ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

HSV酒井高徳!「このようにしてチームを率いています!」ドイツ紙インタビュー《ドイツの反応》




モルゲンポスト】※11月23日のインタビュー

entry_img_1969.jpeg


酒井高徳が、ギズドールからキャプテンに任命されてちょうど一年がたった。ホッフェンハイム戦で彼は初めてキャプテンマークを腕に巻いたが、ちょうど一年後に迎える相手もホッフェンハイムだ。モルゲンポストが酒井にインタビュー。





酒井さん、キャプテンとしての一年にどのぐらい満足していますか?

酒井:フィールド上では100%を出すという気持ちは変わっていません。キャプテンになって新しくなったことは、チームメートとよりコミュニケーションをとるようになったことですね。これはキャプテンの仕事としては間違ってはいないと思います。

スポンサーリンク





どのようにしてコミュニケーションをとっていますか?

とくに決まりはないです。控室、トレーニング、また他の人に見られないような所でもチームメートと話します。現状に不満を持っている選手だけというわけではないです。またサッカーについてだけ話すわけでもありません。このようなコミュニケーションが繋がりをより強くしますね。一人一人がチームの一員である事を感じなければなりません。これが僕にとって、そしてサッカーにとって重要ですね。他の選手がどう思っているのか知りたいですし、そうした彼らの状況について考えたいと思っています。それにこのように話をすることで自信を取り戻したりすることもあると思っているんです。このような時は嬉しいですし、チームの助けとなりますね。





最近ではプラースベックやホルトビーが外れていますが、彼らとも話しましたか?

いいえ。彼らはトレーニングで100%出していますし、チームの助けになりたいと思っています。ポーレは控室では良く笑っていますし、冗談も良く言っています。ルイスも同じような感じですね。彼にとってもあまり簡単な状況ではないですね。でも大事なのは彼らの態度です。それを見ている限り問題はないと思っています。そうでなければ彼らとも話をしていると思いますよ。大事なのは続けることですから。あきらめなければチャンスは必ず来ます。常にその日に備えていなければなりませんし、一日を無駄にしてはなりません。




あなたの同郷の伊藤達哉はシャルケ戦ですぐに後退される事となりましたが、彼とはその後話をしなければなりませんでした。

彼とは意図的に話をしませんでした。時には誰かが来て説明をしないほうが良い事もありますからね。時には何が悪かったのか一人で考える事も必要ですから。いつも人に守られているわけではありませんし、そうした時も彼には必要だと思います。彼にとっては良い経験だと思います。




あなたは契約延長にはいつサインしますか?

多くの人が質問していますが、僕にとっては今の所それほど重要ではないんです。僕は契約が切れるまで全力を出しますよ。今の所話はありません。まずはクラブから話がなければなりませんしね。特に自分でプレッシャーはかけたくありません。





記者:ギズドル監督が一年前に酒井を監督にしたときは正直に驚いた。もちろん彼は熱心で、信頼でき、お手本となる選手だ。しかし酒井は私が望む典型的なキャプテンとは異なっている。私個人的には、フィールド上でも外でもっと大声を出し、時には荒々しく割って入るような選手がキャプテンだ。酒井はそれとは異なるタイプで、どちらかと言えばおとなしい。

ギズドルが彼をキャプテンにした背景には、他のクラブ同様に、リーダータイプの選手が欠けているという事があるだろう。







以上です。

インタビューをした人と最後の記者は異なります。まあいまだに大声を出すタイプがキャプテンに相応しいと思っている人は多いですね。管理人も試合の流れによってはそういうタイプも必要だと思う事もあります。


しかしドイツ代表を見ればわかるように、カーン、バラックのようないわゆるキャプテンタイプから調和優先タイプのラームに変わって、ドイツ代表は大きな成功を収めました。チーム内には外国人選手も多いですし、選手を世話できるタイプがキャプテンになる事が増えているのかもしれませんね。シュメルツァーもおとなしいですが、選手を世話する事で良く知られていますね。


いずれにせよキャプテンとしての酒井選手には期待しています。

[ 2017/11/28 19:58 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(5)
伊藤選手が取り上げられるようになりましたが酒井高徳選手の存在は大きいでしょうね
日本代表でもSBとボランチができることはとても心強いですしチームとして結果が出てきている状況を更に引き上げてもらいたいです

[ 2017/11/28 21:45 ] [ 編集 ]
試合から外れてる選手や伊藤のような若手が大きな失敗をした時に
キャプテンとしてどう声をかけて引っ張っていくかを見たかったんだろうな
何が正解かはわからないけど、選手の尊重と放置は紙一重だな
ゴートク的には尊重してるつもりなんだろうけど、記者には放置に映るんだろう
[ 2017/11/29 00:53 ] [ 編集 ]
酒井選手、キャプテン誇りに思います。頑張って下さい。

キャプテンと言えば、試合中に声を出して、チームを鼓舞すると言う力強いイメージですが、チーム内で国際色が豊かになればなるほど、調整、調和能力が大切になってくるんでしょうね。加えて、負傷がちでなく、常にピッチに立っている事かな?

バイエルンは今季、選手の負傷やらで、キャプテンは持ち回りみたいだったみたいですね。キャプテンにむいている人が複数いますよね。

シュメルツァーはおとなしすぎ、若手が多いんだから、フンメルスぐらいガツンと言える位がちょうど良いと思う!

[ 2017/11/29 10:20 ] [ 編集 ]
代表でも一度、彼にやらせてみたらどうかね?
[ 2017/11/29 14:17 ] [ 編集 ]
キャプテンまでしてるのになんでクラブは延長の話を持ってこないの?
ずっと不思議に思ってます。
[ 2017/11/30 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。