボランチで挑んで欲しいですね
特にシャヒンよりヴァイグル
ゲッツェ香川よりカストロを推します
まぁカストロが守備面で特別優れているという訳ではないのですがね
[ 2017/11/25 21:35 ] [ 編集 ]
香川はベンチでしたね
今のパフォーマンスなら妥当かと思います。
ゲッツェトップ下は今までなかったと思うのでようやく楽しみにしていた闘い方が見れるかと思います
[ 2017/11/25 22:48 ] [ 編集 ]
蓋を開けてみたらベンチスタート...
前の記事にあった監督擁護の3人が見事にスタメンでしたね
これまでずっと不可解な選手起用を見せられて来たから
どうしても穿った見方をしてしまいます
取り敢えずドルトムント内でこの3人をおさえておけばクビにならないのかな?
[ 2017/11/25 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。