ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!次期監督に現ドイツ代表のヨアヒム・レーヴを希望!ハインケスは2019年まで?【ドイツの反応】




ビルト】

現ドイツ代表監督、バイエルンが獲得希望!

ハインケスは2019年まで続投か?


entry_img_1967.jpeg


バイエルンとユップ・ハインケス。この関係は2018年夏以降も続くかもしれない。トリプル監督は2019年まで続投する事もあるだろうか?


スポンサーリンク



金曜の夜に行われた総会で、ウリ・ヘーネスは“彼が来年夏以降もここにいる可能性はあると思う。”と発言した。



土曜日には9連勝のあと、グラートバッハに1:2で敗れてしまったが、その後ハインケスはこの発言について語っている。“クラブとは2018年6月30日までとしっかり話をしているし、その通りになる”と友人ウリの発言を否定した。
彼は再びグラートバッハの農村へ戻ってしまうのか?



さらに突っ込んだ質問に及ぶと、ハインケスは、“まずは今の仕事をさせてほしい。どうなるかはそれからだよ。”と答えている。



内部関係者:ユップは、カムバックの前のように、説得される可能性がある。


これがバイエルンのプランだ。


時間を稼ぐこと!バイエルンは2018年からクラブを率いる監督を見つけていない。しかしその一年後にはそれも変わるだろう。後継候補はヨアヒム・レーヴだ。レ―ヴ自身もこれまでクラブを率いる可能性がある事を強調していた。



仮に代表監督(2020年まで)がロシアワールドカップ後に辞めるとしても、その直後すぐにクラブを率いる事はないと考えられている。1年間は休養を取るだろう。



ユップが2019年までやり、その後ヨギとなるだろうか?

どうなるか見てみよう。








以上です。

バイエルンも後継探しは難航しているようですね。そこでレーヴ代表監督の名前が上がってきたようです。

レーヴ監督は、大きな大会では決勝戦まで見据えた上で選手起用をしていますよね。グループリーグで主力を温存する、という事も何度も見られましたし、予選では積極的に主力を休ませ、さらにそのチャンスを利用して若手を育てていますね。

結果次第ではさらに代表を長くやる可能性もあると思いますが、戻って来るとしたらやっぱりバイエルンなのでしょうか?予想に反してライプツィヒとかに行ったら面白いですね。

[ 2017/11/27 18:40 ] バイエルン | TB(-) | CM(5)
レーヴはいつものスタメンなしのコンフェデ優勝させたときに、
選手の選びかた試合ごとの試合の運び方を見てできる監督やと
思い知らされましたね
[ 2017/11/27 19:42 ] [ 編集 ]
どうなるか見てみよう。
[ 2017/11/27 20:55 ] [ 編集 ]
レーヴの後の代表監督が想像できないですね
それこそハインケスしかいない気も
[ 2017/11/27 20:59 ] [ 編集 ]
ハインケスの老体に鞭打つ行為ですね
アンチェロッティですら追い出されるくらいですし、なり手が本当に居ないんでしょうけど
レーヴが監督になったとしてもドイツ人ばかりのチームではないんですし難しいでしょうね
[ 2017/11/28 06:27 ] [ 編集 ]
レーヴ以上の代表監督いないでしょう
ドイツ人以外では選ばないでしょうし、続投なのでは
バイエルンももちろん、どこのクラブもそりゃあ来てほしいでしょうけどね
[ 2017/11/28 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。